顔汗を止める方法とは?男の顔汗の原因と対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
refreshment-438399_960_720

これからの季節暑くなってくると顔の汗がとっても気になりますよね。特に汗をかきやすい人は、普通の人の何倍も顔汗が出てきます・・・

スポンサードリンク

今回は顔汗を止める方法や、顔汗の原因・対策などをご紹介します。「汗」の悩みを抱えている男性はたくさんいらっしゃいます。

汗は放っておいても止まりません。効果的な顔汗対策を身に付けて、仕事やプライベートを乗り越えましょう。

やはり一番即効性がありオススメなのは、「制汗スプレー」や「制汗クリーム」を使う事です。これらのアイテムはつけるだけで、汗を抑える働きがあるので非常に効果的です。

しかしこれらの施策は一時的な物になるので、やはり生活習慣を見直し、汗を必要以上にかかない体質を目指す事も大切です。

目次

顔汗を止める方法1:顔汗用の制汗スプレーを使用する
顔汗を止める方法2:制汗クリームを使用する
顔汗を止める方法3:汗止め帯を巻く
顔汗を止める方法4:首のリンパを冷やす
顔汗を止める方法5:運動やお風呂で体から汗をかくようにする
顔汗を止める方法6:自立神経を整える
顔汗を止める方法7:ストレス軽減&リラックスする
顔汗を止める方法8:ツボで汗を止める
顔汗の原因とは?
男の顔汗を止める方法と原因・対策のまとめ

 

顔汗を止める方法1:顔汗用の制汗スプレーを使用する

顔汗に悩んでいるのであれば、まずは顔汗用の制汗スプレーの使用をオススメします。制汗スプレーはシュッと顔に吹きかけるだけで、顔の汗や、臭い、テカリを抑えてくれます。

コンパクトなので持ち運びにも便利で、外出先や仕事、プライベートで1本持っておけば、顔汗対策に使えます!

 

オススメの顔汗用制汗スプレー:トリムクール


【購入はコチラ】
トリムクール

トリムクールは男性の顔の汗や皮脂、テカリなどを抑えるために開発された制汗スプレーです。顔汗の量が人より多い人や、肥満気味で汗かきな人、脂っぽい汗を掻く男性にオススメのアイテム。

たくさんの美容成分が含まれており、1日中サラサラスベスベを持続してくれます。

トリムクールには高濃度フェノールスルホン酸亜鉛が含まれており、汗をしっかり抑えて外に出しません。さらに4つの浸透性ナノ化美容成分が皮脂を抑えて肌を引き締めてくれます。

汗を抑えながら皮脂の分泌も抑えるので、肌荒れを防ぎ若々しい肌へと変えてくれます。

使用方法は顔にシュッとスプレーするだけなので非常に簡単です。もちろん顔だけでなく、脇や足、デリケートゾーンなどへの使用もOK。

定期コースであれば初回980円2回目以降は40%OFFの価格で購入できます。通常価格ですと7,500円です。さらに定期購入であれば、90日間の全額返金保証がついているので安心です。

【トリムクールの詳細】
・定期購入 980円
・単品購入 7,500円
・定期購入は90日間の全額返金保証付き

 

顔汗を止める方法2:制汗クリームを使用する

制汗スプレーと似ていますが、顔汗対策には制汗クリームの使用もオススメです。制汗クリームは朝顔に塗っておけば、一日中汗を止めてくれるので非常に便利です。

制汗クリームは化粧が落ちないので女性からも人気のアイテムです!

 

オススメの顔汗用制汗クリーム1:テサランフェイス


【購入はコチラ】
使って実感!大好評の顔汗対策クリーム テサランフェイス

テサランフェイスは、様々なショッピングモールでランキング受賞を果たしている人気の制汗クリームです。

顔汗を抑えるのはもちろん、顔のテカリ、毛穴などを目立たなくしてくれます。朝一回塗っておくだけで、夕方まで持続してくれるので安心です。

テサランフェイスにはパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれており、汗腺に蓋をする役割を果たし顔汗を止めてくれます。外部の菌からも守ってくれて、さらに肌に優しいのが嬉しい。

制汗クリームは顔汗が出る前の対策となります。顔汗が出るのを防いでくれるので、人に見られずに助かりますね。女性であれば化粧が崩れる心配もありません。

単品購入で3,780円、さらに365日間の全額返金保証付きなので安心です。

【テサランフェイスの詳細】
・単品購入 3,780円
・365日間の全額返金保証付き

 

オススメの顔汗用制汗クリーム2:サラフェプラス

手汗訴求

【購入はコチラ】
サラフェ(メンズ用LP)

サラフェプラスは、シリーズ累積100万個以上突破している人気商品。制汗+スキンケアを行ってくれる画期的な制汗クリームです。

持続性があり、朝付けておけば一日中安心です。

満足度97%以上を誇っており、口コミや評判が高いアイテム。美容成分が多く含まれており、サラサラスベスベーをキープしてくれます。男女兼用で使える制汗クリームです。

価格は定期で2,980円、単品ですと8,480円。返金保証付きとなります。

【サラフェプラスの詳細】
・定期購入 2,980円(二回目以降5,480円)
・単品購入 8,480円
・返金保証付き

 

スポンサードリンク

顔汗を止める方法3:汗止め帯を巻く

【購入はコチラ】
・「汗止め帯」を探す

「汗止め帯」は帯を体に巻いておくことで、「皮膚圧発汗・反射」の原理を使い、胸より上部の汗を止めることができます。

人には汗を一定に保つ機能が備わっています。どこかで汗をかけば、他の場所では汗を掻かないという機能です。その機能を使い汗を止めるのが、汗止め帯の役割です。

汗止め帯を胸の上に巻いておくと、「顔」「頭」「ワキ」などの体の上部の汗を止められます。しかし代わりに、下半身など体の下部に汗をかくようになります。

汗止め帯は、舞妓さんが汗を止めるために使っていた商品として有名になり、最近ではネットでも安く販売されています。

口コミや評判を見てみると、一部の人は「顔や脇に汗をかかなくなった!」という意見が出ています。しかし大多数は「効果を感じられなかった。」「痛いだけだった・・」という辛口評価となっています。

値段は低価格なので、試してみるのはOKだと思います!

 

顔汗を止める方法4:首のリンパを冷やす

続いてご紹介する顔汗を止める方法は、首のリンパを冷やす方法。

「首」にはたくさんのリンパが通っており、冷たいものを当てて冷却する事で、顔の汗を止める効果が期待できます。

冷やすときは、冷たい物を使いリンパを冷やしてください。例えば、ペットボトルや缶ジュース、冷えピタなど持ち運べる物が便利です。

首にはリンパがたくさん通っており、冷たいペットボトルなどで冷やすと、熱を放出できるので顔や頭からの汗が止まります。

【リンパを冷やすのにオススメなアイテム】
●冷えたペットボトル
●冷えた缶ジュース
●冷えピタ
●持ち運び扇風機
●氷を袋に入れたもの

上記のようなものを常に常備しておき、顔汗がヒドイ場合や暑い時は、リンパ部分を冷やしてみましょう。

ただしこの方法は一時的なものになります。即効性はありますが、ずっと顔汗が止まる訳ではありません。

 

顔汗を止める方法5:運動やお風呂で体から汗をかくようにする

シャワーだけでなく、毎日湯船に浸かったり運動して汗を流すのも、顔汗を止めるには効果的です。

日頃から体に汗を掻かない体質だと、汗腺の機能が休止状態に陥ります。そうなると、汗をかきやすい「顔」「脇」などに集中して掻いてしまいます。

日頃から湯船につかったり運動を取り入れる事で、体全身の代謝を良くして、全身からの発汗を促すというイメージです。

運動であればランニングやスポーツなど有酸素運動がオススメです。有酸素運動は発汗作用を促し、体の代謝を高めてくれます。

 

顔汗を止める方法6:自立神経を整える

「睡眠不足」「運動不足」「不摂生な食事」などによって、自律神経が乱れると顔に汗をかきやすくなります。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。日頃の不規則な生活習慣は、「交感神経」の動きを高める原因になるので注意しましょう。

この「交感神経」が活発に動いている時は汗をかきやすくなってしまいます。

対策としては、睡眠はたっぷり取る、食生活の改善、それと有酸素運動を取り入れるなどもオススメです。

食事は脂っこいものや糖質が多い物から、野菜を中心とした食生活に切り替えましょう。こういった対策は即効性はないですが、長期的に見て体を正常な状態へと戻してくれます。

 

顔汗を止める方法7:ストレス軽減&リラックスする

顔汗を止める方法としては、ストレス軽減&リラックスすることも大切です。特に仕事で大きなストレスを抱えていると、自律神経が乱れて汗をかきやすくなります。

緊張や不安な時は、「精神性発汗」と呼ばれる汗が出てきます。この汗を抑えるためには、やはり緊張や不安をなくすことが大切です。

日頃から趣味や好きな事に時間を割いて、ストレス発散するのも良いと思います。他にも読書やマッサージなど、ストレス発散できそうな事をガンガン取り入れてみましょう。

溜まったストレスを上手く発散できないと、不安や緊張は蓄積していきます。

 

顔汗を止める方法8:ツボで汗を止める

手の平のツボを押すことで汗が止まるという意見もありますが、これは個人的にはあまり期待できません・・・・実際ネット上の意見などをチェックしても、「汗は止まらなかった」という意見が多かったです。

試してみるのはいいと思いますが、気休め程度と考えておきましょう。


【汗を止めるのに効果的なツボ】
●労宮(ろうきゅう)
●合谷(ごうこく)
●陰げき(いんげき)

労宮(ろうきゅう)とは、手の平の中心部分のくぼんだ所にあるツボです。手を握った時に中指の先端が来る位置です。

合谷(ごうこく)は、親指と人差し指のつけね部分にあるツボです。手の水かき部分に位置しており、反対の手の親指と人差し指で挟んでマッサージしてやりましょう。

陰げき(いんげき)は、手の平よりやや下側の手首部分にあるツボです。手汗だけでなく体中の汗腺と繋がっているため、押すことで体中の汗を止める効果が期待できます。

 

顔汗の原因とは?

顔は基本的に汗を掻き易い場所です。まず汗腺が多いし、心臓からも近いので汗を掻き易くなります。

しかし顔から出る汗の量は人によって様々ですよね。夏場でも涼しい顔をしている人もいれば、気温に関係なく常に汗が垂れている人もいらっしゃいますよね。

なぜこのように人によって違いが出てくるのでしょうか・・・?

続いては顔汗の原因についてご紹介します。

 

顔汗の原因1:顔面多汗症

多汗症(たかんしょう)とは、暑さに関係なく、普通では掻かないような大量の汗をかいてしまう現象です。顔だけでなく足や脇にも多汗症の人はいらっしゃいます。

顔面多汗症はストレスなど精神的なものが原因となります。水っぽい汗が尋常じゃないくらい出る場合は、多汗症を疑った方が良いかもしれません。

 

顔汗の原因2:肥満、運動不足

太っている方や運動不足の方は、汗っかきな人が多いです。やはり脂肪が多い分、外に熱を放出できず、汗っかきになりやすいです。

痩せていても運動不足の人は注意が必要です。運動不足ですと体の汗腺が機能停止状態に陥っており、その分顔から汗を発汗しやすくなります。

顔は汗を掻き易い場所です。体の他の部位から汗をかけないと、顔からの発汗が集中してしまい、必要以上に顔から汗をかいてしまいます・・・

 

顔汗の原因3:緊張しやすい

誰でも緊張すると「精神性発汗」と呼ばれる汗をかきます。この汗は「手」「顔」「足」「脇」などにかきやすく、過度の緊張により短時間で一気に汗をかくのが特徴。

人一倍緊張しやすい方ですと、その分精神的にも追い詰められ汗の量も増えてしまいます。

 

顔汗の原因4:汗腺が多い

汗腺の量は人それぞれ生まれながら決まっています。この汗腺の量が多いと、その分汗をかきやすくなります。

 

男の顔汗を止める方法と原因・対策のまとめ

以上です。今回は顔汗を止める方法や、男の顔汗の原因と対策についてご紹介しました。仕事中や大切な人に合う時に、顔から滝のような汗が出ると非常に困ります。

やはり見た目も良くないし、何より恥ずかしいですよね・・・

顔汗が多い人は、まず「制汗スプレー」「制汗クリーム」の使用をオススメします。制汗アイテムは汗を止めてくれる作用があるので、あらかじめ使っておけば汗の悩みを解決してくれます。

【購入はコチラ】
トリムクール


根本から治したいのであれば、体質改善や緊張ストレスを解消していく事が大切です。是非今回の記事を参考にして、顔汗の悩みを解決してください。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*