帽子を被るとハゲる言われる原因とは?正しい被り方や薄毛対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「帽子を被るとハゲる」これは昔から言われ続けていますが、実際の所はどうなのでしょうか?今回は帽子を被るとハゲると言われる原因や、正しい被り方やハゲの対策などについてご紹介します。

スポンサードリンク

【AGA治療ならAGAスキンクリニック】
AGAスキンクリニックは、全国展開している発毛・育毛専門のクリニックです。AGAクリニックの中でも高い評価を受けており、男性から圧倒的な支持を得ています。
【公式サイト】
AGAスキンクリニック

 

1.帽子でハゲると言われる原因とは?

「帽子を被るとハゲる」このような事を聞いた事がある方も多いと思いますが、実際の所、薄毛には直接的には関係ないそうです。

しかし帽子のせいで、頭皮環境が悪くなる可能性は考えられます。それが「帽子でハゲる」「帽子が薄毛を引き起こす」このように言われる原因になっています。

【帽子でハゲると言われる原因】
・蒸れると菌が繁殖するから
・血行不良を起こすから
・摩擦・圧力が掛かるから

帽子が原因でハゲると言われる原因には、上記のようなものが考えられます。一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

帽子でハゲると言われる原因1:蒸れると菌が繁殖するから

帽子を被ると頭が密閉されてしまうので、どうしても汗や皮脂がたまりやすくなります。夏場の暑い時期であれば頭の中は蒸れ放題になるし、喚起ができないので自然と菌が繁殖してしまいます。

温度と湿度が高い状態は、菌が繁殖するには最適な場所です。そこにエサである「汗」や「皮脂」があれば、菌にとっては最高の繁殖場所になってしまいますよね。

そのまま放置しておけば、頭皮ニキビかゆみを引き起こし、頭皮の肌トラブルへと繋がります。「帽子を被るからすぐにハゲる」という訳ではなく、少しずつ頭皮環境が悪くなりハゲに繋がっていきます。

 

帽子でハゲると言われる原因2:血行不良を起こすから

帽子は頭を締め付けてしまうので、血行が悪くなりハゲの原因に繋がります。頭皮には本来、血液を通って必要な栄養素が運ばれてきます。しかし、強く頭を締め付けられた帽子を被っていると、その間は栄養素が届かずストップしている状態になってしまいます。

頭皮や髪に必要な栄養素が届かないと、当然髪は育たないし「抜け毛」などの原因となってしまいます。

 

帽子でハゲると言われる原因3:摩擦・圧力が掛かるから

帽子を被ると、どうしても髪の毛や頭皮に「摩擦」「圧」がかかってしまいます。キャップなど締め付けの強い物を被ると、髪を引っ張られるような感覚になりますよね?

短時間であれば全く問題ありませんが、長時間引っ張られている状態が続くと頭皮によくありません。もちろんそれだけでハゲる心配はありませんが、長期的に見て髪が引っ張られる状態はよくないでしょう。

 

2.帽子の正しい被り方

帽子は被り方を間違えると頭皮に悪影響を及ぼします。しかし正しい被り方をすれば、ハゲ予防にも使えるアイテムです。

正しい被り方を身に付けて、髪に負担のないようにする事が大切です。
 

締め付けがなく通気性のいい帽子を選ぼう

帽子でのハゲ対策としては、まず正しい帽子選びから始める事が大切。通気性が悪い帽子を選ぶと、空気を逃がす事ができず頭の中が蒸れてしまいます。

ですので帽子の素材には、「メッシュ素材」などを選び、帽子を被っている時でも通気性がいい状態を保つようにして下さい。

それと帽子選びでもう1点気をつけて欲しいのが、「締め付け具合」ですね。あまり小さいものを選ぶと、頭皮が締め付けられて血行が悪くなります。

ある程度ゆとりのある帽子を選んで、頭が締め付けられないよう注意しましょう。最近では「大きいサイズの帽子」なども販売されており、頭への締め付けがなくストレスを感じないので非常にオススメです。

 

帽子で紫外線から頭皮を守る

紫外線はハゲの大敵と言われています。強い紫外線に長時間頭皮をさらしてしまうと、頭皮の炎症やヤケドを引き起こします。これにより頭皮はダメージを負い、上手く髪の毛を育てる事ができなくなります。

紫外線が頭に直接当たっている時は、帽子を被ることでハゲの予防に繋がります。

 

長時間着用する時は喚起を怠らない

外出していればずっと帽子を被りっぱなしになることが多いです。しかし1時間に5分程度でもいいので、帽子を取り簡単に頭の中を喚起してやりましょう。それだけでも雑菌の繁殖をある程度防ぐ事ができます。

ハゲを隠すために帽子を被ってしまうと、この「喚起」を行わない人が多いです。帽子を取って人に髪の毛を見られるのを避けたい気持ちは分かります。

しかしそれでは頭皮環境が悪くなってしまい、帽子が逆効果となります。

 

帽子はこまめに洗濯するよう心がける

どれだけ帽子の正しい被り方を身に付けても、そもそも帽子に菌がたくさん付いていては意味がありません。出来ればこまめに洗濯するようにして、常に清潔な状態を保っておけるといいですね。

汗や皮脂がついたままの帽子を放置しておくと、帽子にも菌が繁殖します。そんな帽子を被って、さらに汗や皮脂を出して蒸れた状態になれば・・・想像するだけでも恐ろしいですね。

 

ハゲを隠すのに帽子はオススメしません!

ハゲ隠しに帽子を着用する方がいらっしゃいますが、正直あまりオススメしません。ハゲ隠しで帽子を着用していると、絶対に帽子を取らないことが前提となってしまいます。

夏場でどれだけ頭が蒸れても、ハゲ隠しで帽子を被っていると絶対帽子を取らないですよね?こうすると先ほども申しましたが、頭皮の状態が悪くなり結果としてハゲを促進するだけになってしまいます。

もし頭を隠す目的で着用するのであれば、トイレに行くなどしてコマメに頭の中を喚起してやらなければいけません。

隠すくらいであれば、頭皮の状態を良くして根本からハゲを改善することをオススメします。

 

スポンサードリンク

3.普段から頭皮を清潔にしておこう

帽子はハゲ対策にも使えますが、それ以上に普段から頭皮を清潔に保つ事がハゲにくい頭皮環境を作ることに繋がります。

まず頭皮は必ず「汗」「皮脂」が出ますので、これらを毎日綺麗に洗浄する必要があります。

市販のシャンプーやリンスでも綺麗になることはなるのですが、実は必要な皮脂も奪ってしまい、過剰に皮脂分泌が行われ結果として頭皮の環境を悪化させてしまいます。

ですので、頭皮に必要な皮脂を残して汚れだけを洗浄してくれるシャンプーを使用する事が好ましいです。

 

4.その他髪を育てるのに必要なこと

 

食生活を変える

「ビタミン」

AGA(男性型脱毛症)に効果的と言われている物質は、ビタミンです。これらは野菜や果物から摂取する事ができます。ビタミンは細胞を活性化させ、頭皮の乾燥を防いでくれます。

特に男性の場合ファーストフードや肉などが食事の中心となってしまっており、必要なビタミンを摂取できている人が少ないです。髪にいいとされているビタミンは、「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」です。

これらを日々の食事から摂取するよう心がけてください。

 
「大豆食品」

他にも大豆を多く摂取して、男性ホルモンを抑える事も大切ですね。大豆にはイソフラボンが多く含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。

これにより男性ホルモンを抑制して、AGAの予防に繋がる可能性があります。

 
「たんぱく質」

実は髪の99%は、「ケラチンタンパク質」という成分でできています。筋肉や髪、細胞などはたんぱく質からできており、ダイエットなどによりたんぱく質が摂取できていないと、髪にも栄養がいかず細く抜けやすい毛しか生成されなくなってしまいます。

髪を育てるにはたんぱく質も摂取してください。

 

睡眠をしっかりとる

夜更かしや睡眠不足も髪の毛にはよくないです。寝ているときに成長ホルモンが分泌されて、髪は作られます。しかし夜中に起きていると、成長ホルモンが分泌されず髪が生成されなくなってしまいます。

夜22時~深夜2時がゴールデンタイムと呼ばれており、成長ホルモンがもっとも分泌され髪の毛が生成されやすくなります。さすがに22時に寝るのは厳しいと思いますので、深夜0時くらいから睡眠をとれるといいですね。

 

本気で髪を育てるなら育毛剤を使用する


【公式サイト】
チャップアップ(CHAPUP)

髪や頭皮を本気で育てたいなら、「育毛剤」を使うのがオススメです。育毛剤には育毛・発毛促進や、脱毛予防などの効果が期待できます。

頭皮環境を正常化して髪を育てるので、太く強い髪を求めている方にオススメ。

チャップアップはネット上での口コミがとにかく多く、利用者も多いことから安心して使用する事ができます。

髪や頭皮に必要な栄養素を与えて育てるだけでなく、薄毛や脱毛を予防する海藻エキスが多く含まれています。

定期購入であれば永久全額保証がついており、効果が感じられないようであれば全額返金してもらう事が可能です。


【チャップアップの価格】

・9,090円(セットの定期購入)
・7,400円(一本通常価格)
・容量370ml
・全額返金保証つき(定期購入のみ)

 

5.まとめ

以上です。今回は帽子を被るとハゲると言われる原因についてと、正しい被り方やハゲの対策などについてご紹介しました。

帽子でハゲ予防するのであれば、基本的に紫外線から守るときだけ着用でOKです。ハゲることを気にしているのであれば、それ以外の屋内や日差しのない場所であれば、帽子は外しておいた方がいいでしょう。

「帽子を被るとハゲる」というのは昔から言い続けられてきたことです。これは帽子を被ったからすぐにハゲるという訳ではなく、被り方を間違えると頭皮の状態を悪くしてしまい、少なからずハゲの進行を進めてしまうということです。

帽子は正しい被り方を身に付けておけば、ハゲるどころかハゲの予防グッズとしても効果を発揮します。

・帽子は紫外線から頭皮を守るために使う
・帽子は長時間被らずこまめに喚起する
・帽子選びは締め付けが少なく通気性のいい物を
・こまめに洗濯する

上記のことを守っていれば、帽子のせいでハゲることはないです。正しい使い方を身につけ、ハゲ対策に有効活用していきましょう!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*