メンズオーバーオールのオシャレなブランド特集。今季おすすめは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

着用しているだけでオシャレに見られるオーバーオール。

今回はメンズ向けに、オーバーオールのオシャレなブランド特集をご紹介します!

 

1.オーバーオールのオシャレなブランド特集

オーバーオールのオシャレな定番ブランドをご紹介します!

オシャレなアパレルブランドや、ワーク系のブランド、デニムブランドなどなど。

 

(カーハート) carhartt 

価格10,000円~20,000円

カーハートはアメリカで創業されたワークブランド。

チノパンやツイル系のジャケット、ニット帽などが人気ですね。

アメカジ系ファッションブランドとして日本でも注目されており、オシャレなオーバーオールがたくさん販売されています。

上記はブラウン色が味があり大人っぽいデザインです。

小物などをあわせてファッション性を高めてコーディネートをすると、オシャレな着こなしを作れます。

 

ディッキーズ

価格5,000円~9,000円

ディッキーズとはアメリカで創業されたワーク系のブランドです。

元は工場や軍事服などの労働者に向けて製品を販売していました。

ファッション性だけでなく、実用性も重視されていたので、「生地の丈夫さ」や「機能面」では昔から定評があります。

ワーク感が強いオーバーオールをお探しの方にオススメ。

価格が6,000円~10,000円程度と低価格なのも魅力的です。

 

BEN DAVIS

価格6,000円~12,000円

BEN DAVISは1935年にカリフォルニア州で創業されたブランド。

ゴリラのロゴマークがブランドの象徴となっており、アメカジファッションなどで着用している方が多いですね。

価格は7,000円~10,000円くらい。

 

ラウンドハウス

価格9,000円~12,000円

Round House/ラウンドハウスはオーバーオールやペインターパンツをメインに販売している、アメリカのカジュアルブランド。

オーバーオールを販売している歴史は非常に長く、1903年から鉄道マンの為に販売していました。

他にもキャップ、ジャケット、ハットなど、ツイルで作ったアイテムが豊富に展開されています。

 

LEE

価格10,000円~20,000円

デニムブランドとして有名な「LEE」のオーバーオールです。

LEEから販売されているデザインは、基本的にジーンズ素材で作られたもの。

タフで男らしく、ゆったりしたデザインが目白押しです!

デニムカラーも幅広く用意されているので、デニム好きには是非オススメ。

価格帯は1万円~2万円程度となっています。

 

エイト

価格9,000円~12,000円

エイトはメンズファッションを販売しているネット通販ブランド。

オシャレでカジュアルなアイテムを多く販売しており、価格もかなりリーズナブルとなっています。

オーバーオールも複数取り扱っており、安い物であれば5,000円台で購入できます。

 

Johnbull ジョンブル

価格19,000円~30,000円

ジョンブルは1952年に岡山県倉敷市児島で創業されたジーンズブランドです。

メイドインジャパンなので、しっかりした素材や縫製で安心して着用できます。

デニムやツイルを使用した頑丈なオーバーオールが販売されています。

価格は19,000円~30,000円とやや高額です。

 

SUGAR CANE(シュガーケーン)

価格20,000円~30,000円

シュガーケーンは、1975年に日本の東洋エンタープライズ株式会社がスタートしたブランド。

ジーンズ、デニム、ワークパンツ等の取り扱いがあり、オシャレなオーバーオールも多数販売されています。

ヒッコリーやインディゴデニムを使った、味のあるオーバーオールが人気です。

 

STUDIO D’ARTISAN ステュディオ・ダルチザン

価格29,000円~40,000円

ステュディオ・ダルチザンは、岡山県倉敷市生まれのデニムブランド。

アメリカンカジュアルブランドとして、世代を問わずコアはファンを抱えています。

デニム、ジーパン、ジージャンなどをメインに販売しており、ワーク系ウェアがオシャレでカッコいいです!

オーバーオールの価格は40,000円近くとかなり高価です。

 

Pherrow’s (フェローズ)

価格20,000円~40,000円

フェローズは1991年に創業された、日本生まれのアメカジブランドです。

国産デニムをメインに取り扱っていますが、オーバーオールなどのワークウェアもオシャレな物が多いです。

価格は20,000円~40,000円程度。

 

snow peak(スノーピーク)

価格10,000円~20,000円

スノーピークは、キャンプやアウトドア用品を販売する日本のブランド。

新潟県・燕三条で創業された国産ブランドで、ハイスペックでオシャレな製品を販売しています。

アウトドア感の強いオーバーオールは、キャンプや登山にもオススメ。

 

EVISU(エヴィス)

価格30,000円~40,000円

EVISUは、山根英彦氏が創業した日本の人気ジーンズブランド。

ストリートシーンを中心に人気を集め、海外からの評判も非常に高いです。

EVISUといえばポケットに付けられたステッチがトレードマークです。

アメカジシーンを牽引したブランドで、ゆとりのあるデザインがカジュアルで可愛い。

オーバーオールの価格は、30,000円~40,000円。

 

BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)

価格30,000円~50,000円

バズリクソンズは日本の「東洋エンタープライズ」が展開するミリタリーブランド。

ハイクオリティーなレプリカ商品を再現しており、本物志向のオーバーオールが販売されています。

東洋エンタープライズは日本のミリタリージャケットの先駆者としても知られており、世界中から評価が高い会社です。

 

FOB FACTORY(エフオービーファクトリー)

価格10,000円~25,000円

エフオービーファクトリーは「MAID IN JAPAN」 で作られた拘りのブランド。

生地、縫製、加工を岡山県で行っており、すべて職人の技術で仕上げられています。

ゆるすぎないオーバーオールは大人っぽさや品が出てオシャレです。

細身のテーパードデザインは、クラシックで落ち着いた雰囲気を演出できます。

価格は10,000円~25,000円前後。

 

リーバイス

価格7,000円~12,000円

アメリカ発祥のジーンズメーカー、「リーバイス」のオーバーオール。

耐久性の高いデニム素材を使ったオーバーオールは、アメカジやストリートファッションでお馴染みです。

ゆったりとしたシルエットなので、今季らしいラフなコーデに向いています。

10,000円前後で購入できるものが多く、価格帯がリーズナブルなのも嬉しいポイント!

 

ラングラー

価格7,000円~10,000円

リーバイス、リーと並び、アメリカの大手3大デニムブランドとして知られるラングラー。

デニム素材だけでなく、コットン系のものやヒッコリー素材など、様々なオーバーオールが販売されています。

どれもタフで男らしさのあるデザイン。

Tシャツやシャツ類、ブーツなどとワークテイストに合わせるのがオススメ!

 

アルファ

価格10,000円~16,000円

アルファはアメリカ発のミリタリーブランド。

ワークテイストではなく、どちらかと言うとミリタリーテイストのオーバーオールが販売されています。

軽くて丈夫なコットンリップストップを使用しており、軽量ながら丈夫で耐久性も備えています。

古着っぽさのあるデニム素材のオーバーオールも取り扱っています。

 

エドウイン

価格10,000円~15,000円

ジーンズブランド、「エドウイン」から販売されておりオシャレなオーバーオール。

ジーンズブランドらしい味のあるデニム素材は、奥深さがあり着用しているだけでオシャレ。

シンプルに白のTシャツとあわせるだけで様になります!

 

ユニバーサルオーバーオール

価格10,000円~20,000円

UNIVERSAL OVERALLは、1924年にアメリカのシカゴで創業されたワークウェアブランド。

ワークパンツオーバーオール、ツイルのコットンシャツなどが人気。

ディッキーズやカーハートのように、日本でもワークウェアを愛するファッショニスタから支持を得ています。

10,000円~20,000円程度で購入する事が可能。

 

gym master(ジムマスター)

価格19,000円~30,000円

ジムマスターは、1916年にカナダで生まれたアパレルブランド。

スウェットやマウンテンジャケットなど、主にスポーツやアウトドア系のアイテムを販売しています。

切り替えデザインのオシャレなオーバーオールは、タウンユースでも大人気。

ファッション性の高い、オシャレで個性のあるオーバーオールが販売されています。

 

レッドキャップ

価格6,000円~9,000円

レッドキャップは1923年に創業された、赤いキャップがロゴになったワークウェアブランド。

インディゴのデニムを使用したオーバーオールが人気。

 

クックマン

価格8,000円~9,000円

クックマンは注目度の高いワークウェアブランド。

アメリカ西海岸の料理人たちが集まって創業された、世界的にも人気の高いブランドです。

デザイン性だけでなく、機能性も高く、デザインやカラーも豊富に展開されています。

独特のシルエットは、ストリートファッションでも大人気。

10,000円以内で購入できるので非常にリーズナブルです。

 

グラフゼロ

価格19,000円~30,000円

グラフゼロは、岡山県倉敷市で生まれでデニムブランド。

ジーンズをメインにオーバーオールやジャケットなど、様々なデニムアイテムを販売しています。

ゆるめのシルエットでアメカジシーンでも大人気。

 

ナンガ

価格20,000円~30,000円

ナンガは日本生まれの老舗アウトドアブランド。

滋賀県で創業され、登山アパレルを中心に生産しています。

カジュアルで「ワーク感」「ミリタリー感」あふれるオーバーオールは、ファッショニスタたちからも大人気です。

国産なので20,000円~30,000円と価格はやや高めです。

 

2.まとめ

以上です。

今回は男性にオススメしたい、オシャレなオーバーオールブランドをご紹介しまし。

オーバーオールは着用しているだけでオシャレに見られる万能アイテム!

インナーやアウターなど、併せ方次第でロングシーズン対応できます。

コーデ方法については下記の記事で紹介しているので、是非あわせてチェックしてみてくださいね。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*