リーバイスのメンズジーンズ特集。おすすめモデルやデニムコーデ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
feet-349687_960_720

ジーンズの定番ブランドとして親しまれている、リーバイス(Levi’s)。長い歴史があり、ジーンズの発端ブランドとしても知られていますね。今回はそんなリーバイスのメンズおすすめモデルや、人気のコーディネート特集をご紹介します。

スポンサードリンク

目次
1.リーバイスについて
2.リーバイスのおすすめモデル
3.メンズコーディネート特集
4.まとめ

 

1.リーバイスについて

リーバイス(Levi’s)は、1853年にアメリカのサンフランシスコで創業されたブランドです。もともとはゴールドラッシュの影響もあり、デニムではなく「ワークパンツ」を専門に販売していました。

その後1880年代になると、耐久性を求めてキャンバス生地からデニム生地へと変わっていき「ジーンズ」が誕生しました。リーバイスは数あるデニムブランドの中でも、パイオニア的な存在で最初にジーンズを作ったブランドとしても知られています。

 

豊富な種類が存在する

リーバイスは創業150年以上経っており、これまでに数々の「名作」を誕生させてきました。「501」「503」などというように番号で振り分けられており、それぞれに独特の魅力や個性が詰まっています。

同じリーバイスでも「形」はもちろんですが、「素材」や「伸縮性」、「生地の張り感」などは全く違います。昔ながらのカジュアルなヴィンテージ感を大切にしながらも、現代風にアレンジされたオシャレな雰囲気はリーバイスにしか出せない魅力。

 

一本あればガンガンデイリーで使える!

リーバイスのジーンズは一本持っていると、デイリーで使いまわせるのでとっても便利♪リーバイスならではのしっかりしたデニム生地は、耐久性にも優れており、毎日着用しても痛む心配がありません。

洗えば洗っただけウォッシュ加工が施されて、味が出るのも魅力的です。買ったばかりの綺麗なデニムもいいですが、使い古したヴィンテージ感のあるジーンズもオシャレですよ♪

 

2.リーバイスのおすすめモデル

 

Levi’s 501


画像アイテムはコチラ
・「501」のジーンズ一覧を見る

リーバイスといえば、「501」シリーズが一番人気ではないでしょうか?デニム界でも不動の名作として呼び声が高く、世界中の人々から愛されている501。

リーバイスを代表するモデルとなっており、アメリカンカジュアルな雰囲気が忠実に再現されており、カジュアルコーデではお馴染みとなっています。もともとはストレートタイプやゆったりしたものが多かったですが、最近ではトレンドにあわせて細身に作られているものも販売されています。

カラー展開も豊富に揃っているので、自分のスタイルに合わせて選んでいただきたいです♪

こちらは501シリーズのテーパードレッグタイプです。足にフィットするよう細身に仕上がっており、綺麗なラインが作れます。上品なインディゴカラーはキレイめファッションなどとも相性抜群。

ワンウォッシュタイプのジーンズ。ストレートタイプの細身デザインがとってもオシャレ♪変にダボダボしていないので、スッキリとスマートな着用が可能です。

色落ちが入ったヴィンテージ感のあるジーンズです。これぞリーバイスといったデザインで、程よいゆとりが味のあるデニムの風合いを出しています。足元にかけてやや細身に作られたテーパード型になっているので、今季らしくコーディネートもできます。

 

Levi’s 503


画像アイテムはコチラ
・「503」のジーンズ一覧を見る

503は他のモデルに比べて、「ルーズ」「太い」というのが特徴になっています。最近主流のスキニーパンツなどとは雰囲気が違いますが、ゆったりしたジーンズも昔ながらでオシャレですよ。

ウエストや股上付近はもちろんですが、膝から裾にかけても”ルーズ”なものが多く、ゆったりしたリーバイスをお探しであれば、是非オススメしたいモデルです。

アメカジスタイルや、ルーズ系のコーディネートでは非常に人気です。

ユーズド加工が施された503のルーズシルエットのデニム。デニムのヴィンテージ感が強く出ており、シンプルコーデでもパンツが映えます。

 

Levi’s 510


画像アイテムはコチラ
・「510」のジーンズ一覧を見る

リーバイスの中でも、「スキニータイプ」として作られている510シリーズ。数あるモデルで特に細くタイトに設計されており、美しいシルエットや伸びのあるストレッチが魅力的。

足を長く見せたりスタイルをよく見せる効果もあり、ジャケットやシャツを使ってのキレイめコーデがオススメ♪

太もも周りはもちろん、裾に向かってもしっかり細くなっているスキニーパンツ。黒スキニーは特に足がスッキリして見えるので、スタイルよく着こなせます。今季らしいスーパーテーパードスキニーなので、トレンド感のあるファッションとも相性抜群。

 

Levi’s 505


画像アイテムはコチラ
・「505」のジーンズ一覧を見る

501のルーツを引き継ぎながら、独自の良さが追求された「505」。ウエストから太ももにかけては、501と似たデザインになっていますが、膝から下はストレートでややゆとりを持たせています。

太さとしては、501と503の間ぐらいとなっており、ルーズシルエットが好きなメンズからは人気が高いです。アメカジやストリート系のコーデでも度々使用されています。

505ストレートの綺麗なブルー色ジーンズ。ワーク感の強いカラーとなっており、コーデのアクセントにも使えそうですね。

 

Levi’s 511


画像アイテムはコチラ
・「511」のジーンズ一覧を見る

スキニーほど細くはないですが、511も「スリムパンツ」という位置づけです。スタイリッシュですが、体のラインが出るほど細くないので、男性からも人気のモデル。モダンさとクラシカルさを兼ね揃えており、気軽に着用できるので普段使いにもオススメ。

腰周りや股上には程よくゆとりを持たせているので、長時間着用していてもストレスがかかりません。

511のスリムフィットデザイン。最高級のデニム生地を使用しており、頑丈で長く愛用できます。

 

Levi’s 527


画像アイテムはコチラ
・「 527」のジーンズ一覧を見る

Levi’s 527はブーツカットでデザインされたジーンズです。今でこそ日本での人気は下火になりつつありますが、海外ではまだまだ根強い人気を誇っています。昔ながらのブーツカットデザインは、独特のアメリカンヴィンテージな雰囲気を持っており、個性的なコーディネートに使えます。

こちらは527シリーズのスリムブーツカットタイプ。裾部分がやや広がっているので、全体のシルエットがバランスよく見えますね。

 

Levi’s 541


画像アイテムはコチラ
・「 541」のジーンズ一覧を見る

Levi’s 541は太ももやウエスト周りに余裕を持たせたデザインです。体がガッチリした男性に向けて作られており、体育会系のメンズからも人気があります。膝から裾にかけてはスッキリとまとめられており、強いストレッチが入っているので着用しやすいです。

深いカラーリングが落ち着いた印象で、大人の男性にもオススメ。無地のTシャツなどとラフに大人っぽく合わせたいですね。

 

スポンサードリンク

3.メンズコーディネート特集

 

ジャージとスポーティーに


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=11773807

リーバイス501のジーンズにアディダスのジャージをあわせたスポーツスタイル。黒、白、インディゴのみのカラーでコーデしているので、どこか落ち着いた印象で大人っぽく着こなしされています。やや細身のパンツが全体のシルエットをスタイリッシュにまとめており、バランスよく仕上がっています。

 

ロングコートで大人顔に


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9242549

501スキニーにブラウンのスプリングコートを合わせたコーデ。細身のパンツとボリューミーなブーツの相性がよく、全体にメリハリの効いた着こなしとなっています。インナーにはボーダー柄の派手で個性のあるカットソーを着用して、全体にポップな雰囲気を演出。キュッと締まったスキニーパンツが、スタイリッシュでとってもオシャレ。

 

黒スキニーでモノトーンスタイルに


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=6839708

リーバイスの黒スキニーを使ったコーデ。白黒のみのモノトーンスタイルとなっており、クールでスッキリまとまっています。細身のコーデにはハットを被ることで、トップにボリュームをだしオシャレなシルエットに。スニーカーを白でさりげなく取り入れ、コーデ全体にスポーツ感をプラスしています。

 

ルーズシルエットであわせて


出典:http://wear.jp/meipurerkotya/11882023/

ライダースに薄いリーバイスのジーンズを合わせたスタイル。薄いデニムがカジュアルさを出しており、ルーズなシルエットがとっても魅力的♪ワイドパンツのようなコーデになっており、タイトなライダースを使うことで「Aライン」のシルエットに仕上がってます。インナーにはパーカーを使用して、カジュアル&スポーティーな雰囲気に♪

 

ビッグTと夏コーデ


出典:http://wear.jp/soota21/10245756/

白のビッグTシャツに、リーバイスをあわせた夏コーデ。今季トレンドとなっている「ガチャベルト」が装着されており、差し色がコーデのアクセントになってます。リュックやスニーカーもスポーツ感満載で、トレンドがしっかり組み込まれています。

【関連記事】・ガチャベルト(ベルト垂らし)のメンズコーデ特集&つけ方

 

ゆったりスウェットと


出典:http://wear.jp/pathfindermaru/11880166/

ゆったりした黒のスウェットに、リーバイスのデニムをラフに合わせたコーデ。足元をロールアップすることで、全体のゆるいシルエットをスッキリとまとめています。足元にはコンバースのスニーカーがマッチしており、カラーが揃えられておりシンプルでカッコいいです。コチラのコーデでは「全体のサイズ感」が重要視されており、アイテムこそシンプルですがシルエットは個性的なものに。

 

ニットとあわせて


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9223568

ボーダーのニットに細身のリーバイスを合わせた着こなし。シンプルながらも落ち着いており、レザー素材のバッグや靴で大人っぽさを表現しています。足元は白の靴下をちら見せして、コーデに明るさをプラス。

 

白Tと夏スタイル


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10021795

白のTシャツに、リュック、リーバイスのデニム、スポーツサンダルをあわせたアクティブなコーデ。「靴下×スポーツサンダル」のコーディネートは、今季も注目度大。全体をジャストサイズで合わせることで、コーデが大人っぽくスタイリッシュに決まってます。

 

ゆったりデニムを使って


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=10581016

ゆったりしたリーバイスのデニムを使った着こなしです。ゆるめのアロハシャツとの相性が非常によく、全体にラフさを残したスタイル。シャツは前のボタンをあけておく事で、ボリューミーなパンツとのシルエットバランスを合わせています。

 

4.まとめ

以上です。今回はリーバイスのおすすめモデルと、人気のメンズコーディネート特集をご紹介しました。リーバイスはジーンズブランドのパイオニアとして、今尚不動の人気を誇っています。

ヴィンテージ感のある耐久性に優れたジーンズは、毎日着用していても痛まないし、コーディネートの強い見方になってくれます。「ストレート」「スリム」「スキニー」など様々な形も存在するので、自分に合ったジーンズを選んでデイリーコーデに組み込みましょう!

リーバイス以外のジーンズブランドについては、下の記事でご紹介しているので興味があれば併せて確認してみてください!リバース以外でもオシャレなデニムブランドはまだまだたくさんありますよ♪

【関連記事】・オシャレなメンズデニムブランド!ジーンズのおすすめ人気ブランド特集

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*