冬の準備、まずはこれから。2016~2017冬メンズファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年も、もうすぐ寒い寒い冬がやって参ります。

皆さん冬に向けトレンドのチェックはもうお済みですか?今回は2016~2017冬に向け、まずはこれを見て冬に備えようという話題です!

スポンサードリンク


目次
1.冬の準備、まずはこれから
2.まとめ


1.冬の準備、まずはこれから

今年の冬は何を着ようか・・・

皆さんもう既に冬のファッションについてお考えになっていますか?

今年の冬のメンズファッションの傾向ですが、目立って新しい物が出てきて無い様に感じています。
やはりレディースファッションに比べると一歩遅れを感じる今日この頃です。

しかし!
発想を変えれば、『去年着ていた物が今年も活躍する』のです。

目まぐるしく変化するレディースファッション界は、次々とトレンドが変わって行き、去年着ていた物を着るなんて恥ずかしいと言う方まで存在します。
それに比べると、メンズファッションは気が楽だなって思いますね(笑)

だからと言って、気を緩めている訳にはいきません!

緩やかな変動のメンズファッション界において、トレンドを知らないと逆に大変危険です。
自分のコーデに取り入れる事が絶対ではありませんが、最先端の冬コーデを知っているに越した事はありません!

今回は、2016~2017冬の要チェックコーディネートをご紹介致します。

 

ビッグシルエットニットコーデ

ビッグシルエットニットコーデ

今季トップス&インナーで注目するのはビッグシルエットアイテムです。

夏頃から徐々に人気の出始めたビッグシルエットは、ニットにまでその影響が出てきています。

流行スタイルの、ビッグシルエット×スキニーパンツ×ボリュームスニーカー(ブーツ)スタイルは今季目が離せないですね。

※オススメ記事
⇒「ビッグシルエットを着こなす!秋冬メンズファッションコーデ」はコチラから

 

タートルネックニットコーデ

タートルネックニットコーデ

寒さ対策と見られがちですが、実は着こなせばとてもオシャレになるタートルネックセーターも見逃せません。

落ち着いたカラーのものも良いですが、コーデのアクセントになる青や赤といったカラーも人気ですね。

ケーブル編みの模様が、温もりもありデザイン的にも印象的なのでおすすめです。

※オススメ記事
⇒「タートルネックニットを使った冬のメンズ着こなしコーデ2016~2017年」はコチラから

 

チェスターコートコーデ

チェスターコートコーデ

近年のメンズファッション界の人気アウターでは1・2位を争うチェスターコートも外せないアイテムです。

縦長のシルエットは全身をスラッと見せてくれるので、スタイルアップの効果もあります。

ベーシックなカラーでもこなれた雰囲気が作れ、ドレスアイテムはもちろん、カジュアルアイテムにも合わせやすいのが人気の理由ですね。

こちらのチェスターコートはメルトン素材なので、暖かみもあり冬にデイリーに着まわすには最適のアウターです。

※オススメ記事
⇒「【2016秋冬】チェスターコートの着こなしメンズコーディネート」はコチラから

 

デニムチェスターコートコーデ

デニムチェスターコートコーデ

チェスターコートは無地の物が多く普及しています。

ブランドや微妙な色合いは違えど、周りの方と被るのは避けたいという方に是非オススメしたいのがカットデニム素材のチェスターコートです。

コートなんて動きにくいから嫌だという方も、このカットデニム素材に驚くと思います!
デニムの風合いをそのままに、抜群の伸縮性があり、重ね着をしてもストレスを感じにくくなっています。

個性的なデザインと利便性を備えていて、今年の冬大注目のアウターですね。

 

コンバットブーツコーデ

コンバットブーツコーデ

3代目JSBが着用していた事から人気に火がついたコンバットブーツは、今季目新しい冬アイテムになりそうですね。

ハイカットタイプのブーツで、重量感がありミリタリー要素満載の存在感抜群ブーツです。

分厚くしっかりとしたソールで、冬に大活躍間違いなしです。

スタイリングとしても、カジュアルからストリートまでこなせるので幅広く愛用できますね。

※オススメ記事
⇒「三代目JSB (j soul brothers)系コーディネート着こなし特集」はコチラから

 

ダメージニットコーデ

ダメージニットコーデ
出典:http://item.rakuten.co.jp/silver-bullet/cang16-22/

 
こちらも今年から特に人気が出ているロング丈のダメージニットです。

大き目のダメージ加工が特徴的で、ダメージパンツと合わせて着用する方が急増中です。

ニット素材でロング丈仕様のデザインなので、ルーズなシルエットになりがちな為、パンツは細身の物を選ぶのが良いでしょう。

シューズはボリュームのあるスニーカーやブーツがおすすめですね。
先ほどのコンバットブーツも相性は良さそうです。

 

パッチワークニットコーデ

パッチワークニットコーデ
出典:http://wear.jp/item/14697160/

 
目立って新しい物が出てきて無い今年の冬のメンズファッション界において、コレだというのがパッチワークアイテムです。

柄物特有の派手さはないものの、目を惹くデザインのパッチワーク。
落ち着いたカラーリング・スタイリングになりがちな冬コーディネートには、これ位のデザインが丁度良いのかもしれません。

トップスでアクセントになるので、その他はモノトーンで統一してもバランス良く着こなせますね。
パッチワークはカジュアル要素が多そうと心配の方は。ドレス要素を多めに取り入れる事をおすすめします。

 

ダメージパンツコーデ

ダメージデニムコーデ

冬のトップスやインナーには、セーターを合わせる方がきっと多いはずです。

コーデを引き締める為の黒スキニーやデニムパンツも良いのですが、今年の冬はダメージパンツにも注目しましょう。

『穴が開いているから寒い』なんて言っていたら、女子に笑われますよ!
女子は極寒の中でもスカートで頑張っているのです。
男性も負けずに頑張ってオシャレをしていきましょう!

カジュアルのイメージが強いアイテムなので、全体のバランスをみてダメージパンツを取り入れてみると良いかもしれませんね。

※オススメ記事
⇒「2016秋はダメージパンツでオシャレに」はコチラから

 

バイカーパンツコーデ

バイカーパンツコーデ

膝の切り替えデザインが特徴的なバイカーパンツも、パンツの中ではイチオシのアイテムです。

シンプルになりがちな冬コーデの中でも、少しの工夫で全体のイメージはガラリと変わものです。

また、この様にカラーニットもこの冬おすすめしたいアイテムです。

※オススメ記事
⇒「バイカーパンツを使った2016年メンズ穿きこなしコーディネート!!」はコチラから

 

コーディガンコーデ

コーディガンコーデ

GUのCMで誰しもが耳にした事があるコーディガンも、今年の冬注目のアイテムのひとつです。

カーディガンの様な感覚で羽織れるコートの事を指す造語でありながら、既に万人にその存在が知れ渡りつつあります。

気軽に羽織れて、しかも暖かい。

真冬には、各メーカーもっと肉厚な商品がどんどん出てくるのかもしれませんね。

※オススメ記事
⇒「【2016年秋冬】コーディガンのメンズ着こなしコーディネート」はコチラから

 

MA-1コーデ

MA-1コーデ

チェスターコートと並んで、アウター人気の1・2位を争うMA-1ジャケットを使ったコーディネートです。

その短めの丈と、インナーに合わせるロング丈のインナーで作る縦のレイヤードスタイルが、今年の冬は特に人気が出そうですね。

MA-1ジャケットは少しボリュームがあるアウターなので、Yラインシルエットを意識してパンツには細身のものを選ぶのをおすすめします。

※オススメ記事
⇒「【2016年秋冬】MA-1でメンズオシャレ着こなしコーディネート!」はコチラから

 

4,まとめ

いかがでしたか?

すっかり朝晩の冷え込みが強くなり、寒くてたまらない冬がもう目の前までやってきています。

まだまだ『おしゃれの秋』を堪能したいお気持ちは分かりますが、冬に向け流行りやトレンドにアンテナを立てていきましょう!

冬に向け、いきなりトレンドのアイテムが登場する場合もあります。

そんな気になるアイテムがありましたら、またご紹介させて頂きます!

寒さに負けずにオシャレをもっと楽しんでくださいね。

それでは(^^)/

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*