ヴィンテージ、古着を使ったメンズファッション&コーデ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

 

ヴィンテージや古着など、年代物のアイテムはメンズファッションにおいて大人気♪

深みや味のあるコーディネートが魅力的です。

今回は古着・ヴィンテージアイテムを使った、メンズファッションについてご紹介します。

 

1.ヴィンテージと古着について

「ヴィンテージ」と「古着」という言葉はよく耳にしますが、皆さん違いって分かりますか?

古着はその名の通り、一度誰かが使った商品です。いわゆる洋服の”中古品”ですね。

ヴィンテージも同じように捕らえられがちですが、実は違います。ヴィンテージとは年代物のアイテムの事を差します。

古くて希少価値が高く、唯一無二の製品。

古着にもヴィンテージ品にもオシャレで価値のあるアイテムがたくさんあります。

 

魅力は1点ものが手に入ること!

古着やヴィンテージの最大の魅力は、1点物が手に入ることです。

近頃はファストファッショの影響もあり、安いものが大量生産されています。

街中を歩いていても似たような服を着用されている方が多く、個性に欠けている気がします。

その点ヴィンテージや古着系のアイテムは、人と被らないし個性のあるファッションを楽しめます。

本当に価値のあるものですとプレミアがついて、かなり高額で売買されることもありますね。

 

古着やヴィンテージで抑えておきたいアイテム!

 

2.ヴィンテージ・古着好きにオススメしたいアイテム

まずは、ヴィンテージ・古着好きにオススメしたいアイテムを激選してお届けします!

【古着やヴィンテージファッションで人気のアイテム】
・ジーンズ
・国産ジーンズ
・スウェットシャツ
・プリントTシャツ
・チェックシャツ
・デニムジャケット
・ワークブーツ
・ライダース
・スニーカーetc..

古着やヴィンテージ系のアイテムでは、上記のようなアイテムが人気です。

特に「デニム」は古着好きからは注目度が高め。

価値のあるヴィンテージデニムは生地の厚みや色合いが格別です。

大量生産されているデニムと違い、より年代を感じられるアイテムとなります。

他にもプリントTシャツやジャケット類なども、独特の風合いがありコーデに取り入れるとオシャレです。

上手くコーデに取り入れると、ヴィンテージ感が出てオシャレに見えるので、是非チャレンジして下さい!

 

デニム・ジーンズ(古着)

画像アイテムはコチラ
・「ジーンズ」の古着を楽天で探す

古着のデニムは新品では味わえない”深み”がありますよね。

程よく色落ちが入っており、履き潰された柔らかい素材感も古着ならではです。

リーバイス、ヒステリックグラマー、ドゥニームなど色々なブランドの古着デニムが販売されています。

ダメージやクラッシュ加工は完全に1点物です。

リペア加工されたドルチェ&ガッバーナのクラッシュデニムパンツ。

人気のリペア加工は存在感が強く、コーデの主役アイテムとなります。

 

デニム・ジーンズ(国産)

国産のデニムブランドはヴィンテージ好きから高い支持を得ています。

日本の岡山産デニムが多く販売されており、インディゴカラーの厚みのある素材はヴィンテージ感満載。

1900年代に作られたヴィンテージデニムが豊富に揃っており、味のある一本が見つかります。

上記の写真はエビスのジーンズです。

落ち着いたカラーはコーディネートにも使いやすくオススメ。

 

スウェットシャツ(古着)

スウェットはカジュアル感が強く、古着やヴィンテージシーンでも人気のアイテム。

カレッジロゴやプリントが施されたデザインは、とっても味があってオシャレです。

デニムと合わせるだけでも、古着やヴィンテージっぽさを引き出す事ができます。

チャンピオンやラコステ、エイプやラルフローレンなど様々なブランドの古着のスウェットが取り扱われています。

大胆に「LA」ロゴがプリントされたロンハーマンのスウェットです。

未使用なので状態がよく、ストリート感がとってもオシャレ。

 

プリントTシャツ(古着)

画像アイテムはコチラ
・「Tシャツ」の古着を楽天で探す

プリントTシャツは時代を象徴したアイテム。

ヴィンテージや古着として売られているTシャツは、他のお店では手に入らないし唯一無二と言えます。

ロックテイストのプリントTシャツや、カレッジロゴのカジュアルTシャツなど、どれも味があって1枚で着用していてもオシャレです。

古着のTシャツは1,000円前後で手に入るものも多く、非常にリーズナブルなのも魅力的です。

こちらはビームスのコットンTシャツです。

グレーボディに英字がプリントされており、ヴィンテージライクな仕上がりになっています。デニムとラフに合わせたい♪

 

チェックシャツ(古着)

アメカジの定番アイテム、チェックシャツも古着では大人気。

古着の数量が多くデザインが豊富です。

 

デニムジャケット

古着ではオシャレなアウターもたくさん販売されています。

キャピタルのカバーオールは程よいワーク感があり、ヴィンテージコーデでも人気が高いです。

デニムオンデニムなどでトレンド感のある着こなしを楽しみたい。

 

ワークブーツ

男らしくタフな印象の強いワークブーツ。

履き慣らされた味のあるワークブーツは、古着では定番のアイテム。

新品とは違い古着独特の雰囲気が出ます。

レッドウイングなど老舗のブランドを選ぶのがオススメ。

 

ライダース

ライダースジャケットはプレミアが付きやすいアイテム。

ヴィンテージ好きでもライダースをコレクションしている方は非常に多いです。

 

スニーカー

ナイキなどのスニーカーも人気です。

コロボした限定モデルであったり、出回っている数量が少ないものはプレミアが付きやすい。

 

3.おすすめの古着ブランド

続いてはオススメの古着ブランドをご紹介!

古着初心者の方は、定番の古着ブランドから購入するのがオススメ。

【古着やヴィンテージ系のオススメブランド】
・ラルフローレン
・カーハート
・リーバイス
・コムデギャルソン
・ディーゼル
・ポール・スミス
・バーバリー

 

おすすめの古着ブランド:ラルフローレン

古着ブランドとして有名なラルフローレン。

古着の数量が非常に多く出回っており、古着好きはもちろん、古着初心者にもオススメしたいブランドです。

カジュアルなデザインが多く、アメカジや古着ファッションでも人気が高め。

 

おすすめの古着ブランド:カーハート

1889年に創業されたアメリカのワークウェアブランド、カーハート。

オーバーオールやカバーオールは日本でも大人気です。

歴史があるワークウェアブランドなので、使い込まれた味のあるアイテムも多いです。

 

おすすめの古着ブランド:リーバイス

デニムやジーンズの古着は大人気!

特にリーバイスは歴史が長く、様々なヴィンテージ品・プレミア品が販売されています。

価格はピンきりですが、プレミアになっていると数十万年以上する場合も。

 

おすすめの古着ブランド:コムデギャルソン

コムデギャルソン(COMME des GARCONS)は日本で1969年に生まれたファッションブランド。

川久保玲が創業者で、「ギャルソン」の通称で親しまれています。

世界を代表するモード系ファッションブランドで、パリコレでも常連となっています。

 

おすすめの古着ブランド:ディーゼル

イタリアのカジュアルブランド、ディーゼルの古着です。

ディーゼルにはデニムやカットソー類、アウターなど様々な古着が存在します。

 

4.メンズのオシャレな着こなしコーデ特集

続いては、古着やヴィンテージ系のメンズコーデ特集をご紹介します!

オシャレなファッショニスタの着こなし方を学びましょう。

 

デニムで古着コーデ


出典:http://zozo.jp/?kid=13080

デニムのオーバーオールに柄シャツ、アクセントに味のあるキャップを使ったコーディネート。

足元にはブラウン色の革靴をチョイスしており、ヴィンテージ感を感じられる着こなしに仕上がっています。

さりげなく取り入れられているインナーのプリントTシャツも、古着っぽさを引き立てているアイテム。

 

カレッジロゴのTシャツを使って


出典:https://wear.jp/sumorisu0623/19726676/

プリントTシャツの中でも「カレッジロゴ」は、特に古着やビンテージファッションでは好まれます。

ディッキーズの太めのチノパンとあわせるだけでも、アメカジテイストのオシャレな着こなしに仕上がりますね。

足元はロールアップでスッキリさせ、バンズのスニーカーで王道スタイルに。

【関連記事】・バンズのスニーカーのメンズおすすめモデル&人気コーデ特集

 

キャラクターTシャツでポップに


出典:https://wear.jp/kabu0806/19750125/

キャラクターTシャツにベージュのチノパンをあわせた古着コーデ。

スヌーピーはキャラ物ですが、意外とシックで大人が着用しても可愛く仕上がります!

サングラスやネックレス、キーチェーンなど小物使いも古着っぽさを感じさせてくれますね。

【関連記事】・キャラクターTシャツを使ったメンズ着こなしコーディネート

 

全身古着コーデ


出典:https://wear.jp/takeuma45/19602566/

キャップを使った全身古着コーデ。大きめボーダーのポロシャツは今季のトレンドアイテム!

太いチノパンとあわせるだけで、カジュアルなアメリカンスタイルに。

足元には白のスニーカーでヌケ感を演出しています。

 

黒のバケハで夏コーデ


出典:https://wear.jp/tetsutaku/19773356/

黒のバケットハットを使った全身黒のオールブラックコーデ。

古着とストリートをミックスさせた着こなしで、アクセサリの使い方やプリントTシャツに拘りを感じられます。

足元には柄物のスニーカーを使いコーデにアクセントをプラス。

 

オールインワンコーデ


出典:https://wear.jp/yagihashitiny/19777058/

つなぎのトップス部分を腰で縛ったヴィンテージ感のあるコーディネート。

トップスには絶妙にオシャレな英字を使ったオシャレなTシャツをチョイス。

ハットや眼鏡がとっても渋く大人の味を出した着こなしです。

足元にはコンバースのスニーカーを使って明るくコーデ。

 

シャツを使ったキレイめスタイル


出典:https://wear.jp/ninnosuke/19755031/

白シャツにネクタイ、ブルーのヴィンテージデニムを使った着こなしです。

黄色のキャップがコーデのアクセントに。全体のゆったりしたラフなシルエットが「アメカジ感」高めで可愛い。

【関連記事】・【メンズファッション用語】アメカジとは?

 

タックインコーデ


出典:https://wear.jp/daidai0811/19722577/

リーバイスのデニムに古着の赤シャツ、足元にはローファーを使ったカジュアルなコーディネート。

インナーの白Tシャツをタックインすることで、トレンド感を出しスッキリまとめています。

ゆったりしたデニムはロールアップして着用すると、足元にヌケ感が出てオシャレに決まります。

 

靴下を使って


出典:https://wear.jp/masuda0514/12325510/

デニムセットアップは着用するだけで「ヴィンテージ感」を出せる万能アイテム!

サンダル+ソックスの組み合わせも流行を意識しておりオシャレ。

 

デニムで古着コーデ


出典:http://zozo.jp/?kid=13080

ブルーとホワイトのカラーバランスがとってもオシャレな古着コーデ。

ゆったりしたウォッシュ加工のあるデニムは、ヴィンテージ感満載でシンプルコーデに映えます。

トップスにはスタイリッシュなスウェットをチョイスすることで、よりカジュアルなスタイルを構築。

上下はブルー系のカラーでまとめていますが、足元にホワイトをさりげなく入れることで、全体が明るく彩られています。

 

白の靴下と合わせて


出典:http://wear.jp/enmako/7859276/

シャワーサンダルに白の「靴下」をあわせたコーデ。

白の靴下とデニムがカジュアルでオシャレ。

カーキ色のアウターがミリタリー感を出しており、ハットのフォーマル感とマッチしています。

細身のデニムを選べば古着スタイルが大人っぽく仕上がります。

 

デニム×コンバース

古着コーデには欠かせない、コンバースのオールスターを使用した着こなし。

深いインディゴカラーのデニムはヴィンテージ感を出してくれます。

トップスにはボーダー柄のポップなTシャツをチョイス。

全体をネイビー色でまとめており、統一感のあるオシャレな着こなし。

 

ヒステリックグラマーでオシャレに


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=6174216

ヒステリックグラマーの復刻版のヴィンテージデニムを使ったコーデ。

パーカーとキャップ、スニーカーがアメカジテイストでオシャレですね♪

ジーンズのハードなダメージ感は、コーディネートの主役になり”個性”を演出してくれます。

Tシャツとスニーカーに使っている”ホワイト色”が、ハイトーンカラーになっておりオシャレです。

 

70年代シングルライダースを使って


出典:https://wear.jp/naaandemocollecter/6323439/

1970年代のシングルライダース、1950年代のパーカー、1960年代のデニムを使ったヴィンテージコーデ。

全身にヴィンテージアイテムを使ったとってもオシャレで味のあるコーデ。

こだわりのあるアイテムと、アメカジライクなファッションはとっても参考になります♪

オレンジのパーカーとシューズをリンクさせているのもオシャレなポイント。

 

ジャケット×プリントTシャツ


出典:https://wear.jp/naaandemocollecter/12403612/

古着のジャケットにコムデギャルソンのデニムを合わせています。

プリントTシャツや味のあるスニーカーがコーデに古着っぽさを演出。

ハットやサングラスの小物使いが上手で、ラフで大人っぽい着こなしです。

 

ワイドデニム×オープンカラーシャツ

ブルーのワイドデニムに黒のオープンカラーシャツを合わせたコーデ。

足元にはコンバースのスニーカーを使い、カジュアルでトレンド感のある着こなしに。

ゆったりしたデニムは、カジュアル感やトレンド感が出せるのでオススメ!

シックな黒シャツがカジュアルコーデを大人っぽくクールに仕上げています。

 

デニムオンデニム


出典:https://wear.jp/

ウォッシュ加工されたジーンズにGジャンを合わせたデニムオンデニムスタイル。

ゆるめのサイジングをチョイスすることで、全体にユーズド感が溢れオシャレな古着スタイルに仕上がっています。

インナーには無地でなくプリントTシャツをチョイスしており、古着っぽさを最大限に盛り上げた着こなし。

全体のサイズ感を1サイズ大きめにコーデすると、ラフな感じが出て古着らしいコーデになりますよ♪

 

デニムでトレンド感を

今季らしい薄色のデニムを合わせたスタイル。

ロング丈のインナーやスニーカーがクールに決まっており、ストリート感が出たコーデです。

ロング丈のインナーがコーデを縦長に見せてくれており、スタイリッシュな着こなしに。

シルエットを細身にまとめることで、ストリートコーデも子供っぽさがなくまとまっています。

レザーのライダースは男らしさが出てカッコいい♪

 

ブルーで個性的に

ブルーのライダースを使ったコーディネート。

ブルー色のジャケットはとってもインパクトがありますが、デニムを使うことでカジュアルにコーデされています。

デニムもブルー系のカラーなので、上下で統一感が出たワントーンコーデになっています。

ライダースも自然に溶け込んでおり、奇抜さがなくオシャレ。

インナーにはロング丈のカットソーを使い、ショート丈のライダースとマッチしています。

薄色のデニムを使うことでヴィンテージライクなスタイルに。

 

チェックシャツを腰巻きに使って


出典:http://wear.jp/

グレーのトレーナーと薄色デニムを使ったアメカジスタイル。

落ち着いたカラーを使ってますが、腰巻きのシャツに「赤」を使うことでファッション性を高めています。

足元には革靴を使い、デニムとのギャップを楽しんでます。

カレッジ系ロゴが入ったパーカーは、ヴィンテージ感が強く出るのでオススメ♪

 

ロゴTシャツを使って


出典:http://wear.jp/

「英字ロゴ」は、カジュアルファッションには是非取り入れていただきたいデザインです♪

デニムとラフにあわせれば、アメリカンカレッジなスタイルに。

足元には赤のコンバースを使うことで、アクセントの効いたスタイルに。

「NEW YORK CITY」がコーデのアクセントになっており、とっても味のある着こなしになっています。

 

5.まとめ

以上です。

今回はヴィンテージ、古着を使ったメンズコーデや着こなし方法、おすすめアイテムなどをご紹介しました。

古着やヴィンテージ系のファッションは、いつの時代も人気があります。

ヴィンテージや古着などでは1点物のアイテムがほとんどなので、取り入れるだけで人と違った着こなしを楽しめます♪

是非今回の記事を参考にして、オシャレな着こなしをマスターしましょう♪

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*