この冬オススメのメンズニット特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
112607

冬のマストアイテムと言えばニットは外せないですよね?
ということで今回はオススメなメンズニットアイテム&コーデを紹介しちゃいます!

スポンサードリンク


ニットはメンズファッションとしては欠かせないアイテムですね。
サマーニットなども登場し、オールシーズン通してニットはコーデの重要ポジションにあるわけですが、
今回は冬も直前ですので冬ニットコーデを紹介します!
目次

1,ニットの組み合わせコーデ
2,アウターを活用したメンズニットコーデ
3,この冬オススメのメンズニットは?
4,マメ知識:ニットってどういうものをいうの?


 

1,ニットの組み合わせコーデ

どんどん寒くなってくるこの季節。

ニットは防寒性が高いアイテムです。

メンズニット

特に模様や立体的に編まれた厚みのあるニットは防寒性が高いので、
これからの季節にぴったりと言えるアイテムですね。

メンズニット

ケーブル編みニット×スキニーパンツのコーデです。

ケーブル編みニットでカジュアルな感じをだしつつ、
スキニーで大人っぽくバランスのとれたコーデになっています。

スキニーで絞ると大人っぽさがでるので、
この組み合わせはとてもオススメです。

⇒「メンズスキニーパンツのコーディネート特集」はコチラから

 

セーター

ニット×シャツの組み合わせは清潔感があり、
女性の印象も良いのでこちらもオススメです。

大人っぽすぎるなと思ったら、
シャツをチェックやデニムに変えてあげるとカジュアルなコーデになります。

 

2,アウターを活用したメンズニットコーデ

上記でニットとスキニーの紹介をしましたが、
そこにコートなどのアウターを取り入れてあげることにより、
さらに大人っぽくなります。

タートルネック

タートルネックニットセーター×チェスターコートの組み合わせです。

ニットでカジュアル感をだしつつ、
チェスターコートとスキニーで大人っぽいですね!

前回、チェスターコートでも話しましたが、
ニットとチェスターコートは相性抜群でオススメです!

⇒チェスターコートの着こなし方法はコチラから

 

タートルネック

ラッセルPコート×バイカラータートルネックの組み合わせです!

Pコートはラッセル編みのニット地を使用しています。

ニット×ニットな組み合わせですので相性抜群!、
でも、そのままではカジュアルな感じが強いので、
パンツとシューズで大人っぽくし、メリハリをつけてあげるとベストです!

 

タートルネック

メルトンコート×タートルニットの組み合わせで、
メルトン素材を活かしたお洒落感を演出しています。

メルトンコートはシルエットが美しくみえるので、
キレイめ系コーデにはバッチリです!

 

スポンサードリンク

3,この冬オススメのメンズニットは?

メンズニット

寒くなってきたこの季節!
この季節にオススメのニットをご紹介!

Vネックニットセーター

メンズニット

首周りはVネックで、すっきりと見せることができ、
編み込みが立体的で防寒性が増している為、この冬オススメです。

 

Vネックボーダーニット

メンズニット

ボーダー柄でカジュアル感をだせる為、
「大人っぽ過ぎる?」なんていうコーデの時に取り入れると良い感じに仕上がります。
また、これ一枚でも存在感があるので一枚ぐらいは持っておきたい一品ですね!

 

タートルネックニット

メンズニット

首元まで暖めてくれて、『上品な大人』の雰囲気を演出できるアイテムですが、
コーデを間違えてしまうと「え、老けてない?」というコーデになってしまうので要注意。

アウターに合わせて、明るいアウターには明るいタートルネック、
暗めなアウターには暗めなタートルネックとあわせてあげるとコーデし易いでしょう。

 

バイカラーニット

メンズニット

この一枚で季節感、清潔感をだしてくれる優れアイテム。
使い回しがきくので「迷ったらコレ!」ってほどオススメです。

 

4,マメ知識:ニットってどういうものをいうの?

ニットって聞くと、「セーター」や「カーディガン」の事を思い出しますよね?
でも、もっとわかりやすく言うと編み物の総称がニットなんです。
ニットの語源は「編み物をする」なので、「編み物=ニット」になるわけなんですね。

ニットアイテムは名前でひとくくりにできますが、
素材(ウールや麻など)や編み方によってひとつひとつ違いでできます。
ですので、自分にあったニットをぜひ見つけてみてください!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*