【メンズ】マリンキャップのオシャレなコーデ集とおすすめブランド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オシャレなマリンキャップは「個性」を出すのにオススメ。キャスケットほどボリュームがないため、すっきりとクールにまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

今回はマリンキャップを使ったメンズコーデや着こなし特集、オススメのブランドなどをご紹介します。マリンキャップをコーデに取り入れようと考えている方は、是非参考にしてくださいね。

 

1.マリンキャップとは?

マリンキャップとは、船員・漁師・水兵など主に「船乗り」が被っていた帽子の事を差します。通常のキャップに比べて「ツバ」が狭く作られており、頭の部分にボリュームを持たせています。

キャップというよりはどちらかと言いますと「キャスケット」に近い形をしており、オシャレで可愛いくファッションシーンでも注目されています。

コーデのアクセントになるので、一つ持っておくと便利に使えます。

 

キャスケットとの違いは?


出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-elehelm-hatstore/es529-013/

マリンキャップとキャスケットは似ていますが、少し形に違いがあります。

マリンキャップはトップが平らになっており、キャスケットほどボリュームがありません。形も浅めに作られているため、軽めに被るのが主流となっています。

キャスケットよりすっきりしており、暑い時期にも着用しやすいです。

 

2.マリンキャップを使ったメンズコーディネート特集

さっそくマリンキャップを使ったコーデ特集を見ていきましょう。オシャレな人はどのようにマリンキャップを合わせているのでしょうか?

 

シンプルコーデのアクセントに


出典:https://wear.jp/hk0719/15047550/

夏のコーデはシンプルになりがちですよね。そんな時でもちょっぴり「個性」のあるマリンキャップは、アクセントを与えてくれるのでオススメです。

無地のTシャツにハーフパンツ、帽子にはマリンキャップをチョイスしており、シンプルながらもオシャレ感を感じられるスタイルに。

派手なカラーを使わずダークトーンで仕上げることで、可愛さを無くし大人っぽさを演出しています。トップスはオーバーサイズを使い今季らしさを出しています。

 

ライダースと男らしく


出典:https://wear.jp/chika1129/15602988/

ライダースにブーツを合わせた無骨なメンズコーディネート。帽子にはマリンキャップを使いアクセントを作っています。

マリンキャップは合わせるアイテムによって雰囲気を変えます。可愛い系はもちろんですが、コチラのコーデのような無骨な雰囲気にもピッタリマッチする万能アイテム♪

 

マリンコーディネート


出典:https://wear.jp/takashinep/15133631/

ヨット柄のTシャツをあわせたオシャレなマリンコーディネート。男臭さのある船乗りスタイルが、とっても味が出ておりオシャレ!

トップスはインしてデニムと合わせることで、男臭さを強めた着こなしです。スラッとしたスタイルによく似合っており、外国人のような雰囲気に。

 

マリンキャップを使って可愛く


出典:https://wear.jp/3taro/10111899/

黄色や赤を使ってカラフルに仕上げたオシャレな着こなし。明るいカラーを使うと、マリンキャップのコーデがよりキュートに仕上がります。

黄色のポロシャツがコーデの主役になっており、マリンキャップが引き立て役に。

 

デニムと古着ミックスで


出典:https://wear.jp/syun/9650580/

デニムにセーター、マリンキャップを使った古着ミックスコーディネート。ベージュ系の帽子は古着コーデとの相性がいいですね。

足元はロールアップして、全体を軽やかでスッキリ見せています。

 

プリントTシャツとカジュアルに


出典:https://wear.jp/oku230/10351513/

プリントTシャツにデニムをあわせたカジュアルコーデ。ロックな雰囲気のTシャツとマリンキャップが抜群に合った着こなしです。

パンツはゆったりしたデザインがラフさを演出。モデルの雰囲気ともバッチリあったコーディネート。

 

秋コーデ


出典:https://wear.jp/ishizawa/9764909/

マリンキャップにボーダー柄をあわせた秋のマリンコーデ。ピッチの大きいボーダー柄は、よりマリン色を強く出す事が可能です。

デニムとブーツのワイルドな雰囲気も、男臭さが出ており味がありますね。秋や冬でも、マリン系のカラーやアイテムをふんだんに使う事で、オシャレなマリンスタイルに仕上がります。

 

カジュアルコーデ


出典:https://wear.jp/ovr9999/11591754/

帽子とジャケットをブラックデニムでまとめた着こなし。パンツにはカーキ色のチノパンを使い、カジュアルで落ち着いた雰囲気をプラス。

足元のスニーカーがとってもスポーティーで軽やかな印象に。

 

夏のマリンコーデ


出典:https://wear.jp/takashinep/14996657/

古着ミックス系のマリン系コーディネート。マリンキャップだけでなく、カラーをブルー系で仕上げており首元のバンダナなども、よりマリンテイストが強くなっています。

足元にはあえて茶系のブーツをあわせることで、男臭く船乗りらしい雰囲気を演出。赤いバンダナがコーデのアクセントになっておりオシャレです。

 

シンプルコーデのアクセントに


出典:https://wear.jp/revo0523/15110949/

黒のパンツにTシャツというシンプルなスタイルに、マリンキャップをアクセントで取り入れたコーディネート。グレーのマリンキャップが、とってもオシャレでシンプルなコーデに映えていますね。

マリンキャップはサングラスとの相性も抜群です。

 

スポンサードリンク

3.マリンキャップのおすすめブランド

続いては、マリンキャップのオシャレなブランドをご紹介します。マリンキャップを販売しているブランドは少ないので、似ているキャスケットのブランドなどもあわせてご紹介します。

 

New York Hat(ニューヨークハット)

言わずと知れた世界中で人気の帽子ブランド「ニューヨークハット」。

ニューヨークハットは、1982年にアメリカで創業された帽子ブランド。世界中のセレクトショップで販売されており、帽子ブランドとしてはトップクラスのシェアを誇っています。

有名なミュージシャンの使用や、ミュージカルなどで使われていた事もあり、知名度はすぐに広がりました。

ニューヨークハットでは様々なデザインの帽子が販売されています。定番のマリンキャップはもちろん、柄の入ったデザインもあり、カラバリも豊富です。

マリンキャップによく似た形の「キャスケット」などもたくさん販売されているので、あわせてチェックしておきたい。

 

BRIXTON(ブリクストン)

ブリクストンとはアメリカのカリフォルニア州で生まれたファッションブランド。アパレルや財布などの小物を主に取り扱っており、西海岸風のオシャレなアイテムが目白押しです。

モダンでありがながらカジュアルなデザインが多く、コーデに取り入れやすいのが魅力的。

男女問わず人気の高いファッションブランドで、価格帯も非常にお手頃となっています。

 

green clover project

「green clover project」は、楽天市場などに出店しているオシャレな帽子屋さんです。マリンキャップが2,000円前後で販売されており、非常に低価格なのが魅力的。

デザインも豊富で、定番の無地だけでなくレザーで作られたものや、麦わらタイプのマリンキャップなども販売されています。

 

ELEHELM帽子通販専門店

「ELEHELM帽子通販専門店」はオシャレなブランドを取り扱う帽子のセレクトショップ。定番の無地のマリンキャップだけでなく、本格的な刺繍が施されたマリンキャップなども販売されています。

ファッションだけでなく、コスプレなどイベントでも使用できるものもあります。

 

KANGOL(カンゴール)

カンゴールは1938年にイギリスで創業されたブランド。日本でも馴染みの深いブランドとして知られており、特に帽子類は非常に人気が高いです。キャップ類はもちろん、ハット、ハンチング、ベレー帽などあらゆる帽子を販売しています。

デザインは綿素材やウール素材などのカジュアルなデザインが多く、様々なコーディネートで使用する事ができます。定番のブランドだからこそ失敗がなく、デイリーで使用し続けることができます。

ストリートやカジュアルスタイルで人気です。

 

4.まとめ

以上です。今回はマリンキャップを使ったメンズコーデ特集と、おすすめのブランドなどをご紹介しました。マリンキャップはキャスケットなどに比べると、着用する人がすくないため「個性」を出す事ができます。

見た目も可愛くとってもオシャレなので、是非デイリーコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか?

いつものコーデに取り入れるだけで、全体の雰囲気がガラリと変わるのでオススメですよ。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*