【メンズ】エンジニアブーツのオススメブランド特集。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

 

今回は、エンジニアブーツのオススメブランドをご紹介します。

男らしく無骨な雰囲気のエンジニアブーツは、アメカジやバイカーファッションなど、様々なスタイルから人気です。

定番のレッドウイングやチペワだけでなく、人気の高いブーツブランドからご紹介します!

 

1.エンジニアブーツのおすすめブランド特集

 

RED WING(レッドウィング)

価格帯 3万円~5万円

レッドウイングは、1905年にアメリカのミネソタ州で創業されたブランド

若者はもちろん年配の男性からも人気があり、ワーク系ブーツではトップクラスの人気を誇ります。

耐久性があり柔らかい革を使用しているため、履き心地が良いのも魅力の一つ。

アメリカンレザーのワイルドな風合いが癖になる一足。

レッドウイングでは、ワインやブラウンなど黒以外のカラーも人気です。

レッドウイングのエンジニアブーツは昔ながらの形を大切にしており、流行廃りがなく長く履き続けられるアイテムです。

価格帯は3万円~5万円程度です。

 

AVIREX(アヴィレックス)

価格帯 1万4千円~2万円

アヴィレックスは1975年にアメリカで創業された大手ミリタリーブランド。

アメリカ軍に衣類を提供していたことでも有名で、衣類やブーツの耐久性は折り紙つき。

日本人からも人気が高く、特にアメカジ分野では絶大な人気を誇ります。

ブーツだけでなく、MA-1などのフライトジャケットが人気です。

エンジニアブーツは1万円ちょっとで購入できるものも多く、比較的安く購入することが可能です。

こちらはショート丈の黒のエンジニアブーツ。

ショートタイプは合わせやすく、初めてエンジニアブーツにチャレンジする方にもオススメです。

スキニーやワイドパンツなど、様々なパンツに合わせられます。

 

Chippewa(チペワ)

価格帯 2万円~5万円

チペワは、1901年にアメリカ・ウィスコンシン州で創業されたシューズブランド。

エンジニアブーツのブランドとしてレッドウイングについで有名で、様々な著名人が愛用していることでも知られています。

「インディガン」のロゴマークがブランドの象徴です。

茶色の味のあるショート丈エンジニアブーツ。

レトロな雰囲気で男らしさのある一足です。

シンプルなベルトのみの装飾が大人っぽく、それと同時に絶妙な色褪せ具合がワイルド。

チペワのブーツはカジュアルな雰囲気も持っており、様々なスタイルに取り入れることが可能です。

 

ALPHA INDUSTRIES INC(アルファ インダストリーズ)

価格帯 1万3千円~1万6千円

アルファインダストリーズは、1954年にアメリカでスタートしたミリタリー系のファッションブランド。

アヴィレックスと並んで人気が高く、こちらもアメリカ軍に衣類の提供がある本格派ミリタリーブランドとなっています。

グッドイヤーウエルト製法を仕様しているため、耐久性が高く作られています。

柔らかい上質なレザーを使用しており、優しく足を包み込んでくれます。


アルファインダストリーズのロゴがとってもオシャレなブーツ。

スエード素材はレザーに比べカジュアルなデザインのため、コーデに取り入れやすいです。

アメカジだけでなく、キレイめや大人っぽいスタイルにも合わせられます。

 

ロンウルフ

価格帯 6万円~7万円

ロンウルフは、日本の東洋エンタープライズ株式会社が手がけるシューズブランド。

エンジニアブーツはアメリカのブランドが多いのですが、こちらは珍しく日本ブランドとなっています。

日本の高度で精密な技術で作られているので、品質は言うことなし。ヴィンテージ感たっぷりにデザインされており、履けば履くほど味が出てくる魅力的なブーツです。

 

glabella グラベラ

価格帯 5千円~7千円

グラベラは株式会社アンドモアが展開する日本の低価格なシューズブランド。

トレンドを意識したシューズだけでなく、ベーシック系、ビジネス系など、様々なシューズを取り扱っています。

エンジニアブーツであれば、1万円以下の商品がほとんどで種類やカラーも豊富です。

価格帯が安いので、ブランドにこだわりがない方にもオススメできます。

こちらは冬に嬉しいムートン系のエンジニアブーツ。

普段見かけないようなオリジナル感の強いデザインとなっており、個性があってオシャレです。

グラベラではこのようなファッション性が高く個性のあるシューズも販売されています。

 

ブランディング

ブランディングでは「RED WING」や「CHIPPEWA」、「PADRONE」「CHANEL」といった高級ブランドのエンジニアブーツを安く手に入れる事ができます。

中古品で状態がいい商品がかなり安く販売されており、ハイブランドをリーズナブルに手に入れたい方には是非おすすめ。

エンジニアブーツの数量もかなり豊富で、普段5万円以上するブーツも1万円台で販売しているものもあります。

こちらはシャネルのエンジニアブーツ。

ハイブランドのブーツは新品ではなかなか手に入れることが難しいですが、ブランディングであれば4万円以下の価格帯となっています。

 

DEDEsKEN(デデスケン)

価格帯 5千円~7千円

デデスケンはメンズサンエーが展開する日本のシューズブランド。

1968年に創業されており、トレンドのシューズを中心に、ブーツやスニーカー、ビジネスシューズなど幅広く手がけています。

レザーやスエードなど様々なエンジニアブーツが販売されています。

オシャレで価格帯も手頃なのが嬉しい。

 

ホワイツ(White’s Boots)

価格帯 3万円~10万円

ホワイツ(White’s Boots)はアメリカ生まれのワークブーツメーカー。

西海岸を中心に、ワークブーツのオーダーメイドブランドとして人気を集めました。

「King of Boots」の異名を持ち、ワークブーツ好きからも愛されているブランド。

レザーの質感を変えたり、ステッチの色、ソールのデザインなど、細部に渡りオーダーメイドが可能となります。

カスタムオーダーできるため、自分だけの一足を作ることができます。

 

スローウェアライオン

価格帯 3万円~7万円

スローウェアライオンは2001年にスタートした日本のシューズブランド。

日本人の足にあわせてシューズづくりを行っているため、足にフィットして着用しやすいのが特徴の一つ。

日本の職人が一足一足手作業でつくっており、品質が高く丈夫な造りとなっています。

ブーツ特有の「重さ」「履きづらさ」を感じさせないブランドで、快適に着用することが可能です。

軽量感や柔らかさはもちろん、靴幅などのサイズ感が日本人の足にピッタリなので、ストレスを感じさせません。

価格は3万円~7万円とやや高価。

 

ウエスコ

価格帯 3万円~10万円

ウエスコは1918年にジョン・ヘンリー・シューメイカー(John Henry Shoemaker)が、アメリカオレゴン州で創業したワークブーツブランド。

「100年使い続けられるブーツを」をコンセプトに、耐久性が高いブーツを作り続けています。

ウエスコのブーツも、ハンドクラフトにより丁寧に作られています。

 

カドヤ

価格帯 2万円~4万円

カドヤはライダースジャケットなどが人気のバイカーブランド。

革ジャン作りに定評があり、バイカーからも注目されている老舗ブランドです。

デザイン性の高いオシャレなエンジニアブーツが販売されており、タウンユースでの着用にもオススメ。

価格帯も手頃でしっかりとした丈夫な作りとなっています。

価格は2万円~4万円程度。

 

ジーノ

価格帯 5千円~7千円

ジーノは楽天やアマゾンで人気のシューズの通販サイト。

ランキング入りしている安いエンジニアブーツが販売されています。

フェイクレザーを使用しており、安く購入することが可能です。

ショート丈のスタイリッシュなフォルムで、様々なファッションに合わせることが可能。

ドレープデザインが目を引くオシャレなブーツです。

 

GOD&BLESS(ゴッドアンドブレス)

価格帯 6千円~9千円

GOD&BLESS(ゴッドアンドブレス)は日本で人気のシューズブランド。

流行を意識しつつも廃れないデザインを創造し、長く履けるシューズを提案している。

つま先に鉄芯を入れることで無骨さと重厚感を演出しています。

ズシッとした重さがあるぶん、安いですが本格志向のブーツへと仕上がっています。

バイクに乗る時はもちろん、街履きにもオススメしたいブーツです。

エンジニアブーツの価格は1万円以下で購入可能。

 

シエラデザイン

価格帯 1万円~2万円

シエラデザインは1965年にアメリカで創業されたアウトドアブランド。

アパレル、バッグ、シューズ、キャンプ用品と様々な商品カテゴリーを展開しています。

タウンユースにも適したスタイリッシュでオシャレなエンジニアブーツが販売されています。

価格帯も1万円~2万円程度と購入しやすい。

 

ヨースケ

価格帯 1万円~2万円

ヨースケとは日本のシューズブランド。

厚底シューズやヴィンテージブーツなど、日本人のニーズに合わせた商品を安く提供しています。

エンジニアブーツはしっかりとした加工感があり、味のあるデザインに仕上がっています。

価格も1万円~2万円程度と比較的リーズナブル。

 

デイトナ

価格帯 1万6千円~3万円

デイトナはバイク用品を扱う日本のメーカーです。

バイク用品だけでなく、バイクで着用できるブーツなども販売されています。

本皮を使用したエンジニアブーツが1万円代で購入できます。

シンプルなブラックをベースにしたデザインで、無駄な装飾がなくバイクシーンだけでなく、タウンユースで着用してもオシャレ。

 

2.まとめ

以上です。

今回は男性にオススメしたい、エンジニアブーツのオススメブランド特集をご紹介しました。

エンジニアブーツは「アメカジ」「バイカーファッション」はもちろん、近年では「ストリートファッション」などでも注目を浴びています。

無骨で男らしくも有り、無駄な装飾がないことから、コーデにも取り入れやすいと人気です。

ブランドに拘りたいのであれば、海外のワークシューズブランド、ミリタリーブランドなどがオススメです。

ブランドに拘りがなければ、日本の低価格で購入できるエンジニアブーツを選ぶのがオススメ。

是非今回の記事を参考にして、オシャレなエンジニアブーツを着こなしに取り入れてみましょう。

下記記事ではエンジニアブーツの着こなしについて解説しています。

スポンサードリンク

 
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*