ジェイソンマークの使い方。実際にスニーカーを綺麗にした結果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
top

「ジェイソンマーク」は、スニーカー好きなら一つは持っておきたい、スニーカーケア用品。海外では非常に人気が高く、スニーカーの色を白くしたり、汚れを取るのに使われています。

スポンサードリンク

コレ一つ持っていれば、様々な靴を綺麗に蘇えらせる事が可能です!

価格も割りと手頃でネットで簡単に購入できるので、スニーカーを綺麗にケアしたい方にオススメです。

目次

1.ジェイソンマークについて
2.ジェイソンマークの使い方
3.実際にスニーカーを綺麗にしてみた!
4.ジェイソンマークを使う魅力
5.ジェイソンマークの使い方のまとめ

 

1.ジェイソンマークについて

【購入はコチラ】
・「ジェイソンマーク」のシューズクリーナー一覧を見る

「ジェイソンマーク」とは、2007年にアメリカで創業されたスニーカーアクセサリーブランドです。

スニーカー好きの中では「ジェイソンマーク」は、割と定番のシューズケアアイテムのようです。実際に私の友人でも、使っている人がいらっしゃいました。

大切なスニーカーであれば基本的に「手洗い」をすると思いますが、実際手合いで洗ってみると「黒ずみ」「黄ばみ」が全然取れないんですよね・・・。

しかしジェイソンマークを使えば、シューズの頑固な「黒ずみ」「黄ばみ」が驚くほど綺麗に取れます。(今回の記事で実証済みです!)

世界30か国2000店舗以上のお店で取り扱いがあり、日本では「ユナイテッドアローズ」「東急ハンズ」などで販売しています。ネットでもアマゾンや楽天で簡単に注文できます。

ちなみにこの「ジェイソンマーク」のシューズクリーナーは、スニーカーだけでなく「革靴」「ブーツ」「キャンバスシューズ」など、どんなシューズの素材にも使えます。

ようするに一つ持っていれば、全てのシューズを綺麗にケアできるということです!

【ジェイソンマークの詳細】
●セット価格 2,200円(専用のブラシとシュークリーナーのセット)
●使用できる素材  レザー、スエード、ヌバック、キャンバス、ビニール、ナイロン、コットン、メッシュ、ゴムetc..

 

2.ジェイソンマークの使い方

続いては、ジェイソンマークの使い方を簡単にご説明します。

【ジェイソンマークの使い方】
1,ボウルやバケツに水を張り専用のブラシを付ける
2,シューズクリーナーをブラシにつける
3,ブラシを再度水につける(クリーナーが落ちない程度に)
4,泡立てながらスニーカーの汚れた部分をブラッシングする
5,布かタオルで綺麗に拭き取る
6,自然乾燥させる

ジェイソンマークの大まかな使い方は上記の通り。特別難しい事はなく、シューズクリーナーと水をつけて、汚れた部分をブラッシングしていくだけです。

たくさん泡立ててブラッシングすると、汚れが落ちやすいのでオススメです。変に液をケチってしまうと、泡立たず汚れが落ちないので気をつけましょう。

イメージとしては汚れた部分ごとに洗っていってください。一気に靴全体を洗おうと思うと、手が泡だらけになるし、泡立ちも悪くなります。

部分ごとに洗ってはタオルで拭く、この作業を繰り返すのがオススメです。

最後は水で洗う必要は無く、そのまま自然乾燥させるだけでOK!!外側を磨くだけなので、そこまでベタベタにならないので、すぐ乾きます!

 

スポンサードリンク

3.実際にスニーカーを綺麗にしてみた!

実際に私もスニーカーが好きで、履いているスニーカーの汚れが目立ってきたので、「ジェイソンマーク」を一つアマゾンで購入してみました!

どのくらい綺麗になるのか気になる方もいらっしゃると思うので、画像や動画でご紹介していきます。

ジェイソンマークの「液体」「ブラシ」がセットになっている物を購入しました。価格はアマゾンで2,200円でした。一般的なケア用品とは違い、シンプルなパッケージでオシャレな雰囲気。インテリアとしてスニーカーの横に置いておいても、全然かっこ悪くないです!

液体だけでも良いのですが、ブラシが磨きやすいので、できれば「液体&ブラシ」のセットの購入がオススメです。

靴の表面や裏側が黒ずんでおり、スニーカー本来の「白さ」を失った状態です。白いスニーカーってカッコ良いですが、何度も履いていると必ず汚れてきます。

白さが無くなってくると、「清潔感」も損なわれていくので注意したい。

さっそく「液体」と「水」をブラシにつけて洗っていきます。液体は洗剤のような良い匂いがします。全然臭くないので洗っていても嫌な気分になりません。

液体や水はブラシでゴシゴシ洗っていると飛び散るので、できれば屋外で洗う事をオススメします。

屋外で汚れてもよい服装であれば、気にせずガシガシブラッシングできます。屋内で汚れを気にしてしまうと、ガシガシ力を入れて洗えないので、汚れが綺麗に落ちません。

ブラッシングを始めると、すぐに泡だってきました。一気に靴全体をブラッシングしようと思うと、泡が邪魔になるし、泡立ちが悪くなっていきます。

ですので部分ごとに分けて、洗っていくのがオススメです!

一度タオルでブラッシングした箇所を拭いてみます。

洗っていないもう片方の靴と比べてみると、明らかに汚れが取れて白くなっています!スニーカー本来の「白さ」を取り戻しており、汚らしい感じが無くなってますね。

続いては靴の横側のゴムの部分を洗っていきます。ちょっと洗い辛い場所ですが、「ジェイソンマーク」のブラシが小さめで固く作られているので、イイ感じでフィットします!

大きいブラシや柔らかいブラシだと、こういった細かい所が洗い辛いですからね。

そのまま靴の裏側部分もゴシゴシ洗っていきます!裏側が白いソールを使っている場合必ず汚れています。表面だけでなく裏側も忘れずに洗っていきましょう。

半分だけブラッシングしてみましたが、洗った箇所と洗っていない箇所の違いが凄いです!ジェイソンマークでブラッシングすると、これだけ綺麗になります。

こちらは表面の「Before⇒After」です。かなり汚れが取れて白くなってますね!

こちらが横から見た「Before⇒After」。完全に汚れが取れたわけではないですが、磨いたものと磨いていないものでは、白さが全然違います。

最後に靴の裏側の「Before⇒After」です。こちらは非常に分かりやすいです。真っ白まではいきませんが、黒ずみはほとんど取れています。

 

4.ジェイソンマークを使う魅力

私も今回の記事を通して、実際にジェイソンマークを使ってみましたが正直想像以上でした。

【ジェイソンマークを使う魅力】
●短時間でスニーカーが綺麗になる
●洗濯するより面倒じゃない
●どんな靴にも使える
●価格が安い

スニーカーの汚れって中々落ちないですが、ジェイソンマークの液体を使えば汚れが取れるだけでなく、本来の「白さ」「輝き」を取り戻す事ができます。

価格も2,200円と高くないです。

それとやはり一番の魅力は手間が無い事があげられます。ジェイソンマークは専用の液体を使って磨くだけです。洗濯のように水洗いする必要がないので、すぐに乾くし時間が掛かりません。

 

5.ジェイソンマークの使い方のまとめ

以上です。

今回はシューケアブランド「ジェイソンマーク」の使い方や、実際に使ってみた動画や画像をご紹介しました。ジェイソンマークは世界中のスニーカー愛好家から愛されている人気ナンバー1のシューケアブランド。

汚れを取る力、スニーカーを白くする力は物凄いです!洗濯するよりも、手間が掛からずにし綺麗になるのが魅力的ですよね。

価格も2,200円と手頃なので、一家に一つ持っておくと重宝します。

使ってみた個人的な感想としては、白いスニーカーを着用するなら持っていた方が良いと思います。白いスニーカーって汚れやすいし、一度汚れると清潔感が損なわれます。

ちょっと汚れが気になってきた時に、ジェイソンマークを使って磨けば、「黄ばみ」「黒ずみ」がすぐに落とせるので便利です。

【購入はコチラ】
・「ジェイソンマーク」のシューズクリーナー一覧を見る

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*