【ファッション用語】スラブ生地について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
blog

近年、スラブ生地やスラブ素材といったワードをよく耳にしませんか?

今回は、今や定番になりつつある身近な素材のスラブ生地についてご紹介いたします。

スポンサードリンク


目次
1.スラブ生地とは
2.スラブ生地を使ったアイテム
3.スラブ生地のアイテムを使ったコーディネート
4.まとめ
 

1.スラブ生地とは

スラブ生地とは、太さ・形・長さなど不規則なスラブ糸を編んで織られる生地の事を指しています。
文章化すると、なんだかややこしいですね。
まずはそのスラブ生地とやらをご覧下さい。

 

スラブ生地

スラブ生地

 

最大の特徴として、表面が凸凹しているので触り心地が少しざらつきがあります。
おろしたての新品の商品でも、少し着古したような風合いが楽しめます。
春や夏は、シンプルな着こなしになりがちなので、このような素材で周りと差をつける方が急増しているみたいですね。

また、凸凹とした生地は肌に接する面積が少なくなり通気性も良い為、暖かい日でもストレスなく快適に過ごす事が出来ます。
見た目以上に清涼感もあり、春や夏にピッタリの素材なのです。

さらに、最近ではスラブ生地に一工夫加えたスラブネップといった生地も人気が出てきていますね。
このスラブネップとは、通常のスラブ糸に加えてネップ糸という糸の塊を所々に浮き出させたスラブアイテムです。
この生地も個性的で、表情豊かなアイテムになります。

生地について説明が終わったところで、次にこのスラブ生地を使用したアイテムをご覧頂きましょう。
最近では、本当に多くのアイテムにこのスラブ生地が落とし込まれています。

 

2.スラブ生地を使ったアイテム

セットアップ

セットアップ

ジャケットタイプのセットアップに、大胆にスラブ地を落とし込んだアイテムです。
存在感抜群で、キレイめの中にも遊び心が垣間見えますね。
ビシっと決めたオシャレも良いですが、上手に抜け感を表現できるとさらに良い着こなしができますね。

2.ロンT

ロンT

着回しのしやすさで考えると、一番便利なのがロンTです。
無地のTシャツと違いは一目瞭然で、コーデのアクセントになるので1枚持っていると強い味方ですね。
冬などにはインナーとしても使えるのでオールシーズン活躍しそうですね。

コーディガン

コーディガン

カーディガンとコートの良い所どりのコーディガンに、スラブ生地を落とし込んだアイテムです。
長い着丈にスラブ生地を使う事で、こなれ感が増します。
前後で丈の長さが違うアシンメトリーデザインもとてもオシャレですね。

オペラシューズ

オペラシューズ

洋服の域を超え、靴にまでそのスラブ生地の人気は出没しています。
スラブ生地はカジュアル寄りのアイテムの為、ドレス要素の高いオペラシューズに落とし込んでいる所がオシャレですね。

スポンサードリンク

3.スラブ生地のアイテムを使ったコーディネート

 

チェスターコートで大人っぽく

チェスターコートで大人っぽく

薄手のツイル生地チェスターコートが大人っぽさを強調してくれています。
インナーにスラブロンTを使用している為、シンプルなアイテムで他を揃えています。
細身のパンツとチェスターコートの組み合わせは、絶対に外せないコンビですよ。

 

柄物は控えめに

柄物は控えめに

スラブ生地自体が柄とまではいきませんが、中々存在感のあるデザインとなっています。
なので、普段着としてはプラス花柄・豹柄・ボーダーなど派手目な柄はなるべく避けたほうが良いかと思います。
取り入れるとしたら、このように同系色であまり目立たない迷彩柄などが良いですね。
やはり、存在感のあるトップスは1枚持っていたいマストアイテムですね。

 

夏もスラブアイテム!

夏もスラブアイテム!

夏は開放的になるので、柄物を取り入れていってもよいもしれませんね。
ビーチシーンなどではセットアップでマリンボーダー柄などを合わせると、シーズンムードがグッと盛り上がります。
インナーは、無地かセットアップと喧嘩をしない程度のワンポイントデザインを合わせましょう。

 

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は、人気がどんどん出てきている身近なスラブ生地についてご紹介いたしました。

独特の風合いはコーディネートにこなれ感を与えてくれ、柄物とは違い子供っぽくなりにくい点もおすすめですね。
デザインはもちろんの事、春夏でも涼しく着用できる機能面が人気の秘訣なのかもしれませんね。

スラブ生地を気になった方は是非手にとって頂き、その触感を味わって下さい!

それでは(^^)/

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*