メンズのオーバーオールコーデ特集!着こなし方法&オススメブランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん「オーバーオール」ってお持ちですか?オーバーオールはコーデの難易度は高いですが、カジュアル感があってとってもオススメです。今回はオーバーオールの着こなしや、コーディネート特集をご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.オーバーオールについて


画像アイテムはコチラ
(スピードオレンジ) SPEED ORANGE サルエルパンツ デニムサロペットオーバーオール

オーバーオールは元々作業服として使用されていました。現在ではファッションアイテムとしても人気が高く、「サロペット」などとも呼ばれていますね。

オーバーオールはコーデに失敗すると、「子供っぽさ」や「野暮ったさ」が出てしまうアイテムです。しかし正しいコーデ方法で着こなしをすれば、オシャレで人とは違ったファッションを楽しめますので、是非チャレンジしてくださいね♪

肩の紐をはずすとオシャレ!


出典:https://matome.naver.jp/odai/2142030334378443901

オーバーオールの着こなし方法として、肩紐を外す着方があります。ラフな雰囲気が出てオシャレなスタイルを作ることができます。

ゆるいシルエットが出来上がり、着崩したようなコーデがとっても人気です♪春や夏であればトップスはカットソーなどでOKです!

秋冬はアウターとコーデ


出典:http://wear.jp/brand/bershka/allinone-salopette/

秋冬になれば「オーバーオール×アウター」のコーディネートがおすすめ。オーバーオール感は薄れますが、アウターやインナーの裾から少しオーバーオールをたらすとオシャレですね♪

やっぱりデニムオーバーオール!


出典:http://wear.jp/lowjack1985/7605173/

オーバーオールにもたくさんの種類がありますが、やはり人気が高いのは「デニム素材」ではないでしょうか?とってもカジュアルでビンテージ感のある着こなしを楽しめます♪

シンプルに白のカットソーと合わせるだけでも、ファッション性が高い着こなしになりますね。

 

2.オーバーオールのメンズコーディネート特集

それではさっそくオーバーオールを使ったメンズコーディネートをみていきましょう!

デニムでストリート風に


出典:https://wear.jp/a1yasuhiro/16709018/

デニムのオーバーオールに、パーカーをあわせたカジュアルコーデ。オーバーオールは、パーカーやキャップなどカジュアルなアイテムと相性抜群です!

ゆったりしたサイジングがとってもオシャレ。

薄色デニムでクラシックに


出典:https://wear.jp/oriryodayo/16910182/

薄色デニムのオーバーオールに、ベージュのシャツをあわせたクラシックスタイル。古着感の強いコーディネートが、モデルさんとオシャレにマッチしています。デニムのハードなダメージ感もオシャレ。

白Tと爽やかに


出典:https://wear.jp/shockley/17170930/

インディゴデニムのオーバーオールに、白のTシャツをあわせた爽やかな着こなしです。

白Tシャツ×デニムのオーバーオールは夏の定番スタイル。オシャレなバケットハットをあわせることで、全体がアウトドアライクな雰囲気に。

カーキでワーク感強めに


出典:https://wear.jp/harushi/16676263/

カーキ色を使ったワーク感強めのコーディネート。足元には定番のコンバースをあわせており、軽やかでオシャレな雰囲気に。

インナーはナイキのパーカーをチョイスしており、スポーツらしさを取り入れています。

お手本コーデ


出典:https://wear.jp/zekki28yokyo/17061484/

白Tシャツを使ったお手本のようなコーディネート。スニーカーをあわせても良いのですが、革靴をあわせるとより、ワーク感が強くなりクールで大人っぽく仕上がります。

Tシャツはオーバーサイズをチョイスしており、今季らしいスタイルに。

白を使ってワークスタイルで


出典:https://wear.jp/harushi/16743634/

オーバーオールはTシャツ系と着用するのも良いですが、アウターやシャツとあわせてもオシャレです。前のボタンをあけておくことで、いつもと違った着こなしを楽しめます。

白を使ってワークスタイルで


出典:https://wear.jp/bbbbb0514/17153561/

白やベージュ系のオーバーオールは、ワーク感があって独特の雰囲気を出せます。ブルーのTシャツやキャップとあわせれば、爽やかで夏らしいスタイルに仕上がります。

ウエストの締め付けもなく、楽に着用できるので夏には快適です!

Tシャツとシンプルコーデ


出典:https://matome.naver.jp/odai/2146702730769086301

白のTシャツにデニムのオーバーオールを合わせたコーデです。ゆるい白のTシャツに細身のオーバーオールがマッチしており、とってもオシャレな印象に。

足元にはローファーを着用して、フォーマル感や大人っぽさをプラスしています。夏らしく爽やかさのあるコーディネートですね♪

白のサロペットを使って


出典:https://otokomaeken.com/mensfashion/3804

白のオーバーオールがとっても可愛くフェミニンなコーディネートです。足元には白のスニーカーを合わせて、コーデにスポーツ感をプラス。

Tシャツにはボーダー柄を使うことで、マリン系の夏らしい着こなしになっています。

ゆるく古着コーデ


出典:http://wear.jp/sotax2/8379763/

白のパーカーにデニムのオーバーオールがカジュアルに決まっています。足元には赤のコンバースのスニーカーを使うことで、コーデに差し色を加えていますね♪

古着っぽくヴィンテージ感のあるオシャレな着こなしに仕上がっています。

ハットを合わせて


出典:https://matome.naver.jp/odai/2146702730769086301

オーバーオールは子供っぽさが出やすいですが、フォーマルなアイテムを取り入れる事で回避することができます。

「ハット」や「革靴」などは大人っぽさがでますので、オーバーオールと合わせると上手くバランスを取ることができますね♪パーカーもとってもカジュアルで、インディゴのオーバーオールにマッチしています。

つば広ハットはコーデに取り入れるだけでオシャレになります。ハットのコーデ方法についてはコチラの記事で説明しています。

※関連記事
⇒つば広ハットでメンズコーデをさらにかっこよく着こなす

白のオーバーオールを使って


出典:http://wear.jp/room4823/9780729/

白のオーバーオールをゆるく着こなしています。ゆったりしたデザインがとってもオシャレで、ストリート感がありますね。

ハットに柄を取り入れており、コーデがさらに明るい印象に。オーバーオールの白とダークトーンのバランスがよく、カラーがオシャレにまとまっています。

ストライプ柄を使って


出典:http://wear.jp/kokn11/9280526/

ストライプ柄のオーバーオールに白のカットソー、白キャップをあわせたコーディネート。ストライプ柄のサロペットがとってもオシャレで、大人っぽさのある雰囲気です。

足元にはタッセルローファーを使い、コーデにフォーマル要素をプラス。

シャツとブーツを使って


出典:http://wear.jp/rikuho8615/6861532/

白シャツにデニムのオーバーオール、黒のブーツを合わせています。オーバーオールをロールアップして、高さのあるブーツを着用することで、足長効果をプラスしてスタイリッシュな着こなしに。

サングラスやヘアバンドがとってもオシャレで、小物も上手にコーデに取り入れていますね。

 

スポンサードリンク

3.オーバーオールのオススメブランドは?

続いてはオーバーオールのオススメのブランドをご紹介します!オシャレなアパレルブランドや、ワーク系のブランド、デニムブランドなどが人気です。

 

LEE

デニムブランドとして有名な「LEE」のオーバーオールです。LEEから販売されているデザインは、基本的にジーンズ素材で作られたもの。

タフで男らしく、ゆったりしたデザインが目白押しです!

デニムカラーも幅広く用意されているので、デニム好きには是非オススメ。価格帯は1万円~2万円程度となっています。

 

(カーハート) carhartt 

カーハートはアメリカで創業されたワークブランド。チノパンやツイル系のジャケット、ニット帽などが人気ですね。

アメカジ系ファッションブランドとして日本でも注目されており、オシャレなオーバーオールがたくさん販売されています。

上記はブラウン色が味があり大人っぽいデザインです。つば広ハットなどでファッション性を高めてコーディネートをすると、オシャレな着こなしを作れます。

 

ディッキーズ

ディッキーズとはアメリカで創業されたワーク系のブランドです。元は工場や軍事服などの労働者に向けて製品を販売していました。

ファッション性だけでなく、実用性も重視されていたので、「生地の丈夫さ」や「機能面」では昔から定評があります。

ワーク感が強いオーバーオールをお探しの方にオススメ。価格が6,000円~10,000円程度と低価格なのも魅力的です。

 

BEN DAVIS

BEN DAVISは1935年にカリフォルニア州で創業されたブランド。ゴリラのロゴマークとブランドの象徴となっており、アメカジファッションなどで着用している方が多いですね。

価格は7,000円~10,000円くらい。

 

ラウンドハウス

Round House/ラウンドハウスはオーバーオールやペインターパンツをメインに販売している、アメリカのカジュアルブランド。オーバーオールを販売している歴史は非常に長く、1903年から鉄道マンの為に販売していました。

他にもキャップ、ジャケット、ハットなど、ツイルで作ったアイテムが豊富に展開されています。

 

エイト

エイトはメンズファッションを販売しているネット通販ブランド。オシャレでカジュアルなアイテムを多く販売しており、価格もかなりリーズナブルとなっています。

オーバーオールも複数取り扱っており、安い物であれば5,000円台で購入できます。

 

4.まとめ

以上です。今回はオーバーオール(サロペット)のメンズコーデと、オススメブランドをご紹介しました。

オーバーオールはコーデが難しいですが、オシャレに着こなすことができればコーデ上級者になることもできます♪

季節を問わず着用できるアイテムなので、是非コーデに取り入れてみてはいかがですか?

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*