メンズカーディガンの人気ブランド18選!今季おすすめのブランドは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
top

春や秋はカーディガンの人気が高まります。ちょっとしたお出掛けにも気軽に使えるし、着こなしのバリエーションも豊富です。デイリーで使うカーディガンだからこそ、ブランドには拘りたいところ。今回は安価なブランドや、ちょっと高めなブランドまでまとめてご紹介します!

スポンサードリンク

目次

【人気カーディガンブランド】
・ナノ・ユニバース(nano・universe)
・JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)
・(ユナイテッドアローズ)UNITED ARROWS
・(ティーケー タケオキクチ) tk.TAKEO KIKUCHI
・INVERALLAN(インバーアラン)
・BEAMS(ビームス)
・POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)
・glamb(グラム)
・SHIPS(シップス)
・AKMContemporary(エイケイエム コンテンポラリー)

【リーズナブルに選ぶカーディガンブランド】
・JIGGYS SHOP(ジギーズショップ)
・SHOPLIST(ショップリスト)
・8(eight)(エイト)
・シルバーバレット
・コーエン(coen)
・AZUL by moussy MEN(アズールバイマウジー メンズ)
・モノマート
・improves(インプローブス)

・カーディガンを使ったオシャレコーデ
・まとめ

 

【人気カーディガンブランド】

 

ナノ・ユニバース(nano・universe)


画像アイテムはコチラ
・「ナノ・ユニバース」の商品一覧を見る

ナノ・ユニバースはベーシックな商品を取り扱う国内のファッションブランド。ボーダー柄や無地柄など大人の男性でも使いやすいカーディガンを取り扱っており、シンプルにコーディネートするのがおすすめ。

日本ではとても人気が高いセレクトショップで、ナノ・ユニバースのアイテムを取り入れているだけでもオシャレな印象を持たれます。カーディガンであれば3,000円~8,000円程度で購入できるので、一着持っていると便利ですね。

 

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)


画像アイテムはコチラ
・「 JOHN SMEDLEY」の商品一覧を見る

JOHN SMEDLEYは、1784年にイギリスのダービーシャー州で創業されたファッションブランド。ニットブランドとして有名で、ハンドメイドで作られているので高品質に作られています。1993年に東京の銀座にお店をオープンしてからは、日本での知名度も高くなり人気を高めています。

無地のシンプルなカーディガンが多く取り揃えられており、価格帯も高めなことから大人の品のある男性から注目されています。装飾に無駄がなく品のあるデザインは、プライベートはもちろんビジネスシーンでも活躍します。

 

(ユナイテッドアローズ) UNITED ARROWS


画像アイテムはコチラ
・「 ユナイテッドアローズ」の商品一覧を見る

ユナイテッドアローズは日本の大手セレクトショップブランド。「グリーンレーベルリラクシング」「ビューティーアンドユース」などとブランドラインは分かれていますが、どのブランドも落ち着いた品のあるカーディガンを取り扱っています。

リラックス感のあるデザインは、20代、30代から圧倒的な人気で、カジュアルからキレイめまで幅広いジャンルで着用できます。「ユナイテッドアローズ」というブランド価値が、カーディガンに付加価値を与えてくれて、より洗練された上質なファッションを楽しめます♪

 

(ティーケー タケオキクチ) tk.TAKEO KIKUCHI


画像アイテムはコチラ
・「タケオキクチ」の商品一覧を見る

タケオキクチはトレンドと大人っぽさを融合したファッションブランド。トランディショナルな雰囲気を持っており、大人の男性からも人気が高いです。シンプルでベーシックなカーディガンはもちろんですが、それ以外にも柄物やロング丈などといった、トレンドを追及したアイテムも豊富に取り扱っています。

3,000円~10,000円程度で購入できるので、デイリーで使用するならば是非オススメしたカーディガンブランド。

 

INVERALLAN(インバーアラン)


画像アイテムはコチラ
・「インバーアラン」の商品一覧を見る

インバーアランは1975年にスコットランドで創立されたニットブランドです。「アラン編み」といった手法を使い、ハンドメイドで作られているのが特徴。ニットのクオリティーとしては「世界最高峰」とも言われており、ラルフローレンのOEMなども行っています。

編み目の詰まったボリュームのあるニットカーディガンは、とっても暖かく冬に是非オススメしたいアイテム。安物ニットとは違い張りがあり、上質な雰囲気が漂っています。価格帯は3万~7万程度と高めですが、それだけのクオリティーで長く愛用できるカーディガン。

 

BEAMS(ビームス)


画像アイテムはコチラ
・「ビームス」の商品一覧を見る

ビームスは日本のセレクトショップブランド。海外のインポートアイテムや自社のオリジナル商品を販売しており、男性からの人気が圧倒的に高いです。スポーツ、ワークなどといったトレンドを上手く取り入れており、オシャレなカーディガンもたくさん揃っています。

カジュアル系のファッションアイテムが多く、使いやすいアイテムが豊富です。グローバルで活躍するビームスは、日本のメンズセレクトショップでは、トップクラスに人気が高いです。

 

POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)


画像アイテムはコチラ
・「ポロ ラルフローレン」の商品一覧を見る

誰もが知るファッションブランド、「ラルフローレン」のカーディガン。ポニーマークが特徴で、その洗練されたデザインは長く人々に愛されています。シンプルでベーシックなものはもちろん、デザイン性の高いものなど様々なデザインを取り扱っています。

トレンドを意識しすぎないからこそできる、味のあるデザインが、長く愛され続ける理由です。ファッションジャンルとしてはカジュアルなものが多いですが、無地系であればビジネスで使用している男性も多いです。

 

glamb(グラム)


画像アイテムはコチラ
・「glamb」の商品一覧を見る

glambはデザイナーの古谷完氏が創業したファッションブランド。ストリートファッションに多大なる影響を与えており、独特のオシャレなアイテムが販売されています。

「glamb」は造語となっており、英語のglam(魅力、刺激)とlamb(子羊)を掛け合わせています。数々の著名人やアーティストが愛用しているブランドとしても有名です。

カーディガンは柄の入った個性的なアイテムが多いです。プライベートシーンでハイセンスに着こなす方には是非おすすめ。

 

SHIPS(シップス)


画像アイテムはコチラ
・「SHIPS」の商品一覧を見る

SHIPSは国内の大手セレクトショップブランド。ナノ・ユニバースやビームスなどが、若者に焦点を当てているのに対して、シップスは大人の男性をターゲットに商品を販売しています。

カーディガンであれば質の高い無地デザインが多く、大人カジュアルにマッチしたスタイルを作ることができます。シンプルにスキニーパンツとあわせるだけでも、落ち着きがあってオシャレにまとまります。

 

AKMContemporary(エイケイエム コンテンポラリー)


画像アイテムはコチラ
・「AKM」の商品一覧を見る

AKMは、デザイナーの橋本淳氏が中心となって創業された日本のブランド。レザーを中心としたタイトなアイテムを販売しており、クオリティーの高さも定評があります。

「小栗旬さん」「本田圭佑」「木村拓哉」といった芸能人の方も、イベントやプライベートで着用しているのを見かけられています。ラグジュアリーなAKMのカーディガンは、コーデの主役になることは間違い無いです。

 

【リーズナブルに選ぶカーディガンブランド】

 

JIGGYS SHOP(ジギーズショップ)


画像アイテムはコチラ
・「JIGGYS SHOP」の商品一覧を見る

ジギーズショップはネットショップを専門に行っているブランド。メンズファッションを取り扱っており、衣類以外にも靴、小物、バッグといったファッション・小物全般を販売しています。

価格帯は2,000円程度のものが多く、かなりリーズナブルと言えます。ベーシックなカーディガンが売れ筋となっていますが、それ以外にもトレンドの柄や形などのカーディガンも豊富。

 

SHOPLIST(ショップリスト)


画像アイテムはコチラ
SHOPLIST.com by CROOZ

ショップリストはファッションを専門に取り扱う総合ECモール。ネット上での有名なブランドが多く入店しており、どのブランドから購入しても送料をまとめて発送してくれるのが嬉しい。

メンズ、レディース、キッズを取り扱っており、年々人気を高めているファッションモールです。ジャンルとしては20代をターゲットにした若者向けのブランドが多いです。

 

8(eight)(エイト)


画像アイテムはコチラ
・「eight」の商品一覧を見る

eightはベーシックなカジュアルファッションを展開するブランド。無地デザインが多いですがトレンドを取り入れており、「ロング丈カーディガン」などのオシャレなアイテムも多いです。

カーディガンであれば2,000円~3,000円程度で購入できるので、安くて助かりますね。

 

シルバーバレット


画像アイテムはコチラ
・「シルバーバレット」の商品一覧を見る

シルバーバレットは、ビター系ストリート系などの、若者向けファッションを提供しているアパレルブランド。トレンドのロング丈、オルテガ柄、インディゴ系などのカーディガンを多く取り扱っており、デザイン性の高いものが多いです。

渋谷109などでも大変人気が高く、20代向けに発信していたファッションも、最近では30代の大人の男性からも支持が高いです。

 

コーエン(coen)


画像アイテムはコチラ
・「coen」の商品一覧を見る

コーエンはユナイテッドアローズの低価格路線のブランドです。ベーシックでシンプルなアイテムが2,000円程度で購入できるのが魅力的。国内の大手セレクトショップの中ではかなり安価なブランドとして知られており、カジュアルウェアとして人気が高いです。

 

AZUL by moussy MEN(アズールバイマウジー メンズ)


画像アイテムはコチラ
・「 moussy」の商品一覧を見る

moussyのメンズ向けブランド「AZUL by moussy MEN」。元々はレディース109系ブランドとして発足したマウジーですが、現在ではより洗練された大人カジュアルなアイテムも販売しています。

メンズ向けファッションも好調で、若い男性から人気が高いです。

 

モノマート


画像アイテムはコチラ
・「 モノマート」の商品一覧を見る

モノマートは、サロン系などのゆるいファッションアイテムを取り扱うブランド。最近では、モードストリートなどから人気が高く、若い男性で着用している方が多いです。

価格帯も安く流行のアイテムが多く揃っているので、ちょっとした買い物に便利。ネット上で注文すれば、翌日、翌々日には届くので、週末使いたいアイテムがあるときは助かりますね。

 

improves(インプローブス)


画像アイテムはコチラ
・「 improves」の商品一覧を見る

インプローブスはアマゾンや楽天などでも人気のメンズファッションブランド。安いカーディガンが揃っており、無地はもちろん、柄物なども豊富に取り扱っています。

大人カジュアルやストリート系などのスタイルを提案しており、コーデに使いやすいアイテムが多いです。

 

スポンサードリンク

【カーディガンを使ったオシャレコーデ】

ビッグカーデ


出典:http://wear.jp/yoshi291295/10667309/

今季はビッグシルエットやロング丈の人気が高いです。大きなサイズ感のトップスは取り入れるだけでオシャレな感じがしますね♪パンツにはタイトなスキニータイプを使い、ボリュームのあるトップスとのギャップがオシャレ。

モノトーンで合わせることで、ビッグシルエットのコーディネートも子供っぽくなく、クールに着こなされています。足元にはアディダスのスニーカーを使って、スポーツミックススタイルに。

キャップを使ったストリートスタイル


出典:http://wear.jp/yoshi291295/10667309/

モカ色のカーディガンに、キャップ、サングラスを合わせたストリートコーデ。インナーに白のカットソーを使うことで、ダークトーンであわせたコーデが、明るくファッショナブルに映ります。足元にはスニーカーを使って、カジュアルでラフさをプラス。ちょっと大き目のカーディガンがリラック感が出ておりオシャレですね。

グレーのカーディガンを使って


出典:http://fululuri.net/coordinate-cardigan1-gaijinfu5/

グレーのカーディガンにニット帽をあわせたサーフ系スタイル。西海岸系やサーフスタイルは今季トレンドになっており、爽やかでオシャレですね。アンクル丈のパンツを使うことで、コーデをすっきりとスタイリッシュに見せています。

モノトーンであわせられており、大人っぽくカジュアル感のある落ち着いたスタイルです。

※関連記事
・メンズニット帽の着こなしコーデ方法とオススメブランド

ボーダーカーデ×デニム


出典:http://wear.jp/kouki1213/9477486/

ボーダーのニットカーデにブルーのデニムを合わせたカジュアルコーデ。カーディガンがニット素材なのでボリュームがありますが、スキニーデニムをロールアップして着用することでスタイリッシュにまとめています。

マフラーやキャスケットがとってもオシャレで、ハイセンスな着こなしに。足元にはローファーを使って、カジュアルコーデにフォーマル感をプラス。

 

まとめ

以上です。今回は、今季オススメしたい人気のメンズカーディガンブランドをご紹介しました。長くデイリーで愛用したいのであれば、有名なブランドをチョイスするのがおすすめ。

シーズンのみで安く抑えたいのであれば、後半に紹介したリーズナブルなものを選びましょう。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*