男の髪にリンス・トリートメント・コンディショナーは必要?いらない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャンプーはほとんどの男性がしていますが、「リンス」「トリートメント」「コンディショナー」って男性の髪に必要なのでしょうか??

スポンサードリンク

リンスやトリートメントは基本的に髪に良いものとされていますが、使い方を間違えたり、合わない人が使うと逆効果を生みます。

男性の場合、「抜け毛が増える」「頭皮が荒れる」「薄毛に繋がる」こんな事態を招く恐れがあります。

ですので自分はリンスやトリートメントが本当に必要なのか?についてしっかり考えていきましょう。

何となくトリートメントを使うのではなく、今回の記事を読んで、自分に合った髪の毛・頭皮ケアを見つけて下さいね。

 

1.リンス・トリートメント・コンディショナーの違い

「リンス」「トリートメント」「コンディショナー」の効果や違いって皆さんちゃんと理解していますか?まずはこれらの効能について正しい知識をつけておきましょう。

ちなみにこの三つは、シャンプーの後に行うのですが基本的な役割は同じです。洗髪後の髪の表面を保護するのが主な目的ですね。しかしそれぞれ微妙な違いが存在します。

 

リンス

リンスは髪の表面を保護して、キューティクルの傷みを防ぎます。洗髪で失った「必要な油分」を補ってくれるので、髪の指通りがよくなり、クシなども通り易くなります。洗髪後はキューティクルが開き、髪の水分が蒸発しやすいのですが、それもリンスをつけることで防ぐことができます。

 

トリートメント

リンスは髪を表面上で守るだけですが、トリートメントは保護しながらさらに「栄養素」を髪に与える事ができます。ここがリンスとトリートメントの大きな違いですね。

必要な栄養素を送ることで、髪を中から強くして元気にするのがトリートメントの役割です。もちろんリンス同様髪を外側からも保護してくれるので、リンスより髪にとってはいいですね。

リンスはつけてすぐに洗い流してもいいのですが、トリートメントは栄養を浸透させるためにも、10分程度はつけて放置しておくのが望ましいです。

 

コンディショナー

コンディショナーはリンスとトリートメントの間に位置する存在です。リンスより髪の表面の保護力が強く、保湿効果なども期待できます。もともとは栄養素はないとされていましたが、最近ではコンディショナーも改良されており、トリートメントのような「栄養素」を含んでいるものも販売されています。

 

2.男性の髪にリンスは必要?いらない?

結論から申しますと、男性だからという訳ではなく髪の長さや髪質によって必要かどうかが変わります。

基本的にはショートヘアなど短い髪型であれば、リンスやトリートメントは使わない方が良いです。なぜならこれらが頭皮についてしまうと、頭皮に悪影響を及ぼすからです。

 

髪の短い男性は頭皮につきやすい

女性は髪の毛が長いので、毛先にのみリンスやトリートメントをつけられますが、ほとんどの男性は髪が短いので髪につけたつもりでも、頭皮にまでリンスやコンディショナーがついてしまっています。

頭皮にリンスやトリートメントがつくと、毛穴が詰まったり、フケなどの原因に繋がります。そこから抜け毛になり最悪の場合、ハゲを促進させることになります。

髪にいいと思ってやっていた事が、結果的にハゲる原因になったら最悪ですよね・・・

男性の頭皮はもともと油分が多いので、そこにリンスやトリートメントの油分がつくと、頭皮はギトギト状態になってしまいます。

 

リンスやトリートメントは流れ落ちにくい

「リンス」「トリートメント」「コンディショナー」は、頭皮についたまま放置してしまうと頭皮に悪影響を及ぼすし最悪です。さらに厄介なのが、これら三つは頭皮に一度つくと、吸着力が強く中々洗い流せないのです。

綺麗に洗い流したつもりになっていても、実際は頭皮にしっかりこびり付いており「痒み」などを生み出します。頭皮についたリンスやコンディショナーは、雑菌のエサになるので雑菌が繁殖しやすくなります。

 

スポンサードリンク

3.リンスやトリートメントが必要な男性

続いては、リンスやトリートメントが必要な男性をご紹介します。

イメージとしては「トリートメント>コンディショナー>リンス」となり、よりサラサラにしたかったり髪の毛をキチンと修復したい場合は、トリートメントを使うのが良いでしょう。

反対にそこまで必要性がない場合は、リンスを使うのがお勧め。

それではどのような男性に必要なのか見ていきましょう。

【リンス・トリートメント・コンディショナーが必要な男性】
●ミディアムやロングヘア
●ブリーチやパーマで髪が傷んでいる
●髪の量が多い
●くせ毛・天ぱ

 

ミディアムやロングヘア

髪が長いミディアム~ロングヘアの男性であれば、髪同士が絡まって抜け毛に繋がります。そういった場合は毛先にトリートメントやリンスをつけるのはOK。

やはり髪が痛んでいるとクシで毛が抜けやすくなります。ですのでトリートメントを使って、指通りをよくしておくのは、髪や頭皮にとってもメリットは大きいです。

 

ブリーチやパーマで髪が傷んでいる

ブリーチやパーマで髪が傷んでしまっている場合も、髪の毛の修復のためにトリートメントなど使用したほうが良いです。

ただしショートヘアでブリーチをしているような場合は、頭皮につかないように少量でOKです。

 

髪の量が多い

髪の毛が太かったり、量が多い場合は、全体にボリュームが出てしまうのでリンスやコンディショナーを使った方が良いです。

リンス・コンディショナー・トリートメントは、髪をサラサラにしてボリュームを抑えてくれます。

 

くせ毛・天ぱ

くせ毛や天ぱの男性も、リンスやコンディショナーを使うと髪がサラサラになるのでオススメです。こちらも上記と同じ理由です。

 

4.リンスやトリートメントが必要ない男性

続いては反対に、リンスやトリートメントが必要ない男性をご紹介します。

【リンス・トリートメント・コンディショナーがいらない男性】
●ショートヘアor坊主
●刈上げやツーブロック

 

ショートヘアor坊主

ショートヘアや坊主であれば、問答無用でシャンプーだけでOKです。短い髪型だと頭皮にまで付着しますので、結果的に頭皮があれて髪の毛にも悪い影響を及ぼします。

 

刈上げやツーブロック

刈上げやツーブロックをしている男性も注意が必要。刈上げ部分はリンスが付着しやすいので、できれば使わない方が良いです。

トップの長さがある部分にだけ使用する場合も、刈上げ部分には付着しないよう気をつけましょう。

 

5.男性の髪や頭皮ケアにはシャンプーが大切

男性が頭皮や髪のケアで注意すべきなのは、リンスやトリートメントではなく「シャンプー」です。男性用の正しいシャンプーを使って、正しい洗い方を身に付ければ、シャンプーだけで健康的でハゲない頭皮や髪の毛を手に入れる事ができます。

 

男性に合ったシャンプー選びをする

まずよくありがちなミスが、市販で販売されているシャンプーを使うこと。市販で販売されているシャンプーは洗浄力が強い物であったり、女性の頭皮に合わせられて作ってあるものがほとんどです。

洗浄力が強すぎると、必要な油分も取り除いてしまい、頭皮はそれをカバーしようとより多くの皮脂を出してしまいます。これが毛穴を詰まらせたり、雑菌を繁殖させるもとになります。

女性の頭皮に合わせて作られたものもオススメしません。女性の頭皮は油分が少ないので、それにあわせて作られているものは洗浄力が極端に弱く、油分を多く含んでいるのが特徴です。

油分の多い男性の頭皮に女性用シャンプーを使えば、綺麗に洗浄できないばかりか、不必要な油分を与えてしまい頭皮の状態をさらに悪化させてしまいます。

 

プレミアムブラックシャンプーで頭皮ケアを行う

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】

男性の頭皮ケアを行うならプレミアムブラックシャンプーがオススメです。プレミアムブラックシャンプーは、メンズ向けに開発された頭皮をケアしてくれるスカルプシャンプー。

「洗う+3分間のヘアパック」で炭化したクレイ(泥)の特殊成分が、頭皮のすみずみまで浸透して栄養と潤いを与えます。

弱酸性で作られており「ノンシリコン」「石油系界面活性剤不使用」「合成香料不使用」「着色料不使用」「防腐剤不使用」なので、頭皮への刺激が少なく安心して使用する事が可能です。

プレミアムブラックシャンプーを使えばトリートメントやコンディショナーの必要がなく、コレ一本で頭皮のトータルケアを行ってくれます!

シャンプー一本で済むので、お金が掛からず経済的にも負担が少なく済みます

男性特有の「皮脂成分」を綺麗に取り除き、天然由来成分が正しい保湿を行い、髪や頭皮をサポートしてくれます。頭皮の「臭い」「ふけ」「かゆみ」対策には、プレミアムブラックシャンプーが断然オススメ。

【プレミアムブラックシャンプーの詳細】
・単品価格 5,280円
・定期購入 4,752円(送料無料)
・内容量500ml

 

6.正しいシャンプーの仕方や頭皮ケア

頭皮ケアで必要なのは、リンスやコンディショナーを使用する事ではなく、正しいシャンプーを使い、正しい洗い方やケアを実践すること。

先ほどシャンプーの選び方についてはご紹介したので、次は正しい髪や頭皮の洗い方をご紹介します。

【正しいシャンプーを使った洗い方】

1,ぬるま湯を使って指の腹で頭皮の汚れを落とす

2,手のひらで500円玉程度のシャンプーをあわ立てる

3,髪全体に馴染ませて指の腹を使って頭皮を洗う

4,しっかり洗い流す

最初にシャンプーなしで頭皮を洗えば、汚れの8割を落とせます。

シャンプーは必ず頭皮に直接つけるのではなく、泡立ててから頭につけましょう。そうすることでシャンプーの洗い流しを防ぐことができます。

最後のすすぎは、最低でも5分程度は必要です。シャンプーを使って洗うのと同じくらいすすぎに時間を掛けてください。

 

すすぎ残しが一番だめ!

リンスやトリートメントはもちろんですが、シャンプーもすすぎ残しが一番頭皮に悪影響を与えます。しっかりあわ立ててからシャンプーをつければ、5分程度の水洗いで綺麗に洗い流す事ができます。

リンスやトリートメントの場合は、液体がそのまま頭皮につくので、この程度の洗い方では頭皮から落とすのが難しいです。

 

ドライヤーで根本まで乾かそう

最後の仕上げがドライヤーです。たまに自然乾燥させる人がいますが、これも絶対NGです。髪が濡れている時はキューティクルが全開に開いた状態です。

放っておくと、髪の水分が外に逃げるしダメージも受けやすいです。お風呂から上がった後は、すぐにドライヤーを使い髪だけでなく頭皮から乾かすようにしてください。

頭皮が濡れていると、雑菌が繁殖し易くなります。

 

本気で頭皮ケアしたいなら育毛剤を使用する


【公式サイト】
チャップアップ(CHAPUP)

髪や頭皮を本気で育てたいなら、「育毛剤」を使うのがオススメです。育毛剤には育毛・発毛促進や、脱毛予防などの効果が期待できます。

頭皮環境を正常化して髪を育てるので、太く強い髪を求めている方にオススメ。

チャップアップはネット上での口コミがとにかく多く、利用者も多いことから安心して使用する事ができます。

髪や頭皮に必要な栄養素を与えて育てるだけでなく、薄毛や脱毛を予防する海藻エキスが多く含まれています。

定期購入であれば永久全額保証がついており、効果が感じられないようであれば全額返金してもらう事が可能です。


【チャップアップの価格】

・9,090円(セット定期購入)
・7,400円(一本通常価格)
・容量370ml
・全額返金保証つき(定期購入のみ)

 

7.まとめ

以上です。今回は、男の髪へのリンス・トリートメント・コンディショナーの必要性についてご紹介しました。

リンス・トリートメント・コンディショナーは本来髪が長い人のために開発されたものです。髪が絡まったりクシに引っかかることで抜け毛に繋がることもあるので、ロングヘアの男性であれば毛先につけるのはOKです。

しかし、「短め~普通の長さ」であれば、頭皮につくリスクが高くなるので使用しないほうがいいでしょう。髪にはいいとされているリンスも、頭皮には大きな悪影響を及ぼします。

さらに怖いのが、「綺麗に洗い流したつもりでも、頭皮にはしっかり残ってしまっている」事です。リンス・トリートメント・コンディショナーは頭皮に一度つくと吸着してしまい中々洗い流せません。

これらをエサに雑菌が繁殖すれば、頭皮の状態は日に日に悪化していくでしょう。男性の場合は無理にリンスなどを使わず、正しいシャンプーと正しい洗い方を身に付ければ、頭皮や髪の状態をよくすることは可能です。

今回の記事を参考にして、今のうちからいい頭皮の環境を作っておきましょう。そうすることで将来の「ハゲ」「抜け毛」などを予防することにも繋がります。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*