差し色ロイヤルブルーで作るメンズファッション着こなしコーディネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
249123955_3

オシャレをする上でカラーは重要な要素となってきます。カラーバランスを間違えるとせっかくオシャレしていても、とっても”ダサい”服装になってしまいます。

スポンサードリンク

今回メンズのコーディネートに取り入れて欲しいカラーが「ロイヤルブルー」です!ロイヤルブルーは1色いれるだけで、コーディネート全体が華やかになりオシャレに見えます。

それではロイヤルブルーを使ったメンズの着こなしをチェックしていきましょうね。


目次
1.ロイヤルブルーについて
2.ロイヤルブルーの着こなしのポイント
3.どんなアイテムがオススメ?
4.ロイヤルブルーを使ったメンズ着こなしコーデ
5.まとめ

 

1.ロイヤルブルーについて

 

ロイヤルブルーとは鮮やかなブルー

ロイヤルブルーについて
ロイヤルブルーとは鮮やかな青色です。とても綺麗なブルーでファッションの一部に取り入れるだけで、コーデ全体が明るくオシャレに見えます♪レディースではもちろん大人気ですが、メンズでもオシャレな方は取り入れています。ネイビー系のブルーなどと比較すると「コーデが難しい」と思われる方もいますが、ポイントさえ抑えておけば簡単にコーディネートすることができます。

古代ローマ時代では高貴な地位の象徴といわれたカラーで、上品さと高級さをイメージさせるブルー色です。イギリスでは「キングズブルー」とも呼ばれているそうです。

 

他のブルー系カラーと比べても綺麗な色合い

ブルー系のカラーはたくさんの種類がありますよね。どのカラーにも個性がありそれぞれの良さがあります。その中でもロイヤルブルーはファッション以外でも人気が高いカラーとして親しまれてきました。それでは他のブルーカラーと比較してみましょう。

【ロイヤルブルー】

ロイヤルブルー

【コバルトブルー】

コバルトブルー

【ネイビーブルー】

ネイビーブルー

【ライトブルー】

ライトブルー

【スカイブルー】

スカイブルー

【ダックブルー】

ダックブルー

【ホライズンブルー】

ホライズンブルー

似ている色合いのものもありますが、細かく説明するとまだまだブルーの種類だけでもあります。「ブルー」と一言でいってもとっても奥が深いカラーですね。

 

2.ロイヤルブルーの着こなしのポイント

ロイヤルブルーについて

ロイヤルブルーは他のカラーに比べても明るく主張が強いカラーになります。ですので色をごちゃごちゃと混ぜずにシンプルにコーデをするのが一番まとまりやすいです。

 

差し色として使う

「差し色コーディネート」という言葉をご存知でしょうか?オーソドックスなコーデ方法としてはモノトーンにプラス1色で差し色を合わせるという方法です。このコーデの方法はとても合わせやすく、自然にカラーを取り入れることができます。派手なカラーをコーデに取り入れたことがない方には是非おすすめしたいコーデ方法ですね♪

パンツ(白)+靴(白)+ニット(ロイヤルブルー)

ニットコーデ

ファッションの一部に差し色として取り入れるのはとてもオシャレですよね?こういったコーディネートは難易度も高くなく簡単なので是非取り入れて見ましょう。毎回白や黒ばかりですと「オシャレ」と思われなくなってしまうかもしれませんよ。

白や黒に1色だけロイヤルブルーを取り入れるだけでイメージが変わります♪

 

小物に使ってもおしゃれ!

マフラーの差し色

パンツやトップスなどの服にブルーを入れるのに抵抗があれば、小物に使うのもおすすめです。小さい小物であれば服ほど抵抗がなく取り入れることができるのではないでしょうか?写真では「コーデはモノトーンで統一し、マフラーがロイヤルブルー」となっています。

服に取り入れる場合と同じで、マフラーに差し色を使うなら服はモノトーンでまとめましょう。

2箇所、3箇所とブルーを入れたり、ブルーとレッドを入れてみるなどのコーディネートもありますが、最初のうちは失敗しやすいです。

ですので必ず、「モノトーンコーデ+1色(ロイヤルブルー)」でのコーデをおすすめします。

 

白や黒などハッキリしたカラーとの相性がいい!

黒×ロイヤルブルー
出典:https://jooy.jp/43323

ロイヤルブルーは黒、白との相性がとってもいいです。デニム系カラーやベージュ、グレーなどとも合わせられるのですが、白や黒のほうがコーデが簡単でオシャレにまとまりやすいです。

白と黒はハッキリした色合いでロイヤルブルーの良さを引き出してくれます。カラー同士でぶつかり合うこともなくブルーの鮮やかさが引き立ちますね♪

 

スポンサードリンク

3.どんなアイテムがオススメ?

ロイヤルブルーをコーデに取り入れるならどのパーツがいいでしょうか?トップス?パンツ?何箇所もブルーをいれるのでなくどこか1箇所にブルーを取り入れることが、ロイヤルブルーをうまく着こなすコツだと思いますよ♪

 

おすすめ1:トップス

ニット

トップスだと夏にはTシャツや半そでシャツにポロシャツなど、秋や春には長袖シャツやニット、カーディガン、パーカーなど様々なアイテムに取り入れることが可能です。最近ではロイヤルブルーも定番色となりつつあり色々なアイテムで見かけますね。個人的にはニット、Tシャツ、カーディガンあたりがコーディネートしやすくておすすめです♪

 

おすすめ2:バッグ

クラッチバッグ
出典:http://schwartz.jp/9199414b
トートバッグ

バッグですとトートバッグクラッチバッグがおすすめです!大き目のバッグだとインパクトが強すぎるので、小さめなバッグがコーデの丁度いいアクセントになります。クラッチバッグはとても上品で大人っぽいアイテムなので、品のあるロイヤルブルー色とマッチしますね。

トートバッグのブルー色もとてもキュートでオシャレな雰囲気になります。

 

おすすめ3:アウター

コート

アウターはかなりインパクトが強くなりますが、個性的でおしゃれなファッションを楽しめます。目立ちたいメンズの方には是非おすすめします♪特にカジュアル系のダウンやブルゾンより、フォーマルなコート系で着用してほしいです。コートのほうがロイヤルブルーの良さを引き立たせてくれれます。

ロイヤルブルーの良さとは「品があっておしゃれ」なところですね。

 

おすすめ4:シューズ

カジュアルブルーシューズ

シューズは少しコーディネートが難しいかもしれません。靴というのは各パーツの中でも一番落ち着いたカラーが好まれる傾向があります。特に男性の場合はブラックやブラウン、白がほとんどの割合を占めますね。ですのでロイヤルブルーの靴を履いているとかなり個性的で奇抜に見られやすいです。

カジュアル系のシューズの方がコーデには向いていますね。

 

おすすめ5:インナー

ブルーインナーコーデ

インナーに差し色を使うのはとってもおすすめです。初心者でも違和感なくコーデすることができるので、是非取り入れてみてください。冬であればアウターの中にニットを着たり、夏には白シャツの中にブルーのTシャツを着てもおしゃれですね♪

インナーで着用するとロイヤルブルーが露出する面積が減ります。その分派手派手しさが無くなり落ち着いて見えますね。カラーアイテムに抵抗がある方はまずはインナーに使用してもいいかもしれませんね。

 

おすすめ5:パンツ

青パンツ着こなし

ブルーのパンツはおしゃれですが個性的で奇抜さが出ます。女性ですと違和感がないのですが、男性の場合「おしゃれを頑張っている感じ」が出てしまうとかっこ悪いので注意しましょう。ブルーのパンツを穿くときは大人っぽくラフにコーデするのがおすすめですね♪

カラーパンツを穿くときはどのカラーも同じですが、大事なのは”ラフさ”です。

 

4.ロイヤルブルーを使ったメンズ着こなしコーデ

 

ロイヤルブルーのカットソーを使ったコーデ

ロイヤルブルーのカットソーを使ったコーデ
出典:http://kurumani.com/?p=5444

トップスにロイヤルブルーを使い全体を白系でまとめてたコーディネートです。リゾート系の雰囲気でまとまっており、クラッチバッグがとても大人っぽいですね◎

アンクル丈のパンツとカジュアルシューズがとてもラフでオシャレです♪

 

トップスにブルーを使ったコーデ

メンズコーデ

トップスにロイヤルブルーのシャツを使いインナーにはフォト系のTシャツを着用しています。フォトやプリントTシャツは、無地の物よりもカジュアル感を出すことが出来ます。

パンツは黒のダメージスキニーシューズ、シューズは流行のコンバットブーツを使っており、全体的にトレンドのアイテムを上手く使ったコーデですね。ブーツとスキニーパンツのカラーを「ブラック」に統一することで、足長効果を生み出すことが出来ます。

 

綿麻ブルーシャツ×白パンツコーディネート

綿麻ブルーシャツ

カジュアルな綿麻素材のシャツに綿麻の白パンツを合わせたコーデです。七分袖の綿麻シャツは調度いい感じにラフさが出ますね。綿麻素材のアイテムは春~夏には大人気で、特にシャツはその中でも人気が高いです。

ボーダーのドライビングシューズや白のパンツが季節感のあるオシャレなコーデになっています。

 

チェックシャツ×バイカーデニムコーディネート

カジュアルコーデ

チェックシャツのロイヤルブルー色であればとても着用しやすそうですね♪無地のものに比べてカジュアルな柄が入っているものは、奇抜さが少なくコーデも簡単です。

チェックシャツであれば腰巻にしてもコーデのアクセントとして使えそうです。パンツにはバイカーパンツ、シューズはハイカットスニーカーを使っています。カジュアルですが清潔感があり、女性にも人気が高いメンズコーディネートですね。

 

ニット帽×シャツカジュアルコーディネート

ニット帽メンズコーデ
出典:http://wear.jp/snb0505/4161229/

青のニット帽を使った着こなしです。白シャツとデニム、サンダルで全体をシンプルにまとめて、差し色としてニット帽を使っています。

ニット帽は素材次第でどの季節でも着用できます。秋や冬であればアクリル素材の物を選び、春や夏には綿素材のニット帽を選びましょう。被り方としては深く被るのではなく、軽く乗せるように被ることに気をつけましょう。

 

Pコートを使った冬のロイヤルブルーコーディネート

Pコート

メンズファッションでもロイヤルブルーがだんだん浸透してきています。Pコートなどのアウター類でも定番となってきていますね♪ブルーのコートは上品で品のあるコーデになります。

ロイヤルブルーのコートはインパクトがかなり強いので、その他のアイテムは白黒などのモノトーンであわせることをオススメします。

 

ロイヤルブルーカーディガン×デニムコーディネート

ブルーカーディガン

ブルーのカーディガンをダメージデニムとラフに着こなしています。腕まくりやパンツのロールアップがさらにラフさを演出しており、うまくコーデがまとまっていますね♪カーディガンはロイヤルブルー以外のカラーでも、メンズコーディネートがしやすいです。

ちなみにカーディガンはインナーとしても便利なので、冬にはアウターとのコーデを楽しみましょう。

 

5.まとめ

ブルー本
出典:https://jp.pinterest.com/pin/292734044512000998/

ロイヤルブルーの着こなしについて少しは参考になりましたか?普段白や黒のファッションコーディネートばかりだと、周りから地味に見られてしまいます。

たまに差し色を1色入れるだけでも周りの反応は全然変わりますよ。ロイヤルブルーを使用する際はポイントだけ守ってコーデしましょう。

・モノトーン+1色(ロイヤルブルー)が一番簡単にコーデできる
・シューズやパンツはコーデの難易度が少し高めだが、小物やトップスは簡単にコーデができる
・ロイヤルブルーはカジュアル系でもフォーマル系でもOK

男性でもおしゃれな人はすでにコーデに取り入れています!是非乗り遅れる事なくロイヤルブルーコーディネートを楽しんでください。

 

 
※関連記事
⇒「冬のメンズファッション着こなしコーディネート2016年~2017年」はコチラから
 

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*