シルバーアクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法。塩とアルミホイルでピカピカしてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
top

シルバーアクセが黒ずんで困っていませんか?指輪、ネックレス、ブレスレット、どのアイテムでも「シルバー925」であれば、空気に触れているだけで色合いが変化してしまいます。

スポンサードリンク

シルバーアクセは時間の経過と共に、少しずつ黒ずんでいきます。

「しばらく付けないで仕舞っておいたら、真っ黒になっていた!」

こんな事も普通にありますよね。カッコいいシルバーアクセも黒ずんでしまうと、見た目が汚らしくアクセサリーとしての機能を発揮しません。

そこで今回は、「シルバーアクセサリーを塩で綺麗にする方法」をご紹介したいと思います。実際に私が持っている「指輪」を綺麗にした動画もありますので、併せてチェックして下さいね!

シルバーアクセサリーは汚れやすいですが、その分綺麗にするのも簡単です。今回ご紹介する方法を行えば、新品同様に綺麗にする事ができますよ!

こちらでは動画で短縮してまとめています!文章が読むのが面倒な方は、是非動画でチェックしてみて下さい。3分程度で終わります。

 

1.シルバーアクセサリーを塩&アルミホイルで綺麗にする方法

シルバーアクセサリーを綺麗にする方法はいくつかあります。その中でもっとも簡単で、かつ自宅である物で出来る方法が、「塩」と「アルミホイル」を使った方法です。

塩とアルミホイルを使う事で「化学変化」を起こし、シルバーアクセの黒ずみを綺麗に取り除いてしまいます!

実際には「塩」「アルミホイル」「熱湯」「タオル」「スポンジ」「容器」などを使って作業を行います。

【シルバーアクセサリーを塩で綺麗にする方法】
1,指輪が入るくらいの小さな容器にアルミホイルを敷く
2,塩をアルミの上にたくさん入れる
3,沸騰したお湯を注ぐ(指輪が浸かる程度)
4,その中に指輪を入れる
5,約15分~20分程度放置
6,タオルやスポンジで磨く

大まかな手順は上記の通りとなります。

容器がなければ「お皿」「器」など、沸騰したお湯が入れられる物であれば、何でもOKです!ただし「黒ずみ」が取れるので、汚れてもよい入れ物を用意するのがオススメ。

熱湯は沸騰した物を用意しましょう。熱い方が汚れが綺麗になるみたいです。塩は適量で良いのですが、私は多めにドサッと入れました!動画を見ていただければ、どのくらい入れたのかチェックできます。

続いては、私が実際にシルバーの指輪を綺麗にした実験結果をご紹介します!

 

2.実際に指輪をピカピカにしてみた!

今回実験に使うシルバーアクセサリーは、こちらの「指輪」です!5年くらい放置していたら、このくらいまで黒ずんでいました。

シルバーに見えないかもしれませんが、シルバーである事を照明する「925」の刻印がされていたので、間違い無く「シルバー製品」です!

まずは「黒ずみのある指輪」「容器」「アルミホイル」「塩」「タオル」を準備します。沸騰した熱湯も既に準備しています。

容器にアルミホイルを敷きます。容器の下面だけでなく、中全体を覆うように敷くのがポイントです。

アルミホイルの上に塩を入れます。あまり少ないと綺麗にならないので、上の画像くらい入れておくと良いと思います。大体おおさじ3杯くらいです。

沸騰させておいた「熱湯」を容器の中に注いでいきます。ヤケドしないように注意して下さい。お湯自体は指輪が浸かる程度あればOKなのですが、お湯が少なすぎるとすぐに冷めるので、ちょっと多めに入れておきます。

先ほど紹介した指輪を入れてみます。触るのも嫌なくらい黒ずんでおり、もはやシルバーなのかどうかも怪しいですね・・・。

指輪をお湯に沈めた状態で、今回は20分くらい待ちます。


20分経ったので取り出してみました。お湯の中には「黒ずみ」が浮いており、指輪は少し綺麗になってますね。こびりついていた汚れが、ボロボロになり、めくれているようにも見えます。

この段階では少し綺麗になった程度ですが、ここから軽く磨いていくと、汚れがどんどん取れていきます!

「タオル」「スポンジ」などを使って磨きます。少し濡れたタオルやスポンジで磨くと、汚れが落ちやすいですね。


磨くと黒ずみがほとんど取れて、シルバーらしい輝きを取り戻しました。お湯から取り出した時は、あまり変わっていないかな?と感じたのですが、磨くと綺麗になりました。

こちらは「Before⇒After」の画像です。綺麗にする前に比べて、かなり汚れが落ちているのが分かりますね。

今回は普通では有り得ないくらいに「黒ずんだ指輪」を使ったので、これだけ「Before⇒After」に変化が見られました。

普段から使用しているアクセであれば、ここまで汚れる事はないと思います・・・。ちょっとした黒ずみでも、今回の方法で十分綺麗にできます。

自宅にあるもので出来ますので、シルバーアクセの黒ずみが気になる方は、是非試してくださいね!

 

スポンサードリンク

3.シルバー製品の手入れや保管方法について

続いてはシルバー製品の「手入れ方」「保管方法」などを簡単にご説明します。

シルバー製品は時間が経つにつれて、必ず汚れていきます。しかし手入れや正しい保管方法を行っていれば、黒ずみや黄ばみを最小限に抑える事が可能です。

注意すべきは以下の2点だけです。

【シルバー製品の手入れや保管方法】
●使用後は磨く
●密閉された場所に仕舞う

シルバーアクセを身に付けた後は、「乾いた布」「シルバー磨き」などで拭く事が大切。アクセサリーを付けると「汗」「皮脂」「化粧品」「香水」などが付着します。これらはシルバー製品が偏食する原因となるので、使用後はこまめに拭く事をオススメします。

それと保管する場合は「空気が触れない密閉された場所」に仕舞うこと。シルバー製品は空気に触れていると黒ずんでいきます。

密閉された場所に保管しておけば、黒ずみをある程度防ぐ事が可能です。この時、アクセサリーごとに袋に小分けして入れておくと、さらに綺麗な状態を維持できるのでオススメです。

 

4.シルバーの黒ずみの原因とは?

続いては「シルバーの黒ずみの原因」についてお話しします。シルバーの黒ずみは「酸化したサビ」によるものだと思われがちですが、実際には違います。

黒ずみの主な原因は、「硫化水素」によるものです。

空気中や皮膚から出る「硫化水素」が、シルバーに含まれる成分と化学反応を起こし黒ずみます。

ですのでこれを防ぐには、先ほどご紹介した通り、「保管の時は密閉する事」「使用後は汚れを拭き取ること」この2点がシルバー製品を汚さない秘訣となります!

 

5.シルバーアクセサリーを綺麗にする方法のまとめ

以上です。今回はシルバー製品を「塩」と「アルミホイル」を使って、綺麗にする方法をご紹介しました。シルバー製品はアクセサリーの中でも非常に人気があります。

ゴールドやプラチナに比べて「安価」だし、安い割に長持ちします!シルバー特有の色合いや輝きもカッコ良いですしね。

ただしシルバー製品の弱点としては、汚れやすい事が挙げられます。

放っておけば黒ずみがヒドくなり、シルバーなのかどうかも分からない程になります。そんな時は今回ご紹介した「シルバー製品を綺麗にする方法」を行い、シルバー本来の輝きを取り戻すのがオススメ。

自宅にある物で行えるので、今すぐに試す事が可能です。

お気に入りのシルバーアクセを綺麗に使用するためにも、お手入れや保管方法などにも気をつけて下さいね!

分かり難い箇所があったら、下記の動画で再度チェックしてみて下さい。動画では実際に黒ずみを取る工程をご紹介しているので、参考になるかと思います。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*