男の色気を出す方法とは?フェロモンを出してモテ度アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

色気のある女性がいるのと同じように、色気のある男性も存在します。見た目以上にモテる男性っていらっしゃいますよね。それは「フェロモン」が出ているからです。

スポンサードリンク

女性からモテるためには、男性としての「色気」を出す必要があります。今回は「男の色気を出す方法」についてご紹介します。

モテたい男性は是非参考にして、取り入れてみて下さいね!

 

男の色気を出す方法1:フェロモン香水を使う


男性の「香り」はとっても重要です。香りはその人のイメージに繋がるし、香水を付けているだけで、女性からの印象が大きく変わります。

「ボディセンス」は、男の魅惑を引き出すムスク系の香水です。

成分にはアンドロスタジェノンというホルモン物質が含まれており、これが女性を惹き付ける性ホルモンの分泌を促してくれます。

実に女性の93パーセント以上が、「良い香り!」と回答しており、女子ウケの良い香水として人気を集めています。このアンケート結果は、一般女性ではなく、美容の女性専門家100人からの回答です。

ボディセンスは男性が持つフェロモンを最大限に引き出す効果があり、自分自身の魅力を高めることが出来ます。「女性にモテたい!」「女性に魅力的だと思われたい!」このように感じる男性であれば、ボディセンスを使うのがオススメです。

手っ取り早く「男の色気」を出したいのであれば、フェロモン香水を使ってください。


【ボディセンス詳細】

・単品購入 7,800円
・定期購入 6,200円

 

男の色気を出す方法2:筋トレで体作り

「太い腕」「血管の出た腕」「割れた腹筋」「広い背中」「広い肩幅」などは、男の色気を最大限に引き出す”武器”です。男性が女性の体に色気を感じるように、女性も男性の体格を見ています。

男性の体型でガリガリや丸みを帯びた体はNG。

やはり女性からモテたいのであれば、細マッチョ体型を目指すべきです!最近ではフィットネスブームが到来しているので、細マッチョだけでなく、ゴリゴリのマッチョも注目を浴びるようになっています。

 

ジムに週1回~2回通おう

男の色気を出すためには、体脂肪を絞り筋肉をつける必要があります。そのためには、やはり「ジム」に通うのは必要不可欠。

週に何回も通うのは辛いと思うので、まずは週1回~2回を目標に、ジムに通ってみることをオススメします。週1回~2回だと、ゴリゴリのマッチョは難しいですが、食生活を見直し、HMBなどの摂取を行えば細マッチョ体型くらいは維持できます。

ジム通いは無理して1週間に何度も通うのではなく、大切なのは継続することです!

 

やるべき種目は筋トレビッグ3

よく聞かれるのが、「どの種目を行えば良いですか?」「筋トレって何すればいいですか?」こういった質問です。

ジム通いに慣れている方であれば、やるべき種目が決まっています。しかしこれからジムに通って体作りをしようと考えている場合は、どの種目を行えば良いか分からないですよね・・・

こういった筋トレ初心者の人たちには、「筋トレビッグ3」をオススメしています。

筋トレのビッグ3とは、「ベンチプレス」「スクワット」「デッドリフト」の三つを指します。この三つさえ行っていれば、体に必要な筋肉を効率よく付けられます。

「腹筋」「腕立て伏せ」などは筋トレの定番ですが、正直自重トレーニングでは筋肉はつきません。それよりもダンベルやバーベルの重りを使い、この3種目をやった方が効果がすぐ現れるのでオススメです。

 

上半身を全体を鍛えるベンチプレス

筋トレの種目の中でも、もっとも人気が高いのがベンチプレス。ベンチプレスは「腕」「肩」「大胸筋」を効率よく鍛えられるので、筋トレ初心者にもオススメです。

重量が軽すぎると、効率的な負荷を掛けられないので、自分にあった重量のベンチプレスで鍛えてください。できるだけ高重量を扱う事を意識すると、体の変化も感じやすくなります。


【ベンチプレスのやり方】
1,ベンチに足をつき寝転がる
2,肩幅より少し手を開いた状態でバーベルを握る(体勢は肩甲骨を寄せるイメージで)
3,ラックからバーベルを外し、上に持ち上げる
4,ゆっくり胸につくまでバーベルを下ろす
5,バーベルを手が伸びきるまで上げる
6,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

 

下半身や腹筋を鍛えるスクワット

スクワットはお尻や腹筋はもちろん、下半身全体を鍛えられる筋トレです。足は非常に大きな筋肉です。スクワットをするだけでも、体の代謝がよくなり、体脂肪を落とす効果があります。

腹筋だけの筋トレを行うよりも、スクワットで体脂肪を落とした方が腹筋は割れやすいです。

最初は軽い重りから始めて、少しずつ高重量にチャレンジしていきましょう。


【スクワットのやり方】
1,足を肩幅程度に開き、つま先を真っ直ぐ前に向けて立つ
2,膝が前に出ないようにお尻を後ろに落としていく(動画を見ると分かります!)
3,お尻が膝と同じ高さまできたら、足を伸ばしお尻を持ち上げる
4,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

 

背中や体幹を鍛えられるデッドリフト

筋トレの種目には「デッドリフト」というものがあります。

デッドリフトで鍛えられるのは、背中や体幹、僧帽筋となります。デッドリフトをすると体に厚みが出ます。背中全体~首を鍛えられるのは、デッドリフト以外ないでしょう。

デッドリフトをすれば体が大きくなるので、男性の色気を出す事ができます。


【デッドリフトのやり方】

1,足を肩幅程度に開き、バーべルの手前に立つ
2,肩幅よりも手を少し開いてバーベルを掴む
3,背中を丸めずに一直線で姿勢をキープする
4,バーベルを掴んだまま背中を丸めずに上体をあげていく
5,膝が伸びきるまでバーベルを持ち上げる
6,膝が伸びきったら少しずつ上体を元に戻していく
7,10回×3セットを行う(インターバルは1分程度)

 

筋トレの効果を高めたいなら、HMBを摂取するべき

【HMBプレミアムマッスルボディア(HMBサプリメント)】

HMBとは、タンパク質を作る20種類のアミノ酸の1つです。HMBは筋肉の増加を促進させる作用があり、アスリートやトレーニーたちが愛用しています。

最近では日本のフィットネス界でも使われており、筋肉作りをサポートするためには必須の栄養素となっています。筋トレの効果を最大限に発揮させるためには、HMBで必要な栄養素を摂取するのがオススメです。

【HMBの詳細】
・HMB単品価格 5,460円
・HMB定期購入価格 4,914円

 

スポンサードリンク

男の色気を出す方法3:唇には細心の注意を払う

色気を出すためには「唇」には細心の注意を払う必要があります。女の人って意外と男性の唇を見ています。会話している時や食事している時は特に見られているので注意が必要。

唇がカサカサしていたり荒れていると、それだけで「男の色気」が半減してしまうもの。”ツヤツヤ”とまでは言いませんが、乾燥を防ぎ、綺麗にしておくよう心がけてください。

「リップクリーム」を使っていれば、唇を乾燥から守れます!普段から乾燥しやすい人は、リップクリームを持ち運びましょう。

 

男の色気を出す方法4:髪型で色気を出す

髪型次第でも、「男としての色気」を出す事は十分可能です。色気が出る髪形とはどういったものがあるのでしょうか?

髪型で色気を出すポイントは、基本的に「ウェット感を出す」「オデコを出す」この2点だけです!これに合わせて、ツーブロックなど流行の髪形を選んでもいいし、パーマや長髪も似合っていれば選んでもOKです!

 

髪型で色気を出すためにはウェット感を出し、オデコを出す!

ウェット感とはしっとりしたような、濡れた感じを髪の毛に出すことです。例えば油分の多いワックスを使ったり、ジェルなどもオススメです。

こういった整髪量をたっぷりつかって、髪の毛にウェット感を出すと色っぽくみえます!ただし髪型によっては、ウェット感を出すと不自然になる場合もあるので注意。

流行のツーブロックやオールバック、パーマなどはウェット感のある髪との相性が良いのでオススメです。

それとオデコを出すのも重要なポイント。男性はオデコを出すだけで、劇的に男らしくなります!前髪でオデコを隠している人は、是非オデコを出す髪型にチャレンジしてみてください。


出典:https://smartlog.jp/34364

こちらはパーマにジェルをたっぷり使い、ウェット感を出しています。濡れた感じがとってもセクシーで色気がありますね。


出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000329713/style/L003542320.html?cstt=99

こちらはオールバックにジェルを使い、艶感を出したヘアスタイル。艶っぽい髪の毛をオールバックにすると、とってもセクシーでワイルドな印象を与えます。ツーブロックがすっきりしており、今季らしい髪型ですね。


出典:hhttps://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/detail-L003376459

ロングヘアは似合う人・似合わない人に分かれますが、イケメンであれば最高に色気を出す事ができます!似合う自信がある方であれば、「ロング」にチャレンジしてみても良いと思います!

 

男の色気を出す方法5:服装でギャップを与える

続いての男の色気を出す方法は、服装を変えてギャップを与える方法です。普通女性と合う時は、「私服」や仕事帰りであれば「スーツ」が多いと思います。

基本的には「スーツ」と「私服」の2通りだと思いますが、毎日スーツで会っているなら私服で会ってみる、毎日私服で会っているならスーツで会ってみるなど、たまに服装を変えてみると女性をドキッとさせられます。

特に普段カジュアルな私服で会っており、突然スーツでデートに行ったら「カジュアル⇒フォーマル」のギャップに女性はドキッとするはずです。

女性はスーツに弱いので、オシャレにスーツを着こなし、「仕事ができる男」を猛アピールしましょう!

職場であれば、ネクタイを緩めたり、シャツを腕まくりする姿に、女性は色気を感じるようです。職場に女性が多い方は、こういった点にも配慮してください。

 

男の色気を出す方法6:その他の注意点

色気を出すには、他にもたくさん注意するべきポイントがあります。

【男性が色気を出すために注意するべきその他のポイント】
●清潔感
●行動
●声のトーン
●余裕
●仕事
●肌のスキンケア
●臭い

 

清潔感を大切にする

まず色気を出すためには「清潔感」を大切にするのは必要不可欠。例えば髭の手入れや、肌のスキンケア、ツメの手入れなどもコマメに行う必要があります。

髪やヒゲがボサボサ伸びっぱなしの男に、女性が色気を感じると思いますか?やはり清潔にキチンと身だしなみが整っていないと、女性は男性に色気を感じられません・・・

 

男らしい行動を心がける

男らしい行動を取る事も大切ですね。レディーファーストを心がけたり、困っている女性を助ける、重い物を持ってあげるなど、スマートで男らしい行動を取れると、女性から色気を感じてもらえます!

このような行動は、すぐに出来ることではありませんが、少しずつ理想の男性像に近づけるよう努力しましょう。

 

声のトーンは低い方が色っぽい!

男性の場合、声のトーンは低い方が色気を出す事ができます。喋る時はゆっくり、余裕のある喋り方を心がけるのがオススメ。

甲高い声を発したり、情緒不安定な喋り方では、男としての余裕を感じられなくなります。

 

仕事を頑張る!

仕事の頑張りを猛アピールするのはNGですが、やはり仕事に精を出す姿に女性は弱いものです。仕方なく働くのではなく、常に上を目指し、一生懸命働きましょう。

仕事に対する努力は男としての魅力を引き立ててくれます。

 

肌のスキンケアを行う

毎日の洗顔はもちろんですが、化粧水や乳液などの保湿も大切です。男性がスキンケアを行うのは当たり前になっています。

しっかりスキンケアを行い、綺麗な肌を維持するようにして下さい。

 

臭いに気をつける

男性の場合、年齢を重ねると「体臭」「口臭」「加齢臭」が強くなっていきます。こういった臭い対策もしっかり行いましょう。どれだけ見た目がカッコよくても、臭かったら女性に嫌われますからね・・・

毎日お風呂に入るのは当たり前ですが、運動などで汗を流す事も大切です。汗を流すと老廃物が流れるので、臭い対策には非常に効果的ですよ。

歯磨きは朝と昼の2回は行ってください。タバコやコーヒーばかり飲んでいると、とっても嫌な臭いになります。

 

色気は狙いすぎに注意!

色気を出そうとする余り、やり過ぎて逆効果を与えてしまう事があります。「シャツのボタンをあけすぎる」「香水をつけすぎる」「マッチョアピールのし過ぎ」このような行動を女性に取るのはNG。

難しいですが、色気はあくまで自然に出す物です。無理に出そうとすると、逆効果になります。あくまでも”さりげない行動”の中に、色気を出していくのが大切なポイントです。

 

まとめ

以上です。今回は、男性の色気を出す方法をご紹介しました。手っ取り早く色気を出したいのであれば、「フェロモン香水」をつけるのがオススメです。

「ボディセンス」には、アンドロスタジェノンというホルモン物質が含まれているので、女性を惹き付ける性ホルモンの分泌を促してくれます。

公式サイトはコチラ
男のフェロモン加速する香水「ボディセンス」


見た目から色気を出したいのであれば、「筋肉」「唇」「髪型」「ファッション」など全身に気を配る事が大切です。色気が出るポイントを抑えつつ、清潔感を失わず、常に努力し続ける必要があります。

色気はすぐに出るものではありません。常に意識し続けることで、「見た目」「行動」などから、少しずつ色気が出るようになっていきます。是非今回の記事を参考にして、色気のある男性を目指してくださいね。

色気があると、それだけで女性から注目されるようになりますよ!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*