2015年秋冬ビター系メンズイチオシコーデ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

秋冬コーデで人気のオススメしたいコーデをピックアップ!!
ビター系ならではの大人っぽい雰囲気のあるコーデを紹介します!

スポンサードリンク

今年はやはりロング丈やスニーカー、セットアップ、ローファーなどが主流です。
アイテムによっては簡単にコーデに使える物もあるので、チェックしてみて下さい。


目次

1,ビーターなメンズニットの秋冬着こなし
2,今季流行のロング丈はどうやってコーデする??
3,ビター系に人気のメンズ秋冬柄物!
4,秋冬にオシャレなメンズシューズの使い方


 

1,ビーターなメンズニットの秋冬着こなし

ビビットセーターとデニムコーデ

メンズニットコーデ

強いカラーにデニムは定番のコーディネート!!
人気のニットアイテムと言えば、やはりボーダーや無地でしょうか。

少し寒いけどやっぱりローファーはスタイリッシュに見えるし、全体のシルエットを綺麗に見せてくれます。
冬でもオシャレのためなら我慢してください!

秋ならこれだけのコーデでいけますが、冬ならこれにアウターを着ればOK。
全体的にカラーが強めなので、アウターを着るならブラック系がオススメ。

 

ボーダーニットソーとホワイトデニム×ドライビングシューズコーデ

ニットソーコーデ

こちらは全体的に白を基調とし、靴に赤を持ってくることでアクセントをつけたコーデです。
靴は黒など落ち着いたものでも合うのですが、やはりビターっぽさを出すならカラーを持ってきたいところです。

 

タイダイニットコーデ

トレンドのクルーネックにタイダイ柄をミックスさせたニットに、ダメージ加工されたデニムのコーデです。
トップスやパンツに目が行きがちですが、こちらの主役はシューズ!
特徴としてはオペラシューズで冬には足元が寒そうにみえますが、ボアが中に入っています。

ローファーやオペラシューズは冬には寒いと思われがちですが、こういった冬用のシューズもあるので寒がりや冷え性の方にはオススメです。

メンズムートンオペラシューズ

 

メンズショールカラーニットコーデ

ショールニットには白シャツが断然オススメ!
ショールカラーのニットはインナーは意外と何でも合うのですが、シャツを着ると雰囲気が変わります。
ボタンを締めて知的に魅せてもいいし、ボタンをあけてセクシーに仕上げても◎

何より白シャツは清潔感が出るので、ビター系の服装には取り入れたいところです。

 

メンズニットダブルライダースコーデ

こちらはビター系定番のカラーリングです。
ホワイトデニムとビビット系の組み合わせは派手でオシャレに見えます。
足元はローファーでドレス要素を入れるのがオススメ。

ニット系アウターはとても軽く暖かいので秋冬には便利です。

 

ショールニットなどはもちろん人気があるのですが、ニットの襟の形って知っていますか?
ニットにもさまざまな襟(えり)があり、とくにビター系で抑えておきたいものは以下の3つです。

1,Vネック
一番定番で合わせ易いです。シャツコーデやインナーに使用したり、ロングシーズンで役に立ちます。
Vネックニット
 
2,タートルネック
アウターの中にインナーとして使う場合が多く、冬にはとても重宝します。防寒面では一番暖かいです。
メンズタートルネックニット
 
3,クルーネック
ここ最近人気の出てきたクルーネック。うまく着こなすと凄くおしゃれに見えますが、無難にコーデしたい方はVネックをオススメします。
クルーネックニット

ニットは秋には一枚で活躍して冬にはインナーとして活躍しますので、コーデには必須といえます。うまくかっこいいビター系コーデを目指してください。

⇒「この冬オススメのメンズニット特集」はコチラから

 

2,今季流行のロング丈はどうやってコーデする??

今季に流行っているアウターといえば、ショート丈やロング丈でしょうか。
インナーにロング丈を持ってきて、アウターをショート丈にするなどはジャンル問わず人気です。意外と簡単な組み合わせで、オシャレに見えるのでおすすめです。

チェックシャツロング丈×ショート丈インナーコーデ

ロング丈チェックシャツコーデ

こちらは意外と簡単でオススメできるコーデです。
チェック柄ですのでインナーは無地でOKです。

スキニーパンツで足元はスタイリッシュにして、オペラシューズが程よいドレッシーさを出してくれています。

インナーが中途半端に長かったりスキニーがタイトじゃないとバランスが悪くなるので注意!

 

チェックシャツロング丈×インナーロング丈コーデ

ロング丈メンズチェックシャツコーデ

ロング丈×ロング丈が上級者コーデにはオススメ!
ボタンの開閉などを利用してAラインのシルエットをうまく作ることがキーポイントです。

パンツはスキニー系なら何でもOKです。
カラーなどよりも全体の形を意識してメリハリをつけるようにしましょう。

 

ロング丈ペイズリーカットソーコーデ

ロング丈ペイズリーカットソーコーデ

ロング丈のカットソーを一枚であわせるのが意外と難しいです。
何故かと言うとラインが一直線になってしまいがちだからです。

そういうときはスニーカーやハットを利用してうまくラインを作ってあげるといいです。
コーデではローファーですが、ボリュームのあるスニーカーも合うのでオススメ◎

 

チェックロング丈シャツ×ブーツコーデ

ロング丈チェックシャツ

先ほども言いましたが、ブーツやスニーカーで足元にボリュームを持たせるのはロング丈との相性がいいです◎カラーもブルーとホワイトでまとまっているので、インナーを見せる必要はありません。

カラーを使っているときはその他はモノトーン系でまとめるのがコツです。
こちらではトップスでブルーを使っているので、パンツとシューズはモノトーン(白か黒)ですね。

もしボタンを開けて着用するなら、インナーもモノトーン(白、黒)であわせるといいです。

※関連記事
⇒「ブルーを使ったメンズコーディネート!!」はコチラから

 

迷彩チェスターコート×デニムシャツコーデ

迷彩メンズチェスターコートコーデ

チェスターコートは人気があり合わせやすいです。
インナーにシャツ系はもちろん、ニットやロンTなど季節によって様々なコーデができます。

基本的に明るいカラーを使ったら、その他はモノトーンが簡単でオススメです。
しかしデニムシャツはどこでも取り入れ易いので一枚あると便利です。

カラーに少しインパクトがないなと思ったときはデニムシャツで合わせてみるといいと思います。

 

いかがでしたか?ロング丈は難しい、自分には似合わないと思われがちですがコーデによっては簡単に組み合わせれるものもあります。
意外と悪くないというときがありますので、こちらのページを参考にしてチャレンジしてみて下さい。

⇒「今年のオススメアイテム!「ロング丈」で大人のコーデ!」はコチラから

 

スポンサードリンク

3,ビター系に人気のメンズ秋冬柄物!

ビター系の夏は圧倒的に柄物が人気です。
特に柄だけでなく、カラーの強いもの(ロイヤルブルー系やレッドなど)が好まれていました。
ハイビスカス柄やカラフルなボーダーや迷彩などカラフルな商品を見かけましたね。

秋冬になるとやはり夏に比べて落ち着く傾向ではあります。
しかし、秋冬といえど柄物の人気は他のジャンルに比べて圧倒的に高いです。

特にボーダーや迷彩などアウターやシューズなど様々なアイテムに使用されています。
夏との違いは柄や色を混ぜすぎず、1アイテムに使うようにすることでしょうか。

夏はボーダー×花柄など何でもありですが、さすがに季節感がないのは格好悪いので秋冬らしい柄物コーデの仕方を紹介します。

足元に花柄を使ったコーデ

花柄メンズドライビングシューズコーデ

夏にも使用できる花柄ドライビングシューズの秋冬コーデです。
足元に明るいカラーを持ってきて、アウターとパンツで秋らしさを演出しています。

花柄を足元に使用するだけでリゾート感のあるジャケットコーデになります。
ジャケットはイタリアンカラーで今季のトレンドを抑えてますね。

ベージュのジャケットなどは少し落ち着いて見えるので、このように明るめの柄やカラーを1つ持ってくるだけでオシャレに見えます。

 

迷彩柄ブルゾンコーデ

迷彩柄メンズブルゾンコーデ

こちらは大胆に迷彩柄を使用したブルゾンのコーデです。
パンツ、インナー、シューズともカラーを抑えてアウターを目立たせています。

厚みのあるアウターなのでインナーにはVネックを使い、足元はロールアップで足首を出して、全体的に重くなりすぎないようにしています。

派手だけど、夏のような派手さとは違い秋冬らしいビター系コーデになっていますね。

 

千鳥パーカー×ダイヤ柄ラインストーンオペラ

千鳥パーカー×ダイヤ柄ラインストーンオペラ

千鳥のパーカーは使用した秋らしいビター系コーデです。
千鳥のパーカー以上に存在感を出しているのがラインストーンでダイヤ柄をモチーフにしたオペラシューズです。

カジュアル×ドレス系アイテムはとても相性がいいです。
千鳥のパーカーとプリントTシャツで全体的にカジュアル感を出しつつも、足元は上品なオペラシューズでまとめています。

このように全体をドレスorカジュアルでまとめるのではなく、「カジュアル系にドレスの要素を加える」、「またはドレス系にカジュアルを加える」などはオシャレをする上では基本となっています。

 

ボーダーVネックニット×ブリーチデニム

ボーダーVネックニット×ブリーチデニム

ケーブルニットとブリーチデニムのコーデです。
ビターでは定番の組み合わせとなっており、コーデ一式で購入される方も多いです。

ブリーチデニムは今年の秋冬も人気が出るといわれており、抑えておきたいアイテムです。
足元はブラック系のブーツで引き締めています。

秋冬抑えておくべき柄物をピックアップ!!
夏は花柄、ボーダーが圧倒的に多かったですが秋冬はどうでしょうか。

1,千鳥格子柄
夏には少しは見受けられましたが、そこまで活躍のなかった千鳥格子柄。秋冬らしいカラーなのでそろそろ抑えておきたいです。
千鳥格子柄

「メンズファッション千鳥格子柄の着こなし方法」はコチラから

 
2,ボーダー
夏に引き続き大人気のボーダー。季節を問わずボーダーは人気がありますね。
ボーダー
 
3,スラブ
スラブとは糸を作るとき、オウトツのあるスラブ糸で織られた素材(生地)をいいます。
2色の糸がミックスしているものもスラブでよく使われており、昨今注目を浴びています。
夏にもカットソー系のTシャツなどとは差別化されており、サマーニットのような素材感を重視したデザインで販売されていました。
スラブ
 

4,秋冬にオシャレなメンズシューズの使い方

夏はビター系であれば基本的にローカット系を合わせればいいですが、秋冬はブーツやスニーカーなどコーデに悩みますよね。
ローカットにロールアップだけでなく、ブーツを使った秋らしいコーデやスニーカーでカジュアル感を出したり、バリエーションは増えます。

もちろんローファーも絶対はずせないので、ローファーをメインにブーツやスニーカー等のトレンドを意識したコーデを考えてみましょう。

今季トレンドスニーカーコーデ

スニーカーはスキニーとあわせるのが昨今のトレンドになってきています。
特に個性的なスニーカーやボリュームのあるもの、ハイカットなどがオシャレに見えてオススメです。
スニーカーは履くだけでカジュアル要素を引き出せて、コーデ次第ではとてもかっこよく仕上がります。ハイカットのものだとパンツをロールアップしたり、インさせてスニーカーを目立たせるのが定番ですね。

デニムスニーカーコーデ

 

ハイカットスニーカーコーデ

 

履くだけでオシャレに見えるチャッカブーツ

チャッカブーツコーデ

チャッカブーツはフォーマル過ぎず、カジュアルすぎないのでブーツの中では使い勝手のいい靴です。程よいくるぶし程の高さがあり、とてもオシャレに見えます。
高さの高いブーツに抵抗があるという人にはオススメです。

下記はチャッカブーツを使ったコーデです!

チャッカブーツコーデ

 

メンズチャッカブーツコーデ2

 

ビター系定番ローファーコーデ

ビター系の足元の定番はやはりローファーでしょうか。
春夏はもちろんですが、秋冬も欠かさない存在となってます。
ローファーに合わせるパンツはやはりスキニーです。

ロールアップするのがトレンドですね。

↓↓ローファーコーデ↓↓

メンズローファーコーデ

 

ローファーコーデ2

 

チェックローファーコーデ

 

⇒「メンズローファーのかっこいい履きこなし」はコチラから

少しずつ涼しくなってきて秋冬ものを考えるようになってきました。
コーデは最初は難しいけど、慣れていけば楽しくなります。

少しずつチャレンジする精神が大事です。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*