ワントーンコーデとは?メンズの着こなし方法やコーデ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワントーンコーデはとっても人気が高いですよね♪コーデ上級者の風格がでるし、人とは違ったファッションを楽しめます。ただし着こなし方法は難易度が高めなので注意が必要。今回はそんなワントーンコーデの着こなし方法や、コーデ特集をご紹介します。

スポンサードリンク


目次

1,ワントーンコーデについて
2,メンズのワントーンコーデ特集
3,ワントーンコーデにオススメ人気アイテムは?
4,まとめ


 

1,ワントーンコーデについて

ワントーンコーデとは、簡単に言えば上下を同じカラーでまとめたコーディネートのことを差します。上下ブラック、上下ホワイト、上下グレーなどですね。

ただし「ワンカラー」ではなく、あくまで「ワントーン」なので、全く同じ色にする必要はありません。同じ色というよりは、カラーのトーンが同じという意味合いですね。


出典:https://www.pinterest.jp/pin/362891682448537798/

例えばグレーの上下であっても、トップスとパンツで微妙に色をずらしても「ワントーンコーデ」と呼べます。トップスはライトグレー、パンツはチャコールグレーなどです。

上下だけじゃなくてもOK!


出典:https://mens.tasclap.jp/a2571

ワントーンコーでとは基本的に上下で色を合わせますが、状況に応じてはシューズや帽子、小物などもワントーンにまとめてもOK!ワントーンに使うアイテム数を増やすことで、より統一感が出てハイセンスな着こなしが作れます。

シルエットや素材でメリハリをつける!

ワントーンコーデで大切なのは、「シルエット」と「素材」です。何も考えずにワントーンコーデを行ってしまうと、ただ上下で色が揃ってしまっている、”垢抜けない人”になってしまいます。

例えば「ビッグシルエット×スキニーパンツ」などのように、上下でサイズ感、ボリューム感などにギャップを生み出す。こうすることで上下同じ色合いでも、メリハリがついてオシャレな印象に変わります。

素材も同様で、「レザー×コットン」「ニット×ナイロン」などといったように、上下で素材を変えてみましょう。素材が変わると色合いや、艶が違うので同じ色でも、上下でメリハリが付けられます。

インナーを上手に使う


出典:https://www.pinterest.jp/pin/66991113187608674/

ワントーンコーデをする場合は、インナーの選び方もとっても大切。上下同じ色合いになると、どうしても境目が分かりづらくかっこ悪い印象になります。こういった時は、インナーで上手く線引きしてしまうと楽です。

着丈の長いインナーを使って、トップスの裾から出せば、上下で線引きができて自然なコーデになりますね。

インナーはワントーンコーデとは違った色を使うようにしましょう。そうでなければ、ワントーンコーデに混ざってしまいますからね。

小物やシューズに別色を使う

ワントーンに使うアイテム数は増やせば増やすほど、コーデの難易度が上がり難しくなります。初心者であれば上下をワントーンにまとめて、シューズや帽子などの小物は違うカラーを使うことがオススメ。ただしワントーンアイテムを減らせば減らすほど、コーデに統一感は薄まり、ハイセンスな雰囲気は失っていきます。

王道のブラック

ワントーンコーデに使うカラーは、コーデによって様々です。その中でも一番簡単でオススメなのが、ブラックです。上下ブラックであわせたコーデは、「オールブラックコーデ」などとも呼ばれますね。

シルエットや素材でメリハリをつけたり、インナーやシューズに白を取り入れると自然な着こなしになります。

※関連記事
・オールブラックで一味違ったメンズコーディネート

明るくホワイト

ホワイトでの上下コーデは、ブラックより少し難易度が高いです。上手に小物などで”柄”や”色”を取り入れると、オシャレに見えます。ホワイトのワントーンコーデはとっても明るい印象になり、ファッション性が高まります。ブラックに比べ個性が強く出るので、ハイセンスなファッションを目指すならオススメ。

※関連記事
・オールホワイトで個性派メンズコーディネート!!

ネイビー色

ネイビー色のワントーンコーデであれば、デニムを使ってもオシャレ。ネイビー系のデニムに、ネイビーのトップスをあわせれば、上下で素材の違ったワントーンコーデが完成します。

アースカラーで上級者コーデ


出典:https://gr.pinterest.com/

ベージュやカーキなどの、少しくすんだアースカラーもワントーンコーデではオススメ。くすんだ色合いは若干色合いをずらして着用するとコーデ上級者の雰囲気になります。

一見するとすべてベージュ色だと思っても、色の深さや濃さなどが違うと、コーデに色のミックス感が出てハイセンスな雰囲気になりますね。

アースカラーは、ワントーンの中でもコーデがかなり難しいです。初心者であれば、セットアップなどで上下の色を揃えたほうが簡単でオシャレにまとまります。

 

2,メンズのワントーンコーデ特集

グレー色の秋スタイル


出典:http://wear.jp/hfrjki9/9760964/

グレー系の秋のワントーンコーディネートです。インナーとニット帽にはライトグレーを使って、パンツにはチャコールグレーを使っています。上下で色味を変えることで、メリハリができてオシャレな印象に。

チェックシャツにも「ブラック×グレー」を使っており、全体に統一感がありますね。柄が1つ入るだけで、自然な着こなしに仕上がります。

ネイビーのセットアップを使って

ネイビーのジャケットタイプのセットアップを使った着こなしです。とってもフォーマルなコーディネートにまとまっており、インナーの白Tシャツがワントーンコーデに明るさをプラスしています。

セットアップはワントーンコーデにはとってもオススメ。コーデにミスが出ないし、簡単にオシャレなスタイルが作れます。

※関連記事
・【2017年春夏】セットアップメンズコーディネート&オススメブランド
・【2016年冬】メンズファッションセットアップのおすすめコーディネート

アースカラーで冬スタイル


出典:https://mens.tasclap.jp/a2571

ブラウン系のアースカラーを使った冬のワントーンコーデ。ニットの素材感がパンツのツイルとメリハリをつけて、上質な着こなしに。時計やハットにダークトーンを使用する事で、カラーを引き締めてワントーンコーデのアクセントになっています。

上下でカラーの深みや色合いを変えることで、自然な着こなしに仕上がってます。

デニムとネイビー色で合わせて


出典:http://wear.jp/inatada0816/8187293/

ブルーのダメージデニムに、インディゴ系のニットを合わせた秋冬コーデ。ニットの柄がコーデにファッション性をプラスしており、オシャレな印象に。白のスニーカーがコーデを爽やかで明るい印象に変えてくれています。

ブルーを使った夏スタイル


出典:http://wear.jp/inatada0816/7756319/

ブルー色がとっても爽やかな夏のスタイル。ワントーンコーデでは、柄物を取り入れるとオシャレです。特に柄物をワントーンと同系色、コチラのコーデでは「ブルー」ですね。これに合わせてやると、コーデに統一感が生まれてさらにハイセンスに仕上がります。

グレーで上級者コーデ


出典:http://wear.jp/akmatsutake/9716579/

たくさんのアイテムに”グレー”を取り入れた着こなしです。ニット帽、インナー、ジョガーパンツ、スニーカーとワントーンで統一させていますね。

パーカーにはアースカラーのベージュを使っていますが、グレー色に自然に溶け込んでいます。アースカラーは”他のカラーに溶け込み易い”、という性質を持っています。

黒や白でメリハリをつけるのもオシャレですが、アースカラーを使って自然な着こなしをつくるのもおすすめ。

セットアップを使った着こなし


出典:http://wear.jp/room4823/10076786/

テーラードジャケットにハーフパンツのセットアップを使った着こなし。インナーやキャップにも茶色を使うことで、セットアップとワントーンにまとめられています。

上下のカラーが同じ色でまとまっているため、全体もスッキリと統一感がありますね。

ホワイトでまとめて


出典:http://wear.jp/deco2210/9710647/

オールホワイトのワントーンコーディネートです。白のカラーの色味を変えることで、アイテム同士でメリハリを出して自然なスタイルを作っています。

パンツは真っ白ですが、トップスはアイボリー系の色合いですね。パンツをロールアップすることで、足首を出してパンツとシューズの境目を作り出しています。

細身のパンツがコーデのシルエットを引き締めており、大人っぽさのあるスタイルに仕上がっています。

ネイビーを使って


出典:http://wear.jp/makisato/7839094/

インナー以外にネイビーを使ったコーデ。インナーのボーダー柄がコーデ全体をポップな印象に変えており、ダークトーンでまとめた着こなしが明るく仕上がっています。細身のパンツにゆったりしたトップス、インナーを合わせることでギャップのあるオシャレなシルエットが完成しています。

 

スポンサードリンク

3,ワントーンコーデにオススメ人気アイテムは?

ワントーンコーは難しいですが、オシャレな人たちが使っているアイテムを真似して使えば、コーデもやりやすくなります。ここではワントーンコーデにオススメな、取り入れるべきアイテムについてご紹介します。

ディッキーズのチノパン


画像アイテムはコチラ
・「ディッキーズ」のチノパン一覧を見る

アースカラーのワントーンコーデにオススメしたいのが、ディッキーズのチノパンです。ベージュ系やカーキ色など幅広いカラーが揃っており、ワントーンコーデに使っている方も多いです。

ハリのあるツイル素材がカジュアルで、ストリートスタイルや大人カジュアルにマッチした着こなしが作れます。

ロング丈のカットソー


画像アイテムはコチラ
・「ロング丈」のカットソー一覧を見る

ロング丈のカットソーは、ワントーンコーデの上下に線引きができるのでオススメ。上下同じカラーだと不自然な着こなしになりやすいですが、ロング丈のインナーをトップスから出すことで、トップスとパンツに境界線ができて自然なコーデになります。

長めのインナーは”こなれ感”を出すのにも優れているので、積極的にコーデに取り入れましょう。

ジャケットセットアップ


画像アイテムはコチラ
・セットアップ一覧を見る

ワントーンコーデを簡単にオシャレに見せたいのであれば、断然セットアップがオススメ。テーラードタイプのセットアップを使って、シンプルにローカットシューズと合わせるだけで、まとまりのあるワントーンコーデが完成します。

上下のカラーが揃っていれば、コーデが失敗するということは少ないです。セットアップスタイルは難易度が高いと勘違いされている方が多いですが、実はとっても簡単に着こなせます。

スキニーパンツ


画像アイテムはコチラ
・スキニーパンツ一覧を見る

オシャレなコーデにはスキニーパンツを使うのが一番です。スキニーはシルエットを引き締めてくれて綺麗なラインが作れます。

特にワントーンコーデは地味なコーデになりがち。そんなときはスキニーパンツを穿いて、オシャレなシルエットを作ることが大切です。

 

4,まとめ

以上です!今回はメンズにオススメしたい、ワントーンコーデ特集や、着こなし方法についてご説明しました。ワントーンコーデは、ブラック系であったりセットアップを使えば、簡単に着こなすことができます。

逆にアースカラーやホワイト色などを使って色合いを変えると、コーディネートがとっても難しくなります。その分上手く着こなせた時は、コーデ上級者のような普通の人では真似できないスタイルに仕上がります。

まずは「ブラックワントーンコーデ」「セットアップワントーンコーデ」などを身に付けて、そこから難易度の高いカラーや着こなし方法にチャレンジしていきましょう!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*