GW(ゴールデンウィーク)旅先別メンズコーディネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年も既に3月が終わろうとしています。
4月は心機一転の季節で、これを過ぎると皆さん楽しみにしているゴールデンウィークがいよいよやってきます!
今回は、旅先別に見るおすすめコーディネートをみていきましょう!

スポンサードリンク


目次
1.遊園地などのレジャー施設へ!
2.川や山でアウトドア!
3.街やアウトレットモールでショッピング!
4.ゆったりと観光地巡り!
5.まとめ


1.遊園地などのレジャー施設へ!

大型連休に遊園地へお出かけする方は特に多いかと思います。
カップル・家族・友人と、一緒に出かける方は違えど、やはり気になるのは旅先のファッションです。
レジャー施設の場合は、主に注意する点は『動きやすさ』と、『靴』の2点です。
ここではレジャー施設でのおすすめコーディネート見ていきましょう。

レジャー施設

 

爽やかシャツ男子

爽やかシャツ男子

春らしくデニムパンツを取り入れ、爽やかなカラーで全体をまとめたコーディネートです。
動きやすさを重視する時は、アイテムの伸縮性をよく確認する事をおすすめします。特に、パンツは伸縮性に優れているとストレス無く1日を過ごせます。

 

手荷物は全部リュックで

手荷物は全部リュックで

レジャー施設では、両手が自由に使える状態がベストです。そこで活躍するのがリュックなどですね。コーディネートは、このリュックに合わせてカジュアルなスタイリングをするとリュックが浮くことなく自然と溶け込むのでおすすめです。

 

ゆったりパンツでストレスフリー

ゆったりパンツでストレスフリー

出典:http://wear.jp/akiiiii3838/7337346/
 
近年主流のスキニーパンツはオシャレですが、1日中楽しみたい方にとっては窮屈かもしれません。ゆったりとしたワイドパンツやガウチョパンツですと、オシャレさもありつつリラックスをして過ごせます。足元も、カジュアルなスニーカーでアクティブにオシャレを楽しんでますね。

 

動きやすさ重視のショーツスタイル

動きやすさ重視のショーツスタイル

出典:http://wear.jp/fumimiyu/4252616/
 
ストライプのショーツとブルーのトップスで爽やかなコーディネートです。今年の春夏は、アビスブルーが流行すると言われているので、積極的に取り入れていくと良いですね。動きやすさではショーツに勝るパンツは無いと言ってもいいですね。足元はとても軽そうなシューズで負担も少なそうです。

※オススメ記事
⇒「2017春夏はトレンドカラー「アビス」に注目!」はコチラから


2.川や山でアウトドア!

GWに合わせて帰省する仲間たちと山や川でキャンプやBBQを計画している方も多いと思います。
遊ぶのが前提ですが、色々と準備や後片付けなどの雑務も多くこなさなくてはいけませんね。
アウトドアの場合は、主に注意する点は『カラー』と、『予備ライトアウター』の2点です。
ここではアウトドアでのおすすめコーディネート見ていきましょう。

アウトドア

 

ナイロンライトアウターでラフ&オシャレに

ナイロンライトアウターでラフ&オシャレに

出典:http://wear.jp/fumimiyu/4252616/
 
ナイロン系のアイテムは、少々の汚れだと軽く拭き取るだけで汚れが取れるのでアウトドアにはおすすめです。色合いも暗めなカラーで控えめだなと思う方がいるかと思いますが、キャンプ場などではこれ位が普通です。逆に、原色ばかりのコーディネートは悪い意味で目立ってしまいますね。コーディネートとしては、差し色として赤色のシューズがアクセントなり、虫刺され対策などにも最適のオシャレなレッグウェアなどコーデのバランスを取りながら上手にコーデをしています。

 

スポーティースタイル

スポーティースタイル

出典:http://wear.jp/mn85813/7259796/
 
ストレッチの効いたパンツで身動きが取りやすく、汚れも気にせず楽しめる黒色トップスで完全なるアウトドアスタイルですね。背中にはリュックを担ぎ、中には天候が変わった時の為に軽く羽織れるライトアウター等を入れていると完璧です。

 

小物使いでカジュアル過ぎないように

小物使いでカジュアル過ぎないように

出典:http://wear.jp/machiaki/7183623/
 
ラフ過ぎると余りにオシャレさがなくなってしまうものです。そこは小物使いで上手にカバーしましょう。アウトドアではメジャーなバケットハットや、サングラス、ネックレス、バンクルなどなど工夫次第でいくらでもカバーできますね。注意して頂きたい事は、川遊びなどの際にはしっかりと見に付けている物を外してから遊ぶ様にしましょう!

 

スポンサードリンク

3.街やアウトレットモールでショッピング!

遊ぶ事も大事ですが、せっかくの大型連休なので普段出向かないショッピングモールなどでショッピングする方も多いです。
アウトレットモールなどはオシャレをしに来る人達が集まる場所なので、ここでは精一杯オシャレをしましょう。
ショッピングの場合は、主に注意する点は『トレンド』と、『個性』の2点です。
ここではショッピングでのおすすめコーディネート見ていきましょう。

ショッピング

 

ビッグシルエット&ロング丈

ビッグシルエット&ロング丈

メンズファッションのトレンドアイテムの『ビッグシルエット』と、『ロング丈』を両方取り入れたコーディネートです。縦のレイヤードスタイルも確立し、ワンランク上のオシャレが楽しめます。カラーもモノトーンで統一した上で、シーズンムードのあるデニムをアクセントとしています。

 

爽やかなデニム使い

爽やかなデニム使い

出典:http://wear.jp/nok930/9573596/
 
白とブルーのデニムはとても爽やかで春の日差しに良く映えます。デニムは、ダメージ加工やブリーチ加工などを施しているものをチョイスすると個性が出るのでおすすめです。

 

個性のあるトップスを取り入れる

個性のあるトップスを取り入れる

シンプルなコーディネートに、個性的なアイテムをアクセントとして取り込んだスタイルです。ハットはカジュアルになり過ぎない様にドレス要素を取り入れるという意味では最高のアイテムなのでおすすめです。

 

4.ゆったりと観光地巡り!

おもいっきり遊ぶのも良いですが、ゆったりと観光名所を巡る休日も良いですよね。
観光地によっては、足元が不安定な場所や階段を何段も登った先に目的地がある場合もありますよね。
観光地巡りの場合は、主に注意する点は『動きやすさ』と、『靴』の2点です。
レジャー施設の注意点と同じ要点となりますが、観光地巡りの場合は少し『落ち着いたコーデ』を考慮すると良いかもしれませんね。
ここでは観光地巡りでのおすすめコーディネート見ていきましょう。

観光地巡り

 

暗めのカラーでデニムオンデニム

暗めのカラーでデニムオンデニム

出典:http://wear.jp/nori1204/8652180/
 
派手さがあるタウンユース向けのデニムオンデニムと違い、暗めなカラーで上下統一したデニムオンデニムですと観光地でも浮いたりする事はなくなります。足元もしっかりとしたスニーカーで歩き回る事にも対応しています。

 

基本はモノトーン+1色

基本はモノトーン+1色

レザーパンツは無骨感がやや強くなってしまうアイテムですが、ジョガーパンツタイプを選ぶ事で個性は残しつつ印象を和らげてくれます。シューズも軽量設計のドライビングシューズで負担を和らげてくれます。モノトーンでおさえている為、チェックシャツのイエローが上手なアクセントになっていますね。

 

大人の品格あるジャケットスタイル

大人の品格あるジャケットスタイル

出典:http://bitter-store.jp/portal/imakore/code-1/koutaro%20viwi17-10%20caryu17-02%20catn16-31%20650%202331.htm
 
ジャケットはフォーマル感が強い印象ですが、合わせるアイテムで上手に着こなす事が可能です。ダメージデニムなどと合わせるとカジュアルとドレスのバランスも上手くとれ、ワンランク上のコーディネートになります。

 

夏日に備えてショーツスタイル

夏日に備えてショーツスタイル

GWは夏日が予想される事もあるため、ショーツを使ったスタイルをする方も多いと思います。ジャケットやローファーでドレス要素を足してカジュアル過ぎない様に注意。足元は動きやすいスニーカーを合わせるのも良いかもしれませんね。

 

5,まとめ

いかがでしたか?

今回は旅先別のコーディネートをご紹介致しました。

どの旅先も、それぞれにTPOがあります。
BBQにビシっと決めたドレッシーなコーディネートで現れたり、オシャレな街でショッピングデートなのにスポーティーなジャージで現れたりしたら一緒に過ごす方が少々嫌な思いをする場合があります。
シーンに合ったコーディネートをするという事はとても重要な事ですね。

トレンドを取り入れたり個性を出しつつも、旅先で浮いたりしないように事前にどのようなコーディネートにしようかしっかりと考える事が大事です。
今年のGWは楽しい思い出を作りながらも、オシャレをしましょう!

良いGWになると良いですね。
それでは(^^)/

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*