【メンズ】おしゃれなラッシュガードのブランド特集。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はこの夏オススメしたい、男性のラッシュガード特集をご紹介します!

紫外線対策や体型隠しとしても便利なラッシュガード。

ブランドによってデザインやサイジングが全く異なるので注意が必要。

 

1.ラッシュガードのメンズオススメブランド特集

ラッシュガードはスポーツ系のブランドや、サーフ系のブランドが多いです。

今年の夏はどういったブランドが人気なのでしょうか?おすすめのラッシュガードブランドをご紹介します!

 

ナイキ

スポーツブランド「ナイキ」からは、スタイリッシュで機能性の高いラッシュガードが販売されています。

通気性や伸縮性に優れれており、着用しやすいラッシュガードが目白押し。

デザインもシンプルなので、大人の男性からも人気が高いです。

価格帯も3,000円~6,000円と手頃で嬉しい。

 

(ビラボン)BILLABONG

(ビラボン)BILLABONG

「ビラボン」は1973年に創業された、オーストラリア発祥のブランドです。

世界中からのサーファーに人気が高く、ラッシュガードブランドとしてもオススメです。

サーフウェア以外にも、スノーウェアにも力を入れており、デザイン性が高く可愛いものが多いです。

女性からの支持率も高く、カジュアルファッションとしても頻繁に取り入れられていますね。

 

(ボルコム)VOLCOM メンズ ラッシュガード パーカー

ボルコムは1991年にアメリカで創業された、サーフ系のブランドです。

「サーフ」「スケート」「スノー」のボードシーンでのファッションを展開しており、デザイン性、機能性に優れたアイテムが多いです。

アメカジ系やスケーター系などのファッションブランドとしても人気が高く、世界中から人気のあるブランドです。

 

ルーカ

ストリートシーンでも絶大な人気のルーカ。

ルーカには存在感たっぷりのオシャレなラッシュガードが販売されています。

英字やブランドロゴが大胆にプリントされたデザインは、インパクトがありストリート感満載!

価格は3,000円~5,000円前後。

 

オーシャンパシフィック

オーシャンパシフィック
オーシャンパシフィック

オーシャンパシフィック(OP)はサーフ系ブランドとして人気が高いです。

夏は水着、ラッシュガード、冬であればスノーウェアなどが人気です。

他にもアパレルやスポーツなどの商品も多数あり、「OP」のマークはよく見かけるのではないでしょうか?

価格帯もお手頃で、メンズレディース問わず人気の高いブランドですよ♪

 

ノースフェイス

アウトドアブランドとしても人気の高い、ノースフェイスから販売されているラッシュガードです。

ノースフェイスのロゴが入ったラッシュガードは、とってもクールでオシャレ!

価格は5,000円~10,000円前後となっています。

 

リップカール

リップカールとは、1969年にオーストラリアでスタートしたサーフブランド。

レディースラインをメインに、メンズでもオシャレなアパレル用品やビーチグッズが販売されています。

ラッシュガードの価格帯は3,000円~6,000円とリーズナブル。

Tシャツタイプやパーカータイプ、ノースリーブタイプなど、様々なラッシュガードが販売されています。

 

SY32(エスワイサーティトゥ)

【画像アイテムはコチラ】
・「SY32」のラッシュガードを楽天で探す

SY32はイタリアで創業されたスポーツ系のカジュアルブランド。

日本でも若い世代から人気を集めており、オシャレなストリートウェアとして親しまれています。

ブランドロゴが大胆にデザインされたスイムウェアが人気です。

 

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグは、アウトドア・レジャー関連用品を取り扱う日本のブランド。

胸元に英字がデザインされた、シンプルでスタンダードなラッシュガードが販売されています。

マリンスポーツやプール、川、水遊びでも、紫外線から肌をしっかり守ってくれます。

背面は肩甲骨の動きを妨げない縫製で、さらに速乾性が高いためストレスフリーで着用できます。

 

ミズノ

日本のスポーツメーカー、「ミズノ」からは高品質なラッシュガードが販売されています。

体にフィットして動きやすいです。

さらに速乾性にも優れており、快適に着用することが可能。

無駄な装飾のないデザインは世代を問わずオススメできます。

 

オークリー

オークリーは1975年にアメリカで創業されたスポーツブランド。

アイウェア、アパレル、フットウェア、リストウォッチなどの幅広い製品を手掛けています。

体にフィットするラッシュガードは、動きやすいデザインとなっています。

 

テスラ

テスラからは無地のラッシュガードが販売されています。

価格は1,000円~3,000円程度と非常にリーズナブルです。

さらに生地には厚みがあり耐久性も高いと定評あり。

 

1PIU1UGUALE3 RELAX

1PIU1UGUALE3 RELAXは日本のファッションブランド。

国内外問わず最高の素材を厳選し、数量を限定して生産しています。

派手で個性的なラッシュガードが販売されています。

 

HURLEY(ハーレー)

ハーレーは1979年にアメリカの西海岸で生まれたスポーツブランド。

サーフやスケート、スノーボード、音楽、アートと様々なカルチャーに影響を受けており、水着やラッシュガードなども多く販売されています。

シンプルなデザインで価格帯も安いのでオススメ。

 

QUIKSILVER(クイックシルバー)

クイックシルバーは、アメリカカリフォルニア州にあるサーフィン・スノーボードブランド。

クイックシルバーのラッシュガードは日本でも大人気。

毎年オシャレな新作を発売しており、ベーシックデザインから派手なものまで幅広く揃えられています!価格がリーズナブルなのでお財布に優しいのも助かります。

 

PONTAPES(ポンタペス)


ポンタペスの20色展開ラッシュガードです。

4サイズ展開で男女どちらでも着用できるので、ペアルックなどで合わせてもオシャレですね♪

リーズナブルなブランドで、デザイン性が高いのも特徴の1つです。

ボーダー柄に花柄、無地など様々なデザインのラッシュガードが用意されており、ビーチだけでなくバーベキューや、川遊びなどのアウトドアにもオススメです!

 

HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)

ヘリーハンセンはノルウェー発のアウトドア系ブランド。

アウトドア以外にもマリンウエアやストリートウェアなどを手がけています。

ヘンリーハンセンのラッシュガードは、無地でワンポイントのロゴマークが入ったデザインが人気。

シンプルなデザインなので大人の男性でも使いやすい。

 

(ラスティ)RUSTY

ラスティーはアメリカで生まれた、サーフ系ブランドです。

日本以外でもオーストラリアやヨーロッパなど、世界中から人気のあるブランドで、サーファーからの支持も高いです。

デザイン性もさることながら、本格的なサーフブランドなので「機能面」も優れています。

 

オニール(ONEILL)

オニールはアメリカ1952年にジャック・オニールによって創業されたサーフ系ブランドです。

ウェットスーツを開発したことでも有名なブランドで、老舗のサーフブランドとして親しまれています。
 

(フィラ)FILA

FILAは1911年にイタリアで創業されたブランドです。

ラッシュガードなどのスイムウェア以外にも、カジュアルウェアや、スポーツウェアとしても人気が高く、おすすめのブランドです。

特にテニスウェアでは人気が高く、世界中のプロのテニスプレーヤーも愛用していることで有名です。

 

外遊びの専門店CamCom

「外遊びの専門店CamCom」は楽天で人気の通販サイト。

フィットネスウェアやスイムウェア、アウトドアウエアなどを販売しています。

カラバリの豊富なラッシュガードを販売しており、低価格で手に入れることが可能。

Tシャツタイプやジャケットタイプ、パーカータイプなど色々なデザインがあります。

価格帯は2,000円前後。

 

AQROS

AQROSは、ダイビンググッズやスノーケーリング、スイムウェアを販売するお店です。

様々なデザインのラッシュガードが低価格で販売されています!

 

2.ラッシュガードの選び方

続いては、ラッシュガードの選び方を簡単にご紹介します。

ラッシュガードには様々な種類があります。

「Tシャツタイプ」「パーカータイプ」「プルオーバータイプ」などなど。

シーンにあわせて着脱するようであれば、「パーカータイプ」のようにチャックが付いているデザインがオススメ。

ラッシュガードを着脱せずに着続けるのであれば、プルオーバー式のデザインがオススメです。

 

「パーカータイプ」

「パーカータイプ」

パーカータイプのラッシュガードは、脱着もしやすく人気が高いです。

ちょっと肌寒い時に羽織ったり、肩にかけて置いたりと、とても使い勝手がいいです。

 

「プルオーバータイプ」

「プルオーバータイプ」

海の中でも着用したいのであれば、「プルオーバータイプ」をオススメします。

プルオーバータイプのラッシュガードは、体にピッタリフィットするので、着脱には向いておりません。

ずっと着用しているのであればいいのですが、気温に応じて着脱するのであれば、「パーカータイプ」が便利です。

 

「Tシャツタイプ」

最近メンズで主流となっているのが、Tシャツタイプのラッシュガードです。

従来のピッタリしたデザインとは違い、ゆったりと普通のTシャツのような感覚で着用できます。

見た目もオシャレなので人気です。

 

スポンサードリンク

3.除毛クリームを使ってムダ毛処理を済ませておこう!

オシャレなラッシュガード選びも大切ですが、男性なら必ず「ムダ毛処理」もしておくべき。

最近では自宅で簡単に行なえる処理方法があるので、是非チェックして下さいね。

 

オススメのスネ毛処理方法1:「除毛クリーム」

【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

商品購入はコチラ
プレミアムリムーバー グート

「除毛クリーム」を使えば自宅で簡単にムダ毛処理が行えます。

除毛クリームとは、塗るだけで毛を溶かし、後はタオルで拭き取るだけの簡単なムダ毛処理方法。

とっても簡単なので、「すね毛」「脇毛」などの処理に試してみてくださいね。

基本的な使い方は下記のようになります。

【除毛クリームの処理方法】
1、薄くムダ毛に塗る
2、10分程度放置する
3、タオルやスポンジで拭きとって、洗い流す

どうですか?とっても簡単ですよね。

【プレミアムリムーバーグートの詳細】
・単品価格:3,035円
・定期価格:2,731円(送料無料)
・大容量 250グラム
・放置時間:5分~10分程度

 

4.まとめ

以上です。

今回は、メンズラッシュガードのオススメブランド特集をご紹介しました。

サーフブランドやスポーツブランドから販売されているラッシュガードは、オシャレなデザインが多いです。

個人的におすすめなのはゆったり着用できる「Tシャツタイプ」です!

Tシャツタイプは自然なサイジングで見た目も可愛いものが多いです。

是非今回の記事を参考にして、オシャレなラッシュガードをゲットしてくださいね。

ラッシュガードや海パンについては、下記記事でも特集しているので参考にしてくださいね。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*