服のシワの取り方を徹底解説!簡単に出来るシワ対策もご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャツやTシャツはシワになりやすいですよね・・・。洗濯後にクチャクチャになっており、「アイロンをかけないと着れない!」なんて経験は誰にでもあるはずです。

スポンサードリンク

アイロンを使えばシワは取れますが、アイロン掛けって正直めんどくさいんですよね・・・。

実家暮らしならアイロン掛けを親に頼めますが、一人暮らしの場合は出来れば避けたい所です。よっぽど几帳面な人じゃない限り、普段からアイロンをかけようとは思えないです。

「もっと簡単に服のシワを取れたらいいな・・」って思った事はありませんか?

そういった悩みにお答えして、「服のシワの取り方や、簡単に出来るシワ対策」についてご紹介します!

服のシワに悩まされている方必見です。

今回は服のシワの取り方を5つご紹介します!どれも手軽に行えるので、一人暮らしで時間がない方にもオススメですよ。

オススメのシワ取り方法は下記の5つとなります。

【シワ取り方法5つ】
●スチームアイロン
●水&ドライヤー
●シワ取りスプレー
●ヘアアイロン
●沸騰した鍋

下記動画では短縮して「服のシワの取り方」をまとめているので、併せてチェックしてみて下さい。

 

服のシワの取り方1:スチームアイロン(オススメ度5)

【購入はコチラから】
・スチームアイロンを探す
【スチームアイロンで服のシワを取る方法】
ステップ1:スチームアイロンの電源を入れる
ステップ2:スチームを当てながらシワを伸ばしていく

スチームアイロンとは、蒸気でシワを伸ばすアイロンの事です。

通常のアイロンの場合だと、「アイロン台」を使い熱と圧力でシワを伸ばします。

しかしスチームアイロンの場合はそもそもアイロン台が必要なく、ハンガーに掛かった状態の衣類に直接使用できます。

スチームアイロンはシワ取り以外でも、「除菌」や「脱臭」効果もあります。

さらに最近のスチームアイロンは、普通のアイロンのように使う前に時間が掛からないし、非常にコンパクトなので使いやすいです!

【スチームアイロンの評価】
オススメ度:★★★★★
メリット:除菌や脱臭効果もある
デメリット:慣れるまで難しい

 

服のシワの取り方2:水&ドライヤー(オススメ度4)

【水&ドライヤーで服のシワを取る方法】
ステップ1:霧吹きでシワ部分に水をかける
ステップ2:濡れた部分をドライヤーで乾かす(間隔は5cm程度)
ステップ3:最後に冷風をかけてシワを戻しにくくする

もっとも手軽でお金を掛けずにシワ取りを行いたいのであれば、「水×ドライヤー」を使う方法がオススメです。

霧吹きを使ってシワ部分を濡らして、ドライヤーで乾かすだけでシワを取る事ができます。この方法であれば何も購入する必要がないので、コスト0円で始められますね!

乾かした後は冷風をかけて仕上げるがオススメです。冷風を掛けるとシワが戻りにくくなる効果があります。

スチームアイロンに比べてシワ取りの効果はやや薄いですが、何も購入せず、もっとも手軽に行えるのでオススメ!

【水&ドライヤーの評価】
オススメ度:★★★★
メリット:コスト0円で始められる!
デメリット:乾かすのに時間が掛かる

 

スポンサードリンク

服のシワの取り方3:シワ取りスプレー(オススメ度4)

【購入はコチラから】
・シワ取りスプレーを探す
【シワ取りスプレーで服のシワを取る方法】
ステップ1:シワ取りスプレーを服にかける
ステップ2:たて、横、斜めに衣類を軽く伸ばす
ステップ3:10分程度ハンガーにかけて放置

シワ取りスプレーとは、その名の通りシワを取るために開発されたスプレーです。

シワを伸ばすだけでなく「除菌」「消臭」「香り付け」「静電気除去」「抗菌」など、商品によって様々な効能が期待できます。

シュシュッと衣類に掛けて、10分程度放置すればシワが取れます。掛けた後に簡単に手で伸ばしておくと、シワが取れやすいのでオススメです!

シワ取りスプレーは1,000円以内で購入できる物が多く、非常にリーズナブルです。自宅に一つ置いておくと、シワが気になる時に便利に使えます!

【シワ取りスプレーの評価】
オススメ度:★★★★
メリット:手間が掛からない、安い
デメリット:ややシワ取り効果が薄い

 

服のシワの取り方4:ヘアアイロン(オススメ度2)

【購入はコチラから】
・ヘアアイロンを探す
【ヘアアイロンで服のシワを取る方法】
ステップ1:ヘアアイロンの電源を入れる
ステップ2:霧吹きで服のシワ部分を湿らす
ステップ3:シワを伸ばしながらヘアアイロンをかける

ヘアアイロンはアイロンと似た効果があります。熱で伸ばすため割とシワが取れやすいです。

霧吹きで湿らすことで、スチーム効果もあるのでアイロンとやっている事は変わらないですね。

欠点としては、シワを伸ばせる範囲が狭いこと。ヘアアイロンは挟んで伸ばしていくため、服全体のシワを一気に取る事ができません。

部分的にヘアアイロンでシワを挟みながら伸ばしていく、というイメージです。

袖や裾など細かい部分のシワ取りにはオススメですが、服の胴体部分のシワを取ろうと思うと少し苦戦します。

それと熱にも気をつけた頂きたい。ヘアアイロンはかなり高温になりますので、衣類を傷めたり焦がす危険性があります。

できれば一番低い温度設定にして、十分気をつけながらシワを取ってください。

【ヘアアイロンの評価】
オススメ度:★★
メリット:旅行先でもつかえる
デメリット:一度にシワを通る範囲が狭い、生地を傷めやすい

 

服のシワの取り方5:熱湯を入れた鍋やヤカン(オススメ度1)

【沸騰した鍋で服のシワを取る方法】
ステップ1:鍋に沸騰させたお湯を入れます
ステップ2:鍋の底でシワを伸ばします

熱湯を鍋やヤカンに入れることで、「アイロン」の代用品として使えます。注意点としては、「鍋の汚れで服が汚れないか」「熱すぎると服が傷む」この2点に気をつけること。

個人的にはあまりオススメしない方法です。

まず熱湯を注いで準備するくらいなら、アイロンを用意した方が早いです。それとシワ取り効果はそこまで高くありません。ちょっとシワが伸びる程度となります。

【熱湯を入れた鍋やヤカンの評価】
オススメ度:★
メリット:コスト0円で行える
デメリット:シワ取り効果が薄い、準備が面倒

 

服のシワ対策について

服のシワ取り方法を5つご紹介しましたが、使えそうなものはありましたか?

服のシワの取り方を利用するのも良いですが、やはり一番良いのは最初からシワを作らないようにする事です。

洋服の洗い方や乾かし方に気を使えば、「シワ」自体を作らずに済みます。続いては服のシワ対策をご紹介します。

【シワをできにくくする方法】
シワ対策1:ネットを使って洗う
シワ対策2:柔軟剤を使う
シワ対策3:脱水の時間を短く設定する
シワ対策4:伸ばしてすぐに干す

 

シワをできにくくする方法1:ネットを使って洗う

まず大切な衣類を洗う時は、ネットを使って洗う事をオススメします。洗濯機で服を洗うと、衣類同士がぶつかり合いシワができます。洗濯用のネットを使って洗うことで、これを和らげる事ができます。

ネットの中に入れる時は、くちゃくちゃのまま入れるのではなく、ネットと同じサイズに畳んで入れるようにして下さい。

 

シワをできにくくする方法2:柔軟剤を使う

柔軟剤を使って洗うと、衣類をふっくらさせシワが付きにくくなります。洗濯のシワ予防を行ってくれる柔軟剤なども販売されているので、オススメです。

 

シワ対策3:脱水の時間を短く設定する

洗濯後の脱水では、時間をできるだけ短く設定してください。服のシワは脱水の時間にできやすいです。何も設定しないで洗濯機で脱水を行うと、5分以上脱水時間が掛かってしまいます。

できれば脱水時間は、1分程度に抑えるのが好ましいです。

 

シワ対策4:伸ばしてすぐに干す

洗濯後はすぐに、ハンガーに掛けて乾かしましょう。この場合もそのまま干すのではなく、手で縦、横、斜めに軽く伸ばしてから干すと、服にシワが付きづらくなりますよ。

 

まとめ

以上です。今回は服のシワの取り方と、簡単にできるシワ対策についてご紹介しました。

せっかく洗濯しても服にシワがついていると、みっともないし恥ずかしいですよね・・・。しかし特にシャツ類なんかはシワがつきやすく、選択しただけでシワクチャになってしまう事もあります。

一番良いのはアイロン掛けを行うことですが、面倒に感じる場合は今回ご紹介した「シワの取り方」を実践してみて下さい!

スチームアイロンを使えば、通常のアイロン掛けと同じくらいのシワ取り効果を時間できます。忙しい朝でも、ササッとシワ取りができるのでオススメです。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*