男性が簡単に痩せる方法とは?頑張りたくないメンズ必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

 

お腹や顔、腰周りなど、年々歳を重ねるごとに脂肪はつきやすくなっていきます。誰でも簡単に痩せられる方法があれば、知りたいですよね!

ダイエットはやはり辛いものです。

ハードな運動に辛い食事制限、ダイエットを始めたのは良いけど耐え切れなくなり、途中で挫折する男性も多いのではないでしょうか?

やはり辛い事は長く続きませんからね。

ダイエットが辛くて続かない!
無理せず簡単に痩せれる方法を知りたい!

計画的に痩せるなら、時間をかけて続けられる無理のないダイエットを行うべきです。

今回は、男性が簡単に痩せる方法についてご紹介します。

まったく努力せず痩せるのは難しいですが、ダイエットはそこまで過酷に追い込んで頑張る必要はありません。

一定期間死ぬ気で頑張って途中でやめるより、確実に痩せる事をずっと続ける方が、長い目で見たときに結果に繋がります。

 

CHECK POINT続けられるダイエットを行おう!

 

続けられるものを取り入れよう

痩せるために大切なのは、無理をしすぎないことです。努力するのは良いことですが、無理をしすぎると絶対長続きしません。

本気でやせようと思えば、無理をして短期間で痩せる事は可能です。しかし大抵の人は、その後に元の生活に戻ってしまい、リバウンドする事になります。

これでは意味がありませんよね・・・

無理なダイエットはリバウンドに繋がる!

大切なのは日頃の生活を少しずつ改善して痩せていくことです。

「簡単に痩せる方法」と聞くと胡散臭いですが、そこまで無理せずにコツコツ努力することで痩せていくことは可能です。

辛いダイエットが苦手な男性、ずっと理想の体型をキープしたい男性は是非参考にして下さい。

 

痩せる方法1:メンズエステに通う

簡単に痩せる方法として最初にオススメしたいのは、「痩身エステ」です。痩身エステとは、ボディマッサージによってムクミを取ったり、脂肪の除去、骨盤の歪み修正を行うエステです。

女性から人気のエステでしたが、最近では男性専門店も増えています。

エステはお金はかかるけど、努力しなくてイイのが助かる!

痩身エステでは、プロのエステティシャンから「生活習慣」「食生活」に関するアドバイスを受ける事ができ、無理せず痩せれる環境を整えることができます。

エステだけでなく生活習慣や食生活のアドバイスもしてもらえる!

食事改善から運動方法のサポートまで、無理がないようプロが行ってくれるので、高いダイエット効果が期待できます!お金はかかりますが、最低限の努力で痩せることが可能となります。

 

おすすめメンズエステ1:ダンディハウス


【公式サイト】
ダンディハウス

「ダンディハウス」とは、日本で始めて作られたメンズエステサロンです。

ボディマッサージによる脂肪の揉み解し、ミクロ波による皮下脂肪の除去、サウナによる発汗、全身パックでの体の引き締めなどを主に行います。

寝ているだけで身体の脂肪に効果的なアプローチを行ってくれるため、文字通り簡単に痩せる効果が期待できます!さらにダンディハウスでは、痩せながら筋肉を残してくれるため、理想的な体を作る事が可能。

ダンディハウスには、管理栄養士・栄養士が在籍しているので、無理な食事制限はする必要がなく、体質にあった食事のアドバイスを受けられます。

初回体験価格は、5,000円と非常にリーズナブルな価格帯になってます。

▼初回5,000円で痩身エステを受ける▼

【ダンディハウスの痩身エステ料金】
・トリプルバーンZ 初回5,000円
【ダンディハウスの支店一覧】
札幌・仙台・東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・静岡・愛知・名古屋・大阪・神戸・京都・奈良・広島・岡山・福岡・北九州・台湾・香港・上海

 

おすすめメンズエステ2:TBC


「TBC」は、男性から人気の高いエステティックサロンです。下っ腹のダイエットサポートコースがあり、新規のお客様は8,000円で受けられます。

ハンドマッサージや機械のマッサージだけでなく、適切な食事や運動のアドバイスまで徹底的に行ってくれます。TBCのボディコースはリバウンドを防ぎ、無理の無い範囲で体を引き締めます。

プライベートジムのような過度な運動や食事制限がなく、ボディタイプに合わせたエステを行うので辛くありません。リラクゼーション効果もあるので、心身ともにリフレッシュする事が可能。

メンズTBCは全国に拠点があり、地方の方でも安心してエステを受けられます。無理せず簡単に痩せたいのであれば、痩身エステに通ってください。

▼初回8,000円で痩身エステを受ける▼

【メンズTBCの痩身エステ料金】
・下っ腹ボディシェイプコース 初回8,000円
【メンズTBCの支店一覧】
東京・新潟・茨城・神奈川・群馬・埼玉・長野・千葉・宮城・北海道・石川・岡山・広島・沖縄・福岡・大阪・兵庫・京都・愛知・静岡

 

痩せる方法2:炭水化物を少しだけカットする

日本人の主食と言えば「お米」ですよね。ほとんどの日本人は毎日お米を摂取しており、生活に必要不可欠な食べ物となっています。

しかしお米は炭水化物の塊です。糖質が非常に多く、食べ過ぎると太るのも事実。

炭水化物の摂り過ぎには注意!

ですので痩せたいなら、毎日食べるお米の量を少しだけカットするのがオススメです。

炭水化物は体を動かすためには必要な栄養素です。

完全に炭水化物を抜くのは体に良くないので、少量カットするだけでOK。そっちの方が続けやすいです。

・夜ご飯を茶碗一杯から茶碗半分に変える
・朝は炭水化物を抜く

完全に炭水化物を抜くのは辛いですが、量を減らすのは意外と簡単です。

最初は物足りなく感じるかもしれませんが、次第に慣れて行きます。

大切なのは無理のない範囲で減らしていくこと。

一気に減らすのが辛いのであれば、いきなり半分にするのではなく、1割減、2割減と調整して減らす方法でもOKです。

朝食の炭水化物を抜くだけでも体重は落ちる!

 

たんぱく質を食事の中心にすると良い!

炭水化物を抑えると、どうしても食事の量が少なくなります。

そんな時は「たんぱく質」の摂取量を増やして、空腹を満たすようにして下さい。

たんぱく質とは、「魚」「肉」「卵」などですね。

ただし脂質が多いと逆効果になるので、肉であれば「ささみ」「胸肉」「ヒレ」などを中心に、後は魚や卵を多めに食べるのがオススメ。

炭水化物⇒タンパク質へと食事の摂取量を変えていくと、無理なくダイエットが続けられます!

 

野菜をたくさん摂取

野菜を摂取することで、満腹感を得る事ができます。

野菜はカロリーが低く、ビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

ダイエットにも欠かせない食材です。

 

痩せる方法3:日頃からできるだけ体を動かす

スポーツジムやプライベートジムに毎週通うのって、とっても辛いですよね・・・。

ジムではハードな運動をしなくちゃいけないし、何より人に見られているのでサボる事もできません。

これがかなりプレッシャーになり、ジムが嫌いになる人が続出しています。

こんな状態では続けるのは不可能ですよね。

ジムに通うのが嫌な場合は、日頃の生活で体を動かす動作を増やす努力をしてみましょう。

【日頃の生活で体を動かすシーン】
●階段を積極的に使う
●近場であれば歩くように心がける
●休日は出来るだけ外に出かける

こういった日常の小さなポイントで体を動かすだけでも、一日の消費カロリーをグンと高めることができます。

 

階段を積極的に使う

例えば日常のシーンで、階段とエスカレーターがあったら、どちらを利用しますか?ほとんどの人はエスカレーターを利用して、「楽したい!」って考えますよね。

でも階段で上るのって、ジムに通うことに比べたら別に辛くも何ともありません。生活のシーンで階段を見かけたら、「脂肪を燃焼させるため!」と考えて、積極的に使うようにしてください。

駅やデパート、会社など、階段はどこにでも存在します。階段は足を上げてのぼる動作になるため、有酸素運動として非常に効果的です。

 

近場であれば歩くように心がける

現代社会では近場であっても、「自動車」を使うのが当たり前となっています。

しかしこれでは日常生活でカロリーが消費できないので、近場であればできるだけ歩いて出かける事を心がけましょう。

コンビニに行く時は徒歩で行く、通勤通学は近い場所であれば徒歩、または自転車を利用するなど。

こういった小さな積み重ねを行うだけでも、毎日行うだけで大きな消費エネルギーとなります。

 

休日は出来るだけ外に出かける

休みの日は家で過ごすのではなく、積極的に外出することが大切です。

デパートやスーパーで30分買い物をするだけでも、その時間はずっと有酸素運動をしていることになります。

痩せるためにジムで自転車をこいだりランニングをするのは辛いですが、何か目的があって歩く事は、正直そこまで辛くないです。

日頃の生活に歩く事を心がけるだけでも、大きなダイエット効果が期待できますよ。

大切なのは日頃から体を動かすことを意識すること!

 

痩せる方法4:間食にお菓子は控える

いくら炭水化物を減らしたり、食事管理を行っていても、間食でお菓子やジュースを摂取していては意味がありません。

痩せるためには、一日の総摂取カロリーを見る必要があります。

大切なのは1食1食ではなく、1日のカロリーを減らすよう努力する事。

そのためには「間食」でカロリーを摂るのを控えるべきです。

間食がやめられない人はどうすればイイ?

どうしても間食が止められない人は、間食事に食べる物を変えるのがオススメです。

 

CHECK POINT・お菓子⇒プロテインバー、ゆで卵に変える
・ジュース⇒プロテイン、糖質0のジュースに変える

このように間食の中身を変えるだけでも、摂取カロリーを抑える事ができます。

最近のプロテインやプロテインバーは本当に甘くておいしいのでオススメですよ!

Myproteinは、世界中のトレーニングやダイエットに励む人から人気のブランド。プロテインやプロテインバーなどが豊富に揃えられており、非常においしいのでオススメです。

高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】

 

ダイエットにはソイプロテインがオススメ

プロテインは筋肉増強するための、「ホエイプロテイン」と、減量に効果のある「ソイプロテイン」に分かれます。

ホエイプロテインは体を大きくしたり筋肉量を増やすために使用されますが、ソイプロテインは女性がダイエットを行う時などに使用します。

体を細く筋肉質にしたい場合は、ソイプロテインを選ぶといいです。

市販で販売されているプロテインでも、ソイプロテインはたくさん販売されています。

Myproteinは、世界中のトレーニングやダイエットに励む人から人気のブランド。

プロテインやプロテインバーなどが豊富に揃えられており、非常においしいのでオススメです。

 

痩せる方法5:有酸素運動

続いてご紹介する男性が簡単に痩せる方法は、有酸素運動での脂肪燃焼です!

脂肪燃焼に一番効果的なのは、有酸素運動を取り入れること。筋トレも良いですが、やはり脂肪を削ぎ落とすには、有酸素運動が効果的です。

ランニングは辛いですが、「自転車」「ウォーキング」「水泳」などであれば、割と有酸素運動自体を楽しめるのでオススメ。

 

有酸素運動は、20分以上を目安に運動する

ちなみに、有酸素運動は短すぎると効果がありません。

例えばジョギングであれば、走り出して20分が経過してから初めて脂肪の燃焼スピードが早まると言われています。

ですので5分、10分で走るのを止めてしまうと、脂肪が上手く燃焼されず、あまり効果がありません。20分以上を目安に有酸素運動を取り入れるようにして下さい!

 

オススメの有酸素運動

【ランニング】

もっとも効率が良い有酸素運動といえば、「ランニング」でしょう。シンプルに外を走るだけでもいいし、ランニングマシーンを一台、家に置いておくだけでもOK。20分以上を目標に行えると良いですね!

ただしランニングは辛いので、嫌がる人も多いですね。

・「ランニングマシーン」の商品一覧を見る

【エアロバイク】

自宅にエアロバイクを設置して、テレビを見ながら漕ぐのもオススメ。ランニングは全身の脂肪燃焼を行うのに対して、エアロバイクは下半身から腹筋を中心に脂肪燃焼が行われます。

個人的にはジョギングよりも疲れないので、有酸素運動が苦手な人でも取り入れやすいと思います。バイクは重さなども調整できるので、足の筋トレにもなります。

テレビを見ながら行えば、あっという間に時間が経過しますよ。

・エアロバイクの商品一覧を見る

【水泳】

水泳は脂肪燃焼には非常に効果的。ずっと泳いでなくても、水中で歩くだけでも脂肪燃焼に繋がります。水泳であれば楽しみながら有酸素運動ができるので、長く続け易いですね!

【ウォーキング】

走るのが辛ければ、近所をウォーキングするだけでもOK!歩くのは体への負担も大きすぎず、健康面でも非常にオススメ。

 

痩せる方法6:お風呂で痩せる

続いてご紹介する簡単に痩せる方法は、「お風呂」の湯船を使った方法です。

お風呂の入り方によっては、ジョギングと同じようなカロリーを消費する事が可能です。

湯船の浸かり方を変えるだけで、ジョギングのような消費カロリーが期待できる!

お風呂といえば「半身浴」が有名ですが、半身浴ではそこまでの消費カロリーは期待できません。

一番良いのは「高温反復入浴法」と呼ばれる、42度くらいのちょっと熱めの湯船に浸かる方法です。

これは短時間で入浴して出てを繰り変えす入浴方法ですが、発汗作用が強く消費カロリーが非常に高いです。

1回の入浴でジョギング5キロ分に相当するとも言われており、非常に高いダイエット効果が期待できます。

体への負担が大きいので、「水をたくさん飲んでおく」「休憩を必ず取ること」「体調が悪い時は行わないこと」これらを守って行うようにしてください。

【高温反復入浴法のやり方】
●1分間かけ湯を行う
●5分間肩まで入浴する
●5分間休憩
●5分間肩まで入浴する
●5分間休憩
●5分間肩まで入浴する

高温反復入浴法は上記のように入浴⇒休憩を繰り返します。休憩の時は体を冷やさないように、かけ湯を行ったりシャワーを浴びるのが良いです。

血圧が急激に上昇するので、貧血気味な人や体調不良な人にはオススメしません。

 

痩せる方法7:筋トレ

最後に紹介するのは筋トレで痩せる方法です。

筋トレを行う場合は、できるだけ大きな筋肉を鍛えるようにしてください。

筋トレは「痩せる」だけでなく「リバウンド」を防ぐ効果があります。

筋トレで筋肉量を増やすと太りにくい体になる!
【おすすめの筋トレメニュー】
●スクワット
●デッドリフト
●ダンベルベンチプレス

体の中で一番大きい筋肉が「太もも」です。

太ももを鍛えることで基礎代謝が上がり、太りにくい体を作ることが出来ます!

あとは「ベンチプレス」「デッドリフト」なども、上半身を中心に体全体を鍛えられるのでオススメです。

 

スクワットのやり方

スクワットはお尻や腹筋はもちろん、下半身全体を鍛えられる筋トレです。

足は非常に大きな筋肉です。効率よく鍛えられれば、基礎代謝が上がり太りにくい体型を作れます。

【スクワットのやり方】
1,足を肩幅程度に開き、つま先を真っ直ぐ前に向けて立つ
2,膝が前に出ないようにお尻を後ろに落としていく(動画を見ると分かります!)
3,お尻が膝と同じ高さまできたら、足を伸ばしお尻を持ち上げる
4,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

スクワットは簡単そうに見えて実は難しいです。

「お尻を落とすときに膝を前に出さない」
「お尻を膝と同じ高さまで必ず落とす」
「つま先と同じ方向に垂直に膝を曲げる」
「背筋を曲げない」
「お尻は後ろに突き出すイメージ」

これらを意識してスクワットを行ってください。スクワットは筋トレ種目の中でも、姿勢やフォームが難しいです。

しっかりフォームを崩さず行わないと、効果的な負荷を掛けれないので注意してください。

動画ではバーベルに重りをつけてスクワットを行ってますが、最初は重りなしでもOKです!

余裕を感じられるようになってきたら、少しずつ重りを足していきましょう。

重りをつけて無理してフォームを崩すくらいなら、軽い重りで綺麗なフォームを維持するよう心がけてください。

 

デッドリフトのやり方

筋トレの種目には「デッドリフト」というものがあります。

これは筋トレの「ビッグ3」とも呼ばれており、人気のある種目の1つ。

デッドリフトで鍛えられるのは、背中や体幹、僧帽筋となります。デッドリフトをすると体に厚みが出ます。

背中全体~首を鍛えられるのは、デッドリフト以外ないでしょう。

【デッドリフトのやり方】
1,足を肩幅程度に開き、バーべルの手前に立つ
2,肩幅よりも手を少し開いてバーベルを掴む
3,背中を丸めずに一直線で姿勢をキープする
4,バーベルを掴んだまま背中を丸めずに上体をあげていく
5,膝が伸びきるまでバーベルを持ち上げる
6,膝が伸びきったら少しずつ上体を元に戻していく
7,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

 

ダンベルベンチプレスのやり方

ダンベルベンチプレスは、上腕三頭筋・三角筋・胸筋などに大きな負荷をかけられる筋トレメニュー。

ダンベルの重量によって負荷を調整できるため、筋力アップがスムーズに行えます。

【ダンベルベンチプレスのやり方】
1,ダンベルを足に置いた状態で座る
2,体を後ろに倒す時にダンベルを足を使い持ち上げる
3,ダンベルをゆっくりと下ろして素早くあげる
4,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)
【必要な器具:トレーニングベンチ】
・「ベンチ」をアマゾンで探す
・「ベンチ」を楽天で探す

 

HMBでボディメイクのサポートを行う

【HMBプレミアムマッスルボディア(HMB)】

【公式サイト】
業界最高水準HMB
【HMBの詳細】
・通常購入 5,460円(送料別)
・定期購入 4,914円(送料込)
・10日前の連絡でいつでも解約可能

細マッチョ体型を目指すなら、HMBの摂取がオススメです。

HMBとは、タンパク質を作る20種類のアミノ酸の1つです。

HMBは筋肉の増加を促進させる作用があり、アスリートやトレーニーたちが愛用しています。

最近では日本のフィットネス界でも使われており、筋肉作りやダイエットをサポートするためには必須の栄養素となっています。

効率よく痩せるためには、HMBで必要な栄養素を摂取するのがオススメです。

HMBは細マッチョ体型を作るには欠かせないアイテムです。

▶▶業界最高水準のHMBでダイエットサポートを行う

 

痩せる方法8:体を動かす趣味を作る

痩せるためには体を動かすような「趣味」を持つのも効果的です。

例えば体を動かす趣味には、以下のようなものが挙げられます。

【こんな趣味を持つと痩せやすい!】
・登山
・ロッククライミング
・サイクリング
・サバイバルゲーム
・ボクシング
・ヨガ
・ボルダリング
・エアロビ
・筋トレ
・ランニング
・ボウリング
・水泳
・ロードバイク
・キャンプ
・ダンス
・ゴルフetc…

こういった体を動かす趣味を持つと、日頃から動くため脂肪が燃焼されます。

筋トレやジョギングを無理やり行うと長続きしないので、自分が興味のあること、好きなことで体を動かすものから始めてみましょう。

そうすることで無理のないダイエットが半永久的に続けられます。

 

まとめ

今回は「男性が簡単に痩せる方法」についてご紹介しました。

痩せるために大切なのは、1日の「摂取カロリー」を「消費カロリー」が上回る事が大切です。

消費カロリーの方が多ければ、それだけ脂肪が燃焼されていきます。

ですのでハードな運動や食事制限を行わなくても、少しずつ痩せていく事は可能です。

 

CHECK POINT「摂取カロリー<消費カロリー」を意識する!

ダイエットで無理をすると、間違い無く続きません。

仮に一時的に痩せられてもすぐにリバウンドするのがオチでしょう。それでは意味がないですよね。

まずは、自分が出来るものから取り入れてみてください。

最初から痩せる事を目標にするのではなく色々試してみる事が大切。

その中で自分に合った物を続けていけば、少しずつ効果が現れていくはずです。

ダイエットは短期間で考えるのではなく、長期的に見て結果を出していくのが理想的です。

時間やお金に余裕があるのであれば、「痩身エステ」に通ってみるのも良いですね。

【公式サイト】
ダンディハウス
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*