秋冬に持ちたいピーコートのメンズおすすめブランド&人気コーデ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
top

秋冬のメンズ定番アウターと言えば、「ピーコート」。スタイリッシュでキレイめスタイルにピッタリはまります。それでは今季のピーコートはどういったものが人気なのでしょうか?今回はピーコートのおすすめブランドやコーデ特集をご紹介します!

スポンサードリンク

目次

1.ピーコートについて
2.ピーコート人気ブランドご紹介
3.コーディネート特集
4.まとめ

 

1.ピーコートの着こなし方

ピーコートとは

ピーコートは古くからあるアウターで、名前の由来にはいくつか諸説があります。イギリスやアメリカの軍服として着用されていたという話や、船乗りや水兵が寒さ対策として着用していたという説もあります。

ピーコートの特徴は「大きな襟」と「ダブルブレスト」のデザイン。襟は立てて着用する事で、外でも人の声や物音を聞き逃さないという役目を補っていたそうです。

ダブルブレストは、ボタンを左右どちらでも使えて片方が壊れても、もう片方で補うことができるようになっています。軍や水兵であれば、ボタンが壊れたから家に帰るということは出来ませんでしたからね。

高い保温性

ピーコートは基本的にメルトン素材のものがほとんどです。肉厚で保温性に優れているので、秋冬アウターとしては人気が高いです。

どのようなコーデにもマッチする

【関連記事】・秋冬にオススメ!メルトンコートのメンズブランド特集

さらにピーコートはベーシックなデザインから、様々なシーンで役に立ちます。プライベートで着用するのはもちろんですが、スーツや学生服などの上から羽織ることもできます。ベーシックなデザインだからこそ、シーンやジャンルを問わず活躍します。

一着持っていると秋冬にはとっても便利♪

 

2.ピーコート人気ブランドご紹介

それでは今季人気のピーコートブランドを見ていきましょう♪ピーコートは秋冬の定番アウターとして親しまれていますが、ブランドによって雰囲気やデザインが変わります。自分にピッタリのブランドを見つけましょうね!

 

FIDELITY(フィデリティー)


画像アイテムはコチラ
・「フィデリティ」のピーコート一覧を見る
価格帯 20,000円~40,000円

フィデリティーは、1941年にアメリカのボストンで創業されたブランドです。コートやジャケットなどのアウター類を専門に取り扱うファッションブランドで、その中でもメルトン素材のピーコートは人気が高いです。

メンズ、レディース共に扱っており、日本では「ジャーナルスタンダード」「ナノ・ユニバース」「ビームス」などのセレクトショップでも取り扱われていることがあります。

フィデリティーのピーコートは重厚感があり、安物のピーコートとは一線を画します。程よくスタイリッシュなデザインが、幅広いジャンルのコーデに取り入れることが可能。シンプルで落ち着いた雰囲気がなので、ビジネスシーンでも活躍します。

 

VANQUISH(ヴァンキッシュ)


画像アイテムはコチラ
・「ヴァンキッシュ」のピーコート一覧を見る
価格帯 20,000円~

ヴァンキッシュは、「株式会社せーの」が運営するファッションブランド。元々は109系やお兄系などのジャンルで人気を集めましたが、現在では海外進出を果たし世界規模で活躍しています。

大人っぽいキレイめカジュアルなアイテムを提供しており、トレンドを追ったデザイン性にも定評があります。

こちらは迷彩柄のピーコート。デニムシャツとコーディネートすると、カジュアル感があってとってもオシャレ♪迷彩柄も「ブラック×ブラック」の同系色なので、変に目立たずクールな雰囲気ですね。

 

eight(エイト)


画像アイテムはコチラ
・「エイト」のピーコート一覧を見る
価格帯 2,000円~5,000円

ストリートファッションを展開する日本のブランド、「エイト」。トレンドを追ったアイテムを多く取り扱っており、さらに価格帯はリーズナブルに提供されています。

「価格重視」でピーコートを選びをするのであれば、エイトはオススメ。3,000円~4,000円程度のピーコートをたくさん取り扱っています。カラーやデザインも豊富で、ビビッドなレッドカラーやチェック柄のコートなども取り扱っています。

赤のピーコートはインパクトが強く、コーデにアクセントをつけられます。黒やグレーの定番色に飽きた方であれば、色物や柄物をアウターに取り入れてみましょう♪

 

Schott(ショット)


画像アイテムはコチラ
・「ショット」のピーコート一覧を見る
価格帯 20,000円~50,000円

ショットは、1913年にアメリカニューヨークで誕生したファッションブランド。レザー製品をメインに取り扱っており、ショットのライダースは世界的にも有名ですね。ロックやパンク、バイカーなどから絶大な支持を集めており、長年コアなファンに愛されてきたブランドです。

ショットでは、オーソドックスなピーコート以外にも個性的なものも販売されています。こちらは中々見かけないヒョウ柄のピーコート。ハイセンスなコーデを楽しみたい方には是非オススメ。ファー素材やボーダー柄のピーコートなど、他のブランドでは見つからないデザインも多数展示されています。

 

スプートニクス


画像アイテムはコチラ
・「スプートニクス」のピーコート一覧を見る
価格帯 4,000円~18,000円

スプートニクスは、株式会社SEETHELIGHTが運営する日本のファッションブランド。カジュアルでキレイめ系のメンズアイテムを取り扱っており、若い世代はもちろん大人の男性からも人気があります。

シンプルなピーコートはまさに万人受けするアイテム。大人っぽく自然体で着こなせるので、コーデが苦手な方にもオススメ。程よい細身デザインが、コーデのシルエットをバランスよく見せてくれます。

 

SHIPS(シップス)


画像アイテムはコチラ
・「シップス」のピーコート一覧を見る
価格帯 30,000円~50,000円

シップスは、1977年に日本で創業されたブランドです。衣類や小物などを幅広く取り扱っているセレクトショップで、30代~50代の大人の男性を中心に人気を集めています。シックで落ち着きのあるデザインは、着用するだけでフォーマル感を演出できます。

厚手のピーコートは秋冬には万能で、保温効果も高く高級感があります。安物のペラペラのピーコートとは違い、程よい重厚感や素材感などを楽しめます。

こちらはシップスのキャメル色のシングルピーコート。深みのあるカラーリングがオシャレで、エレガントで品のあるファッションコーデを可能にしてくれます。

 

glamb(グラム)


画像アイテムはコチラ
・「グラム」のピーコート一覧を見る
価格帯 30,000円~40,000円

グラムは、2003年に東京の中目黒で創業されたブランド。刺激のあるデザイン性が高いアイテムを生産しており、若い世代を中心に注目を集めています。ストリート系のスタイルを得意としており、他のブランドでは見られない商品も多数展示されています。

襟元に星柄がデザインされたピーコート。グラムらしい個性があり独創的なデザインとなっています。ピーコートにもちょっとした遊び心が欲しい方は、グラムがおすすめ。

 

スポンサードリンク

3.コーディネート特集

次にピーコートを使ったメンズコーデ特集を見ていきましょう。

パーカーと合わせて


出典https://www.jiggys-shop.jp/ft/outer/pcoat/pcoattoha/

グレーのパーカーにワイン色のピーコートをあわせたコーディネート。ピーコートは、襟が大きくレイヤードスタイルが作りやすくなっています。パーカーを着用すると、コーデにカジュアルでストリートな雰囲気を落とし込むことができます。

あえて前部分はボタンをあけておくことで、ラフな大人の着こなしを演出。グレーやブラック、ネイビー色が定番のピーコートですが、ワインカラーなどを差し込むと、他の人のコーデと差別化できてオシャレですね♪

 

タートルネックニットを合わせて

ピーコートは様々なインナーと合わせることができます。コチラのコーデでは、インナーにタートルネックニットを使ってコーデ。タートルネックニットは、インナーの中でも特に防寒性に優れているので本格的な冬にはオススメ。

白のタートルネックニットに、黒のピーコートがとっても大人っぽくマッチしていますね。パンツにはインディゴカラーのスキニーデニムを使って、全体のシルエットを引き締めています。

ピーコートはボタンを開いておくと、横にボリュームが出ます。ですのでスキニーパンツなどを使い、下半身部分のシルエットを絞ってやるとコーデがまとまりやすいです。

足元には明るめカラーのキャメル色を使って、落ち着いたカラーバランスに差し色を取り入れています。

 

キャメル色を使って

キャメル色のピーコートが目を惹くコーディネートです。ピーコートは、ブラックやグレー、ネイビー、キャメルが定番色です。その中でもキャメル色はコーデにカラーを与えることが出来て、ファッショナブルなスタイルが作れます。

「普段のコーデが地味だな・・・」と感じている人であれば、ピーコート選びに”キャメル色”を取り入れてみましょう♪

 

デニムシャツと合わせて

グレー色のピーコートにデニムシャツをあわせたカジュアルコーデ。ライトブルーの明るいデニムシャツが、フォーマルなピーコートに若々しさをプラスしています。

白のパンツが全体のカラーバランスを明るくまとめており、冬コーデがファッショナブルにまとまっていますね。パンツの足元をロールアップすることで、全体をスッキリして軽やかなイメージに。

 

ブルーのピーコート

ロイヤルブルー色の個性的なピーコートコーデ。インナーには黒シャツを使って、派手なピーコートコーデを落ち着かせています。派手なアウターをコーデに使う時は、その他のアイテム、「インナー」「パンツ」「シューズ」「小物」などをモノトーン色にまとめるのがおすすめ。

派手なアイテム同士をコーデに取り入れてしまうと、どうしてもコーデが失敗し易くなります。「モノトーン+カラーアイテム1色」という方程式を守ってコーデを楽しみましょう!

 

赤のピーコート

赤の派手なピーコートを使ったコーデ。チェックパンツと合わせて個性的なスタイルになってますね♪足元には黒のブーツを使って、ボリュームをプラス。

ハーフ丈のピーコートがとってもスタイリッシュで、シルエットバランスが上手くまとめられています。

 

黒ニットを使って

キャメルのピーコートに黒のタートルネックニットを使ったコーデ。黒をインナーに使うと、全体がシャープで引き締まったイメージになります。特にタートルネックニットはフォーマル感が強く、大人っぽさをだしやすいアイテムです。

パンツは細身のダークトーンなインディゴスキニーを合わせて、カジュアル過ぎないよう合わせています。

 

薄色デニムと合わせて

薄色デニムはカジュアル要素が強いアイテム。コートとあわせればラフでカジュアルなスタイルが作れますね。ピーコート独自のボリュームのある襟部分がとってもオシャレですね。

インナーには白のロング丈のカットソーを使って、コーデを縦長のシルエットに見せています。

 

白のピーコート

白の変形タイプのピーコートを使ったコーデ。パンツには黒スキニーを使い、全体のシルエットを細身でスタイリッシュにまとめています。ボリュームのあるハーフ丈のピーコートと黒スキニーの相性が抜群ですね♪

白のピーコートは存在感が強いですが、意外とコーデには取り入れやすくオススメです。

 

4.まとめ

以上です。今回はメンズにオススメなピーコートのブランドと、コーディネート特集をご紹介しました。

ピーコートは秋冬には必須の定番アウターです。一着持っていれば、プライベートにビジネス、学校などと様々なシーンで使うことができます。自分が気に入ったブランドのものを購入して、長く愛用しましょう♪

ピーコートはショート丈のスタイリッシュなデザインが多いです。ですのでコーデも難しくなく、シンプルにスキニーパンツなどと合わせるだけでも充分オシャレにまとまります。

コーデ初心者やコーディネートが苦手な方にも、自信を持ってオススメできるアウターです。是非今季の秋冬は「Pコート」を取り入れてみましょう♪

【関連記事】・モッズコートのメンズおすすめ人気ブランド特集

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*