男でも乳液、化粧水、保湿クリームは必要なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

男性の場合、どこまでスキンケアするのが正しいのか悩んだことはありませんか?女性であれば、「化粧水」「乳液」「クリーム」をすべて使ってもいいですが、男性の場合はかえって肌の状態を悪化させる可能性があります。今回は化粧水や乳液、クリームが男性にとって本当に必要なのかどうかについてまとめてみます!

スポンサードリンク

 

1.化粧水、乳液、保湿クリームの役割について

化粧水や乳液、クリームなどは男性の場合、つけている人とつけていない人に分かれます。女性であればほとんどの人が保湿のために使っているでしょうが、男性は必要なのか不必要なのか判断に迷いますよね。

なんとなく化粧水や乳液を使っている方も多いと思いますが、まずはこれらスキンケアアイテムの役割について見ていきましょう!

 

化粧水の役割

化粧水の成分は7割以上が水分でできています。一般的に言われているのが、保湿効果ですがそれ以外にも化粧水には役割があります。

まず水分が多いので肌に失われた潤いを補給してくれます。さらに水分を肌に浸透させることで、化粧水に含まれた美容成分を肌の隅々まで送り届けてくれます。

化粧水を最初に塗ることで、その後につける「保湿クリーム」や「乳液」などを肌全体に浸透させるような役割を持っています。基本的に化粧水をつけた後に、乳液や保湿クリームを塗るのが正しい順番となります。

このように化粧水は潤いの基盤であり、他の美容成分を肌の奥まで浸透させるには必要不可欠なものとなります。

 

乳液の役割

乳液は化粧水とは成分が異なります。7割以上の水分でできている化粧水に対して、乳液は美容成分に加えて油分が多く配合されています。

人間の肌には本来皮脂が存在するのですが、洗顔などによって必要な皮脂も取り除かれてしまいます。皮脂があることで肌の水分を外に逃がさないようにしているのですが、お風呂や洗顔後はどうしても皮脂がなくなり水分が蒸発しがちになります。

ですので乳液を塗ることで、化粧水の水分をお肌に閉じ込めて潤いを保護してくれるのです。

 

クリームの役割

乳液とクリームは役割としては似ているのですが、水分と油分の配合量の違いがあります。乳液は水分が多いのに対して、保湿クリームは油分が多く作られており、保湿効果やバリア効果がより強いものとなります。

 

2.肌質によって必要性は違う

まず化粧水と乳液とクリームは、肌質によって必要性が変わってきます。どんな男性でもすべてつければいいというわけではないし、かといって男性であればどれも必要ないという訳でもありません。

自分の肌質を考えて、どれが必要なのかしっかり見極めることが大切です。それでは男性の肌質ごとにみていきましょう。

 

脂性肌

まずは男性に多いと言われている脂性肌。肌質が脂っぽくてテカリが出るのが特徴です。ニキビもできやすく様々な肌トラブルを抱えている状態ですね。

脂性肌の場合何もつけない男性が多いですが、「化粧水」「乳液」「クリーム」をすべて使わないと決め付けるのは、間違っています。

脂性肌でも洗顔後に肌のつっぱりや乾燥を少しでも感じるなら、化粧水や水分量の多い乳液を使ってみることをオススメします。

脂性肌の男性は脂っぽい肌がコンプレックスになっており、必要以上に洗顔をして皮脂を取り除いている可能性が高いです。皮脂がなくなると肌はさらに過剰に皮脂の分泌を行うので、それが悪循環となり肌の状態がいつまで経っても改善されません。

ですので化粧水や水分量の多い乳液を使ってみて、その後の肌の状態をチェックしてみましょう。さすがに油分の多いクリームを使ってしまうと、さらにオイリー肌になってしまい肌を悪化させる可能性があるので、慎重にまずは化粧水など水分量が多いものを試していきましょう。

皮脂の分泌を抑えるには、たっぷりの水分を補給してやることが大切です。

使ってみて肌の質が良くなったと感じられるようであれば、継続して見てください。脂っぽい肌であっても、水分は常に必要としています。クリームや乳液は必要ないとしても、最低限さっぱりした化粧水はつけるようにしたほうがいいでしょう。

 

乾燥性脂性肌(混合肌)

鼻やオデコは脂っぽいけど、頬や口元、目の周りなどはつっぱっており、乾燥している感じがする。こういった方は乾燥性脂性肌、「混合肌」と呼ばれる肌質ですね。

実はこの混合肌は日本人に多いといわれている肌質です。鼻やおでこは脂っぽくなるので、「自分は脂性肌だ・・」と勘違いしてしまい、必要以上に洗顔したり保湿を怠ってしまうケースがあります。

乾燥性脂性肌の男性であれば、まずは十分な保湿をしてみることをオススメします。

おすすめとしては「化粧水」と「乳液」を使ってみること。それでもつっぱった感じがあるのであれば、乳液の代わりにクリームでさらに保湿効果を高めてみる。

逆に化粧水と乳液を使ってみて、つっぱった感じがなく、すぐにオイリー肌になるようであれば、化粧水のみにしてみて下さい。

混合肌の場合は、肌の部分によって化粧水や乳液の付け方を変えるのも大切です。


・おでこや鼻の脂っぽくなる場所は化粧水のみ
・頬や目の周り、口元など乾燥しやすい箇所は化粧水だけでなく、クリームや乳液を使う

このように混合肌の場合は、肌の場所によって適した保湿を行うことで、改善へと繋がる可能性があります。

 

乾燥肌

乾燥肌であれば、問答無用でとにかく保湿が大切。化粧水をたっぷりつけて、できれば乳液でなくクリームで保護してやりましょう。

乾燥肌の場合は乳液を塗っても蒸発して、時間の経過とともに乾燥してしまうことがあります。

クリームなどの油分がたっぶり含まれているものを選べば、乾燥しづらくなり化粧水の水分が外に出てしまうのを防ぐことできます。

 

肌質ごとのおすすめ保湿方法

【脂性肌】化粧水のみつけてみる。それでも肌質が良くならない場合は、化粧水の量を増やしたり水分量の多い乳液も併せて使ってみること。
 
【乾燥性脂性肌(混合肌)】化粧水に併せて乳液を使ってみる。肌の部分によって保湿の量を調整する。乾燥が酷い場合は乳液の代わりにクリームを使う。
 
【乾燥肌】とにかくたっぷりの化粧水とクリームを使い保湿を行う。お風呂や洗顔後はできるだけ時間を空けずにすぐに保湿する。

 

男性の場合は、肌質ごとに保湿の必要性は全く違ってきます。まずは上記の保湿方法を試してみて、「肌の調子がいい。」と感じるものを取り入れてください。人によっては合わない場合もありますので、色々試してみることが肌改善に繋がります。

 

スポンサードリンク

3.面倒ならオールインワンタイプの化粧水がオススメ!

男性の場合、肌質によってスキンケア方法が異なります。

最近では「化粧水」「乳液」「保湿クリーム」「美容液」など、スキンケア用品も多様化しつつあり、自分が何を使えば良いのか分からない人がほとんどです。

そんな場合はオールインワンタイプの化粧水を使うのがオススメです。

オールインワン化粧水には、化粧水、乳液、美容液、クリームといったスキンケアアイテムの効能が1つに集約されています。

ですので、たくさんの化粧品を使用する必要がなくなり、オールインワンジェル一本ですべて完結できるようになります。

肌質に関係なく、オールインワンタイプの化粧水はオススメです。

 

メンズオールインワン化粧水おすすめ1:人気ナンバー1のアクアモイス

男性用オールインワン美容液 [アクアモイス]

商品はコチラから
アクアモイス

アクアモイスは、男性用のオールインワン美容液です。化粧水、乳液、美容液、クリームの役割を、コレ一本で行ってくれます!

乾燥、テカリ、毛穴、目元の悩み、髭剃り後のケアなど、男性の肌の保湿や美容、エイジングケアなどにも効力を発揮します。

30歳を超えた男性の肌トラブルのほとんどは、「テカリ、ベタつき」です。アクアモイスは肌に不要な皮脂を取り除き、水分を補ってくれるので、男性の肌をみずみずしくスベスベに変えてくれます!

化粧水部門では何度も「人気ナンバー1」を獲得しており、口コミや評価が非常に高い商品です。信頼と実績があるので、初めてオールインワン化粧水を試す人にもオススメ!

さらに、無香料、無着色、アルコールフリーで作られているので肌に優しく、安心して使い続ける事ができます。

オールインワン化粧水は定期購入の物が多いですが、こちらは単品での購入も受け付けています。単品購入だと5,184円、定期購入の場合は送料無料で4,666円となります。


【関連記事】・アクアモイスを実際に使用した効果&口コミ。おすすめの使い方もご紹介!


【アクアモイス詳細】
・単品価格 5,184円
・定期購入 4,666円
・容量50ml 

 

メンズオールインワン化粧水おすすめ2:オールインワンタイプのZIGEN

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

ZIGENは、化粧水、乳液、美容液、クリームの4つが一つにまとめられたオールインワン型のフェイスジェルです。

乾燥肌や混合肌の男性にとって、乳液やクリームは必要不可欠です。しかし男性の場合、化粧水を付けて、乳液をつけてと、女性のように何回も保湿アイテムを使うのは面倒ですよね・・・

保湿が面倒に感じる男性向けに開発されたのが、オールインワンタイプのジェルです。

ZIGENを使えばこれ一つですべてのケアをしてくれるので、時間が掛からず非常に楽です。

ハマメリスのエキス、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸などのオーガニックエキスが配合されており、必要な水分と油分をすべて取り入れることができます。

保湿だけでなく、シワやたるみといったアンチエイジングとしても効果が高いと言われています。さらに2ヶ月分で3,990円という手ごろな価格帯も魅力的。化粧水、乳液、クリームなど購入すると、毎月それなりに費用が掛かりますからね。


【関連記事】・zigenオールインワンフェイスジェルを使った感想・口コミ・評価


【ZIGEN詳細】
・単品購入価格 3,990円
・容量100グラム 約2か月分

 

4.その他肌トラブルを改善するために気をつけたい事

 

食事

食事で脂っぽいものばかり食べていれば、自然と肌質もオイリー肌に変わってしまいます。肉やファーストフードなどはできるだけ控えて、野菜や果物などを中心とした食生活にしましょう。

野菜や果物でビタミンやミネラルを摂取できると、オイリー肌はもちろんですが、乾燥肌の男性にも潤いを与えることができます。

 

睡眠不足

睡眠不足は肌の大敵です。睡眠不足はホルモンバラスの乱れに繋がり、皮脂が過剰分泌してしまいます。夜遅くまで起きているのもよくないので、「早寝早起き」を習慣づけることで肌を改善していけます。

 

タバコ・お酒

タバコは体の中のビタミンを破壊する作用があります。せっかく食生活がよくても、タバコのせいで肌トラブルを抱えている男性は少なくありません。

これと同じようにお酒もよくないです。少量であればいいですが、大量のお酒は肝機能の低下を引き起こしてしまい、肌荒れに繋がります。

 

間違った肌のケア

自分の肌質を理解しておらず、間違ったケアをしいるといつまで経っても肌が改善されることはありません。

「オイリー肌だと思っていたら実は乾燥肌だった」

男性ですとこのように勘違いしている人は結構いらっしゃいます。

乾燥肌の場合乾燥を防ごうと皮脂が過剰分泌されるんですよね。そのせいでオイリー肌と勘違いすることは少なくないです。

大切なのは肌トラブル解消のために、色々と試してみることです。化粧水があわなければ別のものを使ったり、乳液などを試してみるのもいいですね。

自分に合ったスキンケアを発見することで、肌トラブルを解消することができます。

 

洗顔のしすぎ

男性は”洗顔のしすぎ”にも気をつけてください。

オイリー肌だからといって洗顔しすぎている場合は、ほとんど逆効果となっていることがあります。洗顔は、毎日泡の弾力で洗うだけで十分です。

人によっては、「水洗いにしたら肌質がよくなった」「夜だけ洗顔するようにしたら、乾燥しなくなった」など、洗顔の仕方を変えただけで肌質が改善された人もいらっしゃいます。

 

5.まとめ

以上です。今回は、「化粧水」「乳液」「保湿クリーム」の男性への必要性や違いについてご紹介しました。

乾燥肌の男性であれば、「化粧水」と「保湿クリーム」がオススメです。脂性肌であれば化粧水をたっぷり塗ってやり、調子がよくならないようであれば、あわせて乳液を試してみましょう。

混合肌の場合は面倒ですが、化粧水を顔全体に塗り、乾燥する場所に乳液や保湿クリームを使うのがオススメ。

色々試すことで自分にあったスキンケア方法や、化粧水、乳液などを見つけることができます。

    Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*