【メンズ】ポストマンシューズのオススメブランド特集。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

 

今回はオシャレで注目度の高い、「ポストマンシューズ」のオススメブランド特集をご紹介します。

ポストマンシューズは、程よいレトロ感がオシャレな雰囲気を出すのにピッタリ。

老舗のワークブランドから海外の革靴ブランド、日本の安いシューズブランドなど、幅広く紹介していきます!

ポストマンシューズをお探しの方は、是非今回の記事を参考にしてください。

 

1,メンズにおすすめのポストマンシューズブランド

 

REDWING(レッドウイング)

・価格4万~5万円

ワークブーツブランドとして不動の人気を誇るレッドウイング。

レッドウィングではワーク系のシューズ全般が人気です。

ポストマンシューズでもオシャレなものが多く、耐久性、デザイン性が兼ね揃えられた靴ばかり。

やや割高ですがそれだけの価値はあり、履けば履くほど味が出るので長く愛用することができます。

ビジネスにプライベートにと様々なシーンで着用しましょう。

レッドウィングのブラウン色のポストマンシューズです。

黒のシューズに比べて落ち着きがあり大人っぽい印象に。

レッドウィングのワークシューズは、他のブランドに比べて艶が少なく「マット」な質感です。

変に派手派手しくないので、コーデにも使いやすいですよ♪

こちらはベージュ色です。カジュアル感が強く出ており、コーディネートにも馴染み易いカラーです。

靴紐を黒にすることで、締まりのあるデザインに。

先端に丸みを帯びたデザインは、カジュアルコーデとの相性抜群です。

 

Dr.Martens(ドクターマーチン)

・価格1万~2万円

イギリス生まれのブーツブランド、ドクターマーチン。

日本でも馴染みの深いブランドで、ファッションシーンでも大人気!

ドクターマーチンのポストマンシューズは重厚感があり、ロック調に作られているのが特徴。

若い方からも注目度が高く、オシャレなファッショニスタたちも愛用しています。

ドクターマーチンといえば、黄色のステッチですよね!

ドクターマーチンのトレードマークとも言われており、いい意味で”ドクターマーチンらしさ”が出ます。

こちらはグレー色のカジュアル感が強い3ホールシューズです。

カジュアルですが靴底には重厚なソールが装着されており、存在感のあるシューズとなっています。

重厚なソールもドクターマーチンらしいですね!

 

ROTHCO ロスコ

・価格7千円~1万円

アメリカの大手ミリタリーブランド「ロスコ」のポストマンシューズ。

ロスコは、1953年にミルトン・ソンバーグ氏とハワード・ソンバーグ氏によって創業されました。

オシャレなフォルムでカジュアル感のあるポストマンシューズは、ファッションにも合わせやすいです。

価格帯が1万円以内で購入できるため、かなりリーズナブルなのが嬉しいポイント。

 

クレマン

・価格2万~3万円

クレマンは1946年にフランスでスタートした、ミリタリー系のワークブランド。

実際にフランスでは「軍」にシューズを提供していた事もあり、信頼と実績のあるブランドです。

日本でもユナイテッドアローズなど、大手セレクトショップで取り扱いがあります。

クレマンのポストマンシューズは、マットなレザーで落ち着きのあるデザインが特徴。

ワークブランドらしく、「グリップ力」「耐久性」など機能面にも優れた一足。

 

ハルタ

・価格1万~2万円

ハルタは老舗のローファーブランド。

手頃な価格帯なので、大学生や高校生からも人気です。

オーソドックスな黒のポストマンシューズだけでなく、ワイン系やブラウン系なども販売されています。

遊び心がありファッションにも使いやすい。

 

コールハーン

・価格2万~4万円

コールハーンは1928年にアメリカでスタートしたファッションブランド。

元々は靴ブランドとして始めており、履き心地、機能性には定評があります。

ポストマンシューズの価格は、安いものであれば1万円代で購入可能。

 

SVEC

・価格4千~5千円

SVECは株式会社サンスイトレーディングが展開する日本のシューズブランド。

「デイリーユースに使える靴」をコンセプトに、ビジネスシューズやカジュアルシューズを販売しています。

どれも低価格で購入しやすいのが嬉しいポイント。

4,000円~5,000円程度でグルカサンダルを購入できます。

 

LockingShoes(ロッキングシューズ)

・価格1万~2万円

ロッキングシューズは2010年からスタートした日本のシューズブランド。

カントリーブーツ · サイドゴア · チロリアン · ウィングチップなど様々なシューズの販売あり。

ヨーロッパ製と日本製をメインに、若者向けのカジュアルシューズから、本格的な革シューズまで取り揃えています。

1万円~2万円程度でポストマンシューズを購入できます。

 

glabella グラベラ

・価格3千円~7千円

グラベラは株式会社アンドモアが展開する、日本のシューズ&バッグブランドです。

トレンドにあった商品をリーズナブルな価格で販売しており、ブランドにそこまで拘りがない方にはオススメ。

コスパ重視のブランドなので、5,000円程度でポストマンシューズが手に入ります。

「ポストマンシューズを試してみたい!」という方であれば、一度安価なブランドを試してみて気に入ったら、海外のハイブランドを選ぶのもいいと思います。

スエード素材のポストマンシューズ。

ネイビー色はとっても品があり、カジュアルコーデにもマッチします。革素材と違って上品な雰囲気が漂う一足。

グラベラのシューズは低価格でカラバリも豊富なのが魅力。

ちょっと個性的なシューズなども安価に手に入るので、是非検討してみてください!

 

Danner(ダナー)

・価格2万~3万円

ダナーは、1932年にアメリカで創業されたブーツブランドです。

本格志向のブーツやシューズを販売しており、ポストマンシューズではレッドウィングと並んで人気が高いです。

革靴ブランドとしても人気が高いので、ダナーを選んでおけば失敗はありません。

光沢のある上品なデザインは、フォーマル感を演出するには是非オススメの一足。

シンプルながらも高級感があるのでビジネスシーンでもオススメ。

ダナーのブラウン色のポストマンシューズです。

光沢のあるレザー素材は落ち着きすぎず、程よいファッション性を兼ね揃えた一足に。

ダナーではグッドイヤーウェルト製法を使用しており、耐久性に優れています。

それと同時に軽量感や履き心地も重視されており、機能面でも定評があります。

 

Paraboot(パラブーツ)

・価格4万~5万円

パラブーツはフランスの老舗ブーツブランドです。

シューズのハイブランドとして位置づけられており、歴史があり安定の人気を誇っています。

ポストマンシューズを長く作り続けており、実用性や履き心地は世界でもトップクラス。

ビジネスでのスーツスタイルでも人気が高く、大人の男性から指示が高いブランドです。

パラブーツのポストマンシューズはマットでシャープなフォルムが特徴。

スタイリッシュなデザインなので、幅広い着こなしにマッチします。

細身のデニムなどと合わせるだけでも、大人顔でオシャレな印象に。

 

DEDEsKEN(デデスケン)

・価格5千~1万円

デデスケンは「メンズサンエー」が展開する、1968年創業のシューズブランドです。

安価なシューズが多く、ネット通販ショップとしては歴史があり人気が高いショップです。

ポストマンシューズには「グッドイヤーウェルト製法」を取り入れており、安価ながら丈夫な作りで長持ちします。

デザイン、品質、価格共に優れており、コスパに優れたシューズばかりです。

シンプルな黒のポストマンシューズです。

ボディーからソール、紐まで黒1色にすることで、クールでコーデにあわせやすいデザインに。

マットな質感なので、デニムなどとの相性も抜群。

こちらはデデスケンのベージュ色のシューズです。

とっても綺麗なカラーリングでシーズンレスで使えそうですね。

 

2,まとめ

以上です。

今回はメンズにオススメしたい、ポストマンシューズのブランド特集をご紹介しました。

ブランドに拘りがあれば、海外の歴史のあるシューズブランドを選ぶのがオススメ。

高級シューズブランドは、革の素材感はもちろんですが、フォルムが綺麗でかっこいいです。

国産の安いブランドでもオシャレなものは多いので、安く購入したい方はファッションブランドのシューズを選ぶのがオススメ。

スポンサードリンク

 
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*