男の加齢臭を消す方法&抑える方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

30代後半~40代に掛けて、男性は「加齢臭」に悩まされる人が増えてきます。オジサンっぽい臭いは周囲に不快感を与えるので、できれば予防したいですよね・・・。

スポンサードリンク

職場の同僚や家族、恋人などから「加齢臭」について指摘された事はありませんか?加齢臭は意外と自分では気になりませんが、周囲は嫌な思いをしているかもしれません。

今回は男の加齢臭を消す方法&抑える方法をご紹介します。加齢臭が気になり始めたメンズ必見です!

「加齢臭」は年配の方に多いと言われていますが、最近では30代の方でも加齢臭に悩まされる方が増えています。この原因は、食生活の欧米化や生活環境の乱れなどが挙げられます。

アンケートによりますと、今や中高年男性の8割以上が「加齢臭を気にしている」と答えています。加齢臭を気にするあまり、必要以上に香水をつけたり、体の洗いすぎによって逆に臭いがキツクなる事例もあります。

ちなみに加齢臭の原因は、脂肪酸と過酸化脂質が結びつく事で発生する、「ノネナール」という物質にあります。

特に40代を過ぎますと、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が急速に増えてノネナールが発生しやすくなります。

それでは、加齢臭を消す具体的な方法について見ていきましょう。

 

加齢臭を消す方法1:デオドランドクリームを使用する

加齢臭を消す方法として一番オススメなのは、「デオドラントクリーム」を使用する方法です。

デオドラントクリームとは、体臭全般に効果のある制汗剤のような物です。臭いが気になる部位に塗るだけで、汗や皮脂の発生を抑えたり、菌の繁殖を抑制する効果があります。

朝仕事に行く前や、夜お風呂から上がった後に付けるだけで、加齢臭やワキガといった体臭全般を抑えることができます。

デオドラントクリームで体臭を解決された方も多くいらっしゃるので、同じ悩みを抱えているのであれば是非オススメです。

臭い対策では即効性があり便利なので、1つ携帯しておくと使えますよ。

 

【オススメのデオドラントクリーム1:ディーアジカ】


【購入はコチラ】
ディーアジカ

「ディーアジカ」は、男性専用のワキガ対策クリームです。ナノ化されたクリームが菌の増殖を99%以上抑えてくれます。

通常のワキガクリームは、ワキ毛の上からだと上手く浸透せず効果が薄れてしまいます。しかしディーアジカはクリアジェル処方により、ワキ毛の上からでも素早く浸透・抗菌を行います。

まさに男性用に開発されたワキガクリームですね。

敏感肌にも優しく作られており、「無香料」「無着色」なので安心して利用できます。2019年のモンドセレクションで「金賞」を受賞しており、信頼と実績のある人気のワキガクリームです。

定期購入だと送料無料&初回ボディーソープつきで5,456円、クリームの単品購入は10,780円となります。定期購入のみ全額永久保証付きです。

【ディーアジカの詳細】
・クリーム定期購入 5,456円(送料無料)
・クリーム単品購入 10,780円
・定期購入は縛りなし、全額永久保証付き

 

【オススメのデオドラントクリーム2:デオシーク】

デオシーク

【購入はコチラ】
デオシーククリーム男性用

「デオシーク」は、男性の頑固な臭いを消す事ができるデオドラントクリームです。男性の「ワキ」「足」の臭い対策はもちろん、加齢臭対策としても人気です。

高い防臭効果と塗った後はワキがサラサラになるのが嬉しい。香料や着色料を一切使用しておらず、すべて国内製造なので、お肌に優しく安心して毎日ご利用頂けます。

脇の臭いを消すだけでなく、汗を止めて常にサラサラの状態をキープしてくれます!

クリームの定期購入は4,818円です。定期購入は縛りがなく永久全額保証付きなので、効果が感じられない場合は返品する事が可能です。

デオシークではデオドラントクリームだけでなく、ワキガ対策にオススメの「ボディーソープ」もセットで販売しています。興味があればセット購入もお得ですよ♪

【デオシークの詳細】
・クリーム定期購入 4,818円
・定期回数縛りなし

 

加齢臭を消す方法2:朝シャンをする

朝会社に行く前に1分間だけシャワーを浴びるだけでも、加齢臭を抑える事ができます。

夜寝ている時はコップ一杯分の「汗」をかいています。その汗が体に染み付いたまま出かけると、それが加齢臭の原因になってしまいます。

石鹸やボディソープで洗うのは夜だけにしておき、朝はシャワーで汗を流すだけでOKです!朝のシャワーを心がけるだけでも、加齢臭を抑えられますよ。

【関連記事】・メンズボディソープのおすすめランキング

 

スポンサードリンク

加齢臭を消す方法3:加齢臭に効くボディソープで体を洗う

朝はシャワーで汗を流すだけでOKですが、夜は1日の汚れや皮脂をしっかり洗い落とす必要があります。

ちなみに体臭対策の石鹸やボディーソープは、市販でもたくさん販売されています。

しかし加齢臭を抑える場合は、「ノネナール」という加齢臭の原因に、しっかりアプローチしてくれる石鹸を選ぶべきです。

そのためには「体臭用」と表記されている物ではなく、ピンポイントで「加齢臭用」と表記があるものを選びましょう。

ちなみに下記のような成分が含まれていると、加齢臭への効果が期待できます。

【加齢臭対策に効果が期待できる成分】
●柿タンニン
●緑茶エキス
●カテキン
●ミョウバン
●銀イオン
●炭
●クロロフィル

 

加齢臭対策には『プレミアムボディーソープデオラ』

【プレミアムボディーソープデオラ】

「プレミアムボディーソープデオラ」は、加齢臭・汗臭・皮脂臭など、体の臭いが気になる男性のために開発されたボディソープです。

主要モールでのメンズボディソープ部門で、ランキング1位を何度も獲得した実績のあるボディケア商品。

モコモコのクリーミーな泡が、汗や脂をすっきりと洗い流し、爽やかな香りでワンランク上の男へと導きます。

女性から支持率の高い香水の香りを使用しており、臭いを抑えるだけでなく、女性からモテる香り付けを行うことができます。

定期購入ですと3,564円(送料無料)、単品購入ですと3,960円(送料別)となっています。

【プレミアムボディーソープデオラの詳細】
・定期購入 3,564円(送料無料)
・単品購入 3,960円(送料別)

 

加齢臭を消す方法4:お風呂で汗をかく

加齢臭や体臭対策には、お風呂で汗を流すのもオススメです。若い人はシャワーだけで済ます人が増えていますが、あまり良くありません。

お風呂に入ると汗をかくため、汗腺の老廃物や汚れが洗い流されます。汗腺に汚れが溜まっていると、そこから菌が繁殖して臭いに繋がりやすいですからね。

毎日お風呂に入ると汗腺が綺麗な状態が維持されるため、いざ汗をかいても「オジサン臭」を抑える事が可能です。

 

加齢臭を消す方法5:汗をこまめに拭く

加齢臭を抑えるためには、日頃からコマメに汗を拭き取ってやる事も大切です。

通常汗は無臭ですが、菌や汚れと混ざり合うことで臭いを放ちます。できれば汗は、30分以内を目安に拭き取るようにして下さい。

常にタオルやハンカチを持ち歩き、汗をかいたタイミングで拭くようにするだけでも、加齢臭を抑えることできます。

 

加齢臭を消す方法6:食事に気を使う

加齢臭の原因である「ノネナール」を発生させてしまうのは、「脂肪酸」「過酸化脂質」です。食事で脂質を取りすぎると、脂肪酸が増えてしまうので注意しましょう。

最近は日本人の”食の欧米化”が深刻化しています。「肉」や「ジャンクフード」中心の食生活は、脂質が多く様々な悪臭に繋がります。

食生活が乱れている方は、「野菜」「果物」「大豆食品」を多く摂取するようにして下さい。日本食を食べるようにすれば、脂質を抑えることができます。

味噌汁や焼き魚、豆腐や納豆などは、加齢臭を抑えるには効果的な食べ物です。コンビニや外食なども脂質は多いので、できるだけ控えた方が良いです。

 

加齢臭を消す方法7:正しい体の洗い方を身に付ける

男性の場合、加齢臭が気になり出すと、その部分をゴシゴシとタオルやボディーソープを使って洗ってしまいますがこれは絶対NGです。

体をゴシゴシ洗うと”必要な皮脂”までも取り除いてしまい、それを補おうとさらに多くの皮脂を分泌してしまい臭いが悪化してしまいます。

「毎日綺麗に洗っているのに臭い・・」

このように感じる人は、洗いすぎが原因で臭いが悪化しているケースが考えられます。

 

市販のボディーソープは洗浄力が強すぎる場合も・・

体には必要な皮脂が存在します。市販のボディーソープは洗浄力が強いので、皮脂を取りすぎる場合があります。肌が必要以上に乾燥すると、それを補おうと過度の皮脂が分泌されてしまいます。

市販のボディーソープがあわない場合は、肌に優しいボディソープを試してみるのが良いでしょう。

 

充分な泡立てを行う

体を洗う前に、まずは泡立てに時間を掛けてください。ボディーソープを付けてゴシゴシ洗うのではなく、ボディーソープを泡立ててから、その泡を使って体を洗ってください。

色々なボディータオルが販売されていますが、オススメなのは柔らかい肌を傷つけないようなタオルを使って洗うこと。一杯の泡をつけて柔らかいボディータオルで体を優しく洗えば、肌にダメージを与えずに汚れを取ることができます。

人によってはタオルなど使わずに、手を使って泡を体にすり合わせて洗う人もいらっしゃいます。きめ細かな弾力のある泡は、毛穴にも入り込みタオルを使わないでも皮膚の表面を綺麗にしてくれます。

 

しっかりボディーソープを洗い流す

体を洗った後に気をつけていただきたいのが、洗い流しがないようにすることです。ボディーソープも実はアルカリ性で、すすぎ残しがあるとかえって菌が増殖しやすくなります。お湯をささっとかけて終わりではなく、体の隅々までヌメリがなくなるよう洗い流しましょう。

【注意点:シャンプーにも気をつける】

もう1点だけ注意して欲しいのですが、臭い予防のためにはシャンプーの洗い流しにも気をつけてください。体の洗浄後にシャンプーで頭を洗うと、どうしてもシャンプーが体に付着してしまいます。これも加齢臭や肌荒れの原因になりやすいです。

体を洗うのはシャンプーの後のほうが、シャンプーのすすぎ残しが体に残らずに済みますね。

 

加齢臭はどこから臭ってくる?

加齢臭ってどこから臭ってくるのでしょうか・・?首、体、頭?色々な意見がありますが、実は個人差があり、人によって臭う部位が違うというのが正解です。

加齢臭は体の一部から放たれるわけではありません。いくつかの”部位”から臭いが発生しますので、加齢臭対策をするためにも、「どこから臭いを放っているのか?」を知る事はとっても大切です。

【加齢臭が出てくる体の部位について】
・首周り
・耳の後ろ
・頭皮
・背中
・脇
・胸

加齢臭を放つ部位は上の6箇所です。人によって個人差があり、臭いがきつくなるポイントが変わってきます。

 

首周り

首周りは加齢臭の原因である、「ノネナール」が発生しやすい場所です。特に男性のビジネスマンであれば、Yシャツの襟部分には臭いが移りやすいので注意してください。

仕事の後に襟にオジサンのような独特な臭いが残っている場合は、加齢臭を放っている可能性が高いですよ。

 

耳の後ろ

耳の後ろからも加齢臭は発生しやすいです。耳の後ろは綺麗に洗えている方が少なく、”一番加齢臭を放ちやすい場所”として知られています。

耳の後ろは意外と皮脂が溜まり易いので、体を洗う際には気をつけたいポイントです!

 

頭皮

頭皮は皮脂の分泌が多く、髪の毛もあり非常に蒸れ易い部位です。当然汗臭くなりやすいため、加齢臭も放ちやすいです。男性の場合は「枕」の臭いを嗅ぐとすぐに分かります。

枕にシャンプーの臭いではなく、オジサンっぽい独特の悪臭が残っている場合は加齢臭を放っているかも・・・

 

背中

意外かもしれませんが、実は背中も加齢臭が出る部位となります。背中には汗腺が多く汚れがたまりやすいです。体の後ろ部分になるので、日頃から綺麗に洗う事ができず、臭いが強くなる傾向があります。

 

脇は汗の匂いが気になる場所ですよね。緊張や気温の暑さなど、ちょっとした事でも汗が流れます。脇は汚れがたまりやすく、加齢臭を放ち易いポイント。

 

運動した後って胸部分がベタベタになりませんか?実は腕や足よりも、体幹に近い胸の方が汗の量は多いと言われています。

胸元も加齢臭を放つので注意。

 

加齢臭予防方法のまとめ

以上です。今回は、加齢臭を消す方法&抑える方法についてご紹介しました。加齢臭は今や30代からでも臭いを放つ人が増えています。

食事や生活環境で臭いを抑える事はできても、やはり年齢を重ねる毎に体臭が強くなるのは仕方ありません。これは男性であれば自然の原理なのでどうしようもないですよね・・・。

大切なのは、ニオイに対する「予防・対策」が出来ているかどうかです。

デオドラントクリームは臭いを抑えるために作られた制汗・消臭クリームなので、加齢臭に悩む男性には是非オススメです。

【購入はコチラ】
ディーアジカ


Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*