2016秋はダメージパンツでオシャレに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
blog

オシャレを楽しむ季節の秋がもうすぐやってきますね。

今年の秋はダメージパンツでコーディネートにこなれ感をプラスしてみませんか?

様々な色・形があるパンツですが、今回は2016年秋におすすめしたいダメージパンツを使用したコーディネートをいくつかご紹介致します!

スポンサードリンク


目次
1.ダメージパンツを使用したコーディネート
 
 

1.ダメージパンツを使用したコーディネート

ダメージパンツはオシャレに見える反面、着こなしひとつでだらしなくも見えてしまいます。

・どんなダメージ加工の物が良いのか
・だらしなく見せない為にはどう着こなせばいいのか
・オシャレに見せる今年風の着こなしとは

この3点を重視して、コーディネートを見ていきましょう!

 

ボーダー柄Tシャツ×ダメージパンツ

ボーダー柄Tシャツ×ダメージパンツ

オシャレを意識してドレスよりになりがちな秋のコーディネートですが、これ位カジュアルな方がダメージパンツは活躍します。

パンツはダメージ加工の他に、ヒゲ加工やペンキ加工も施されていて、新品でも独特のこなれ感があっておすすめですね。

 

ロング丈×ダメージパンツ

ロング丈×ダメージパンツ

今年のトレンドでもあるロング丈アイテムを使ったストリート系コーディネート。

パンツはダメージ加工の他に、バイカーパンツ特有の膝の切替デザインがあり他ではなかなか見つからないアイテム。

Tシャツにも程よいダメージ加工が施されていて、全体的にこなれ感のあるコーディネートです。

 

デニムジャケット×ダメージパンツ

デニムジャケット×ダメージパンツ

男らしさを存分に発揮できるデニムジャケットと白のパンツがとてもマッチしたコーディネートですね。

パンツは脚長効果のあるスキニータイプで、やり過ぎないダメージ加工もおすすめ。

インナーにはロング丈を合わせて、縦のレイヤードでワンランク上のコーディネートの完成です。

 

ダメージパンツをあえて外しアイテムに使用

ダメージパンツを外しアイテムに使用
出典http://wear.jp/yokkoi7/7066931/
 

ジャケットとハットでドレス感のあるコーディネートですが、ダメージパンツをあえて使用することで上手に外しています。

ドレスにかたより過ぎるコーデより、外しアイテムを使用してカジュアルを少し盛り込むのがオシャレの基本です。

インナーのトップスもモノトーンではありますがカジュアルな印象で、全体のバランスがとても上手にとれていますね。

 

MA-1×ダメージパンツ

MA-1×ダメージパンツ
出典http://wear.jp/kouki1213/5452943/
 

全体をモノトーンでまとめて、差し色として上手に赤色を取り入れたコーデです。

ミリタリーとダメージパンツの相性は抜群なので、アウターには今年の秋も流行るMA-1ジャケットを合わせていてばっちり。

靴の赤に合わせてネックレスなどの色合いも合わせていたり、クラッチバッグを持っていたりと細部に拘りを感じるコーディネートですね。

 

今回は、秋にオススメのダメージパンツをご紹介いたしました。

普段のコーディネートをそのままに、パンツだけダメージ加工の入っている物を合わせてみると印象がグッと変わります。

大き目のダメージ加工より、まずは小さいダメージ加工でお試しするのもありかもですね♪

2016年秋は是非ダメージパンツを手に取ってみてください。

それでは(^^)/

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*