「急に体毛が濃くなった!」と感じた場合の対処法について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

 

体毛(ムダ毛)は年々濃くなっていくものです。

しかし人によっては急にムダ毛が増えたことで、不安になる場合もあるかと思います。

男女問わず、体毛をコンプレックスに感じている人は世の中に大勢いらっしゃいます。

誰でも体毛は生えてくるものですが、それには個人差があり、人によっては大きな悩みに繋がる場合もありますよね。

今回は、「急に体毛が濃くなった!」と感じた場合の対策や、その原因についてご紹介します。

⇒プレミアムリムーバーグートで10分セルフ脱毛

【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

 

自己処理が面倒なら永久脱毛がオススメ

「体毛」「ムダ毛」これらの悩みから開放されるには、脱毛エステor脱毛クリニックに通うしかありません。

自宅での処理も可能ですが、これらは一時的な処理になるため、定期的に処理していく必要があります。

「毎日のムダ毛処理から解放されたい!」
「体毛が生えない体になりたい!」

このように考えるのであれば、永久脱毛しか道はありません。

脱毛クリニックや脱毛エステでは、やや費用が高くなりますが、半永久的なムダ毛脱毛を行ってくれます。

 

オススメの脱毛エステ:メンズTBC


【TBCのポイント】
・初回1,000円で脱毛経験ができる
・全国22万人以上が利用
・全国に支店あり
・スーパー脱毛
・メンズ専用サロン

メンズTBCは、脱毛・フェイシャル・ボディシェイプ・リラクセーションのエステティックメニューで、「美」のトータルサポートを行うサービス。

CMでも放映されており、全国に支店を構えているので、知っている方も多いのではないでしょうか?

メンズTBCでは男性をターゲットに、エステや脱毛などの施術を行います。

部位別にご希望のムダ毛の減らし方をオーダーできるので、希望に合った脱毛体験が可能です。

スーパー脱毛と呼ばれる脱毛方法を行っており、毛を一本一本綺麗に処理するので、細かい調整を行う事が可能です。

処理後は、半永久的にムダ毛が生えてこなくなります。

▼サロンで永久脱毛を行う▼


【メンズTBCの支店一覧】
東京・新潟・茨城・神奈川・群馬・埼玉・長野・千葉・宮城・北海道・石川・岡山・広島・沖縄・福岡・大阪・兵庫・京都・愛知・静岡

 

オススメの脱毛クリニック:メンズリゼクリニック


【公式サイト】
メンズリゼクリニック
【メンズリゼのポイント】
・月々3,000円~
・麻酔により痛み緩和
・全国に支店あり
・医療脱毛
・メンズ専用サロン

メンズリゼクリニックは、2012年に創業された脱毛専門のクリニックです。

「レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛方法で、全身の体毛を綺麗に脱毛してくれます。

「全てツルツルにしたい!」「ツルツルではなく薄くしたい!」このような一人一人のご要望に合わせて施術を行ってくれるので、ユーザーからの満足度が非常に高いです。

▼クリニックで永久脱毛を行う▼


【メンズリゼクリニックの支店一覧】
新宿・渋谷・大宮・柏・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・仙台・新潟・広島・福岡天神・青森・盛岡・いわき・郡山

 

オススメの脱毛クリニック:ゴリラ脱毛

全身脱毛

【公式サイト】
ゴリラ脱毛
【ゴリラクリニックのポイント】
・月々3,000円~
・麻酔により痛み緩和
・全国に支店あり
・医療脱毛
・メンズ専用サロン

男性の脱毛クリニックでは「ゴリラクリニック」も人気です。

ゴリラ脱毛は有名な芸人さんや芸能人も通っているので、安心して治療を受けられます。

さらにお客さんは女性が少なく、ほとんどがメンズ。

周囲の視線も気にならないし気軽に通えますね。

施術を行うスタッフも男性のみ!男性に特化したクリニックとなっています。

ゴリラクリニックでは様々な「コース」が用意されており、気になる部位をピンポイントで脱毛してもらう事が可能。

▼クリニックで永久脱毛を行う▼


【ゴリラクリニックの支店一覧】
新宿・渋谷・池袋・銀座・上野・横浜・大宮・名古屋栄・大阪梅田・大阪心斎橋・京都烏丸・神戸三宮・福岡天神

 

体毛が濃くなった時にやるべき対策

体毛の濃さには「個人差」があるので、自分に合った「対策」を行う事が大切です。

遺伝で毛深い人が、どれだけ食生活やストレスなどの「生活環境」を改善しても、それによってムダ毛が無くなることはありえません。

急に毛深くなって困っている方は、是非今回の対策を取り入れて対策しましょう。

 

対策1:除毛クリームで定期的に処理を行う

【プレミアムリムーバーグート(メンズ除毛クリーム)】

商品購入はコチラ
プレミアムリムーバー グート

体毛を放置するのではなく、しっかりと「体毛と向き合う」という意味では、定期的に処理していくのが一番です。

ムダ毛処理には色々な方法がありますが、一番オススメなのは「除毛クリーム」というアイテムを使う事。

除毛クリームは、自宅にいながら簡単で手軽にムダ毛処理を行える万能アイテムです。

僕も実際にプレミアムリムーバーグートという除毛クリームを使いましたが、驚くほど綺麗にムダ毛処理できます!

塗って10分くらい放置するだけで、ビックリするくらい綺麗にムダ毛が無くなります。

下記の動画を見てもらえれば、「除毛クリーム」の凄さが分かると思います。

体毛に悩んでいる方には本当にオススメです。

プレミアムリムーバーグートは、男性向けに開発された脱毛クリームです。

太毛、剛毛、長毛など、メンズの頑固なムダ毛でも、コレ1つで綺麗に除毛できます!

プレミアムリムーバーグートにはたくさんのスキンケア成分が含まれており、脱毛後の肌のザラザラ、カサカサ感などを防いでくれます。

低刺激なので安心して脱毛が行えるのが嬉しいですね。

さらにヒアルロン酸、ヒオウギエキスなど、保湿成分が豊富に含まれているので、使用後はツルツルスベスベなお肌に大変身!

爽やかなマンダリンオレンジの香りが、除毛剤の嫌な臭いを完全にシャットアウトしてくれます。

クリームタイプなのでとっても使いやすく、250グラムと大容量なのでお得感満載。安心の「made in japan」で、価格は単品で3,035円です。

⇒プレミアムリムーバーグートで10分セルフ脱毛

【プレミアムリムーバーグートの詳細】
・単品価格:3,035円
・定期価格:2,732円(送料無料)
・大容量 250グラム
・放置時間:5分~10分程度

 

対策2:プレミアムアフターシェーブローションを使ってみる

【プレミアムアフターシェイブローション】

【公式サイト】
PREMIUM AFTER SHAVE LOTION

プレミアムアフターシェイブローションは、濃い髭や青髭、全身の体毛に悩まされている男性のために開発されたローションです。

「ダイズ芽」「ダイズ種子エキス」「ザクロエキス」「クズ根エキス」が、ムダ毛に効果的にアプローチを行います。

さらにたくさんの「美容成分」が含まれているため、お風呂の後にサッと塗るだけで、手軽にツルツル・スベスベ肌が手に入ります。

化粧水のような感覚で全身に使用できるので、これ一本持っているだけで全身のトータルケアが行えます。

プレミアムアフターシェイブローションには、「アロエベラ葉エキス」「グリチルリチン酸2K」などの保湿成分が含まれているため、ムダ毛処理後の「カサカサ肌」「テカリ」なども防いでくれます。

ヒゲや体毛対策だけではなく、保湿対策としてもオススメできるアイテムです。

【プレミアムアフターシェイブローション詳細】
・単品購入 5,280円(500円offクーポンあり)
・定期購入 1ヶ月4,752円
・容量   150ml(約2ヶ月分)

 

▼自宅で簡単ヒゲ&ムダ毛対策▼


 

対策4:家庭用脱毛器「ケノン」を使う


自宅で脱毛を行いたい場合は、家庭用脱毛器が便利なのでオススメです。

家庭用脱毛器は、クリニックで使う脱毛器に比べると効果は薄いですが、それでも本格的な脱毛器なのでムダ毛処理に便利です。

一家で一台持っておけば、家族で使えて、体中全身の脱毛を行えるのでオススメ。

本格的な脱毛器なので安くはないですが、脱毛クリニックに通うのに比べればかなり安価です。

【家庭用脱毛器のメリット・デメリット】
●家で脱毛ができる
●クリニックに比べると効果は薄め
●費用が掛かる

「ケノン」は、家庭用の脱毛器業界でトップクラスのシェアを誇っています。

女性だけでなく男性からも人気が高く、実に使用者の4割以上は男性ユーザーと言われています。

購入者の口コミやレビューが非常に多く、脱毛器の中でも特に販売台数が多いです。

家庭用脱毛器ランキングでは、6年間1位、レビュー数は10万件以上を誇ります。

【ケノン詳細】
・価格 69,800円
・フラッシュ式
・全身、髭、顔OK

 

対策4:生活習慣の改善を行う

生活習慣の改善を行う事も大切です。

生活習慣を改善したからと言って、すぐに体毛が無くなる訳ではありませんが、ホルモンバランスを整えておく事は非常に重要な事です。

生活習慣で見直すべき項目は以下の4つ。

【生活習慣で改善すべき項目】
・睡眠
・食生活
・ストレス
・運動

まず睡眠不足を解消する事は必須です。

たっぷり睡眠を取るのはもちろんですが、睡眠の質を高める事も大切です。

「気温が高くて寝苦しい」「スマホばかり触っており寝つきが悪い」このような状態だと、いくら睡眠時間が長くても意味がないので注意して下さい。

睡眠時間と睡眠の質、両方を意識して下さい。

食生活では「納豆」「豆乳」「ひじき」「ホウレンソウ」などの、女性ホルモンを活性化させる食べ物がオススメ。

反対に「肉類」「牡蠣」「にんにく」「たまねぎ」などは男性ホルモンを活性化させてしまうので注意。

後は日頃のストレスを少なくして、適度な運動を取り入れる事をオススメします。

仕事などでストレス軽減が難しければ、ストレス発散を上手に行いましょう。

 

体毛は年を重ねれば濃くなります

「20代の頃は体毛が薄かったのに、30代になったら濃くなってきた・・」
「20代半ばになったら、突然体毛が増えてきた。」

このような悩みを持つ男性は、実はたくさんいらっしゃいます。

まず最初に言っておきたいのが、「体毛」は年と共に増えていくという事です。

以前は生えてなかった場所にムダ毛が生えてくる。

これはごく自然な事です。

一般的には、思春期の時期に生えてくる事が多いですが、それ以外でも20代で濃くなる人、30代で濃くなる人も当然いらっしゃいます。

体毛が濃くなる原因は様々ですが、これには個人差があり、皆が同じタイミングで濃くなる訳ではありません。

年齢と共に体毛が濃くなっていくのは普通の事なので、必要以上に気にする必要はありません。

気にし過ぎると、かえってストレスになり体にも良くありません。

 

急に体毛・ムダ毛が濃くなった原因について

体毛が濃くなる原因は、やはり「遺伝」によるものが大きいです。

ムダ毛が濃い家系であれば、当然子供はムダ毛が濃くなる可能性が高いです。

これには男性ホルモンの量が関係しています。

遺伝が原因となる事がほとんどなのですが、それ以外にもムダ毛が濃くなる時期や原因というのは存在します。

【体毛が濃くなる原因について】
●思春期
●過度のストレス
●環境の大きな変化
●女性であれば妊娠・出産時期

 

体毛が濃くなる原因1:思春期

10代~20代の「思春期」と呼ばれる時期は、体が発達するため「ワキ毛」「スネ毛」「デリケートゾーン」などの体毛が増えます。

この時期に体毛が増えるのは、男性ホルモンが増えるから当たり前の事です。

これにも個人差があり遺伝で毛深い人は、この時期に急に体毛が濃くなる可能性も考えられます。

余談ですが、芸能人の「鈴木奈々さん」は小学校4年生の頃から「ワキ毛」が生えてきたそうです。

さすがに女性では早すぎますが、このように人によっては少しずれて体毛が生えてくる場合があります。

 

体毛が濃くなる原因2:過度のストレス

過度のストレスがかかると、男性ホルモンが乱れて体毛が濃くなる可能性があります。

体のムダ毛には「男性ホルモン」が深く関わっています。

普通「思春期」を過ぎると男性ホルモンの増加は収まるのですが、過度のストレスが掛かると、ホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが活性化する事があります。

 

体毛が濃くなる原因3:環境の大きな変化

環境の大きな変化があった場合も注意が必要。

これも「ストレス」と同じように、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの活性化の原因に繋がる可能性があります。

「食生活の変化」「睡眠不足」「仕事でのプレッシャー」などで、ホルモンバランスが乱れる事があります。

 

体毛が濃くなる原因4:女性であれば妊娠・出産時期

女性であれば「妊娠」「出産」の時期は、ホルモンバランスが乱れて体毛が濃くなる事があります。

よくあるのは「おへその下に毛が生えてきた」「ヒゲが生えてきた」このような現象です。

これは妊婦であれば普通の事なので、特に気にする必要はないと思います。

 

まとめ

以上です。今回は、「急に体毛・ムダ毛が濃くなった!」と感じた場合の対処法についてご紹介しました。

年齢と共に「体毛」が濃くなるのは普通の事です。

個人差があるため人によっては「突然濃くなった・・・」と感じてしまう方もいらっしゃると思います。

体毛が濃くなった場合は、大きく分けて2種類の対策が存在します。

一つは「除毛クリーム」「ローション」などを使い、自宅で手軽にケアを行う方法。

⇒プレミアムリムーバーグートで10分セルフ脱毛


⇒PREMIUM AFTER SHAVE LOTIONで体毛対策を行う

もう一つは「脱毛クリニック」「脱毛エステ」に通い、半永久的に体毛を生えなくしてしまう方法です。

自宅で行える方法は、手軽ですが永久性がなく定期的に処理していく必要があります。

反対にクリニックやエステはお金はかかりますが、半永久的に体毛とオサラバできます。

どちらにもメリット・デメリットが存在するので、自分に合った施策を選んでください。

▼サロンで永久脱毛を行う▼


スポンサードリンク

 
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*