【男性】フットカバーのおすすめブランド特集。脱げない短い靴下!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
lux-style_pm-6512_1

これからの時期ローカットシューズは手放せなくなります。そんな時に必須なのが、フットカバー(カバーソックス)です。今回は、脱げないオススメのフットカバーブランドをご紹介します!

スポンサードリンク

目次
1.フットカバーについて
2.フットカバーのおすすめブランド特集
3.まとめ

 

1.フットカバーについて

フットカバーとは、足の甲部分で切り取られた短い靴下のことです。ローファーやスリッポンなど、ローカットシューズを着用する時に、靴下を見えないようにすることができます。

夏であれば涼しげな印象を与え、スッキリみせられるのでお勧め。

 

フットカバーは脱げやすい!

スリッポンやローファーなどに合わせるフットカバー(カバーソックス)。靴下を見せたくない時に便利ですが、欠点を持っているんですよね・・・実は靴下が短いせいもあり、非常に脱げやすいんです!

靴を脱ぐときに一緒に靴下まで脱げてしまったり、ヒドイ時は靴を着用していて歩いている時でも脱げてしまいます。

わざわざ靴下を履き直すのって面倒だし、周囲からの視線もあるし恥ずかしいんですよね・・・

 

靴下専門店や人気のブランドをチョイスしよう!

フットカバーの選び方としては、靴下専門店の物を選んだり、人気の下着ブランドをチョイスするのがオススメです。

多くの人が使っている物であれば、それなりに評判もいいし脱げにくいからです。

脱げにくい以外にも、「吸水性」「速乾性」など、機能面も大切ですね。毎日身に付ける靴下なので、ちゃんとした物を選びたいです。

 

2.フットカバーのおすすめブランド特集

 

Rasox(ラソックス)

画像アイテムはコチラ
・「ラソックス」のフットカバー一覧を見る

Rasox(ラソックス)は日本の靴下ブランドです。スポーツ向けに作られた浅すぎないデザインが特徴で、他のフットカバーに比べても脱げにくいです。

他のブランドのカバーソックスが足の甲全体を露出するのに対して、ラソックスでは足の甲はちょっぴり露出する程度。これによりしっかり足に靴下をフィットさせるよう作られています。

カラバリも豊富でベーシックなデザインが、普段履きやスポーツなど様々なシーンで活躍します!カカトにはゴムのストッパーが装着されており、安定の履き心地です。

 

靴下専門店 Tabio (タビオ)


画像アイテムはコチラ
・「タビオ」のカバーソックス一覧を見る

タビオは日本の靴下専門店です。Made in Japanに拘っている老舗の人気靴下メーカー。

無縫製で仕上げたものや消臭加工されたもの、五本指のソックスなどはとっても人気です。様々なバリエーションのカバーソックスが販売されており、欲しいデザインが見つかるはずです♪

無料会員登録を行えば、送料無料で靴下をゲットできます!

五本指のカバーソックスは人気商品です。指先まで密着するので蒸れずに快適に着用できます。シリコンの滑り止めも取り付けられており、脱げないように設計されています。

 

EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)

画像アイテムはコチラ
・「アルマーニ」のフットカバー一覧を見る

アルマーニのセカンドラインとして知られる、EMPORIO ARMANI(エンポリオアルマーニ)。アルマーニのロゴが入ったデザインは、足元をオシャレに彩ってくれます。

ハイブランドですが、1,000円程度で購入できるのが嬉しいですね。靴を脱いだときのさりげないオシャレに、人とは違ったブランドをチョイスしてみてはいかがですか?

こちらはアルマーニロゴが入った、2足セットのフットカバーです。ロゴマークがとってもオシャレですね。コットンを多く使っているので、吸水性や速乾性にも優れた靴下です。

 

GUNZE(グンゼ)

画像アイテムはコチラ
・「グンゼ」のフットカバー一覧を見る

GUNZE(グンゼ)には、安価でお買い得なフットカバーが販売されています。定番の無地がセット販売されており、3足で1,000円ちょっとで購入可能。

ストレッチテープとかかとのすべり止め、さらには3Dの立体縫製が足全体をしっかりフィットさせてくれます。夏用、冬用と分かれて販売されているので、季節を問わずフットカバーを着用できますね♪

こちらは消臭付きのボーダーフットカバーです。シューズや服装に合わせて、無地以外のフットカバーをチョイスするのもオススメ♪

 

NIKE(ナイキ))

画像アイテムはコチラ
・「ナイキ」のフットカバー一覧を見る

スポーツブランドのNIKE(ナイキ)からもフットカバーが販売されています。綿混の柔らかい素材を使用しているので、履き心地がよく快適に過ごせます。

「ナイキ」のスポーツロゴはとってもオシャレですね♪靴を脱いだときでもオシャレに着用できて、ワンポイントロゴがとってもキュート♪

デザイン性はもちろんですが、「吸水性」「履き心地」「速乾性」などの機能面でも定評があります。スポーツブランドらしい”機能性”と”デザイン性”が取り入れられた靴下です。

スポーツシーンやファッションに合わせて、足元に蛍光色を取り入れるのもオシャレです。ちょっとしたアクセントにもなるし、全体が華やかに見えますよ♪

 

Healthknit(ヘルスニット)

画像アイテムはコチラ
・「ヘルスニット」のフットカバー一覧を見る

Healthknit(ヘルスニット)は、アンダーウェアを手がけるアメリカの人気ブランド。柔らかいニット素材のフットカバーは、足を優しく包み込み履き心地は申し分なし。

ボーダーや無地、杢カラーなどバリエーション豊かなデザインも人気の秘密です♪

セット販売で購入しておけば、使いまわせるので便利です。

赤のヘルスニットのロゴが付けられた靴下。無地にシンプルなロゴが入るだけでも、オシャレに見えますね♪ 綿、ポリエステル、ポリウレタンを使用しており、安定の履き心地。

 

ck Calvin Klein(カルバンクライン)

画像アイテムはコチラ
・「カルバンクライン」のフットカバー一覧を見る

インナーやアンダーウェアが人気のブランド、カルバンクライン。ロゴが入るだけで靴下がファッショナブルでオシャレに見えますね♪

カカトには滑り止めがついており、脱げないデザインになっています。カルバンクラインには、シンプルでセンスの光るカバーソックスが多く販売されています。

無地のカバーソックスです。同系色でブランドロゴが入っており、さりげないオシャレがカッコいい♪

 

ファルケ

画像アイテムはコチラ
・「ファルケ」のフットカバー一覧を見る

1895年から続くドイツの老舗靴下メーカー”ファルケ”。人間工学に基づいて商品を開発しており、優れた履き心地と脱げないデザインを考慮して作られています。

日本のセレクトショップ、「ビームス」「ユナイテッドアローズ」などでも取り扱いのある人気靴下ブランドです!

こちらはユナイテッドアローズで取り扱っている、ファルケの靴下です。グリップ加工が施されており脱げない作りになっています。シンプルなデザインで、年齢を問わずオススメできるカバーソックス。

 

Champion(チャンピオン)

画像アイテムはコチラ
・「チャンピオン」のフットカバー一覧を見る

「キング・オブ・スウェットシャツ」の異名を持つスポーツブランド、Champion(チャンピオン)。オシャレで個性的なフットカバーを取り扱っており、スポーツ、ファッションとあらゆるシーンで着用可能。

チャンピオンには、”柄”の入ったオシャレな靴下が多く販売されています。

星条旗柄がプリントされたデザインです。ユニセックスで使用でき、個性的なプリントがキュートでオシャレ♪綿混素材なので汗の吸水性も抜群です。

 

Lee(リー)

画像アイテムはコチラ
・「リー」のフットカバー一覧を見る

Lee(リー)は、アメリカのデニムブランド。世界的にも有名でデニム以外にもTシャツや靴下、ベルトにアンダーウェアなど幅広い商品を手がけています。靴下は派手な柄やカラーが入ったものが多いです。インパクトが強く、コーディネートでもオシャレに使えそうですね♪

リーのアスレチックロゴがとってもキュート。価格帯もリーズナブルでオシャレですね。

 

スポンサードリンク

3.まとめ

以上です。今回は男性にオススメの、フットカバーブランドをご紹介しました。

フットカバーを選ぶ時は、「デザイン」「吸水性」「速乾性」など考慮する点がいくつかありますが、やはり脱げないことが一番大切。すぐに靴下が脱げると気になるし、履き直すのが面倒です。

カカト部分のゴムがついているものをチョイスしたり、五本足、甲部分が開きすぎていないものがオススメですね。

足の形状などによっても変わってくるので一概には言えませんが、今回ご紹介したフットカバーを一度試してみましょう!その中から自分に合うものを履き続けるのがオススメ。

どのブランドもリーズナブルで購入しやすいので、是非参考にしてくださいね♪

【関連記事】メンズ靴下の人気ブランド13選。男性へのプレゼントにもおすすめ!

【関連記事】メンズローファーのおすすめブランド特集!ハイブランド~安い物まですべてご紹介!

【関連記事】スリッポンのメンズおすすめブランド特集!~ランキング別~

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*