レッドウィングのメンズおすすめブーツ&着こなしコーデ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブーツの定番ブランド、「レッドウィング」。カジュアルでワーク感の強いデザインは、幅広い人々から親しまれています。今回はそんなブーツの王道、レッドウィングのおすすめモデルや人気の着こなしコーデをご紹介します!

スポンサードリンク

 

1.レッドウィングについて

レッドウィングは、1905年にアメリカのミネソタ州レッドウィングという町で創業されたシューズブランド。100年前の技法を今も変わらず使い続けており、ぶれることなく「メイドインアメリカ」の製品を作り続けています。

レッドウィング愛用者が口をそろえて言うのが、「履けば履くほど自分の足に馴染む」といった文言。レッドウィングで使っている独自のレザーはとっても良質なことで知られています。

履いている人の足に馴染むことはもちろん、色褪せや革独特の風合いも一足一足違います。こういった理由から、レッドウィングは愛され続けています。

レッドウィングは無骨で男らしいデザインが多いです。元々はアメカジ系のコーディネートで人気に火が付きましたが、現在ではその垣根を越えて「キレイめ」「モード」「ストリート」とジャンルを問わず着用されています。

カジュアルなブーツなので、どんな服装ともマッチさせやすいこともメリットに挙げられます。

 

2.おすすめ人気モデルは?

レッドウィングには様々なモデルやブーツの種類が存在します。今回はその中でも人気の高い、おすすめのブーツをご紹介したいと思います。それではさっそく見ていきましょう!

 

アイリッシュセッター(クラシックワーク)


画像アイテムはコチラ
・レッドウィングの「アイリッシュセッター」一覧を見る

価格帯 3万円~5万円

レッドウィングを代表するモデル、アイリッシュセッター。木村拓哉さんがドラマで着用されていたことでも知られており、その影響で日本の若者から絶大な支持を集めました。

アイリッシュセッターの名前の由来は、犬のアイリッシュセッターの”毛の色”に似ている所から名づけられました。

レッドウィングどころか、今やワークブーツ全体を代表するデザインで数々のブランドやショップが「アイリッシュセッター」を真似てブーツ作りをする程です。

つま先がU字状に縫われているデザインのことを「モックトゥ」とよびます。これが一番定番のモデルで”レッドウィングらしい”デザインですね。

6インチ丈のプレーン・トゥデザイン。丸みを帯びたつま先がとってもオシャレ。モックトゥに比べて癖がなく履き易いモデルとなります。特にキレイめや大人っぽいファッションであれば、プレーントゥを選ぶのがおすすめ。

8インチ丈のクラシックワーク モックトゥデザイン。柔軟性のある革を使っており、履けば履くほど足の形に馴染んできます。8インチ丈は6インチ丈に比べてコーデは難しいですが、独特のワーク感を出しておりコアなファンも多いです。

ブラック色も定番カラー。ブラウンやレッド系の色に比べて落ち着いた印象が強く、大人の男性にもおすすめ。シンプルにデニムやチノパンと合わせるだけでも、無骨で男らしいスタイルになります。

 

エンジニアブーツ


画像アイテムはコチラ
・レッドウィングの「エンジニアブーツ」一覧を見る

価格帯 4万円~5万円

レッドウィングでは、エンジニアブーツもとっても人気が高いです。元々は鉄道機関士のために設計されたブーツで、つま先にはスチールが入った頑丈なデザイン。パンツをブーツインするスタイルで頻繁に使われており、様々なファッショニスタが使用していることでも知られています。

こちらのブーツに使われている、「フルグレイン・オイルタンド・レザー」は、通常のレザーに比べて柔らかく履き心地が楽です。ムラのある加工感がとってもオシャレで、ワークテイスト溢れるデザイン。ライダースなどと無骨なファッションを楽しむのもおすすめ。

【関連記事】・男らしいエンジニアブーツの人気ブランド&メンズコーデ特集

 

ペコスブーツ


画像アイテムはコチラ
・レッドウィングの「ペコスブーツ」一覧を見る

価格帯 3万円~4万円

アメリカテキサス州の町の名前からとった、「ペコスブーツ」。元々は牧場や農場で労働者のブーツとして使われていました。

ペコスブーツの人気ブランドを考えても、やはりレッドウィングの名前が挙がるでしょう。シンプルで装飾の無いデザインが特徴で、着脱がとっても楽なのがペコスブーツの魅力。

日本でも非常に人気のモデルで、履き心地が楽な事も1つの特徴です。

ペコスのベージュカラーも人気が高いです。黒やブラウンのレザーに比べてキレイめ要素が強く、大人カジュアルなスタイルにもおすすめ。スエード素材になっているので、暖かみがあり秋冬らしらを出す事が可能です。

 

ポストマンシューズ


画像アイテムはコチラ
・レッドウィングの「ポストマンシューズ」一覧を見る

価格帯 3万円~4万円

アメリカの配達マンのために作られた、ポストマンシューズ。オックスフォードタイプとチャッカタイプのシューズがあり、どちらも品がありとってもオシャレ。レッドウィングの中でもフォーマル感が強く、ビジネスシーンでも使いやすい一足です。

シンプルにスーツと合わせたり、スラックス、ワイドパンツなどとの相性も抜群。モードスタイルでも度々使用されており、アイリッシュセッターなどのレッドウィング定番モデルでは出せない雰囲気を持っています。

こちらはチャッカブーツタイプ。シュッとした顔立ちは、とってもスマートな印象を与えてくれます。上品で高級感のあるブラックレザーが病みつきになる一足。

 

ベックマン


画像アイテムはコチラ
・レッドウィングの「ベックマンブーツ」一覧を見る

価格帯 3万円~4万円

ベックマンブーツは、オフィスシーンでも使われていたと言われています。ドレスシーンで着用されることが多く、100年以上の歴史を誇ります。

ファッションシーンでは、デニムなどとカジュアルにコーディネートするのが人気。程よい細身のフォルムは使い勝手がよく、癖が無い分幅広い着こなしに取り入れる事が可能です。

こちらは黒のベックマンブーツ。一見するとアイリッシュセッターにも似ていますが、やや細身に作られており上品な雰囲気です。

 

ラインマンブーツ


画像アイテムはコチラ
・レッドウィングの「ラインマンブーツ」一覧を見る

価格帯 3万円~4万円

ラインマンブーツは電線工の仕事のために作られたブーツ。電線工の仕事は、3人に1人は作業中に亡くなると言われていました。紐が足の先端まであり、しっかりと包み込んでくれる「ラインマンブーツ」は、電線工の危険な仕事の救世主。昔ながらのレトロ感のあるデザインは、ファッションシーンでも活躍しています。

シュッとしたスタイリッシュなデザインが特徴的。スニーカーのような履き心地と風合いが、様々な着こなしに取り入れられています。

 

楽天市場Relaaax


・「楽天市場Relaaax」のレッドウィングシューズ一覧を見る

価格帯 3万円~4万円

楽天市場の「Relaaax」は、正規のレッドウィングをたくさん取り扱うショップです。定番のアイリッシュセッターをはじめ、ペコスブーツやエンジニアブーツなど様々なレッドウィングのブーツを取り揃えています。100%レッドウィングジャパンの正規商品のみ取り扱っているお店なので、安心して購入する事ができます。

こちらは起毛面をそのまま使ったスエード系のエンジニアブーツ。レザー素材に比べて男らしさや無骨な感じは薄れますが、その分キレイめファッションやちょっと落ち着いたスタイルにも使えます。

 

スポンサードリンク

3.メンズコーディネート特集

 

黒のスキニーに合わせて


出典:http://zozo.jp/shop/abc-mart/goods/15987257/

レッドウィングのベックマンブーツを使ったコーディネート。細身のパンツとブーツの相性がよく、スタイル良くまとめられた着こなしです。アウターにはカーキ色のモッズコートを使い、カジュアルで秋冬らしいスタイルに。インナーの白シャツがフォーマル感をプラスしており、カジュアルコーデですがどこか大人っぽく落ち着いた印象に仕上がっています。

 

デニムとシンプルに


出典:http://wear.jp/ko519/10795481/

インディゴのデニムに茶色のレッドウィングをあわせた夏コーデ。シンプルなスタイルですが、足元のブラウン色がアクセントになっておりオシャレな印象に。ニット帽とデニムのカラーを統一させることで、まとまりのある着こなしになっています。白シャツが爽やかで全体を明るく彩っています。

 

アメカジコーデ


出典:https://mens.tasclap.jp/a1785

英字ロゴのトレーナーに緩めのデニムを合わせたコーデ。アメカジ感の強いスタイルで、レッドウィングとの相性も抜群♪帽子やバッグに茶系の色を差し込むことで、シューズとのバランスがよくなり統一感があります。

インナーにはダンガリーシャツを使い、襟を出すことでフォーマル感を演出。

 

ニットと合わせて


出典:http://wear.jp/bigi0007/8312463/

ニットにデニム、レッドウィングを合わせたコーディネート。ゆるいシルエットはレッドウィングともマッチします。ほどよいゆったりしたパンツが、アメリカンライクな印象でとってもオシャレ♪ハットやメガネ、マフラーなどもファッション性を高めておりオシャレ。

 

チノパンとラフに


出典:http://wear.jp/men-coordinate/?item_id=3387759

ベージュのチノパンにブラウンのブーツを合わせたコーデ。パンツをロールアップすることで、こなれ感を出してブーツの存在感を出しています。あえてタイトなニットを使うことで、全体をシャープに見せて大人っぽさを演出しています。

 

ピーコートと冬コーデ


出典:http://wear.jp/tohru0328/11361385/

黒のピーコートにデニムをあわせた冬コーデ。インナーにはチェックシャツを使い、裾からだすことでカジュアル感をプラスしています。黒のハットがマッチした着こなしで、ブラウンのブーツも大人っぽくてオシャレ♪チェックシャツを取り入れる事で、上手にカジュアルダウンさせているのがポイント♪

 

ワイドパンツと


出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=9081157

ワイドパンツにレッドウィングのポストマンシューズを合わせています。ゆったりしたデニム素材のワイドパンツは、フォーマル感の強いポストマンシューズとの相性が抜群。トップスにはピンク色を使い、トレンドのカラーを抑えた着こなしに。

 

デニムオンデニム


出典:http://wear.jp/men-coordinate/?tag_ids=73216

デニムオンデニムを使った上級者コーデ。ブーツの赤茶色がコーデのアクセントになっておりオシャレ。ハットを使いクラシカルな雰囲気を出しており、デニムオンデニムとの相性も非常にいいですね♪ロングヘアーともマッチしたコーデで、ちょっと難易度が高いスタイルです。

 

ダウンベストを使って


出典:http://wear.jp/men-category/jacket-outerwear/down-vest/?tag_ids=73216

シャツにダウンベスト、スウェットパンツを合わせたコーデ。細身パンツとレッドウィングのシルエットのギャップがオシャレですね。ダウンベストを着用して、秋冬らしさを出しカジュアルテイストを高めています。ニット帽やサングラスもコーデにマッチしています。

 

4.まとめ

以上です。今回はレッドウィングのブーツのおすすめモデルと、人気の着こなしコーディネート特集をご紹介しました。レッドウィングといえば「アイリッシュセッター」が一番人気ですが、実はそれ以外にも様々なモデルや種類が存在します。

レッドウィングらしい無骨で男らしいブーツもあれば、フォーマルで大人っぽく通常のレッドウィングとは少し違った雰囲気のブーツもあります。自分のコーデに合わせてシューズの種類を選べると、よりオシャレなブーツコーデを楽しむ事ができます。

季節を問わず人気の高いレッドウィング。少し値段はしますが、耐久性もあり間違い無く一生物のブーツとなるでしょう。

【関連記事】・ドクターマーチンの靴がカッコ良すぎ!メンズコーディネート編
【関連記事】・ティンバーランドのブーツを使ったメンズコーデ特集

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*