男性が足を細くする方法。太い足・太ももの悩みやコンプレックスを解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

筋肉や脂肪がつき過ぎた太い足は、「かっこ悪い・・」と感じてしまいます。適度な筋肉であれば良いですが、男性といえど、太すぎるのはNGです。

スポンサードリンク

特にファッション面では、足が太いとスマートに見せる事ができません。

「短足」「スタイルが悪い」このように見られますよね。スタイリッシュに洋服を着こなそうと考えているなら、ある程度スリムで細い足のほうがファッションを楽しめます。

そこで今回は、男性が足を細くする方法についてご紹介します!

 

1.太い足は短足に見える?

足が太く見える原因は、「脂肪が付き過ぎている」「筋肉が付き過ぎている」のどちらからです。太く筋肉質な足は男らしくカッコいいですが、太すぎると逆に短足に見えたり、女性から気持ち悪がられることもしばしばあります・・・

昔から足を使う運動をやっていたり、肥満体型の男性ですと、こういった悩みを持たれている方が非常に多いです・・

足が太いと全体が短足に見えてしまいバランスが悪くなるので、ファッションでも服を上手く着こなせなくなります。

 

細すぎる足もNG

「じゃあとにかく足を細くすればいい!」と考えるのも実はNGです。女性目線で見た時に太すぎる足もNGですが、当然男性のガリガリの足もNGとなります。

やはり一番モテて、服もおしゃれに着こなせるのは、「程よく筋肉がついた細マッチョな足」ですね!

女性ウケを狙っていたり、ファッションをオシャレに着こなしたいのであれば、”細マッチョな足”を目指すのが一番です♪

 

意識するべき足の部位は?

「足を細くしたい!」
「もっとスタイルを良く見せたい!」

こんな風に感じたときに、意識するべき足の部位はどこなのでしょうか?

 

太もも

太ももは足で一番太い部分になるので、太すぎると非常に目立ちます。細すぎるとかっこ悪いですが、太すぎても女性ウケは悪いので注意しましょう。適度に筋肉質な太ももが一番です。

 

ふくらはぎ

ふくらはぎも足をスタイリッシュに見せるには大切な部位です。ふくらはぎに少し筋肉がついており、足首が細いとそれだけで細く見えるしスタイルがよくなります。

 

【お尻】

最後に気を付けて頂きたいのがお尻です。お尻の筋肉がつきすぎていたり、お尻が脂肪でたるんでいると、かなり短足に見えちゃいます・・・

足を細くしたいのであれば、太もも、ふくらはぎと併せて、お尻の大きさや上がり具合にも注意しましょう。

 

2.鉄板は有酸素運動

足を細くする方法として最初にオススメしたいのは、有酸素運動です。有酸素運動とは、「ジョギング」「ウォーキング」「自転車」といった運動のことを差します。

有酸素運動を取り入れるときに注意して頂きたいのが、「細い筋肉作り」を意識する事です。

 

速筋と遅筋

筋肉には、速筋(白筋)遅筋(赤筋)が存在します。速筋とは無酸素で使う瞬発力があり力強い筋肉の事です。遅筋とは酸素を取り入れながら使用する細い筋肉です。

マラソンを例に挙げますと、短距離ランナーは筋肉モリモリの人が多いのに対して、長距離ランナーは細くスタイリッシュな体型の方が多いですよね?

これは短距離と長距離で使う筋肉が違うからです。

足を細くしたいのであれば、遅筋、つまり長距離ランナーのような細い筋肉をつけることが大切です。

 

自転車で足痩せ方法

自転車も足を細くするには非常に効果的です。ただしこれも使い方を間違えると、筋肉が必要以上についてしまい逆に足が太くなるので注意が必要です。

自転車の場合は、ギアを重くしてしまうと足への負荷が強くなり、大きな筋肉がついてしまいます。足を細くしたいのであれば、低重量でハイスピードを心がけながら、長時間足を動かすことが大切です。

 

プールで泳ぐのもオススメ!

ランニングやジョギング、自転車など陸地での有酸素運動が苦手な方であれば、プールに通って泳ぐのもオススメ。水の中では歩いているだけでも負荷がかかり、高いカロリーを消費してくれます。

陸上を歩くのと水上を歩くのでは、単純計算でも3倍近く消費カロリーに違いが出ます。

その他にもプールでの運動は、「血流促進」「体に負担がかかり過ぎない」など、様々なメリットを持っています。

陸上の有酸素運動は続かなくても、プールであれば意外と長続きする方も多いので、興味があれば近くのプールがある施設に通ってみてください。

 

スポンサードリンク

3.スタイリッシュな筋肉を作る筋トレ方法

スタイリッシュで細マッチョな足を作るためには、やはり筋トレは欠かせません。筋トレはやり方次第では、でかい筋肉(速筋)を作ることもできるし、細い筋肉(遅筋)を作ることもできます。

間違って大きな筋肉をつけないように、しっかり筋トレ方法を学んでから実際に行うようにしましょう!

 

スクワット

スクワットは筋トレの中で、もっともダイエット効果が高いと言われています。太ももやお尻はもちろんですが、腹筋などにも効果があり痩せるために是非取り入れていただきたい種目です。


【スクワットのやり方】

1,足を肩幅程度に開き、つま先を真っ直ぐ前に向けて立つ

2,膝が前に出ないようにお尻を後ろに落としていく(動画を見ると分かります!)

3,お尻が膝と同じ高さまできたら、足を伸ばしお尻を持ち上げる

4,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

注意点としましては、スクワット時にあまり重い負荷をかけすぎないことです。足を太くしたい場合はダンベルやバーベルで重りを持ってスクワットを行いますが、細くしたい場合は何も持たずにスクワットするだけで十分です。

あまりにも負荷が少なく感じる場合は、低重量の重りを持ってスクワットを行ってください。

 

自重カーフレイズ

自重カーフレイズは、「ふくらはぎ」を中心として鍛える事ができます。たるんだふくらはぎを引き締めたり、適度な筋肉をつけるにはオススメです。

動画を見ていると簡単そうに感じますが、しっかり足に体重がかかるよう意識して筋トレすれば、思っている以上に辛くふくらはぎに効きます。


【カーフレイズのやり方】

1,肩幅程度に足を開き垂直に立つ

2,手を壁についた状態をキープする

3,足首を使い体を持ち上げる(足首はなるべく垂直に動かす)

4,つま先立ちになったら、足を元に戻す(かかとは最後まで付けきらない)

5,10回×3セットを行う(インターバルは20秒程度)

 

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットは、「太もも」と「お尻」に大きな負荷をかけられる自重トレーニングです。片足ずつ行うトレーニングなので、手中できるので筋トレ初心者にもオススメ。


【ブルガリアンスクワットのやり方】

1,太もも~膝ぐらいの高さの台を体の後ろに設置する

2,片方の足を後ろに出して台の上に置く

3,もう一方の支えている足を曲げていき、台に乗った足の膝が地面につくギリギリまで落とす

4,支えている足を伸ばして体を起こしていく

4,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

注意点としては、支えている足は”曲げた時に膝が90度”になるくらいがベストです。支えている足を前に出しすぎたり、後ろに引きすぎないよう注意してください。

 

筋トレの注意点!

筋トレは基本的に筋肉をつけるのが目的となります。ですので足に筋肉がたくさんついている人がやれば、さらに筋肉がつき太くなってしまいます。

逆に足に脂肪が多く付いており、たるんでいる方であれば、ご紹介した筋トレを行うことで足を引き締めてスリムにできます。

足を細くする為に筋トレを取り入れる場合は、重りなどを使わずに「軽い重量」「回数」を意識して行ってください。

そうすることで先ほどご紹介したような、細い筋肉(遅筋)が付き易くなります。

 

4.食事制限

足を細くするには食事制限も非常に大切です。体を筋肉質にして絞りたい場合は、とにかく糖質・炭水化物を減らすことです。理想的な食事は、「肉」「魚」「卵」などのたんぱく質と、野菜や果物などを中心とした食生活です。

糖質や炭水化物を0にすると危険なので、少量でも摂るよう心がけてください。

肉や魚を選ぶ場合でも、白身の魚や鶏肉などが脂肪が少なく健康的なのでオススメです。赤みの肉や脂肪たっぷりの肉ばかり食べていると、ダイエットにはあまり意味がありません。

 

プロテインがオススメ

プロテインは筋肉増強するための、「ホエイプロテイン」と、減量に効果のある「ソイプロテイン」に分かれます。

ホエイプロテインは体を大きくしたり筋肉量を増やすために使用されますが、ソイプロテインは女性がダイエットを行う時などに使用します。

足を細く筋肉質にしたい場合は、ソイプロテインを選ぶといいです。市販で販売されているプロテインでも、ソイプロテインはたくさん販売されています。

Myproteinは、世界中のトレーニングやダイエットに励む人から人気のブランド。プロテインやプロテインバーなどが豊富に揃えられており、非常においしいのでオススメです。

高品質、最高に美味しいプロテイン【Myprotein】

 

宅配弁当「マッスルデリ」でカロリーを落とす!


【注文はコチラから】
マッスルデリ

お昼は外食やコンビニで済ませる人が多いですが、これが一日の摂取カロリーを増やしてしまっています。ですのでヘルシーな「宅配弁当」に変えることで、足痩せはもちろん、体全体を絞る事ができます!

「Muscle Deli」は、ダイエットやボディメイクでトレーニーから愛用されている宅配弁当サービス。

マッスルデリには「LEAN(減量)」「MAINTAIN(維持)」「GAIN(増量)」の3種類のプランが用意されており、目的に合わせて選ぶ事ができます。

この中でもLEANは筋肉をつけながら痩せたい、ダイエットをしたい方向けのプランです。

【マッスルデリの料金表】
・LEAN(減量)  5食4,900円・10食9,400円
・MAINTAIN(維持)5食5,400円・10食10,400円
・GAIN(増量)  5食6,400円・10食12,400円
・一食あたり940円~
・送料無料

 

5.メンズエステに通って痩せる

筋トレや食事方法など色々ありますが、足を細くするためにはとにかく痩せればよいだけです!

痩せるためには、エステに通ってダイエットするという選択肢もあります。最近では男性専用の痩身エステがあり、全身をシェイプアップしてもらいダイエットの効果が期待できます。

エステはもちろんですが、食事管理や運動方法などもプロの意見を取り入れられるので、短期間で痩せたい方にはオススメ。

通うとなるとやや高額ですが、体験であれば5,000円で行えるので一度試してみるのもいいですね♪効果がありそうであれば、続けてみましょう。

 

おすすめメンズエステ1:TBC


「TBC」は、男性から人気の高いエステティックサロンです。下っ腹のダイエットサポートコースがあり、新規のお客様は8,000円で受けられます。

ハンドマッサージや機械のマッサージだけでなく、適切な食事や運動のアドバイスまで徹底的に行ってくれます。TBCのボディコースはリバウンドを防ぎ、無理の無い範囲で体を引き締めます。

プライベートジムのような過度な運動や食事制限がなく、ボディタイプに合わせたエステを行うので辛くありません。リラクゼーション効果もあるので、心身ともにリフレッシュする事が可能。

メンズTBCは全国に拠点があり、地方の方でも安心してエステを受けられます。無理せず簡単に痩せたいのであれば、痩身エステに通ってください。

【メンズTBCの痩身エステ料金】
・下っ腹ボディシェイプコース 初回8,000円
【メンズTBCの支店一覧】
東京・新潟・茨城・神奈川・群馬・埼玉・長野・千葉・宮城・北海道・石川・岡山・広島・沖縄・福岡・大阪・兵庫・京都・愛知・静岡

 

おすすめメンズエステ2:ダンディハウス


【公式サイト】
ダンディハウス

「ダンディハウス」とは、日本で始めて作られたメンズエステサロンです。

ボディマッサージによる脂肪の揉み解し、ミクロ波による皮下脂肪の除去、サウナによる発汗、全身パックでの体の引き締めなどを主に行います。

寝ているだけで身体の脂肪に効果的なアプローチを行ってくれるため、文字通り簡単に痩せる効果が期待できます!さらにダンディハウスでは、痩せながら筋肉を残してくれるため、理想的な体を作る事が可能。

ダンディハウスには、管理栄養士・栄養士が在籍しているので、無理な食事制限はする必要がなく、体質にあった食事のアドバイスを受けられます。

初回体験価格は、5,000円と非常にリーズナブルな価格帯になってます。

【ダンディハウスの痩身エステ料金】
・トリプルバーンZ 初回5,000円
【ダンディハウスの支店一覧】
札幌・仙台・東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・茨城・静岡・愛知・名古屋・大阪・神戸・京都・奈良・広島・岡山・福岡・北九州・台湾・香港・上海

 

6.有酸素運動や筋トレの効果を高めるならHMB

 

HMBで筋肉がつきやすい体質を作る

【HMBとは?】
HMBとは、タンパク質を作る20種類のアミノ酸の1つです。HMBは筋肉の増加を促進させる作用があり、アスリートやトレーニーたちが愛用しています。最近では日本のフィットネス界でも使われており、筋肉作りをサポートするためには必須の栄養素となっています。筋トレの効果を最大限に発揮させるためには、HMBで必要な栄養素を摂取するのがオススメです。

筋トレや有酸素運動と一緒に行っていただきたいのが、「HMB」を摂取すること。

HMBは細マッチョ体型を作るには欠かせないアイテムです。

HMBを摂取すると、無駄な脂肪を取り入れずに、効率よく筋肉に必要な成分だけを摂取できます。これによって簡単な運動でも効率よく痩せて筋肉がつきやすい体質に変わります。

【公式サイト】
業界最高水準HMB

【HMBプレミアムマッスルボディア(HMB)】

【HMBの詳細】
・HMB単品価格 5,460円
・HMB定期購入価格 4,914円

 

7.まとめ

以上です。今回は、男性が足を細くする方法についてご紹介しました。太い足首や太ももは、スタイルが悪くなるし困りますよね・・・

足痩せに一番効果的なのは、やはり有酸素運動です。有酸素運動を取り入れる時も、マラソンで短距離を走ったり、負荷の強いギアで自転車をこぐのはNGです。

マラソンであれば長距離を走ったり、自転車は軽いギアで長くこぐことを意識しましょう。そうすることで、効率よく脂肪を落とせて細い筋肉(遅筋)が付きます。

筋トレも同じで強い負荷で少ない回数を行うのではなく、軽い負荷で回数を多く行うようにして下さい。

後は食事制限やプロテイン、HMBなどで栄養分や体質をコントロールできると、比較的早い段階で足痩せ効果が出てきます。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*