メンズコーチジャケットの人気ブランド&おすすめコーデ・着こなし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
master_640_1

アメカジスタイルやスケーターファッションとして、人気のあるコーチジャケットをご存知でしょうか?最近では幅広いジャンルで取り入れられており、とってもオシャレなコーデを組んでいる方が多いですね。今回はそんなコーチジャケットのメンズの人気ブランドと、おすすめコーデを一挙ご紹介します!

スポンサードリンク

目次
1.コーチジャケットとは
2.コーチジャケットの人気ブランド
3.コーチジャケットを使ったコーディネート
4.まとめ

 

1.コーチジャケットとは

コーチジャケット
出典:http://reebok.jp/products/BC4804/?#.WA1wsfmLSM8

コーチジャケットとは、主にナイロン素材で作られたジャケットで、アメカジファッションやスケーターファッションでよく着用されるブルゾンの一種です。
流行中のMA-1ジャケットとの違いで言えば、襟がついているデザインという所ですね。

その他の特徴としては、袖口はゴムが入っている物が多く見かけられます。
他にも裾が搾れる様になっており、「スポーツ」「ストリート」などの特色が強いことが挙げられます。

コーチジャケットは、様々な有名ブランドから続々と新作が販売されており、その人気が計り知れます。

最近ではデザインはそのままに、ナイロン素材以外の物の登場も目につきます。
デニムやウール、綿などの素材のコーチジャケットも、徐々に人気がでてきています。

また、男女で特にデザインが変わらない物が多い為、カップルで兼用で使う方もいます。
最近のレディースファッションでは『ビッグシルエット』、『オーバーサイズ』のツートップが人気ですからね。

使い道という所では、普段のファッションに取り入れる方はもちろん多いのですが、スノーボードファッションとして着用される方もよく見かけます。
裾が搾れるデザインが多い為、スノーボードの時に着用しても、雪が中に入りにくい利点があるからですかね。
あとは、ナイロン素材である程度の防水・撥水性もあり、保温性もあるからよく使われているのかと思います。

元々は割とタイト目なデザインが多かったコーチジャケットも、流行りのせいか若干ゆとりのあるものも増えてきています。コーデによってデザインを上手くチョイスしましょう。

さて、次は各社有名ブランドから販売されているコーチジャケットをご紹介いたします。

 

2.コーチジャケットの人気ブランド

 

adidasのコーチジャケット

adidasのコーチジャケット
画像アイテムはコチラ
・「アディダス」のコーチジャケット一覧を見る

adidas(アディダス)から販売されているコーチジャケットです。

adidasはスポーツブランドとしてはもちろん有名ですが、近年ではファッションとしても非常に注目度が高いブランド。特に「Adidas Originals」はファッション性を意識して作られており、ハイセンスなファッションと高い機能面を実現させた人気のブランドとなっております。

 

NIKEのコーチジャケット

NIKEのコーチジャケット
画像アイテムはコチラ
・「ナイキ」のコーチジャケット一覧を見る

NIKE(ナイキ)から販売されているコーチジャケットです。

スタイリッシュなNIKE特有のブランドロゴがとってもオシャレで、トレンドのスポーツ感を取り入れることができます。中綿入りの商品も販売されており、防寒対策でも定評があります。

定番の黒が人気ですが、ナイキでは「白」「グレー」「ブルー」「イエロー」などといった、個性的なカラーのコーチジャケットも販売されています。

 

GUのコーチジャケット

GUのコーチジャケット
画像アイテムはコチラ
ジーユー オンラインショップ

GU(ジーユー)から販売されているコーチジャケットです。

ファストファッション界で勢いのあるGUからも、コーチジャケットが販売されています。
魅力としては、カラバリとサイズがとても豊富で、全国で販売されている為売り切れになる事も避けれますね。

まぁ、何よりもリーズナブルな価格設定が一番の魅力ですけどね。

※オススメ記事
⇒「GUで冬のメンズ服コーディネートをオシャレに着こなす!!」はコチラから

 

CHAMPIONのコーチジャケット

CHAMPIONのコーチジャケット
画像アイテムはコチラ
・「チャンピオン」のコーチジャケット一覧を見る

CHAMPION(チャンピオン)から販売されているコーチジャケットです。

チャンピオンから販売されているこちらの商品はバックデザインが無地なので、とても使いまわしが効くアイテムです。
フロントのロゴも、胸元と袖先に小さくあるだけで、とてもシンプルなデザインとなっています。

CHAMPIONは男女共に人気のあるブランドなので、ペアルックなどでも人気が高いブランドとなっています。さらに大人っぽくシンプルなデザインが豊富なので、30代や40代男性からも注目されています。

 

Stussyのコーチジャケット

Stussyのコーチジャケット
画像アイテムはコチラ
・「ステューシー」のコーチジャケット一覧を見る

Stussy(ステューシー)から販売されているコーチジャケットです。

ストリートの王道ブランドStussyからも、コーチジャケットが販売されています。
裏ボア仕様で、保温性・防寒性もばっちりでロングシーズン着用できます。

コラボ商品なども販売されており、限定感が興味をそそりますね♪
Stussyオリジナルロゴが胸元とバックにプリントされており、インパクトのあるデザインです。

 

UNITED ARROWS のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「ユナイテッドアローズ」のコーチジャケット一覧を見る

日本のセレクトショップブランド、「ユナイテッドアローズ」でもコーチジャケットは大人気。ユナイテッドアローズでは、ベーシックな無地デザインを多く取り揃えており、大人の男性やキレイめファッションに是非オススメ。

上質なナイロン素材と、スタイリッシュなデザインはまさにトレンドらしく、オシャレに”スポーツ感”を取り入れられます。

 

BEAMS(ビームス) のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「ビームス」のコーチジャケット一覧を見る

ビームスは日本を代表するセレクトショップ。シンプルなデザインの中に遊び心をプラスしており、ハイセンスなファッションを可能にしてくれます。若い男性はもちろんですが、40代や50代の世代からも人気が高いブランドとなっています。

 

VOLCOM(ヴォルコム)のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「ボルコム」のコーチジャケット一覧を見る

ボルコムはアメリカのスケートボード、スノーボード、サーフボードなどを取り扱うファッションブランド。ストリート系のスポーツブランドですので、雰囲気があってとってもオシャレです。ややゆったりしたサイジングで、幅広いファッションに取り入れられます。

 

Dickies(ディッキーズ) のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「ディッキーズ」のコーチジャケット一覧を見る

ディッキーズはアメリカで生まれたワークウェアブランド。現在ではストリートブランドとして親しまれています。

元々ワークウェアとして創業されているので、服の強度や耐久性には定評があります。しっかりしたコーチジャケットが一枚あれば、長く愛用できますね。

 

HUF(ハフ)のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「HUF」のコーチジャケット一覧を見る

ハフとは、スケートボーダーとして有名な、「Keith Hufnagel(キース・ハフナゲル)」によるスケートボードやストリートファッションを取り入れられたブランド。

ニューヨークで生まれ育ったハフナゲルがデザインしたアイテムは、現在では幅広いジャンルのファッションで愛されています。インパクトのあるバックプリントが特徴的で、シンプルなコーチジャケットとは一線を画したデザインに。

 

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「ノースフェイス」のコーチジャケット一覧を見る

ノースフェイスは世界屈指のアウトドアブランドです。登山やスポーツを考えて作られているので、風を通さず機能面でも高い評価があります。もちろんデザインの面でも手を抜くことはなく、毎年トレンドを意識したデザインのアイテムを販売しています。

各ブランドとのコラボなども行っており、益々目が離せないブランドですね。

 

Supreme(シュプリーム)のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「シュプリーム 」のコーチジャケット一覧を見る

ストリートブランドとして独自のスタイルを追求しているブランド、「シュプリーム」。独特のデザイン感と個性のあるスタイルは、世の若者を魅了し続けており、常に最先端のデザインを意識しています。

シュプリームもスポーツブランドとコラボを行っており、個性的でオシャレなコーチジャケットが多数販売されています。コラボ商品はちょっと高いですが、他では手に入らないのでオススメ。

 

new balance(ニューバランス)のコーチジャケット


画像アイテムはコチラ
・「ニューバランス 」のコーチジャケット一覧を見る

ニューバランスはアメリカのマサチューセッツ州ボストン市のスポーツブランドです。おもにシューズやスニーカーがメインで販売されており、若者から人気が高いです。

ファッショアイテムも最近では注目度が増しており、シンプルなコーチジャケットに「NB」のブランドロゴが入ったデザインはとってもオシャレ。

 

スポンサードリンク

3.コーチジャケットを使ったコーディネート

各社からコーチジャケットが続々と販売されている中、それぞれが好みのブランド・デザインのコーチジャケットを手に入れて愛用をしています。
続いては、コーチジャケットを使ったコーディネートを見ていきましょう!

 

赤色でストリートらしく


出典:https://matome.naver.jp/odai/2142396575042201001/2142514072266310203

赤色のコーチジャケットにグレーのパーカーを合わせたコーディネート。ジャケットのプリントがカジュアルで、ストリートらしさを演出しています。パンツはスキニータイプを選び、コーチジャケットのゆったりしたシルエットを引き締めています。

赤色がとってもインパクトが強く、ファッション性の高まった着こなしに。

 

ベージュ色を使って


出典:http://wear.jp/fzzzy921/10783795/

ベージュのコーチジャケットにストライプシャツを合わせた着こなし。シャツを使うことで、コーデが上品で大人っぽく仕上がっていますね。コーチジャケットはナイロン素材でカジュアルな印象ですが、実は”襟”がついている分大人っぽくフォーマルさも備わっているアウター。

ちょっと上品で大人カジュアルな雰囲気ですね♪

 

大きめサイズでコーデ


出典:http://wear.jp/zipkon/10757321/

グレー色のビッグシルエットコーチジャケットを使った着こなし。モノトーンでまとめているので落ち着いた雰囲気ですが、ジャケットの程よいビッグ感がトレンドらしくてとってもオシャレ♪

スキニーパンツとの相性もよく、かっこよくまとまっています。

 

ネイビー色で揃えて


出典:http://wear.jp/leyline0629/9254401/

コーチジャケットとスニーカーを「ネイビー」で揃えたコーディネート。全体をブラックとネイビーのみでまとめているので、ストリートコーデが大人っぽく仕上がっています。

パンツにはジョガータイプを使ってスポーツ感を強めた着こなしに。

 

スウェットパンツとラフに


出典:http://wear.jp/lowjack1985/10753966/

スウェットパンツにコーチジャケットを合わせたラフなスタイル。スウェットパンツを選ぶ時は「細身の物」を選ぶようにしましょう。ゆったりしたスウェットパンツは、ラフすぎるので部屋着っぽい印象を与えてしまいます。

スニーカーやリュックがスポーツ感をプラスしておりトレンドっぽい着こなしに。

 

ロング丈インナーとあわせて


出典:https://mens.tasclap.jp/a1907

ロング丈のインナーを使ったコーディネート。インナーに着丈の長いものを選ぶと、コーデ全体のシルエットが「縦長」に映りスタイリッシュさを表現できます。さらにアンクル丈のスキニーパンツを使って、さらに細身のシルエットに仕上げています。パーカーやキャップがカジュアルさを取り入れており、大人ストリートな雰囲気に。

 

ワイドパンツを使って


出典:http://wear.jp/4to2/10564072/

カーキ色のコーチジャケットにワイドパンツを合わせたスタイル。全体を無地で合わせているので、キレイめ要素が漂う大人っぽいファッションです。ベルトやチェーンなどの小物使いが上手く、シンプルなトーンにアクセントを加えています。

ワイドパンツはコーデで使えるようになると、オシャレ感がグンとアップします。下記記事から着こなし方法をチェックしておいて下さいね。

【関連記事】・メンズワイドパンツの着こなしコーデ特集&おすすめ人気ブランド

 

白のコーチジャケット


出典:http://wear.jp/papa94/8475459/

白系のコーチジャケットに薄いデニムを合わせた秋スタイル。全体に明るいカラーを取り入れており、コーデ全体が爽やかですね。コーチジャケットの黒色はクールでストリートっぽさが強く出やすいですが、白であればキレイめ要素を全面に出せます。

さらにちょっと個性もあってかっこいいですね。

 

ハーフパンツと合わせて


出典:http://wear.jp/leyline0629/9929322/

夏~秋の時期であればまだまだ暑い日も続きます。そんな時はハーフパンツにコーチジャケットを合わせるのもおすすめ。ストリート感が強く出て、とってもかっこいい着こなしが完成します。

ストリート感が強く出る場合は、子供っぽくならないように気をつける必要があります。コチラのコーデでは白黒のモノトーン色でまとまることで、大人っぽく落ち着きのあるスタイルに仕上げています。

 

ボーダー柄でポップに


出典:https://mens-modern.jp/487?page=3

インナーと靴下にボーダー柄を使った着こなし。ボーダー柄が入ることでポップな印象になり、オシャレ感が出ますね♪それ以外はブラックでまとめて、全体のコントラストを大切にしたコーディネート。

 

ニット帽と合わせて


出典:http://wear.jp/yfukuda0501/10689117/

黄色のニット帽がコーデのアクセントになっています。アウターにはビッグサイズのコーチジャケットを使って、ストリート感のある着こなしに。アウターにビッグサイズを使う場合は、インナーにもロング丈かビッグ系のものを取り入れるのがオススメ。

 

コーチジャケットを使ったレイヤードスタイル

コーチジャケットを使ったレイヤードスタイル
出典:http://wear.jp/90u10/8268136/
 
流行りのビッグシルエットのパーカーと、ロング丈インナーで縦のレイヤードを意識したコーディネート。

全体的にモノトーンで統一していますが、濃淡・素材で差をつけているので野暮ったくなっていませんね。
パーカーを中に着ることで、カジュアル要素を取り入れたストリートスタイルに。

 

ワイドパンツと合わせる

ワイドパンツと合わせる
出典:http://wear.jp/bz0178/8252376/
 
オシャレな男子は是非ともワイドパンツを合わせて頂きたい。

インナーのビッグシルエットのニットセーターが、季節感を漂わせていますね。
足元は、アンクルパンツだからこそハイカットスニーカーで攻めるべき。

一見薄着に見えますが、ウールタッチのコーチジャケットだから保温性は抜群です。

アクティブなコーチジャケットには、意外とワイドパンツが合うのがお分かり頂けたでしょうか?

 

スケータースタイル

スケータースタイル
出典:http://wear.jp/tenpastudio/8194572/
 
上手に抜け感を表現したスケータースタイルコーディネート。

モノトーン系のアイテムを多く取り入れる事で、差し色として使ったターコイズカラーのコーチジャケットと、シューズのピンクが喧嘩をせずに上手にまとまっていますね。

細部に渡り拘りを感じるコーデですね。

 

チェックシャツをアクセントに

チェックシャツをアクセントに
出典:http://wear.jp/wear10006/8232441/
 
全体をモノトーンでまとめて、落ち着いた印象に。

インナーにチョイスしたチェックシャツが、アクセントとなりコーデをまとめてくれています。
チェック柄は、明る過ぎない程度のカラーを選ぶのがポイントです。

パンツはスウェット素材のジョガーパンツで、暖かさもありYラインシルエットを強調してくれるのでおすすめです。

コーチジャケットが程よくボリュームを出しており、下半身をスッキリ見せてくれるスキニーパンツとバッチリ決まっています。

 

タートルネックを合わせる

タートルネックを合わせる
出典:http://wear.jp/andacode67/2271346/
 
コーチジャケットは、タートルネックセーターとの相性も良いです。
冬は首周りがとても寒くなりますよね。
タートルネックセーターは知的な印象もあり、とても暖かく冬の定番アイテムと化しています。
コーチジャケットなら、そんなタートルネックと合わせてもサマになります。

こちらも全体的にモノトーン系配色のコーディネートですね。

バケットハットとコーチジャケットの組み合わせですが、両アイテム共にアウトドア向きの物なので、コレらも相性が良いんですね。

 

インナーに柄シャツもおすすめ

インナーに柄シャツもおすすめ
出典:http://wear.jp/taka0316/8263083/
 
ここまでご紹介してきたコーデはインナーにモノトーン系をチョイスしたものばかりでした。

冬場はコーデのカラーリングは自然と暗くなりがちです。
あまり派手過ぎるコーデより、モノトーンで抑えておくのが良いでしょう。

しかし、コーチジャケットは冬だけの物ではありません。
秋や春は、インナーに柄シャツを取り入れる事をおすすめします。
コーデのアクセントにも丁度よく、モノトーン+1色でコーデをすればカジュアルになり過ぎる事も避けることができます。

 

ボーダー柄を取り入れる

ボーダー柄を取り入れる
出典:http://wear.jp/mokashio0825/6633861/
 
柄シャツに引き続き、ボーダー柄を取り入れたコーディネートです。
ボーダー柄は爽やかな印象もあり、若い方々にはこちらをおすすめ致します。

差し色としてのニット帽のロイヤルブルーがアクセントとなり、全体を整えてくれています。

第一ボタンのみを付けた着方が、とっても個性的。コーディネート自体はもちろんですが、着用の仕方一つで印象はガラリと変化をします。
いつものコーデも一工夫をして、自分だけのオリジナルコーディネートをすると、より一層オシャレさが際立ちます。

 

4,まとめ

いかがでしたか?

今年注目のコーチジャケットについてご紹介いたしました。

気になっていた方は是非とも手に入れて頂きたいですし、存在を知らなかった方にはこの冬までに要チェックして頂きたいアイテムです。

コーチジャケットのおすすめ着こなし

・ロング丈やビッグシルエットを合わせて、縦のレイヤードを意識
・インナーにパーカーやトレーナーを合わせて、カジュアルに程良い抜け感
・タートルネックで知的な印象
・柄物や色物を上手に取り入れ、モノトーン+1色を意識

コートやジャケットは冬の定番アイテムで、周りと似たファッションになりがちです。
MA-1やスカジャンは、流行に流されてるから避けたいなと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

今徐々に人気が出てきているコーチジャケットだからこそ、周りとかぶる事も少なくなるかと思います。
着こなし一つで個性が出せデイリーに着まわせるコーチジャケットをゲットして、今年の冬に備えましょう!

それでは。

 
※関連記事
⇒「ナイロンジャケットでメンズコーディネート特集!オススメブランドは?」はコチラから

⇒「キルティングジャケットでオシャレなメンズコーディネート」はコチラから

⇒「ボアパーカーのメンズコーデとオススメブランド紹介」はコチラから
 

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*