【メンズ】寝癖がつかない方法!寝る時にやるべき予防法や対策について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

今回は、男性向けに寝癖がつかない方法&予防策についてご紹介します。寝癖に悩まされている男性は、是非参考にして下さい。

スポンサードリンク



「朝起きたら、髪が爆発している・・・。」
「つむじ部分でパックリ分け目ができている・・。」

誰でもこのような経験はあるかと思います。たまにであれば良いですが、毎日のように「寝癖」がついていると、直すのも面倒だし時間がかかりますよね。

かと言って直さなければ、自分が恥ずかしい思いをする事になります。

分け目ができている、髪がつぶれている、髪が跳ねている、少しでもこのような状態で会社や学校に行けば、たちまち周囲の笑いものになる恐れも・・・。

特に朝は時間がなく忙しいため、寝癖を直す時間さえも省きたいくらいですよね!朝起きた時に、寝癖が無かったらとっても快適なはずです。

 

1.寝癖がつかない方法&予防策について

さっそく、寝癖が付かない方法&予防策について見ていきましょう。寝癖は誰でもつきますが、ちょっとした予防を行うだけで、劇的に減らす事が可能です。

寝癖を減らす事ができると、朝の時間に余裕が持てるようになります!どれも簡単なことなので、日頃の生活に取り入れてみて下さいね。

【寝癖の予防方法】
●髪をしっかり乾かしてから寝る
●ワックスを落としてから寝る
●仰向けで寝る
●洗い流さないトリートメントを使う
●ナイトキャップをつけて寝る
●髪型を変える

寝癖予防方法には、上記のようなものが挙げられます。一つずつ詳しく説明してきます。

 

寝癖の予防方法1:髪をしっかり乾かしてから寝る

お風呂に入ってから髪の毛を乾かさずに寝ると、100%に近く、朝起きると髪の毛が爆発しています。

これには髪に含まれる「水分」が関係しています。

髪の毛は乾く時に形が作られていきます。髪の毛が濡れている状態で寝ますと、髪が曲がったり癖が付いたまま乾く事になるので、これが「寝癖」に繋がる訳です・・・。

ですのでお風呂に入った後はドライヤーでしっかり乾かし、髪の毛を乾かし形を整えた状態で寝る事が大切です。

さらに言いますと、熱だけを与えると「汗」で再び濡れてしまうので、できれば最後に「冷風」を使うと良いですね。冷風で地肌を冷やしておけば、汗をかかないので、しっかり乾かした状態で睡眠に入れます。

ドライヤーの温風で8割乾かしてから、冷風で全体を冷やす。これが一番オススメです。

 

寝癖の予防方法2:ワックスを落としてから寝る

当たり前ですが、寝る時は「ワックス」「スプレー」「ジェル」などの整髪料は落とすべきです。

整髪料がついたまま寝ますと、寝癖がつきやすい上に「頭皮」にも良くありません。髪全体が油っぽくなり、頭皮が荒れる原因にも繋がります。

忙しいとお風呂に入らず寝たくなる事もあるかと思いますが、必ずワックスなどの整髪料は、しっかり落としてから寝るように心がけてください。

 

寝癖の予防方法3:仰向けで寝る

寝相が悪かったり、横向きで寝ると、枕とこすれて寝癖がつきやすいです。これを予防するには仰向けで寝るのがオススメです。

仰向けで寝ると後頭部が多少潰れますが、髪が爆発したりパックリ分け目が付く事が減ります。頭を必要以上に動かすと寝癖に繋がるので、できれば動かずに仰向けで寝るのがベストです。

枕を使うと後頭部でも下の部分が枕に触れるので、分け目ができづらくなります。

 

寝癖の予防方法4:洗い流さないトリートメントを使う

美容師さんがオススメしているのが、「トリートメント」をつけて寝る方法。洗い流さないトリートメントをつけて寝ると、髪がしなやかな状態を維持するので、変な癖がつかないそうです。

これは女性向けに紹介されていましたが、男性でも寝癖を抑えるの効果的です。

付け方としては夜お風呂に入り、ドライーヤー後にトリートメントをつけるのではなく、ドライヤーが終ってから「洗い流さないトリートメント」をつけて下さい。

特に髪の毛がパサつきやすい人にはオススメです。

 

寝癖の予防方法5:ナイトキャップをつけて寝る

ナイトキャップをつけて寝ると、寝癖がつかないです。

普通のニット帽など寝るときにを利用する人もいらっしゃいますが、締め付けが強いので、できればナイトキャップを使う事をオススメします。

ナイトキャップをつけると、髪の毛をある程度ホールドしてくれますので、寝癖を防いでくれます。

多少潰れますが、髪のボリュームが多い人であれば、逆にボリュームが納まり良い感じになる場合も。しかし反対に髪のボリュームが無い人、髪が細い人がやると、必要以上に潰れて変になる場合もあります。

このあたりは個人差がありますので、自分の髪質やボリュームに合っているか一度ナイトキャップを試して決めてください。

 

寝癖の予防方法6:髪型を変える

思い切って「髪型」を変えてしまうのも寝癖対策に繋がります。男性は女性に比べて「寝癖」がつきやすいです。

特に中途半端な長さの「ショートヘア」は、朝起きるとパックリ分け目ができたり、髪の毛がつぶれてしまう事が多いですよね。髪形については次の章で解説します。

 

2.メンズの寝癖がつきやすい髪型とは?

寝癖がつきやすいか、つきづらいかは「髪型」によって大きく分かれます。例えばロングヘアの女性を見てもらうと分かりますが、髪が長い人って大した寝癖がつかないですよね・・・?

しかし男性の場合、高確率で寝癖がつきます。これは髪の長さが影響しています。

まずは、「寝癖がつきやすい髪型」を一緒に見ていきましょう。

【寝癖がつきやすい髪型】
●ショートヘア
●パーマ

 

寝癖がつきやすい髪型1:ショートヘア

普通のショートヘア、一般的な短めのヘアースタイルですね。ベリーショートほど短くなく、5cmから10cmくらいある長さです。

ちょっと長さのあるショートヘアは、実は一番寝癖がつきやすい髪型。後頭部がパックリ分け目ができたり、髪が跳ねやすいので、必ず朝濡らしてセットしなくてはいけません。

 

寝癖がつきやすい髪型2:パーマ

パーマはスタイリング自体は簡単ですが、必ずセットが必要な髪形です。朝セットしないと、それこそ髪の毛が爆発しており、パサパサな状態です。

スタイリングに時間はかかりませんが、寝癖はつきやすいので気をつけましょう。

 

スポンサードリンク

3.メンズの寝癖がつきづらい髪型とは?

続いては「寝癖がつきづらい髪型」をご紹介します。

【寝癖がつきづらい髪型】
●坊主
●ベリーショート
●ロング
●ミディアム
●ツーブロック
●マッシュヘア

 

寝癖がつきづらい髪型1:坊主

当たり前ですが、「坊主」にしてしまえば寝癖に悩まされる事は無くなります。女性ウケは悪くなるかもしれませんが、全く手間が掛からず楽なヘアースタイルですね。

ツルツルではなく少し伸ばしておいても、寝癖はつきません。

 

寝癖がつきづらい髪型2:ベリーショート

少し長さのあるショートに比べて、坊主に近いような「ベリーショート」は実は意外と寝癖がつきません。ここで言うショートヘアは、5cm以内の本当に短い髪型です。

サイドやバックとトップの長さに変化をつけることで、オシャレに見せる事も可能です。

寝癖を直すのが面倒、セットするのも面倒なズボラ男性には是非オススメしたい髪型!

 

寝癖がつきづらい髪型3:ロング

女性のような長さのあるロングヘアであれば、寝癖はほとんど気にならなくなるでしょう。髪の毛が長いと、ほとんど寝癖がつかず手入れが楽チンです。これは女性を見ていれば分かりますよね。

ただし似合う人は限られているので、自分の髪質や雰囲気を考えてチョイスして下さい。

 

寝癖がつきづらい髪型4:ミディアム

ミディアムヘアはショートなど短い髪型に比べて、寝癖がつきづらいです。とは言ってもトップが短かったりすると、寝癖がつくので注意しましょう。

 

寝癖がつきづらい髪型5:ツーブロック

現在流行中のツーブロックは、実は寝癖がつかない髪型です。サイドとバックが刈上げられるため、髪の毛が生えている面積が少なくなり、その分寝癖もつきにくいです。

手入れが簡単なので「ツーブロック」にしている男性も、実は多くいらっしゃいます。

 

寝癖がつきづらい髪型6:マッシュ

オシャレなメンズであれば、「マッシュヘア」にもチャレンジして頂きたい。マッシュヘアはトップからの毛の長さがあるため、寝癖がつきづらく手入れが非常に簡単です。

さらに現在トレンドになっており、女子ウケが非常に良いのでオススメ。

 

4.寝癖の原因

続いては寝癖の原因についてご紹介します。

寝癖がつきやすいか、つきづらいかは人それぞれ分かれます。毎朝全然手入れをしなくて良い人もいれば、絶対シャワーを浴びなければ寝癖が直らない人もいらっしゃいます。

この違いには一体、何があるのでしょうか・・・?

【寝癖の原因】
●髪質によるもの
●生活習慣
●髪型
●寝相

 

寝癖の原因1:髪質によるもの

髪が太い人や癖毛の人は、寝癖がつきやすいです。髪質は変えることができないので、こればっかりはどうする事もできないですね・・・。

 

寝癖の原因2:生活習慣

夜帰るのが遅くて、「ワックスをつけたまま寝てしまう」「髪を乾かさずに寝てしまう」このような生活習慣をしていると、毎日寝癖に悩まされます。

髪の毛はしっかり洗い清潔な状態にして、ドライヤーで水分を乾かしてから寝るのが理想的です。

 

寝癖の原因3:髪型

先ほどもご説明しましたが、髪形は寝癖に大きく関係します。「パーマ」「ショート」は寝癖がつきやすく、手入れが必要な髪型となります。

 

寝癖の原因4:寝相

寝相が悪い人も寝癖がつきやすいです。頭をゴロゴロ動かしたり、横向きになって寝ていると、髪の毛が動くため寝癖がついてしまいます。

仰向けでジッと寝ている人は、そこまで大きな寝癖はつきません。

 

5.寝癖がつかない方法&予防策のまとめ

以上です。今回は寝癖がつかない方法&予防策や、寝癖に対するメンズの髪型についてご紹介しました。毎日の寝癖ケアは非常に面倒で時間がかかります。

忙しい朝に寝癖を直すのが面倒に感じる人は、是非今回ご紹介した対策や髪型を取り入れてみてください。寝癖を完全に無くすのは難しいかもしれませんが、ある程度抑える事は可能です!

ちょっと髪の毛が跳ねているくらいであれば、水を少しつけるだけで直るので手入れも簡単ですよ。

 

メンズの頭皮ケアにはバルクオムがオススメ


男性の頭皮ケアにはバルクオムがオススメです。バルクオムは、男性の頭皮に合わせて作られている人気のアミノ酸系シャンプー。

男性特有の「皮脂成分」を綺麗に取り除き、天然由来成分が正しい保湿を行い、髪や頭皮をサポートしてくれます。「頭皮のかゆみ」「髪が油っぽい」「頭皮にきび」などが気になる男性に是非オススメです。

男性の頭皮は実は非常に「水分量」が少なく、乾燥肌や脂性肌を引き起こし易い場所です。敏感なので、キチンと頭皮ケアできるシャンプーを選ぶ必要があります。

高い洗浄力と保湿力、髪に栄養を与えて補修してくれるので、頭皮や髪の毛をケアしてくれます。

さらに「石油系界面活性剤フリー」「パラベンフリー」「シリコンフリー」「合成着色料フリー」「鉱物油フリー」「紫外線吸収剤フリー」の完全国内生産で作られているため、安心して使用する事が可能です。

頭皮を髪の毛が育ちやすい環境にするには、市販のシャンプーではなくこういった育毛を意識したシャンプーを使う事が大切です。

【バルクオムヘアケアラインの詳細】
・シャンプー・トリートメント定期購入価格 初回1,480円
・定期購入は23日間の全額保証付き
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*