格闘家達がめっちゃオシャレ!ワイルドなメンズファッションコーデ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
blog

最近ファッション雑誌で格闘家がよく表紙にされる事があります。体格もよく、ワイルドな服装がとてもよく似合いますね。今回はそんな彼らのワイルドなコーデ術を研究していきます。

スポンサードリンク


目次
1.オシャレな格闘家達
2.ワイルドなコーディネート集
3.おすすめワイルドアイテム
4.おすすめワイルドショップ
5.まとめ

1.オシャレな格闘家達

ファッション雑誌の表紙といった、本職以外でよく目にするオシャレな格闘家がいますね。雑誌以外でも、テレビ番組でそのオシャレな着こなしを披露しています。
格闘家の皆さんは、普段鍛え上げた筋肉でとても美しいボディラインをしています。ですので、服を纏った姿も自然と綺麗に見える訳ですね。
人それぞれで個性は勿論あるものの、結構な割合でワイルドな服装をしている方がいます。ジャンルで言ったら、オラオラ系やbitter系ですね。
まずは、どんな格闘家がどんな服装をしているのかを見ていきましょう。

 

秋山成勲(あきやま よしひろ)

出典:http://blog.livedoor.jp/little_akiyama/

秋山成勲さんと言えば、人気男性雑誌BITTER(ビター)で表紙を飾っている姿を良く拝見します。格闘家以外でもおしゃれ番長としても活躍されていますね。
日焼けした黒肌とおしゃれな髪型がトレードマークですが、そのファッションセンスが実はズバ抜けているのです。フォーマルなスタイリングは勿論、カジュアルなファッションでも体格の良さと相まって、ギラギラとしたワイルドな印象があります。

 

魔裟斗(まさと)

出典:http://www.kaepa.jp/

ワイルド系のファッションをよく見かける魔娑斗さんも格闘家の中ではオシャレで有名な方ですね。甘いマスクとは裏腹に日本人初のK-1世界王者になった実力者なのです。
鍛え上げた筋肉と焼けた肌はワイルド系のファッションによくマッチして、どんな番組で見てもオシャレだなと感じます。

 

武尊(たける)

出典:https://ameblo.jp/kp1-takeru/entry-12207068107.html

現代のK-1の象徴ともなりつつある存在の武尊さんは、ベビーフェイスですが一旦リンクに上がるととても同一人物とは思えない様なファイトを繰り広げます。
ファッションも同様に、かなりワイルドで攻めている服装です。リングの上で頂点に立っている様に、ファッション界でもリーダー的存在になる存在ですね。

 

卜部功也(うらべ こうや)

出典:http://www.k-1wg.com/702

60kgでは向かう所敵なしの卜部功也さんですが、ファッションでもオシャレなセンスが頭一つ抜き出ています。濃い目のフェイスによくあったワイルドなコーディネートをしています。

 

小澤海斗(おざわかいと)

出典:https://www.tokyoheadline.com/

K-1の象徴でもある武尊さんと因縁?の関係でもある小澤海斗さん。リングの外でもイベントで乱闘騒ぎまで起こしている様ですね。その煮えたぎる闘心とは裏腹に、ファッションセンスは繊細に研ぎ澄まされています。
日本人離れした美しい顔立ちがワイルドな服装とギャップで引き立ち、トータルでオシャレが出来上がっています。

 

2.ワイルドなコーディネート集

ワイルドな服装って、体型が良くないと似合わないと思っている方は大間違いです。大事なのはその着こなし方です。ここからは実際にワイルドなコーディネートを見ていきましょう。

 

セットアップスタイル

トレンドの星条旗柄を使ったセットアップコーデ。派手なセットアップはワイルドで、夏などには最適のファションです。
上下セットならではの統一感があり、オシャレが苦手な方でも自然とワイルドなオシャレができますね。

 

花柄シャツでワイルドに

オラオラ系の方がよく着用しているのが花柄シャツです。小麦色に焼けた肌が鮮やかな花柄とマッチしてワイルドなコーデになります。
最近の傾向では、パンツは太い物ではなくタイトシルエットの物を選ぶと綺麗なボディラインが作れるのでおすすめです。

 

気品よくワイルドに

上品コーデのハズしアイテムとして

出典:http://item.rakuten.co.jp/ever-green/14637/

スーツ姿はビジネススタイルの象徴ですが、柄や光沢のある物を選ぶことでワイルドに着こなすことが可能になります。
着崩すのもありですが、そこは敢えてきっちりと着こなして気品の中に垣間見えるワイルドさを強調しましょう。

 

ワイルドにデニムオンデニム

ワイルドにデニムオンデニム

出典:http://bitter-store.jp/fs/bitter/dp17-cdb01170227

デニムオンデニムは着こなしが難しいコーデの一つですが、上手に着こなせばワイルドな風貌になります。
同系色で組む為、インナーにはアクセントとなる柄物を取り入れると良いですね。上はタイトで下は太いパンツなど、上下のシルエットが変わってしまうのはNGです。
統一感を持ちながらも、アクセントを一つ置く事を心がけると自然とオシャレでワイルドなコーデになります。

 

スポンサードリンク

3.おすすめワイルドアイテム

 

LUXSTYLE(ラグスタイル) パナマ総プリント柄込み7分袖シャツ

パナマカモプリント7分袖シャツ

男らしい迷彩柄を使った7分袖シャツです。トップスで使うのはもちろん、インナーでコーデのアクセントとしても活躍しそうな1枚。

 

world stage(ワールドステージ) サングラス

world stage(ワールドステージ) サングラス

せっかく整えたコーディネートにプラスしてサングラスをする事でよりワイルドに。クリアなレンズの物よりも少しスモークがかったものの方がワイルドなスタイリングにはよく似合います。

 

YFFUSHI ストライプジャケット

YFFUSHI ストライプジャケット

ストライプ柄は元々知的な印象の柄です。スーツスタイルやジャケットスタイルにそれらを取り込むと上品で知的さのあるコーディネートが可能です。

 

4.おすすめワイルドショップ

 

BITTER STORE(ビターストア)

人気雑誌「BITTER」の OFFICIAL WEB STOREです。ビター系が好きな男性であれば目を通したことのある雑誌かと思います。オラオラ系から派生し、トレンドを取り入れた大人の男のスタイリングがメインのショップです。

BITTER OFFICIAL WEB STORE

 

DIVINER(ディバイナー)

アパレルのみならず、カー用品、ゴルフ用品、サーフ用品など、幅広い商品展開を行っているDIVINER。雑誌「BITTER」にも取り上げられる事も多く、その商品はトレンドをしっかりと捉えつつも、ブレないポリシーを持ち続けたファッションブランドです。

DIVINER

 

5,まとめ

いかがでしたか?

格闘家達に習ったワイルドなメンズファッションコーデをご紹介致しました。

何かで頂点を極める人は、その業界以外でも自然と極めて行くものなんですね。
オフの時の服装を見ると、どの格闘家も鍛え上げた筋肉と相まってワイルドでオシャレな格好をしています。
ボディラインは決して簡単に真似をする事はできませんが、ファッションだったら参考にする事が可能です。

今年はワイルドなスタイリングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

それでは(^^)/

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*