スケーター&スケボーのメンズファッション特集。オシャレな服装やコーデについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スケーターファッションは非常に注目度が高いです。

ストリートでの着用だけでなく、スケボー時に取り入れるのもオシャレなのでオススメ。

今回はスケーターファッションの人気ブランドと、オシャレなメンズコーデ特集をご紹介します!

 

1,スケーターファッションのオススメブランドご紹介

まずは、スケーターファッションにオススメのブランドをご紹介!

スケーターやスケボーシーンでは、国内外問わずオシャレなブランドがたくさん存在します。

 

Supreme(シュプリーム)

画像アイテムはコチラ
・シュプリームを楽天で探す
画像アイテムはコチラ
・シュプリームをアマゾンで探す

シュプリームは1994年にアメリカ・ニューヨークで生まれたブランド。

ストリートシーンやスケートシーンで人気が高く、世界中にファンが多く存在します。

スケーターのラフすぎるスタイルとは違った、エレガントさや上品さも兼ね揃えたストリートブランドです。

赤いロゴがブランドの象徴となっており、リュックにTシャツ、パーカーに小物などオシャレなアイテムが目白押しです。

ストリートブランドの中では決して安いとは言えませんが、そのブランド価値は非常に高く、付けているだけでもオシャレな印象になります。

 

オンリーニューヨーク

オンリーニューヨークはアメリカ・ニューヨーク生まれのストリートブランド。

スケーターから人気があり 「次世代のSupreme」とも言われている注目度の高いブランド。

90年代のスケボー、グラフィティ、スケート、アート等のカルチャーから影響を受けています。

 

HUF(ハフ)

【画像アイテムはコチラ】
・「ハフ」を楽天で探す
画像アイテムはコチラ
・「ハフ」をアマゾンで探す

ハフはスケートボーダーとして有名な、「Keith Hufnagel(キース・ハフナゲル)」が手がけたアパレルブランド。

ニューヨークで生まれ育ったハフナゲルがデザインしたアイテムは、現在では幅広いジャンルのファッションで愛されています。

インパクトのあるプリントが特徴的で、ストリートコーデに取り入れる方が非常に多いです。

 

BIANCA CHANDON(ビアンカシャンドン )

ビアンカシャンドンは、プロスケーターである「アレックス・オルソン」が発足したファッションブランド。

ポップでオシャレなアイテムが多く、スケーターだけでなくストリートファッションでも人気。

日本でも非常に注目度が高く、プレミアとなっているアイテムもあります。

 

アディダスオリジナルス

画像アイテムはコチラ
・「アディダス」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「アディダス」を楽天で探す

アディダスオリジナルスはアディダスのファッションに特化したブランドライン。

世界規模のスポーツブランドであり、現代風のデザインに落とし込まれているので、どのアイテムもオシャレで魅力的です。

ストリートシーンでは注目度が高く、スニーカーやTシャツ、パーカーなどのスポーツっぽさのあるアイテムが人気。

アディダスは元々ドイツで生まれたブランドです。

その後1998年にアディダスジャパンが創業されて、日本でも販売されることとなりました。

 

RASSVET ラスベート

画像アイテムはコチラ
・「ラスベート」を楽天で探す
画像アイテムはコチラ
・「ラスベート」をアマゾンで探す

ラスベートは2016年に創業されたスケーターブランド。

ロシア人デザイナーのゴーシャ・ラブチンスキー氏と、プロスケーターのトリア・ティタエヴ氏によって立ち上げられました。

「ラスベート」はロシア語で「夜明け」を意味しています。

ハイブランドのような大胆でオシャレなデザインは、ストリートシーンでも注目されています。

 

VOLCOM(ヴォルコム)

画像アイテムはコチラ
・「Volcom」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「ヴォルコム」を楽天で探す

VOLCOM(ヴォルコム)はサーフ・スケート・ストリート・スノーボードなどのカルチャーに影響を受けたブランド。

サーファーなどが愛用していることでも有名ですが、スケートシーンでもファッションに多く取り入れられています。

ヴォルコムは1991年にアメリカで創業されたブランドで、元々は創業者の自宅からスタートしています。

現在では世界的に有名ですが、ヴォルコムに対する信念や思い受け継がれ続けています。

 

DC SHOES(ディーシーシュー)

画像アイテムはコチラ
・「DC」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「DC」を楽天で探す

ディーシーシューは1994年にプロスケーターのダニー・ウェイを弟に持つ、デーモン・ウェイ、コリン・マッケイ、ラリードライバーのケン・ブロックらによって創業されました。

スケートボードやスノーボードのスポンサーを現在でも務めており、スケボーカルチャーに魅了され続けています。

DCではスニーカーが人気ですが、パーカーなどの衣料品もたくさん販売されています。

 

Habitat

画像アイテムはコチラ
・「Habitat」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「Habitat」を楽天で探す

HabitatはJoe Castrucci(ジョー・カストルッチ)によって創業されたブランドです。

スケートボードブランドとして有名で、とってもオシャレなデザインのボードがたくさん揃っています。

ファッションアイテムとしては、Tシャツなどが可愛いと評判です。

 

X-LARGE(エクストララージ)

【画像アイテムはコチラ】
・「エクストララージ」を楽天で探す
【画像アイテムはコチラ】
・「エクストララージ」をアマゾンで探す

エクストララージはゴリラのマークがトレードマークのファッションブランドです。

1991年にアメリカ、LAでスタートし、現在では世界中のストリートシーンで大人気。

価格帯が手頃でオシャレなプリント柄がとっても可愛いです。

 

Palace

画像アイテムはコチラ
・「Palace」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「Palace」を楽天で探す

Palaceはイギリスのロンドンで生まれたブランド。

スケーターブランドは、アメリカ創業が多いのですが欧州にもオシャレなブランドは存在します。

Palaceには一流のデザイナーも手を貸しており、個性のある独創的なアイテムも多数展示されています。

 

RVCA(ルーカ)

【画像アイテムはコチラ】
・「ルーカ」を楽天で探す
【画像アイテムはコチラ】
・「ルーカ」をアマゾンで探す

ここ数年で、「ルーカ」を着用している方を街中で多く見かけるようになりましたね。

様々なストリート系のセレクトショップで取扱いが増えており、ルーカはストリートブランドとして知名度を高めています。

ルーカは2000年にアメリカ・カリフォルニア州で生まれたブランドです。

ストリートだけでなく、サーフ系ファッションやカジュアルファッション、スケーターファッションでも絶大な人気です。

 

Dickies ディッキーズ

画像アイテムはコチラ
・「ディッキーズ」を楽天で探す

アメリカンワークウェアの代名詞でもある「ディッキーズ」。

ディッキーズでは、ツイル素材のワークパンツが世界中で大人気。

ワイルドで男らしくタフな素材感はデイリー使いにもピッタリなアイテム。

スケーターファッションでも愛用者が非常に多いです。

 

VANS(バンズ)

画像アイテムはコチラ
・「Vans」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「Vans」を楽天で探す

バンズは日本人にも馴染みの深いストリートブランドですね。

特にスリッポンやスニーカーであれば、日本でのシェアはトップクラスでスケーターだけでなく、様々なジャンルのコーデで使われています。

カジュアルでラフなスリッポンは、とっても履き心地が良く若者から絶大な人気を得ています。

バンズは1966年にアメリカのカリフォルニアで生まれたブランドです。

 

ELEMENT(エレメント)

画像アイテムはコチラ
・「Element」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「Element」を楽天で探す

エレメントは1992年にアメリカの西海岸で発祥されたブランドです。

スケートボードや衣類、シューズなどを販売しており、プロのスケーターからも愛されています。

シンプルなデザインが多く、スケーターファッションの王道とも呼べるブランドです。

 

ステューシー 【STUSSY】

画像アイテムはコチラ
・「STUSSY」を楽天で探す

ステューシーは1980年にアメリカの南カリフォルニアで創業されたブランドです。

元々はサーフブランドとして創業されましたが、スケートシーンやヒップホップシーンでも人気が出て、現在ではストリートファッションとして注目を集めているブランドです。

Tシャツにパーカーなど、ステューシーのロゴがとってもオシャレです。

 

THRASHER(スラッシャー)

画像アイテムはコチラ
・「Thrasher」をアマゾンで探す
画像アイテムはコチラ
・「Thrasher」を楽天で探す

スラッシャーは最近では「三代目JSB」の登坂さんが着用していたことで注目を浴びていますね。

元々は雑誌から始まったスケーターブランド。雑誌のグッズとしてアパレル用品を販売しており、そこからブランドを拡大していきました。

Tシャツにパーカー、リュックなどが有名で、独特のロゴがとってもオシャレです。

 

2,スケーターファッションの着こなし

スケボーをする人たちの中で人気なのが、スケーターファッションです。

スケボーとは、「サーファーたちが波に乗れない時でも行えるスポーツ」がきっかけとして始まったスポーツです。

ゆるめが基本


出典:https://yakkun-fashion.jp/vans_code0126/

スケーターファッションは基本的にスケボーを行うことを意識しているので、ゆるめのファッションスタイルがほとんどです。

大きめのTシャツやパーカー、ゆったりしたチノパンやデニムなどです。

スケボーは体を動かすスポーツなので、身動きが取りにくいコーデでは危険です。

変わり始めているスケーターファッション

スケーターファッションは本来は動き易さを意識したコーデでしたが、少しずつ変わり始めているのも確かです。

それはスケートボードをたんに”ファッションの一部”として使う人が増えているからです。

実際スケボーを本格的にやる訳ではなく、オシャレのために身に付けているだけ。

こういった若者も増えてきました。この場合は動き易さではなく、ファッションを重要視しているので少しスタイルが違います。

大きめのトップスは良く使われるのですが、それにスキニーパンツなどを合わせていることがあります。

「動き易さ⇒ファッション性」このように考え方が変わり始めています。

 

スポンサードリンク

3,スケーターにオススメのアイテムは?

スケーターファッションには”定番”と呼ばれるファッションアイテムがいくつか存在します。

そういったアイテムを積極的に取り入れる事で、よりスケーターらしい着こなしに近づけることができます。

スニーカー・スリッポン


出典:https://sneaker.794mhz.jp/vans-classic-slip-on-pig-suede-black-v3dvi31/

スケーターファッションの足元には「スリッポン」「スニーカー」が高い確率で使用されています。

特にVANSのスリッポンはスケーターファッションの王道アイテムとも呼べますね。

動き易さとスポーティーさを兼ね揃えており、とってもオシャレなコーデが作れます。

キャップやニット帽


出典:https://shop-list.com/men/jiggysshop/reb-3-021/

キャップやニット帽などのカジュアルな帽子もスケボーシーンでは人気です。

ニューエラのキャップや無地のニット帽などはよく見かけますね。

帽子を被るとストリート感が出て、雰囲気のあるコーデになります。

Tシャツ

スケボーでは基本的にTシャツを着ている人がほとんどです。

やや大きめのサイズ感のTシャツを、ゆったりとラフに着るのがオススメ。

パーカー

冬場であれば肌寒いですよね。

さすがにずっとTシャツでいるわけにはいかないので、パーカーが一着あると便利です。

こちらもちょっと大きめのものをラフに着用しましょう。

スケボーをしていて暑くなってきたら、Tシャツ一枚になればOKです!

 

4,メンズコーデ特集

トレーナーでラフに

トレーナーで大人っぽく
出典:http://wear.jp/shika7767/8949449/

シュプリームのトレーナーを使ったラフなスタイル。

全体を細身にすることで、スケーターファッションが大人カジュアルに仕上がっています。

こちらではグレーのスウェットに黒のパンツをあわせており、シュプリームのロゴがワンポイントになり、サングラスやキャップもコーデにマッチしています。

足元にはスケーターファッションの定番である、バンズのスニーカーをチョイス。

個性的なキャップを使って


出典:http://wear.jp/leyline0711/10119066/

上下ブラックであわせたコーデに、レインボーカラーのキャップを合わせています。

スリッポンのブランドには「VANS」を使っており、カジュアルでオシャレなスタイルに。

上手く派手なカラーを取り入れており、鮮やかな着こなしにまとまっていますね♪

上下ブラックでまとめることで、コーデに統一感が出ています。

オールブラックでシックに


出典:http://wear.jp/item/10189859/

全身をオールブラックでまとめたスケボーコーデ。

カラーは黒のみですが、シルエットやサイズ感に注目してください。

トップスにはやや大きめのカットソーを使って、パンツはかなりタイトなものを選んでいますね♪

上下のサイズ感にメリハリを持たせることで、全身黒でのコーデもオシャレに決まっています。

オールブラックは普通にあわせてしまうと、ただ真っ黒な野暮ったさだけが残ってしまいます。

「サイズ感」や「素材」などに意識を向けられるといいですね。

※関連記事
・オールブラックで一味違ったメンズコーディネート

ゆったりコーデ

スウェットでラフコーデ
出典:http://wear.jp/icchostyle/742784/

ゆったりしたサイジングのシュプリームのスウェットを使ったコーデです。

シュプリームはロゴがとてもオシャレです。

赤色のロゴが無地スウェットのアクセントになっており、とっても可愛い。

シューズにはナイキのスニーカーでスポーツ感をプラス。

ビッグパーカーを使っての着こなし

ブラックのビッグサイズのパーカーを使ったメンズコーデ。

ストリート感のある着こなしで、サイズ感がとってもオシャレ!

インナーにはボーダー柄を使って、落ち着いたカラーバランスを明るくファッショナブルに変化させています。

全身ブラックで合わせることで、クールな印象に仕上がっていますね♪

ニット帽を使った冬ファッション


出典:http://wear.jp/sk80823/9391873/

ニット帽にナイロンジャケットを羽織った冬の着こなし。

全体をラフなスタイルでまとめており、余裕のある着こなしに決まっています。

ジャケットの裏地のカラーに”紫”を使って、コーデに華やかさをプラス。

長いネックレスが今季らしく、ストリートさを演出しています。

全身シュプリームコーデ

ストリートコーデが今大注目!
出典:http://color2.hatenablog.com/entry/2016/04/20/053038

全身にシュプリームを取り入れたオシャレなコーディネート。

インナーには迷彩柄を使うことで、コーデにアクセントをプラス。

キャップに白Tシャツを合わせて


出典:http://wear.jp/coordinate/?tag_ids=11524

ビッグTシャツを使った夏のコーデ。

大きなTシャツに黒スキニーがばっちり決まっていて、ストリート感のあるスケータファッションに仕上がっています。

全身をモノトーンで合わせることで、ストリートファッションが落ち着きのあるクールなスタイルに。

黒のサングラスも雰囲気があってかっこいいですね。

※関連記事
・2016年夏ビッグtシャツを使ったメンズのコーデ着こなし!

スタジャンにチェックシャツを巻いて


出典:https://item.rakuten.co.jp/jiggys-shop/reb-2-025/

スタジャンにキャップをあわせたスケーターファッションです。

腰巻きのチェックシャツがコーデにアクセントをプラス。

カジュアル感が強いコーデですが、ストールやチェックシャツなどのアイテムで、ファッション性を高めていますね。

パンツも程よくゆとりを持たせているので、とっても動き易くスケボーシーンでも安心ですね♪

セットアップスタイルで


出典:http://wear.jp/gonsuzuki0425/6649461/

パーカー×ハーフパンツの上下セットアップを使った着こなし。

キャップにも同じ柄を使って、コーデに統一感がありますね♪

全体のゆるめのシルエットがスケーターファッションらしく、ストリート感の強い雰囲気に。

※関連記事
・【秋冬】メンズファッションセットアップのおすすめコーディネート

カーキのアウターを羽織って


出典:http://www.apparel-web.com/streetsnap/stylefromtokyo/2012/08/post-588.html

カーキ色のアウターがミリタリー感を出しているコーデ。

オレンジのニット帽がハイセンスで差し色としてカラーをプラスしています。

ゆったりめのハーフパンツがとてもラフで、スケーターらしいスタイルに。

足元にはアディダスのスニーカーを使って、動きやすい着こなしに。

パーカーを重ね着して


出典:http://wear.jp/lhpnagoya2/6154099/

グレーのパーカーを黒のジャケットと重ね着しています。

大きめのインナーがラフな印象で、ストリートらしい着こなしに。

モノトーンコーデでまとめて、派手なスケートボードを持つことで、ボードのインパクトが最大限に引き出されています。

ボードを上手く使った、大人っぽいオシャレなスタイルです。

全身をブルーでまとめて


出典:http://wear.jp/kazoobou0127/6341849/

アディダスオリジナルスのジャージを使ったセットアップコーデ。

三本ラインは今とっても人気が高いアイテム。

ストリートコーデや、スケーターコーデでも是非取り入れて欲しいですね♪

全身をブルーで合わせることで、コーデに統一感が出ています。

スケートボードも色を合わせており、オシャレですね。

シュプリームのニット帽を使って


出典:http://wear.jp/k5469/10510115/

ニット帽のブランドには「シュプリーム」を使ったコーデ。

シュプリームはスケーターファッションではとっても人気の高いブランド。

ビッグTシャツと赤のニット帽がマッチしており、ラフでスケボーとマッチしたスタイルに。

外国人のスケーターファッションに近いスタイルで、とってもオシャレですね。

インディゴデニムを使って


出典:http://wear.jp/irezumi/10018734/

黒のニット帽と黒のTシャツにインディゴデニムを合わせたコーデ。

流行のタックインスタイルを取り入れており、スケボーファッションにマッチしています。

英字の入ったガチャベルトがとってもオシャレで、トレンド感のある着こなしに仕上がっています。

※関連記事
・ガチャベルト(ベルト垂らし)のメンズコーデ特集&つけ方

サングラスを使って


出典:http://zozo.jp/shop/abc-mart/goods/7647381/

こちらはストリート感の強いオシャレなコーデ。

キャップにサングラス、ビッグサイズのスウェットがタウンユースな仕上がりで、オシャレな印象ですね♪

細身のアンクル丈パンツを使って、足元をスッキリさせてシャープなスタイリングを演出。

足元のバンズのスニーカーがとってもラフで、リラックス感がありオシャレ。

大人っぽく


出典:https://mens.tasclap.jp/a2785

グレーの長袖カットソーにスキニーデニムをあわせたコーデ。

足元の白のスニーカーが爽やかな印象に。

カットソーの中心部についたSTUSSYロゴが、控えめなデザインでキレイめな雰囲気になっています。

ニット帽とサングラスも黒を使って、シックで落ち着きのある着こなしに。

オーバーサイズのパーカーを使って


出典:https://wear.jp/sket0117/17724338/

ゆったりしたオーバーサイズのパーカーにチノパンを合わせたカジュアルなスケーターコーデ。

一見すると普通のスタイルですが、オーバーサイズやちょっぴりワイドなチノパンを選ぶ事で、トレンド感が上手く引き出せています!

無地で合わせることで子供っぽさを無くし、ダボダボしていても落ち着いた雰囲気を演出できています。

スポーツ×スケーターコーデ

スウェットパンツ×スニーカー
出典:http://b-o-y.me/archives/17142

グレーのスウェットパンツにスニーカー、黒Tシャツを合わたコーデ。

スケーターコーデにスポーツ感をミックスしており、今っぽさのあるオシャレなスタイルに。

ダボダボさせ過ぎていないので、落ち着いた印象も感じられます。

オールブラックでシックに


出典:http://wear.jp/leyline0629/4256796/

黒でまとめたスケーター風のメンズコーディネート。

インナーの白Tシャツを重ね着して裾から出すことで、上下の境界線を作り自然なスタイルに。

リュックやサングラス、キャップなどがスケーターらしく、カジュアルな着こなしになっています。

ゆるめのパンツをロールアップして、ローカットスニーカーとあわせることで、足元にラフなこなれ感を演出。

オールブラックが大人っぽくクールな印象。

オーバーサイズTシャツを使って


出典:http://wear.jp/lowjack1985/9886599/

白のキャサリンハムネットロンドンのオーバーサイズTシャツに、黒のジョガーパンツ、アディダスのスニーカーをあわせたコーディネート。

メッシュキャップがサングラスとクールに決まっており、ストリート感のあるオシャレなスタイルに仕上がっています。

白黒をベースにコーデが作られており、落ち着きのあるモノトーンスタイルに。

 

5,まとめ

以上です!

今回はスケーターやスケボーシーンでオススメのメンズコーデ特集と、人気ブランドについてご紹介しました。

スケーターファッションは従来は全身がゆったりした、動き易さや機能面を重視したファッションが多かったです。

しかし最近ではスキニーパンツなどの、スタイリッシュなアイテムを取り入れて現代らしい着こなしが目立ちます。

スケーターファッションは、今後ますます人気が高まるはずです♪

是非自分のスタイルにスケーターファッションを取り入れてみましょう!

下記記事ではスケーターブランドについて、さらに詳しくご紹介しているので、是非あわせてチェックしてみてくださいね。

【関連記事・【メンズ】おしゃれなスケーターブランド特集。今季オススメは?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*