髭剃りが「痛い」と感じる原因・対策・対処法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
toop

毎日の髭剃りで「痛み」を感じている男性は意外と多くいらっしゃいます。髭剃り時や髭剃りの後に「痛い!」と感じる場合は、正しい髭剃りを行えていない可能性があります。

スポンサードリンク

目次


髭剃りが痛い原因とは?
髭剃りが「痛い」と感じる場合の対策について
髭剃りが引き起こす肌トラブルについて
毎日の髭剃りから開放されたいなら永久脱毛がオススメ
まとめ

 

PR:髭剃り後のケアには、プレミアムアフターシェイブローションがオススメ

毎日髭剃りを行っていると、どうしても「カミソリ負け」を起こしてしまいます。今回ご紹介するカミソリ負け対策を実践することで、ある程度緩和することは可能ですが、やはり完全にカミソリ負けを防ぐのは難しいです。

アフターシェーブローションを使えば、カミソリ負けで痛んだ肌をケアできます。毎日髭剃りを行う男性であれば、髭剃り後のケアには、必ずアフターシェーブローションを使ってください。

【公式サイト】
PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

【プレミアムアフターシェイブローション】

 

髭剃りが痛い原因とは?

髭剃り時や髭剃りの後の痛みには、「ヒリヒリして痛い」「ニキビができて痛い」「傷口から菌が入って炎症を起こしている」などが考えられます。

髭剃りで痛みが出る主な原因は、肌へのダメージが大きすぎるからです。

肌へのダメージを抑えるためには、正しい髭剃りの方法を学んだり、極力ダメージを抑えるよう髭剃りを行う必要があります。まずは髭剃りで痛みが出てしまう「原因」について見ていきましょう。

 

髭剃りが痛い原因1:力を入れすぎている

髭剃り時には、力の入れすぎに注意する必要があります。髭が剃れないからと力をかけてしまうと、肌へのダメージが大きくなり逆効果となります。

T字カミソリで髭剃りをおこう場合、髭と一緒に皮膚も少なからず削られています。強い力でカミソリを押し当てれば、当然皮膚に大きなダメージが残ります。

まずは、「髭剃りでは髭と同時に皮膚も削ってしまっている」ということを認識するべきです。

できるだけ皮膚を削らないためには、そっと肌にカミソリを当てて、肌を撫でるような感覚で剃るのが理想的です。

ちなみにT字カミソリを使う場合は、できれば重量のあるものがオススメです。重みがあると変に力を入れずに、カミソリの重みだけで髭剃りを行えます。変に軽すぎると感覚が掴めず、力みすぎてしまいます。

 

髭剃りが痛い原因2:シェービング剤を使用していない、量が少ない

髭剃りを行う場合は、「シェービングフォーム」「シェービングジェル」などを使うのが一般的です。これを面倒だからと、水だけで髭剃りを行ったり、シェービング剤を少量にすると肌に痛みを感じやすくなります。

「シェービングフォーム」や「シェービングジェル」は、髭剃り時の潤滑剤です。たっぷり使わなければ、カミソリがスムーズに動かなくなり、肌を傷つける原因に繋がります。

 

髭剃りが痛い原因3:ニキビや肌荒れが慢性化している

間違った髭剃りを毎日繰り返していると、肌荒れが慢性化して行きます。髭剃りを行うたびに皮膚を傷つけ、そこから菌が入って炎症を起こすという悪循環を繰り返します。

ニキビは一度出来ると同じ箇所に何度もできやすくなるので、注意が必要です。

 

髭剃りが痛い原因4:切れ味の悪いカミソリを使用している

切れ味の悪いカミソリを使用すると、刃に髭が絡みつき、毛を引っ張るような形になり痛みを伴います。

よくあるのはカミソリの刃を長年変えずに使用してしまう事。カミソリの刃は劣化していきます。使い続けると切れ味が悪くなり、髭を上手く切断できなくなります。

髭を引っ張るときの痛みもありますが、髭を引きちぎった後に肌へのダメージも残ります。

 

髭剃りが痛い原因5:アフターケアを怠っている

髭剃り後は肌が敏感になっています。カミソリで皮膚を削った後なので、「乾燥肌」になっており、アフターケアが必須となります。

しかし男性の場合、アフターケアが面倒に感じてしまい、髭を剃った後は放ったらかしにしている人が多くいらっしゃいます。

アフターケアは髭剃り後の保湿はもちろん、ダメージの補修なども行ってくれるので、しっかり行ってください。

アフターケアには普通の化粧水ではなく、できれば髭剃り用のアフターケアローションがオススメです。これについては後程ご紹介します。

 

髭剃りが「痛い」と感じる場合の対策について

続いては髭剃りで痛みを感じる場合の「対処法・対策」についてご紹介します。

 

対策・対処法1:正しい髭剃りを実践する

朝は忙しく、髭剃りに時間をかけるのが面倒に感じると思います。ササッと髭剃りを行いたいですよね・・・。しかしこれでは髭剃りの痛みがいつまで経っても改善されません。

痛みをなくしたければ、朝髭剃りに掛ける時間をいつもより少し多めに取りましょう。

【正しい髭の剃り方】
1,お湯を使って洗顔する
2,温かいタオルを顔に乗せて1分~2分放置
3,シェービングフォームをたっぷり肌に塗る
4,順剃り⇒逆剃りで剃る
5,水洗いで洗顔フォームを綺麗に洗い流す

上記は髭剃りの基本的な手順となります。朝急いでいるとシェービング剤を使わなかったり、最初から逆剃りで剃ってしまう人がいらっしゃいます。

上記の手順に従い、肌へのダメージを抑えた髭剃りを行ってください。

 

対策・対処法2:髭剃り用品を見直す

髭剃りに使用する「髭剃り用品」を見直す事も大切です。

例えばT字カミソリを使用しているのであれば、「刃」の本数を少ない物に変えるのもオススメです。

T字カミソリには「三枚刃」「五枚刃」などありますが、刃数が少なければ深剃りはできなくなりますが、その分肌へのダメージは抑えられます。

またT字カミソリよりも、電気シェーバーの方がダメージは少ないです。電気シェーバーの場合は肌に刃が直接触れないため、皮膚負を直接傷つける心配がありません。

 

対策・対処法3:必ずアフターケアを行う

髭剃り後の肌は、水分が奪われ乾燥肌になっています。さらに細かな目に見えない傷がある状態なので、できるだけ早くアフターケアする必要があります。

アフターケアには化粧水や乳液を使う方がいらっしゃいますが、できれば髭用のアフターシェーブローションを使用して下さい。

アフターシェーブローションには様々成分が含まれており、「保湿」だけでなくお肌の修復や美容などにも良いとされています。

【公式サイト】
PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

【プレミアムアフターシェイブローション】

 

対策・対処法4:痛みが引かない場合は、冷やすまたは皮膚科に行く

髭剃り後の痛みが引かない場合は、まずは患部を冷やしてみてください。冷やしても痛みが残る場合は、一度皮膚科に行く事をオススメします。

 

スポンサードリンク

髭剃りが引き起こす肌トラブルについて

髭剃りが引き起こす「肌トラブル」についてご紹介します。

 

肌トラブル1:カミソリ負け

カミソリ負けとは、髭剃りを行った後に伴う「赤み」「湿疹」を総称して呼びます。髭剃り後の悩みで一番多いのは、カミソリ負けを起こしてしまうことです。

下記記事では「髭剃り時にカミソリ負けしない方法」を特集しているので、是非併せてチェックして下さい。

【関連記事】・カミソリ負けしない方法とは?対策やコツについてご紹介!

 

肌トラブル2:ニキビ

髭剃りを行うと目には見えない傷がたくさんつきます。そこから菌が入ってしまうと、ニキビに繋がる恐れがあります。ニキビは一度できると繰り返します。

ニキビができると髭剃りを行えなくなるのも辛い所ですね。

 

肌トラブル3:埋没毛

埋没毛とは髭剃りを行った後に、髭が皮膚の中に埋もれてしまい成長する事を言います。埋没毛は非常に厄介で、中で炎症を起こすと、最悪の場合、手術を受けなければいけません。

 

肌トラブル4:乾燥肌、脂性肌

髭剃り後は角質水分が奪われて、肌が可能した状態になります。肌の水分が奪われた状態なので、放置しておくと乾燥肌に繋がります。

乾燥肌になると皮膚がそれを補おうと、皮脂を過剰分泌を繰り返します。これにより「乾燥肌⇒脂性肌」に変わってしまう場合もあります。

対策としては髭剃り後の「保湿」以外ありません。

 

肌トラブル5:シミ

髭剃りによる肌荒れを放置しておくと、稀に色素沈着を起こし「シミ」として残る場合があります。シミ対策としては、できるだけ肌荒れを防ぐようにするしかありません。

 

毎日の髭剃りから開放されたいなら永久脱毛がオススメ

髭剃りは上手く行うことで、肌へのダメージを抑える事ができます。しかしカミソリを使って髭剃りを行う以上、多少のダメージは負ってしまいます。

人によっては正しい髭剃りを行っていても、肌トラブルに悩まされる場合があります。

髭剃りの痛みから完全に解放されたい場合は、「永久脱毛」を行うのが、もっとも効果的でオススメです。

「メンズエステ」「脱毛クリニック」では本格的なメンズの髭脱毛を行っており、施術を受けることで、髭がほとんど生えてこなくなります。

髭剃りの痛みはもちろん、肌荒れや、面倒な時間からも解放されるので、是非オススメです!

 

オススメの脱毛エステ:メンズTBC


【公式サイト】
【TBCヒゲ脱毛】が初回限定1000円★TBCならエステティック初めての男性も安心

メンズTBCは、全国展開されている人気の脱毛エステ。全国で22万人以上が利用しており、信頼と実績があります。

メンズエステの場合はニードル脱毛を行っており、髭を一本一本綺麗に処理してくれます。技術力のあるスタッフが、カウンセリングをして施術を行うので安心です。

初めての脱毛であれば、なんと1,000円で髭脱毛を体感することができます。エステに通うと価格帯が割高なのが気になりますが、TBCであればリーズナブルな価格で始められますね。

オゾン水やトリートメントを使ってのアフターケアも充実しています。スーパー脱毛は毛を一本一本綺麗に処理するので、細かい調整を行う事が可能です。

【メンズTBCの支店一覧】
東京・新潟・茨城・神奈川・群馬・埼玉・長野・千葉・宮城・北海道・石川・岡山・広島・沖縄・福岡・大阪・兵庫・京都・愛知・静岡

 

オススメの脱毛クリニック:メンズリゼクリニック


【公式サイト】
メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニックは、男性から人気の高い脱毛クリニックです。クリニックではレーザー脱毛を行っています。
レーザー脱毛とは、強力な光を使った「脱毛器」を使用した脱毛方法です。

体の部位ごとに細かくコースが設定されており、鬚脱毛も行っています。3種類の医療脱毛レーザーを取り揃えており、一人一人の毛質や肌質にあった脱毛機を選択してくれます。

学割や定額プラン、無料カウンセリングなど様々なサービスが充実しており、男性でも気軽に脱毛を始める事が可能。

【メンズリゼクリニックの支店一覧】
新宿・渋谷・大宮・柏・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・仙台・新潟・広島・福岡天神・青森・盛岡・いわき・郡山

 

まとめ

以上です。今回は髭剃りが「痛い」と感じる原因や対処法についてご紹介しました。正しい髭剃りの手順を踏まえ、実践していれば、髭剃りでそこまで強い痛みを伴うことはありません。

しかし朝忙しいからといって、髭剃りの時間を短縮してしまうと、痛みや肌トラブルを引き起こします。

カミソリ負けや炎症を起こすと、髭剃り時はもちろん、髭剃り後にも強い痛みを伴うことがあります。

一時的な痛みで済めば良いですが、中には「埋没毛」「皮膚内の炎症」「シミ」などに繋がる恐れもあります。

このような肌トラブルは後々面倒になる場合があるので、髭剃りの段階でダメージを無くし、しっかりスキンケアを行い、肌トラブルを引き起こさない事が大切です。

髭剃りの痛みに悩まされている方は、是非今回ご紹介した記事を参考にして、改善に努めてください。髭剃りの悩みを無くしたい場合は、思い切って「永久脱毛」を受けるのも良いと思います。

    Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*