男性が自宅で出来るオススメの脱毛方法!家でムダ毛処理をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
lgf01a201501020800

男性であれば「ムダ毛処理を自宅で気楽に出来たらいいな。」このように感じたことはあるはずです。わざわざクリニックに脱毛しにいくのも面倒だし、家で出来るなら楽ですよね。今回はそんな男性に向けた、自宅で出来るオススメの脱毛方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

目次


男性の脱毛方法オススメトップ3
自宅脱毛&処理おすすめ1:除毛クリームを使う
自宅脱毛&処理おすすめ2:脱毛ワックスを使う
自宅脱毛&処理おすすめ3:家庭用脱毛器を購入する
自宅脱毛&処理おすすめ4:カミソリで剃る
自宅脱毛&処理おすすめ5:毛抜きで抜く
自宅脱毛&処理おすすめ6:すきバサミを使う
自宅脱毛&処理おすすめ7:脱色する
自宅脱毛&処理おすすめ8:電気シェーバーを使う
自宅脱毛&処理おすすめ9:抑毛ローション
部位別のオススメ脱毛方法
本格的な永久脱毛を受けるなら脱毛クリニックに通う
自宅で出来るメンズ脱毛方法のまとめ

 

男性の脱毛について

最近では男性でもムダ毛処理をする方が増えてきました。

一昔前であれば「男がムダ毛処理は気持ち悪い・・・」このような風潮がありましたが、最近ではムダ毛を放ったらかしにしている男性の方が、女性から批判を受ける事が多くなっています。

しかし女性と違い、男性は面倒くさがりが多いです。わざわざエステやクリニックに通おうとはしないし、費用もできれば掛けたくないですよね・・・

今回は自宅で簡単に出来る、おすすめのメンズ脱毛方法についてご紹介します。


自宅の脱毛方法オススメ1位:除毛クリーム
自宅の脱毛方法オススメ2位:脱毛ワックス
自宅の脱毛方法オススメ3位:家庭用脱毛器

個人的には上記の3つが自宅の脱毛ではオススメ。除毛クリームと脱毛ワックスに関しては、数千円で購入できます。家庭用脱毛器は数万円しますが、自宅で本格的な脱毛を体感できます。

自宅での脱毛は手軽で簡単に行えますが、本格的な永久脱毛を施す事はできません。自宅での脱毛は一時的な「処理」に近いです。

本格的な永久脱毛を受けたい方は、「脱毛クリニック」「脱毛エステ」に通う必要があります。1ヶ月~2ヶ月間くらい脱毛状態を維持したいだけであれば、自宅での脱毛でも充分間に合います!

 

自宅脱毛&処理おすすめ1:除毛クリームを使う

【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

商品購入はコチラ
プレミアムリムーバー グート

自宅の脱毛方でもっともオススメなのが、除毛クリームを使った脱毛方法。これはクリームを使っての脱毛方法になるので、自宅でも手軽に行えます。

脱毛方法としましては、ムダ毛をクリームで溶かしてふき取るといったやり方。非常に簡単な作業で脱毛に掛かる時間も短め。クリームの価格も安価なので、手軽に試せます。

【脱毛クリームの処理方法】
1、薄くムダ毛に塗る
2、10分程度放置する
3、タオルやスポンジで拭きとって、洗い流す

 

メリット1:痛くない

先ほどの脱毛ワックスと違って、ムダ毛を溶かすので「抜く」といった処理方法ではありません。ですので傷みは全くないし、肌を傷つける心配もありません。

 

メリット2:コスパがいい

脱毛クリームも価格が安いため、非常にコストパフォーマンスに優れたアイテムとなります。1つ買っておけば数ヶ月持つし、月々で換算すれば1,000円もかかってないと思います。

ムダ毛処理する面積にもよりますが、エステやクリニックに比べれば”かなり安い”と言えます。

 

メリット3:毛が薄くなる

除毛クリームは毛を溶かす作用があるため、使っていくほどムダ毛が細くなり目立たなくなります。ムダ毛処理しても何も変わらないのでは意味がないけど、少しずつでも薄くなるならかなり助かりますね。

 

デメリットがない!

除毛クリームを使っての脱毛方法は、家で出来る脱毛方法の中では一番オススメです。デメリットもないし、ムダ毛処理に困っているなら一度試してみる価値はありますよ♪

【関連記事】
・男性にオススメのメンズ除毛・脱毛クリームランキング

 

スポンサードリンク

自宅脱毛&処理おすすめ2:脱毛ワックスを使う



【公式サイト】
NULLブラジリアンワックス

脱毛ワックスは最近人気の脱毛方法です。自宅で簡単にできて安く購入できるのが魅力です。女性でも脱毛ワックスを使ってムダ毛処理する方は非常に多く、とても人気のある処理方法となります。

【脱毛ワックスの処理方法】
1、薄くムダ毛に塗る
2、塗った部分にワックスペーパーを貼り付ける
3、ワックスペーパーをはがす

脱毛ワックスはワックスを塗って、毛を根本から抜いてしまうという脱毛方法。はがす時に少しだけピリッとしますが、そこまで粘着力が強く痛いものではありません。

根本からスッキリ脱毛できるので、長期間ツルツルにしておきたい場合におすすめです。

【関連記事】・【メンズ】髭・顔にも使える除毛クリーム&脱毛クリームはコレだけ!

 

メリット1:毛根から脱毛するので長期間ツルツル

脱毛ワックスを使っての脱毛方法は、毛根から毛を抜き取るので長期間にわたってツルツルを保持できます。

 

メリット2:価格が安い

クリニックやエステなどで脱毛すると、数万円毎月かかることになります。しかし脱毛ワックスであれば1ヶ月であれば数百円~1,000円も掛かりません。

1つ脱毛ワックスを買っておけば、数ヶ月使えるのでコスパはかなりいいです。

 

デメリット1:少しだけ傷みがある

ワックスを使うので軽減できますが、それでも毛を抜くのでピリッとした傷みがあります。人によって傷みの感じ方は違いますが、個人的には「そこまで痛くない」という印象ですね。

 

自宅脱毛&処理おすすめ3:家庭用脱毛器を購入する


【詳細はコチラから】
自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

自宅でできる脱毛方法としては、おもいきって「家庭用脱毛器」を購入してしまうのも1つの方法です。女性では脱毛器を持っている人も多く、初期費用は多少かかりますが、長い目で見るとお得だと言えます。

ちなみにこの「ケノン」という脱毛器は業界ではトップクラスのシェアを誇っていますが、4割は男性が愛用していると言われています。

【関連記事】・メンズ家庭用脱毛器のおすすめランキング特集。髭、全身にも使える!

 

メリット1:家にいながら本格的な脱毛が行える

脱毛器を一台持っていると、自宅にいながらエステのような本格的な脱毛が行えます。家で1人で脱毛できるのであれば、デリケートゾーンなど見られたくない箇所も脱毛できますね。

 

メリット2:すべての部位に使える

脱毛器にもよりますが、「ケノン」の商品はどこの部位にも使えるので安心です。顔やデリケートゾーンなどの使用もOKとなっているので、それだけ刺激がなく肌に優しいということでしょうね。

 

デメリット1:初期費用が高い

脱毛器を購入する最大のデメリットは、その価格の高さでしょうか。ケノンであれば、69,800円するので気軽に買うことはできませんね。

しかし毎月のムダ毛処理にかけるお金や時間を考えると、数年使えば元は取れます。長い目でみて脱毛をしていきたい場合であれば、購入を考えてもいいかもしれませんね。

逆に単発で脱毛したいだけであれば、クリームなどのほうがお手軽でオススメです。

 

自宅脱毛&処理おすすめ4:カミソリで剃る

カミソリで剃るといった脱毛方法は、一番オーソドックスで使用している男性も少なくないのではないでしょうか?しかしカミソリを使っての脱毛は、デメリットがいっぱい生じるので理解しておくことが必要です。

 

デメリット1:毛根が残るのでみっともない

カミソリでムダ毛を処理すると、必ず毛根が残ってしまいます。黒いポツポツが残っている状態になってしまい、カミソリで剃ったというのが一目でバレてしまいます。

特に太いムダ毛処理、「ワキ毛」「陰毛」などは黒いポツポツが残りやすいので、カミソリで処理することはオススメできません。

 

デメリット2:皮膚が赤くなる

さらにカミソリでは皮膚が赤くなるといったデメリットもあります。デリケートゾーンであればあるほど、皮膚が薄いのでカミソリ負けしやすいです。

せっかく剃っても見た目が赤くなってしまってると、剃ったのが一目で分かるし恥ずかしいですよね。

 

メリット1:お金が掛からない

カミソリは普通の家庭であれば家においてあります。ですのですぐに脱毛できるし費用がほとんど掛かりません。

 

自宅脱毛&処理おすすめ5:毛抜きで抜く


出典:http://daigaku-fashion.com/navy-shirt/

毛抜きを使っての脱毛も自宅で手軽に出来るので、行っている男性は多いはずです。

 

デメリット1:痛い

毛抜きで一本ずつ抜く場合は、ムダ毛の本数が少なければ問題ないですが、数が多いときは痛いし拷問のようなものです。

数本のムダ毛処理であれば毛抜きで充分ですが、太い毛を何十本も抜くのはオススメできません。

 

デメリット2:毛嚢炎(もうのうえん)になる可能性がある

毛嚢炎とはムダ毛処理を行った後に、毛穴の奥に菌が入り込み炎症を起こすことを言います。ニキビのように赤く膿をもってしまい、傷みや痒みの元になるので、皮膚科に検診してもらう必要があります。

どのようなムダ毛処理でも多少のリスクはありますが、毛抜きで抜くのはその中でも刺激が強いので毛嚢炎は起こりやすいです。

 

デメリット2:埋没毛を引き起こしやすい

埋没毛とは毛を抜いた後に皮膚に傷がつき毛穴が詰まってしまい、皮膚の中で毛が成長してしまうことを言います。埋没毛は放っておけば自然治癒することがほとんどですが、たまに炎症を起こしたり、皮膚に色素沈着してしまうことがあります。

 

メリット1:お金が掛からない

毛抜きを使っての脱毛方法も家ですぐにできるし、お金がかからないのが最大のメリットです。ただしそれ以上にデメリットが多いのであまりオススメしません・・・

 

メリット2:根本から抜くので脱毛期間が長い

毛抜きを使うとムダ毛を毛根ごと引き抜くので、脱毛されている期間は長いです。

 

自宅脱毛&処理おすすめ6:すきバサミを使う

すきバサミでも毛を薄くする事は可能です。もし持っていないのであれば、アマゾンなどで安く購入できます。

・「すきばさみ」の商品一覧を見る

すきバサミを使って脱毛する時は、根気と忍耐が必要です。少しずつ毛を薄くしていくので、時間が掛かるしちょっとした労働のような気分になります。

 

メリット1:肌に刺激が全く無い

ハサミでカットする時は、肌に直接触れないので刺激を与える事無く毛を薄くすることができます。

 

デメリット1:時間がかかる

すきバサミは少しずつしか薄くできないので、脱毛箇所によっては気が遠くなる程時間が掛かります。

 

デメリット2:すぐに伸びてくる

ハサミでは毛を短くするだけなので、その分すぐに伸びてくるしコマめに手入れが必要になってきます。自宅でできると言っても、何度も処理しなければいけないのでは面倒ですね。

 

自宅脱毛&処理おすすめ7:脱色する

毛の色をブリーチで脱色する方法も意外と使われています。日本人の毛は黒いので、とりあえず目立ちます。肌が白い男性であれば黒いムダ毛はとっても目立つし汚らしく感じてしまいます。

しかし毛を脱色して、茶色や金色に近づけてしまえば目立たなくなるし、濃いムダ毛であっても薄く感じられるようになります。

・脱色クリームの商品一覧を見る

 

メリット1:毛を抜いたり剃らなくてもいい

毛を抜いたり剃ると、毛根が太くなり「ムダ毛が濃くなった」と感じる人がいるそうです。ですがブリーチであれば、毛を抜いたり剃る必要がないので、”濃くなる”といったことはありません。

 

デメリット1:濃すぎる毛にはオススメできない

かなりの剛毛ですと、ブリーチすると逆に不自然になってしまうことがあります。周囲から見れば、「何でムダ毛染めているの?」と変な風に受け取られる可能性もあります。

 

デメリット2:すぐに根本から黒い毛が生えてくる

脱色したところで本来の毛の色は変わらないので、必ず下から黒い毛が生えてきます。ですので小まめにブリーチすることになり、お金もかさむし手間が掛かってしまいます。

 

自宅脱毛&処理おすすめ8:電気シェーバーを使う

電気シェーバーは自宅で出来る脱毛方法としては人気が高いです。刃が皮膚に触れないようになっているため、カミソリに比べて肌が傷つきにくく、家でやるには比較的悪くない処理方法だと言えます。

・「電気シェーバー」の商品一覧を見る

 

メリット1:肌に優しい

電気シェーバーは安全性が高く皮膚を傷つけないのがいい所。女性で使っている方も多いです。

 

メリット2:価格帯がリーズナブル

電気シェーバーは5,000円以下で買えるものがたくさんあり、安く購入できるのもメリットの1つ。初期費用を少し出せば、後は充電代や電池代程度なので安心して使えます。

 

デメリット1:根本まで剃れない

刃が皮膚に当たらないということは、中途半端に剃り残しが出来てしまうという事。部位によってはありかもしれませんが、濃いムダ毛ポイントですと、見た目が悪くなる可能性も。

小まめに処理してやれば、男性であればそこまで気にならないかと思います。

 

自宅脱毛&処理おすすめ9:抑毛ローション

【公式サイト】
PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

抑毛ローションとは、髭やムダ毛処理のアフターケアとして利用するローションです。

男性ホルモンの活性化を抑えたり、ムダ毛の成長を抑える効果があると言われています。

使ったからといって、すぐにムダ毛処理できるわけではありません。抑毛ローションは長期的に見て、髭やムダ毛の抑制のために利用するアイテムです。

毛穴の引き締めや、髭剃り後の「青み」を目立たなくする効果もあります。他にも「美容効果」「保湿効果」「肌の保護」など、抑毛ローションには様々な効能があります。

特に男性の場合は、髭剃り後のアフターケアとして利用する方が多いですね。

 

部位別のオススメ脱毛方法

色々な自宅で出来る脱毛方法がありますが、試してみたいものは見つかりましたか?次は体の部位別にオススメしたい脱毛方法をご紹介します。

脱毛方法によっては、肌荒れや傷などに繋がってしまうため、部位によってキチンと使い分けることが大切。

 

ワキ毛、スネ毛、胸毛

ワキ毛、スネ毛、胸毛は基本的にどのような処理方法を使ってもOKです。特に肌が弱いポイントではないので、自分に合った方法でムダ毛処理しましょう。

ワキ毛、スネ毛、胸毛処理でオススメの脱毛方法はコチラです。


【ワキ毛、スネ毛、胸毛にオススメなムダ毛処理方法】
・除毛クリーム
・ブラジリアンワックス

毛の濃いムダ毛ポイントですと、電気シェーバーやカミソリでは黒いポツポツが残ってしまいます。クリームやワックスで綺麗に脱毛してしまいましょう。

※関連記事
・男性のワキ毛処理はどうするべき?おすすめのムダ毛処理方法を紹介!
・男の胸毛に対する女性の本音!ムダ毛の脱毛方法や処理方法は?

 

ギャランドゥ

ギャランドゥであれば、電気シェーバーで簡単にお手入れする程度でもOK!もちろんクリームやワックス、脱毛器で綺麗にツルツルにしても大丈夫です。


【ギャランドゥにオススメなムダ毛処理方法】
・除毛クリーム
・ブラジリアンワックス
・電気シェーバー
・脱毛器

 

ヒゲ

ヒゲなどの顔周りであれば、脱毛ワックスや除毛クリームは基本的に推奨されていません。使えなくはないのですが、肌が荒れる可能性も0ではないのでオススメしません。


【ヒゲにオススメなムダ毛処理方法】
・抑毛ローション
・電気シェーバー
・カミソリ
・脱毛器

男性のヒゲを薄くしたい場合は、抑毛ローションを使うのがおすすめ。髭剃りの後に化粧水のようにつけてやりましょう。

PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

【プレミアムアフターシェイブローション】

・男性のヒゲは女性にモテる?髭の脱毛方法や家で簡単に出来る処理方法

 

本格的な永久脱毛を受けるなら脱毛クリニックに通う


【公式サイト】
メンズリゼクリニック

美意識の高い男性であれば、脱毛クリニックに通うのもいいですね。プロの意見を聞きながら脱毛できるので、長期的に綺麗な体を作ることが可能になります。

本格的な永久脱毛を行いたいのであれば、脱毛クリニックに通うしかありません。

メンズリゼクリニックは、男性から人気の高い脱毛クリニックです。全国展開されているので、地方の方でも脱毛を受ける事が可能です。

体の部位ごとに細かくコースが設定されており、全身はもちろん、ピンポイント脱毛を受ける事も可能です。3種類の医療脱毛レーザーを取り揃えており、一人一人の毛質や肌質にあった脱毛機を選択してくれます。

学割や定額プラン、無料カウンセリングなど様々なサービスが充実しており、男性でも気軽に脱毛を始める事が可能。

メンズリゼでは全て男性のスタッフが対応してくれます。コースだと割高ですが、ピンポイントで脱毛してもらえば低価格で施術が受けられます。

【メンズリゼクリニックの支店一覧】
新宿・渋谷・大宮・柏・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・仙台・新潟・広島・福岡天神・青森・盛岡・いわき・郡山

 

脱毛エステならメンズTBC


【公式サイト】
TBC男のカラダ脱毛★1000円★エステティック初めての男性も安心!

メンズTBCは、全国展開されている人気の脱毛エステ。全国で22万人以上が利用しており、信頼と実績があります。

初めての脱毛であれば、なんと1,000円で脱毛を体感することができます。エステに通うと価格帯が割高なのが気になりますが、TBCであればリーズナブルな価格で始められますね。

オゾン水やトリートメントを使ってのアフターケアも充実しています。

【メンズTBCの支店一覧】
東京・新潟・茨城・神奈川・群馬・埼玉・長野・千葉・宮城・北海道・石川・岡山・広島・沖縄・福岡・大阪・兵庫・京都・愛知・静岡

 

自宅で出来るメンズ脱毛方法のまとめ

以上です。今回は男性が自宅で簡単に出来る脱毛方法をご紹介しました。面倒くさがりの男性であれば家でのムダ毛処理が一番楽です♪

最近ではお金をかけずにムダ毛処理できるアイテムも増えていますし、男性であればそれで充分かもしれませんね。

美意識が高くもっと本格的に肌をつるつるにしたいのであれば、やはりクリニックに通うのが一番です。

自宅での脱毛であれば、「除毛クリーム」が一番オススメ。除毛クリームは「傷みがない」「安い」「脱毛が早い」「綺麗に脱毛できる」と4拍子揃っています!

是非試してみて下さいね!

プレミアムリムーバー グート

【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

    Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*